塩原 良和 (シオバラ ヨシカズ)

Shiobara, Yoshikazu

写真a

所属(所属キャンパス)

法学部 政治学科 (三田)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 1973年埼玉県生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(社会学)。日本学術振興会海外特別研究員(シドニー大学)、東京外国語大学外国語学部准教授などを経て、現在、慶應義塾大学法学部教授。専門領域は国際社会学・社会変動論、多文化主義・多文化共生研究。オーストラリアと日本を主なフィールドとして、多文化化する社会に関する研究を進めている。主著に『分断するコミュニティ』(法政大学出版局、2017年)、『分断と対話の社会学』(慶應義塾大学出版会、2017年)、『共に生きる』(弘文堂、2012年)、『変革する多文化主義へ』(法政大学出版局、2010年)、『ネオ・リベラリズムの時代の多文化主義』(三元社、2005年)、Migration Policies in Asia (co-edited, Sage, 2020)、 Cultural and Social Division in Contemporary Japan (co-edited, Routledge, 2019)、『社会的分断を越境する』(共編著、青弓社、2017年)、『変容する国際移住のリアリティ』(共編著、ハーベスト社、2017年)など。

    詳細な業績一覧は下記URLを参照
    https://keio.box.com/s/bayxtj9hwje0t9lybylwjbsc9vv5d02p


その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 大学院法学研究科, 委員

  • 大学院社会学研究科, 委員

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    1999年06月

    株式会社三和総合研究所 経済・社会政策室 研究員

  • 2006年10月
    -
    2008年09月

    東京外国語大学外国語学部 准教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年03月

    慶應義塾, 法学部, 政治学科

    大学, 卒業

  • 1998年03月

    慶應義塾, 法学研究科, 政治学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2003年03月

    慶應義塾, 社会学研究科, 社会学専攻

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(法学), 慶應義塾, 課程, 1998年03月

  • 博士(社会学), 慶應義塾, 課程, 2004年12月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 地域研究

  • 社会学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • オーストラリア地域研究

  • 国際社会学

  • 多文化主義・多文化共生

  • 社会変動論

  • 移民・先住民族

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ナショナルなシティズンシップの分断と移民・難民・先住民族:社会学的日豪比較研究, 

    2016年04月
    -
    2020年03月

  • 移民・難民選別システムの重層的再編成――9ヶ国の国際比較と越境的構造分析, 

    2016年04月
    -
    2019年03月

  • 日豪におけるエスニック・マイノリティ向け社会政策の社会学的比較研究, 

    2013年
    -
    2016年

  • 選別移民政策の国際比較――新自由主義/新保守主義と国民国家の境界再編成, 

    2012年
    -
    2014年

  • 東アジアにおける移民の編入モードと移民政策の動態的研究-日本・韓国・台湾の比較-, 

    2012年
    -
    2014年

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 論文を書く・投稿する

    ブルース・A.ティアー著,舟木紳介,木村真希子,塩原良和訳, 新曜社, 2021年05月,  ページ数: 128

  • 多様性との対話-ダイバーシティ推進が見えなくするもの

    岩渕功一(編著)、塩原良和他, 青丘社, 2021年03月,  ページ数: 240

    担当範囲: 「多文化共生がヘイトを超えるために」,  担当ページ: 59-67

  • Migration Policies in Asia

    Yoshikazu SHIOBARA, Junichi AKASHI, Tien Shi CHEN, Naoko HASHIMOTO, Chikako KASHIWAZAKI, Atsushi KONDO, Chiho OGAYA, Wonsuk SUN, Eriko SUZUKI, Miwa YAMADA, Sage, 2020年05月,  ページ数: 1716

  • 川崎市外国人市民意識実態調査報告書

    竹ノ下弘久、塩原良和、小ヶ谷千穂、髙橋誠一、多文化まちづくり工房, 川崎市, 2020年03月

  • オーストラリア多文化社会論――移民・難民・先住民族との共生をめざして

    関根政美・塩原良和・栗田梨津子・藤田智子編著, 法律文化社, 2020年02月,  ページ数: 318

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 「違う世界に住む」他者と共生するために――オーストラリアの庇護希望者政策と多文化主義をめぐる省察

    塩原良和

    難民研究ジャーナル (難民研究フォーラム)   ( 10 ) 46 - 59 2021年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し,  ISSN  2186-4292

  • From Liberal Multiculturalism to Muscular Liberalism: Changes in the Official Discourses of Multiculturalism in Australia

    SHIOBARA, Yoshikazu

    法学研究 (慶應義塾大学法学部)  93 ( 12 ) (21)416 - (43)394 2020年12月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読無し,  ISSN  0389-0538

