風神 佐知子 (カゼカミ サチコ)

Kazekami, Sachiko

写真a

所属(所属キャンパス)

商学部 (三田)

職名

教授

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 経済政策

  • 人文・社会 / 公共経済、労働経済

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 労働経済

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 労働経済

    清家篤・風神佐知子, 東洋経済新報社, 2020年09月

論文 【 表示 / 非表示

  • Linkage, sectoral productivity, and employment spread

    sachiko Kazekami

    Structural Change and Economic Dynamics (Elsevier)  69   108 - 123 2024年06月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者, 査読有り

  • Aging Workforce, Productivity, and Wages in Japan

    Mingyu Jiang, Sachiko Kazekami, Hiroki Yasuda, Kazufumi Yugami

    Work, Aging and Retirement (the Oxford University Press)  2023年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    We use a panel data set of Japanese firms from 2005 to 2019 to examine how a firm’s employee age structure affects its productivity and wages. The pooled ordinary-least-squares (OLS) results indicate a negative relationship between the proportion of older employees and labor productivity. However, the effects disappear after applying a fixed effects (FE) model and the generalized method of moments to consider the unobserved heterogeneity among firms. Moreover, the proportion of older employees does not significantly affect firms’ wages. We further examine firm heterogeneity as a factor that contributes to the difference between the pooled OLS and FE estimates. The results suggest that differences in corporate stakeholder characteristics and corporate governance, such as the presence of labor unions and proportion of foreign ownership, may be related to the ratio of older workers and corporate performance.

  • Is Remote Working a Magic Wand? Geographic Differences in the Feasibility of Working from Home and Women’s Employment

    SSRN 2022年12月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者

     概要を見る

    This study finds that the COVID-19 pandemic has significantly affected the number of jobs on offer while causing a slight reduction in employment and wage rates in Japan. In particular, the high feasibility of working from home has positively affected the number of offered part-time jobs and negatively affected the offered wages for full-time jobs. Work-from-home culture gained popularity across Japan during the pandemic; it was expected to have a positive impact on women-friendly work environments and curb women’s migration from rural to urban areas. However, jobs with greater feasibility of working from home are offered in urban areas than in rural areas. Furthermore, municipalities that offer more jobs that women tend to work and municipalities that offer a limited variety of occupations provide less opportunities of working from home. In Japan, hybrid working has become more popular than full remote work. Therefore, solely promoting a remote work environment is excessive expectation; we need to ensure its effectiveness.

  • Effects of Minimum Wage Changes on Labor Demand

    Sachiko Kazekami and Masahiro Abe

    Under review 2022年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 筆頭著者

     概要を見る

    We examine the effects of changes in minimum wage (MW) on labor demand and whether its impact varies with regional differences, using job advertisement data in Japan. We find that the increase in the number of jobs offered above the MW exceeds the decrease below the MW. The total growth is approximately 7–10%. Without waiting for a new MW, the job offers above the MW will increase. Furthermore, our findings show that the more monopsony the labor market is, the more jobs are offered, owing to an increase in MW.

  • Changes in the Reservation Wage during the COVID-19 Pandemic in Japan

    Sachiko Kazekami

    SSRN 2022年08月

    単著, 筆頭著者

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 高所得の仕事の恩恵はほかの部門に波及しにくい

    風神佐知子

    週刊東洋経済 (東洋経済新報社 )     86 - 87 2023年09月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著, 筆頭著者

  • 多様化する働き方と賃金の在り方

    風神 佐知子

    時局 (時局社)   ( 4月 ) 38 - 39 2018年03月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 人手不足と賃金(オープンカレッジ)

    風神 佐知子

    中部経済新聞  2017年10月

    その他, 単著

  • インタビュー series academia

    d's Journal  2021年10月

  • デジタル時代の働き方の展望について

    風神佐知子

    人と国土21 9月 2021年09月

    単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 最低賃金の変更が地域雇用にどのような影響を与えるか―求人広告データを用いた推定

    風神佐知子(阿部正浩氏と共著)

    2022年度秋季日本経済学会全国大会 (慶應義塾大学) , 

    2022年10月

    口頭発表(一般)

  • 最低賃金の変更が地域雇用にどのような影響を与えるか―求人広告データを用いた推定

    風神佐知子(阿部正浩氏と共著)

    中央大学セミナー, 

    2022年07月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 最低賃金の変更が地域雇用にどのような影響を与えるか―求人広告データを用いた推定

    風神佐知子(阿部正浩氏と共著)

    応用経済学ワークショップ, 

    2022年06月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • Regional Difference of the Epidemic Shock on Local Labor Market and its Spread

    風神佐知子

    日本経済学会2021年度秋季大会 (大阪大学/オンライン開催) , 

    2021年10月

    口頭発表(一般)

  • Regional Difference of the Epidemic Shock on Local Labor Market and its Spread

    Sachiko Kazekami

    中央大学経済学研究科リサーチ・ワークショップ, 

    2021年06月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 雇用の質を考慮した地域・企業規模間等の定量的な雇用の波及過程と効果の研究

    2019年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 風神 佐知子, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 研究会Qd

    2023年度

  • 研究会Qc

    2023年度

  • 研究会Qb(過年度)

    2023年度

  • 研究会Qb

    2023年度

  • 研究会Qa(過年度)

    2023年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 労働経済学Ⅰ

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 講義

  • 研究会

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    通年, 演習

  • 労働経済学Ⅱ

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    秋学期, 講義

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 第124回経団連労使フォーラム 鼎談「ポストコロナを見据えた働き方改革の新たな取組み」

    一般社団法人 経団連事業サービス

    2021年01月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • American Economic Association, 

    2011年04月
    -
    継続中
  • 法と経済学会, 

    2006年04月
    -
    継続中
  • 日本経済学会, 

    2006年04月
    -
    継続中
  • 日本労務学会, 

    2005年04月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2023年04月
    -
    2025年04月

    労働政策審議会 人材開発分科会, 厚生労働省

  • 2023年04月
    -
    2025年04月

    労働政策審議会 同一労働同一賃金部会, 厚生労働省

  • 2023年04月
    -
    2024年03月

    国土審議会特別委員, 国土交通省

  • 2022年11月
    -
    2024年03月

    賃金構造基本統計調査の改善に関するワーキンググループ, 厚生労働省

  • 2022年01月
    -
    2023年03月

    テレワーク等の柔軟な働き方に対応した勤務時間制度等 の在り方に関する研究会, 人事院

全件表示 >>