宮岡 勲 (ミヤオカ イサオ)

Miyaoka, Isao

写真a

所属(所属キャンパス)

法学部 政治学科 (三田)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • ・より詳細な研究業績リストについては、researchmapをご覧ください。   
    ・法学部の宮岡勲研究会への入会を検討している学部生の方へ   同研究会のサイトをご覧ください。
    ・法学研究科において国際政治理論や安全保障研究を学でみたい方へ   上述の研究会サイトをご覧になるとともに、ぜひメールでご相談ください。

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 国際政治理論の観点から、日本と米国の安全保障政策および日米同盟などを研究しています。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 法学部, 教授

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    慶應義塾大学, 法学部, 准教授

  • 2007年10月
    -
    2010年03月

    大阪大学大学院, 国際公共政策研究科, 准教授

  • 2006年01月
    -
    2006年12月

    米国 ジョージ・ワシントン大学, アジア研究所, 客員研究員

  • 2001年04月
    -
    2007年09月

    大阪外国語大学, 外国語学部国際文化学科, 助教授・准教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年03月

    オックスフォード大学, 社会科学研究科, 政治学専攻

    英国, 大学院, 修了, 博士

  • 1994年02月

    カンタベリー大学, 政治学研究科

    ニュージーランド, 大学院, 修了, 修士

  • 1990年03月

    慶應義塾, 法学部, 政治学科

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 哲学博士, 英国 オックスフォード大学, 課程, 1999年05月

  • 学術修士, ニュージーランド カンタベリー大学, 課程, 1994年05月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 国際関係論 (International Relations)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 安全保障論

  • 国際政治理論

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 冷戦前期におけるアメリカの拡大核抑止戦略―現代日本への政策的含意, 

    2019年10月
    -
    2020年03月

  • 国際安全保障分野におけるリーダーシップと政策転換, 

    2017年01月
    -
    2018年05月

  • 安全保障論のテキスト(単著), 

    2016年08月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Legitimacy in International Society: Japan’s Reaction to Global Wildlife Preservation

    MIYAOKA Isao, Basingstoke, Hampshire, UK: Palgrave Macmillan, 2004年03月

    担当範囲: 単著

  • 『安全保障政策と戦後日本1972~1994―記憶と記録の中の日米安保』

    宮岡 勲, 千倉書房, 2016年08月

    担当範囲: 「防衛問題懇談会での防衛力のあり方検討―防衛庁の主導的関与を中心として」

  • Security, Strategy and Military Change in the 21st Century: Cross-Regional Perspectives

    MIYAOKA Isao, Routledge, 2015年04月

    担当範囲: “Military Change in Japan: National Defense Program Guidelines as a Main Tool of Management.”

  • 『グローバル化と日本の政治・経済』

    宮岡 勲, 芦書房, 2014年04月

    担当範囲: 「グローバル化と安全保障」

  • 『日米同盟論―歴史・機能・周辺諸国の視点―』

    宮岡 勲, ミネルヴァ書房, 2011年11月

    担当範囲: 「沖縄返還後における日米関係の周期的変動」

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 「軍事技術の同盟国への拡散―英国と日本による米軍の統合情報システムの模倣―」

    宮岡 勲

    『国際政治』  ( 179 ) 69 - 82 2015年02月

    研究論文(学術雑誌), 単著

     概要を見る

     Since the Gulf War, the United States has built up a joint information system, which is interoperable among the military services--the Army, Navy, Air Force, and Marine Corps. The application of information technology to the military system has contributed to maintain the prominent position of the United States in international politics. According to Kenneth Waltz’s theory, however, the United States cannot sit on its laurels. His balance-of-power theory leads us to expect states to emulate the successful policies of others.
     João Resende-Santos has developed a “neorealist theory of emulation.” This theory contains two noteworthy points. First, the timing, speed, and scale of military emulation vary in accordance with the level of threat in the surrounding security environment. Second, when the option of relying on the capabilities of other states through alliance formation (external balancing) is available, the perception of reduced threat weakens the timing, speed, and scale of military emulation. In other words, emulation, as well as innovation, is regarded as one form of arms buildup relying on one’s own capabilities (internal balancing).
     However, is the level of threat in the surrounding security environment a really decisive factor of emulation? Do the timing, speed, and scale of military imitation vary with the region of the world? Moreover, don’t states emulate others for the formation and strengthening of an alliance? By verifying these questions, it is possible to contribute theoretically to research on the international diffusion of military technology and ideas, especially the diffusion of information revolution in military affairs, on which little research has been conducted.
     This article attempts to refute Resende-Santos’ arguments, by analyzing the diffusion of the joint information system of the U.S. Armed Forces to two allies, the United Kingdom and Japan. As a result of this analysis, I make two points. First, even in regions where the levels of threat in the surrounding security environment are different, the military emulation of similar timing, speed, and scale may occur. Second, states emulate others not only for their own military buildup but also for the enhancement of their alliance through ensuring interoperability.
     The body of this article is divided into three sections. First, I describe the development of the joint information systems in the United States, the United Kingdom, and Japan during the post-Cold War period. Second, I suggest the diffusion of the joint information system from the United States to the other two countries and present a framework for analyzing emulation, a concept that is similar to but different from diffusion. Third, I consider the emulation of the U.S. military system by the United Kingdom and Japan in more detail.