  • Genealogy of “tabunka kyōsei”: A Critical Analysis of the Reformation of the Multicultural Co-living Discourse in Japan

    Yoshikazu Shiobara

    (International Journal of Japanese Sociology)  29 ( 1 ) 22 - 38 2020年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • 「共有」と「強要」のあいだで:日豪の多文化共生/多文化主義理念の変容

    塩原良和

    国際文化研修  ( 106 ) 44 - 47 2020年01月

    研究論文(その他), 単著, 査読無し

  • 多文化主義は排外主義を抑制しうるか

    塩原良和

    福音と世界 (新教出版社)  74 ( 12 ) 30 - 35 2019年12月

    研究論文(その他), 単著, 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 「地域における多文化共生推進プラン」の改訂とその問題点

    塩原良和

    『日本における外国人・民族的マイノリティ人権白書2021年』 (外国人人権法連絡会)   2021年03月

    総説・解説(その他), 単著

  • 「(書評)『日本人は右傾化したのか――データ分析で実像を読み解く』田辺俊介編著」

    塩原良和

    『理論と方法』 35 ( 2 ) 291 - 291 2020年09月

    書評,文献紹介等, 単著

  • 21世紀かながわ円卓会議第1回ミニシンポジウム「外国人住民が抱える課題と社会参加を考える」

    かながわ国際交流財団

    第8次 21世紀かながわ円卓会議『グローバル社会おける”市⺠性”を育む~かながわで共に⽣きていくために~』報告書 (かながわ国際交流財団)     71 - 80 2020年06月

    会議報告等, 共著

  • 対話的な多文化主義に向けて

    塩原良和

    Screen Literacy  ( 1 ) 88 - 89 2020年03月

    会議報告等, 単著

  • パネルディスカッション「多様化する社会における“映像メディアによる表現”の意義は何か」

    柳沼宏寿、宮脇理、千葉茂樹、ジェーン・ミルズ、塩原良和

    Screen Literacy  ( 1 ) 110 - 118 2020年03月

    会議報告等, 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Transformation of the Discourses of “Tabunka Kyōsei in local Communities”: The implication of “Revitalization of Regional Societies” in Multicultural Co-living Policies in Japan

    Yoshikazu Shiobara

    The 2nd Congress of East Asian Sociological Association , 2021年10月, 口頭(一般)

  • 「多様性の活用」としての共生:2010年代における多文化共生の公定言説の系譜

    塩原良和

    三田社会学会2021年度大会, 2021年07月, 口頭(一般)

  • 「『違う世界に住む他者』と共生するために」への追記」

    塩原良和

    『難民研究ジャーナル』第10号発刊記念 公開座談会「これからの日本で求められる難民研究とは?」 (オンライン) , 2021年06月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 難民研究フォーラム

  • 外国につながる子どもの貧困と多文化共生施策の課題

    塩原良和

    東京都立大学子ども・若者貧困研究センター 子どもの貧困研究のフロンティアテイ定例学術研究会<第23回>, 2020年12月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 継承語教育の経験と日本人コミュニティ――シドニー日本クラブ(JCS)日本語学校の事例から

    塩原良和, 濱野健, 小林美穂

    母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会2020 年度研究大会口頭発表, 2020年08月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 多文化共生と排外主義の関係性とその帰結:日豪比較を通じた理論化に向けて

    2020年04月
    -
    2024年03月

    科研費(基盤C), 補助金,  代表

  • 移民受入れ国-送出し国の政策相互連関――国際社会学からの比較研究

    2019年04月
    -
    2022年03月

    日本学術振興会, 科研費, 小井土彰宏, 基盤研究A, 補助金,  分担

  • ナショナルなシティズンシップの分断と移民・難民・先住民族:社会学的日豪比較研究

    2016年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 塩原良和, 補助金,  代表

     研究概要を見る

     本研究は、現代の社会変動がもたらす国民国家のシティズンシップの変容をエスニック・マイノリティとマジョリティ国民の関係性の変化という視点から考察することで、日本を含む先進諸国における多民族・多文化共生の社会学的研究に貢献することを目指す。具体的には、移民、難民・庇護申請者、先住民族が国民国家のシティズンシップへと包摂されるあり方がグローバル化と新自由主義の影響によってどのように変容しているのかを、日本とオーストラリアにおける社会学的現地調査と国際比較分析によって明らかにする。さらにそうした実証研究の知見に基づき、国民国家という領域に帰属・居住する人々が「超‐市民」「半‐市民」「非‐市民」という分断されたシティズンシップのあいだで再編されていく社会的プロセスを理論的に一般化する。