    宮岡 2015 軍事技術の同盟国への拡散.pdf

  • 「軍事力を基盤とするソフト・パワー―ナイ・イニシアチブを事例として―」

    宮岡 勲

    『国際安全保障』 (国際安全保障学会)  39 ( 4 ) 50 - 65 2012年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

  • "Japan’s Dual Security Identity: A Non-Combat Military Role as an Enabler of Coexistence"

    MIYAOKA Isao

    International Studies (New Delhi) 48 ( 3&4 ) 237 - 255 2011年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

     概要を見る

    Since the end of the Cold War, Japan’s acceptance and institutionalization of a non-combat military role to aid the US has led to its new identity as a US ally and has transformed the content of its ‘peace state’ identity. It is this role that has made these two identities more compatible. This article first attempts to measure the long-term shift in Japan’s two identities by conducting a content analysis of Japan’s Defence White Papers and then seeks to trace the formation process of Japan’s dual security identity through which it accepted and institutionalized a non-combat military role. For this analysis, the process is divided into three stages: the Cold War period when its two identities as a ‘peace state’ and a US ally were considered incompatible, the period of the 1990s when Japan started to accept and institutionalized a non-combat military role, and the period after 11 September 2001 when Japan’s dual security identity gradually got established. In the final section, the article discusses the source of a security identity shift in Japan and draws some implications for the future of its security policy.

    Miyaoka 2013 Japans Dual Security Identity

  • 「日本の国家アイデンティティの変遷―コンピュータ支援による『防衛白書』の内容分析―」

    宮岡 勲

    『アジア太平洋論叢』 (アジア太平洋研究会)   ( 18 ) 103 - -20 2009年07月

    (MISC)研究論文, 単著, 査読無し

     概要を見る

    In this article, the author analyzes the changing perception held by Japanese policymakers regarding Japan’s state identities, by conducting a computer-assisted content analysis of the Defense White Papers published annually between 1976 and 2006. The KH Coder, a computer program, assigns a particular code to a sentence if the sentence includes all or part of the words associated to the code. Then, it calculates a ratio of the identically coded sentences in the designated entire text for each year. The author also attempts to capture the discursive logic of the official reports about the roots of Japan’s identities and their policy implications, by carrying out cognitive mapping.
     The codes that appear frequently in the editions published during the Cold War period are “Member of the West” (nishigawa no ichiin) and “Economic Power” (keizai taikoku). The appearance ratios of the former code are high in the texts of the 1980s. The perception of Japan as a “Member of the West” seems to have been affected by that of the Soviet Union as a military threat. On the other hand, the rise of Japan and the decline of the United States in the economic field seem to have strengthened the perception of Japan as an “Economic Power” since the late 1970s. In the 1980s, both of the self-definitions were used to emphasize the necessity of defense build-up in Japan.
     The appearance ratios of the code “Peace-Loving Nation” (heiwa kokka) are stable in the entire period under study. This identity seems to have derived from the constitutional resolution of never repeating the horrors of war. In the late 1970s and the late 1980s, the self-description of Japan as such was linked to the need to strengthen Japan’s non-military international contributions. After the end of the Cold War, however, this identity became increasingly more compatible with military means as long as they are not related to combat.
     The Defense White Papers published during the Cold War Period avoid the use of the term “alliance” (dômeikoku). By contrast, the frequency ratio of this code is in the general trend of increase in the 1990s and peaked at 2006 when Japan and the United States reached an agreement on the force posture realignment of U.S. Forces in Japan. Instability in the Asia-Pacific region and the global war on terrorism seem to have enhanced Japan’s collective identity with the United States and then have led to such new missions of the Japan Self Defense Forces (JSDF) as international peace cooperation activities and response to unstable situations in areas surrounding Japan.
     As a result of the content analysis explained above, this article makes three arguments. First, after the end of the Cold War, the alliance with the United States replaced its two other identities, a member of the West and an economic power. The perception of Japan as a peace-loving nation was stable, although its meaning was changing slowly. Second, important sources of identity transformation include: 1) changes in the distribution of material capabilities among states, 2) the occurrence of major wars, terrorist activities, and international crises, and 3) a stronger sense of common values and stronger expectations of burden sharing from the United States, which result from factors 1) and 2). Third, changes in Japan’s state identities affected a shift of policy emphasis from defense build-up to the expansion of the JSDF’s missions beyond homeland defense.