  • 移民・難民選別システムの重層的再編成――9ヶ国の国際比較と越境的構造分析

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 小井土 彰宏, 補助金,  分担

  • 日豪におけるエスニック・マイノリティ向け社会政策の社会学的比較研究

    2013年04月
    -
    2016年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 塩原良和, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    従来、オーストラリアにおいても日本においても、移住者(移民・難民・定住外国人)のための社会政策と先住民族のための社会政策は別個に研究され、両者を統合する理論モデルの構築は積極的に行われてこなかった。そこで本研究では、現代先進諸国における移住者と先住民族に対する社会政策の双方を包含する「エスニック・マイノリティ向け社会政策」分析の理論的枠組みの構築を試みる。そのためにオーストラリアと日本で現地調査を行い、それぞれの国における「多文化主義(多文化共生)」政策と先住民族政策の現状に関する実証的データを入手する。そして日豪比較を行いながら調査データを一般化し、理論モデルの構築を行う。さらに、こうした成果を調査期間終了1 年以内に単著として刊行することを目指す。

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • オーストラリア学会2021年度全国研究大会 豪日交流基金助成企画 講演資料集

    オーストラリア学会(塩原良和編)

    2021年07月

    その他

  • ‘Advancing Japan Australia Knowledge Exchange in the 21st Century’ Workshop

    Yoshikazu Shiobara

    online, 

    2021年06月

    その他, 単独

  • 多文化共生社会実現に向けて取り組むべきこと~諸外国での取組及び課題を踏まえて

    塩原良和

    出入国在留管理庁在留管理支援部 令和元年度受入環境調整実務研修 講師(於:法務省), 

    2020年01月

    その他, 単独

  • 多文化主義と多文化共生

    塩原良和

    福島大学行政政策学類 学術講演会, 

    2018年12月

    その他, 単独

  • 神奈川県における「外国につながる子どもの貧困」問題への取り組みの現状と課題

    かながわ国際政策推進懇話会 報告(委員としての情報提供)(於:かながわ県民センター), 

    2018年07月

    その他, 単独

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月

     内容を見る

    「「現場」での経験から「分断」を超える」(『塾』306号、24-25頁)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 政治・社会論特殊研究

    2021年度

  • 社会変動論特殊研究Ⅲ

    2021年度

  • 社会変動論特殊研究Ⅱ

    2021年度

  • 現代オーストラリア論Ⅰ

    2021年度

  • 社会変動論Ⅰ

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 社会変動論Ⅱ

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間

  • 現代オーストラリア論Ⅰ

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間

  • 政治・社会論合同演習

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 演習, 専任, 1時間

  • 政治・社会論特殊研究

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 演習, 専任, 1時間

  • 研究会(4年生)

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 演習, 専任, 1時間

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2020年度 慶應義塾大学法学部 研究会(3・4年)他

    2020年04月
    -
    2021年03月

    , 教育内容・方法の工夫

     内容を見る

    申請者が担当する授業で以下の活動を行った。
    社会福祉法人青丘社が運営する社会教育施設で開催される、生活保護受給家庭の中学生向け学習支援教室への参加(週1回、4月〜3月)
    ②横浜市立潮田中学校国際教室や鶴見国際交流ラウンジ等と協働した、外国につながる中高生への学習支援教室の主体的運営(週1回、5月〜3月)。
    ③外国につながる高校生や若者と一緒に横浜市鶴見区で実施する、地域社会での居場所づくり活動(週1回、5月〜3月)
    ④公益財団法人よこはまユースが運営する、横浜総合高校校内カフェへの参加(週1回、9月〜2月)
    ⑤NPO法人Me-netが運営する、県立川崎高校内日本語・学習支援教室への参加(5月~3月)
     大学生は現場での経験をフィールドノートに記述し、それを授業で共有・討論し、学術的文献から得た知識を踏まえ、自分たちの経験の社会的含意について省察した。

  • 2019年度 慶應義塾大学法学部 研究会(3・4年)他

    2019年04月
    -
    2020年03月

    , 教育内容・方法の工夫

     内容を見る

    申請者が担当する授業で以下の活動を行った。
    社会福祉法人が運営する社会教育施設で開催される、生活保護受給家庭の中学生向け学習支援教室への参加(週1回、4月〜2月)
    ②横浜市立潮田中学校国際教室や鶴見国際交流ラウンジ等と協働した、外国につながる中高生への学習支援教室の主体的運営(週1回、5月〜2月)。
    ③外国につながる高校生や若者と一緒に横浜市鶴見区で実施する、地域社会での居場所づくり活動(週1回、5月〜3月)
    ④NPO 法人との協働で行う、県立高校定時制における校内カフェの運営(週1回、5月〜3月)
     大学生は現場での経験をフィールドノートに記述し、それを授業で共有・討論し、学術的文献から得た知識を踏まえ、自分たちの経験の社会的含意について省察した。