  • 「『規範の学校』としての欧州安全保障協力機構―旧ソ連諸国における民主的軍統制の国内法制化―」

    宮岡 勲

    『国際政治』 (日本国際政治学会)   ( 144 ) 16 - 31 2006年02月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

     概要を見る

    The existing literature argues that NATO membership has been an effective incentive for the democratic control of armed forces (DCAF) in post-communist Europe. It also points out considerable delay in establishing DCAF in the countries that are not likely to be candidates for NATO membership in the near future: typically, the Commonwealth of Independent States (CIS) countries (the former Soviet states excluding the three Baltic countries). On the other hand, the literature pays little attention to the role of the Organization for Security and Cooperation in Europe (OSCE) in this area.
     This article argues that norm setting and the international promotion of norm implementation on the OSCE platform have contributed to the domestic legalization of DCAF in the CIS states. In this argument, the OSCE is regarded, not as teacher or nanny of norms (independent actor in international politics), but as a school of norms (site or process of norm teaching). This is a case illustrating the Constructivist functions of the OSCE process to re-constitute the “democratic state” at the international level by adding a DCAF element to democracy, and then literally to constitute the legal constitutions of the former communist countries.
     The main body of this article is divided into four sections. The first section outlines the DCAF regime developed at the OSCE, which consists of the two Documents of the Copenhagen and Moscow Meetings of the Conference of the Human Dimension (1990 and 1991) and the Code of Conduct on Politico-Military Aspects of Security (1994).
     In the next two sections, I analyze norm setting and the promotion of norm implementation within the OSCE framework respectively. Legitimization based on OSCE principles, politically binding nature, and the consensus rule are three basic features of OSCE norm setting. Its activities to promote the implementation of the DCAF regime include follow-up conferences, information exchange, seminars, and comments on constitutional drafts and bills. I also identify teachers and students of the DCAF regime.
     Fourthly, this article examines the impact of the OSCE process on national legislation in the CIS region. The DCAF norms, especially democratic decision on the use of force, the political neutrality of armed forces, and a ban on irregular forces, influenced the CIS constitutions adopted or amended nearly one year after the adoption of the OSCE Code of Conduct in December 1994. At the law level, the CIS countries have enacted some or all of the laws on defense, the state of emergency, mobilization, military service, alternative service, and the status of persons since 1994.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 「安全保障研究におけるリアリズムの研究動向」

    宮岡 勲

    2018年度年次大会 部会⑥リアリズムと安全保障研究 (青山学院大学・青山キャンパス) , 2018年12月, 口頭(招待・特別), 国際安全保障学会

     概要を見る

     本報告では、安全保障研究におけるリアリズムの位置づけの変遷について大まかな傾向を指摘してみたい。第一に、リアリズムが安全保障研究で本格的にとりあげられるようになるのは、ネオリアリズムが登場した後の1980年代になってからである。50年代半ばから60年代の半ばにかけて、いわゆる「黄金期」を迎えた戦略研究は、第二次世界大戦後に主要な国際関係理論となったリアリズムの国際政治観を土台にしていた。しかし、この時期の戦略研究では、核抑止などの特定の問題に焦点を当てた中範囲理論が中心であって、より一般的な国際関係理論が明示的に用いられることはあまりなかった。また、その後1970年代の半ばに復興した安全保障研究でも当初はその傾向が続いた。この研究領域を牽引してきた学術雑誌International Security(以下『IS』と略記)には、政策問題を扱う論文が多く、あまり理論的な論文は少なかった。しかし、それが80年代になると、防御的リアリズムの攻撃・防御バランスの問題を扱う論文が目立つようになった。
     第二に、欧米全体の安全保障研究においては、冷戦終結後に理論の多様化が進み、リアリズムの独占的な地位は過去のものになった。アメリカの伝統的な安全保障研究でも、リアリズムに加え、リベラリズムや穏健なコンストラクティビズムの議論も盛んになった。また、安全保障概念の拡大・深化を求める声とともに、非伝統的な安全保障研究がヨーロッパを中心に独自の発展を遂げた 。ここで「拡大」とは安全保障の問題を軍事以外の側面(経済・環境など)に広げることであり、また、「深化」とは安全保障の対象を国家以外のレベル(個人・社会など)に深めることを意味している 。そして、拡大・深化アプローチ自体が多様であり、そこには、批判的コンストラクティビズム、ポスト植民地主義、人間の安全保障論、批判的安全保障研究、フェミニズム、コペンハーゲン学派、およびポスト構造主義が含まれている。
     第三に、アメリカの伝統的な安全保障研究では、リアリズムは第1理論の座を占め続けている。「教育、研究、および国際政策(TRIP)」プロジェクトの雑誌論文データベースによれば、『IS』に掲載されたリアリズムの論文は、90年代と10年代で約2割を占めている(1980-89年10.09%; 1990-99年19.49%; 2000-09年14.61%; 2010-14年20.42%)。ほかにもリベラリズムやコンストラクティビズムに関する論文も増えているが、リアリズムには到底及ばないのである(2010-14年リベラリズム8.45%; Constructivist 5.63%)。

  • 「国際関係理論史の視点から」

    宮岡 勲

    2018 年度研究大会 部会8国際政治学における『イズム』思考の再検討(ラウンドテーブル) (大宮ソニックシティ) , 2018年11月, 口頭(招待・特別), 日本国際政治学会

  • 「9/11同時多発テロ事件以降の米国における安全保障論の研究動向」

    宮岡 勲

    2013年度春季研究大会 (國學院大學院友会館) , 2013年05月, 口頭(一般), 日本防衛学会

  • 「貿易政策の国際政治的要因―覇権、同盟、および制度―」

    宮岡 勲

    2012年度研究大会 (武蔵野大学有明キャンパス) , 2012年06月, 口頭(一般), 慶應法学会

  • 「リアリズムとコンストラクティビズムの同盟論からの日米安保対体制の一考察」

    宮岡 勲

    2010年度研究大会 (慶應義塾大学日吉キャンパス) , 2010年12月, 口頭(一般), 国際安全保障学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 「通常抑止失敗の条件―日本の安全保障政策への含意―」

    2017年02月
    -
    2018年01月

    櫻田会, 政治研究助成, 補助金, 

  • 「米国における安全保障研究(2001~現在)の動向調査」

    2012年02月
    -
    2013年01月

    櫻田会, 政治研究助成, 補助金, 

  • 「冷戦後における米軍変革の同盟諸国への伝播―英国、豪州、日本の比較研究」

    2009年04月
    -
    2013年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金, 

  • "The Post-Cold War Evolution of the U.S.-Japan Alliance toward a Security Community: From the Perspective of American Elites"

    2009年02月
    -
    2009年04月

    ジャパン・スカラー奨学金, 補助金, 

  • 「冷戦後の米日同盟における集合的アイデンティティの形成-アメリカの有識者の視点から」

    2006年01月
    -
    2006年12月

    平成16年度安倍フェローシップ, 補助金, 

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 研究会(政治学科)Ⅳ

    2019年度

  • 研究会(政治学科)Ⅲ

    2019年度

  • 研究会(政治学科)Ⅱ

    2019年度

  • 研究会(政治学科)Ⅰ

    2019年度

  • 研究会

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 国際政治論特殊演習

    法学研究科, 2018年度, 秋学期

  • 国際政治論特殊研究

    法学研究科, 2018年度

  • 国際政治理論特殊研究

    法学部, 2018年度

  • 政治学基礎

    法学部, 2018年度

  • 国際政治基礎

    法学部, 2018年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 学生による授業評価アンケート

    2010年
    -
    2017年

    , 教育内容・方法の工夫

     内容を見る

    〈学生による授業評価アンケート〉集計結果(2010年度、2012年度~2017年度)、法学部・FD授業評価実施委員会

  • 研究会課外活動:自衛隊部隊見学

    2010年04月
    -
    継続中

    , その他特記事項

     内容を見る

    横須賀基地(2010年度、2014年度、2017年度)、百里基地(2011年度)、観艦式(2012年度)、朝霞駐屯地(2013年度)、横田(2015年度)、市ヶ谷地区(2016年度)
    協力:自衛隊東京地方協力本部

  • 研究会課外活動:防衛大学校主催の学生シンポジウムに参加

    2009年04月
    -
    継続中

    , その他特記事項

     内容を見る

    複数の大学間でのゼミ対抗討論会(2009年度~2017年度)

  • Participation in the annual Teachers’ Workshop of the Philip Merrill Center for Strategic Studies, Johns Hopkins University,

    2009年06月

    , その他特記事項

     内容を見る

    Held at the Basin Harbor Club in Vergennes, Vermont, U.S.A. (June 8-12, 2009).

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本国際政治学会, 

    1998年05月
    -
    継続中
  • 国際安全保障学会, 

    2004年12月
    -
    継続中
  • 日本防衛学会, 

    2011年10月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年07月
    -
    2020年06月

    書評小委員会委員長, 日本国際政治学会

  • 2015年06月
    -
    継続中

    理事, 日本防衛学会

  • 2012年11月
    -
    2014年06月

    書評小委員会委員, 日本国際政治学会

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

    『国際安全保障』編集委員会委員, 国際安全保障学会

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    監事, 日本防衛学会

全件表示 >>