  • 2018年度 慶應義塾大学法学部 研究会(3・4年)他

    2018年04月
    -
    2019年03月

    , 教育内容・方法の工夫

     内容を見る

    申請者が担当する授業で以下の活動を行った。
    社会福祉法人が運営する社会教育施設で開催される、生活保護受給家庭の中学生向け学習支援教室への参加(週1回、4月〜2月)
    ②横浜市立潮田中学校国際教室や鶴見国際交流ラウンジ等と協働した、外国につながる中高生への学習支援教室の主体的運営(週1回、5月〜2月)。
    ③外国につながる高校生や若者と一緒に横浜市鶴見区で実施する、地域社会での居場所づくり活動(週1回、5月〜3月)
    ④NPO 法人との協働で行う、県立高校定時制における校内カフェの運営(週1回、10 月〜3月)
     大学生は現場での経験をフィールドノートに記述し、それを授業で共有・討論し、学術的文献から得た知識を踏まえ、自分たちの経験の社会的含意について省察した。

  • 2017年度 慶應義塾大学法学部 研究会(3・4年)他

    2017年04月
    -
    2018年03月

    , 教育内容・方法の工夫

     内容を見る

    申請者が担当する授業で以下の活動を行った。
    社会福祉法人が運営する社会教育施設で開催される、生活保護受給家庭の中学生向け学習支援教室への参加(週1回、4月〜2月)
    ②横浜市立潮田中学校国際教室や鶴見国際交流ラウンジ等と協働した、外国につながる中高生への学習支援教室の主体的運営(週1回、5月〜2月)。
    ③外国につながる高校生や若者と一緒に横浜市鶴見区で実施する、地域社会での居場所づくり活動(週1回、5月〜3月)
    ④NPO 法人との協働で行う、県立高校定時制における校内カフェの立ち上げと運営(週1回、10 月〜3月)
     大学生は授業で活動内容を報告し、学術的文献から得た知識を踏まえ、自分たちの経験の社会的含意について省察し、グル
    ープ討論やプレゼンテーションを行った。

  • 2016年度 慶應義塾大学法学部 研究会(3・4年) 

    2016年04月
    -
    2017年03月

    , 教育内容・方法の工夫

     内容を見る

    本年度も塩原授業の履修学生が以下の活動を行なった。①「川崎市ふれあい館」での生活保護受給家庭の中学生(外国につながる子どもを含む)向け学習指導教室への参加(週1回)。
    ②NPO法人多文化共生教育ネットワークかながわと協働した、川崎市立川崎高校定時制構内でのカフェ形式による高校生キャリア形成支援活動「ふらっとカフェ」の運営(週1回)。
    ③横浜市立潮田・鶴見中学校の国際教室と鶴見国際交流ラウンジの協力による、外国人中学生への受験指導「つるみ夜教室」と、外国にルーツを持つ高校生や若者と共に居場所を創る活動(週1回)。
    これらの活動から得た経験を授業内で討論することにより、大学生は自分とは異なる境遇で育った若者への想像力と、背景にある社会構造への理解を深めた。

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 港区立芝浦港南・台場・麻布・高輪・赤坂区民センター指定管理者候補者選考委員会 委員

    2018年04月
    -
    2019年03月
  • かながわ国際政策推進懇話会 委員

    2015年09月
    -
    2019年03月

     概要を見る

    委員

  • 横浜市日本語学習コーディネート業務

    2014年06月
    -
    2016年03月

     概要を見る

    アドバイザー

  • 川崎市「外国人市民意識実態調査」調査チームメンバー

    2013年03月
    -
    2016年03月
  • 横浜市鶴見区「外国籍及び外国につながる児童・生徒に関する調査事業」座長

    2012年06月
    -
    2013年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 移民政策学会, 

    2009年
    -
    継続中
  • 共生社会システム学会, 

    2006年
    -
    継続中
  • 日本国際政治学会, 

    2004年
    -
    継続中
  • 日本移民学会, 

    2004年
    -
    継続中
  • 関東社会学会, 

    2000年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年03月
    -
    2021年05月

    常任理事(企画委員長), 移民政策学会

  • 2019年06月
    -
    継続中

    副代表理事(編集担当), オーストラリア学会

  • 2018年12月
    -
    継続中

    International Journal of Japanese Sociology編集委員, 日本社会学会

  • 2017年12月
    -
    2020年03月

    学会賞選考委員, 日本社会学会

  • 2017年08月
    -
    2019年05月

    編集委員, 関東社会学会

全件表示 >>