杉本 憲彦 (スギモト ノリヒコ)

Sugimoto, Norihiko

写真a

所属(所属キャンパス)

法学部 (日吉)

職名

教授

HP

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 地球流体力学を専門に研究しています。地球流体というのは、流体の中でも回転(自転)と成層の効果が効く流れで、偏西風や高低気圧、黒潮などの特徴的な流れが生じます。主な研究手法は、数値計算と理論的解釈です。最近では、金星の大気の流れにも興味があり、金星探査機「あかつき」の観測データを金星大気の大循環モデル「金星AFES」に同化する研究も行っています。

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 日吉物理学教室の教員の中では珍しく、地球物理学(気象学)を専門に研究しています。これを生かして、講義では地球上の様々な自然現象を紹介したいと思います。身近な自然現象を、物理的な視点で正しく理解できる力を身につけましょう。また、講義の合間には地球環境の問題についても紹介します。自然科学を学ぶ機会は今までも今後もそれほどないかも知れません。せっかくのチャンスにぜひ教養を深めて頂ければと願います。

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 大気や海洋の大規模な運動に関して、数理的手法を用いた研究を行っている。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 法学部, 教授

  • 2015年04月
    -
    2020年03月

    慶應義塾大学 法学部 日吉物理学教室 准教授

  • 2014年03月
    -
    2016年03月

    エコーポリテクニーク 気象力学研究室(LMD) 訪問研究員

  • 2008年04月
    -
    2015年03月

    慶應義塾大学 法学部 日吉物理学教室 専任講師

  • 2005年04月
    -
    2008年03月

    名古屋大学大学院 工学研究科 計算理工学専攻 COE研究員(常勤)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    京都大学, 理学部

    大学, 卒業

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    京都大学, 理学研究科, 地球惑星科学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    京都大学, 理学研究科, 地球惑星科学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士, 京都大学, 課程, 2005年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 気象予報士, 2006年03月

  • ワインエキスパート, 2021年10月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 大気水圏科学 (Weather/Oceanic Physics/Hydrology)

  • 計算科学

  • 地球流体力学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 地球流体力学

  • 惑星大気科学

  • 気象学

  • 流体力学

  • 計算科学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 大気重力波の自発的放射過程の研究, 

    2013年
    -
    2017年

     研究概要を見る

    渦的な流れから放射される大気重力波のメカニズムを、数値実験及び渦からの音波放射理論を援用し解明する。

 

著書 【 表示 / 非表示

  • はじめて学ぶ大学教養地学 = Earth science for liberal arts students

    杉本 憲彦, 杵島 正洋, 松本 直記, 慶應義塾大学出版会, 2020年05月

  • 空があるから

    杉本 憲彦, 金子 幸代, 福音館書店, 2020年

  • 法学・経済学・自然科学から考える環境問題

    杉本 憲彦ほか6名, 慶應義塾大学出版会, 2017年08月

    担当範囲: 1-164

     概要を見る

    環境問題の3つの重要なテーマ(循環型社会、生物多様性、気候変動と温暖化対策)について、いま何が問題で、どう解決すべきかを、法学・経済学・自然科学の各分野から解説。また各章の最後では、ディスカッションの形式で、身近な問題について多面的に考えていく。

  • 風はなぜ吹くのか、どこからやってくるのか

    杉本 憲彦, ベレ出版, 2015年05月

    担当範囲: 1-392

     概要を見る

    風は直接、目に見える現象ではありませんが、私たちの生活を大きく左右する天気の要素のひとつです。本書では、そんな風が吹く仕組みを解説します。海風・陸風やフェーン、ビル風といった身近な風から、やませやだし、おろしといった地域特有の風、偏西風などの地球規模の風、低気圧や台風の風、気候と風の関係、風の利用や予測など、風に関する話が満載。捉えどころのなさそうな、大気の流れを調べている研究者が、風の「姿」を捉える旅に招待します。

  • 自己組織化マップとそのツール

    橘完太, 杉本 憲彦, シュプリンガージャパン, 2008年

    担当範囲: 147-160

論文 【 表示 / 非表示

  • A GCM Study on the 4-Day and 5-Day Waves in the Venus Atmosphere

    Takagi M., Ando H., Sugimoto N., Matsuda Y.

    Journal of Geophysical Research: Planets (Journal of Geophysical Research: Planets)  127 ( 4 )  2022年04月

    ISSN  21699097

     概要を見る

    The 4-day and 5-day waves observed at the cloud top in the Venus atmosphere are expected to play important roles in the maintenance of the general circulation. However, they have not been reproduced in Venus general circulation models (GCMs) so far, and their structures and excitation mechanisms remain poorly understood. Using an improved Venus GCM, we succeeded in reproducing the planetary-scale 3.3-day and 5.8-day waves, which are considered to correspond to the 4-day and 5-day waves, respectively. We also obtained the 4.8-day wave, whose structure is similar to that of the 5.8-day wave. The three-dimensional structures of these waves consist of a Kelvin wave in low latitudes and one or two Rossby waves in mid- and high latitudes that are connected at the critical latitudes. This fact indicates that they are excited by the Rossby-Kelvin instability. The Kelvin mode of the 3.3-day wave could be observed at the cloud top, while those of the 5.8-day and 4.8-day waves cannot be observed due to the critical levels. The mid-latitude Rossby mode of the 5.8-day wave is dominated by mid-latitude vortices symmetric about the equator at the cloud top; this result is quite consistent with the observations. The equatorward angular momentum flux induced by these waves could contribute to the Venus superrotation. The Rossby modes of the 5.8-day and 4.8-day waves have baroclinic structures in the cloud layer inducing significant poleward heat flux. The planetary-scale structures symmetric about the equator observed in the Venus atmosphere could be explained by these waves.

  • 一番星へ行こう!日本の金星探査機の挑戦 その49 〜金星大気初のデータ同化への挑戦:あかつき観測と数値計算の融合〜

    杉本 憲彦, 藤澤 由貴子, 安藤 紘基, 高木 征弘, AFES-Venusチーム, ALEDAS-Vチーム

    日本惑星科学会誌遊星人 (日本惑星科学会)  31 ( 1 ) 88 - 93 2022年03月

    ISSN  0918273X

  • Dynamical Effect on Static Stability of the Venus Atmosphere Simulated Using a General Circulation Model: A Comparison With Radio Occultation Measurements

    Ando H., Takaya K., Takagi M., Sugimoto N., Imamura T., Sagawa H., Tellmann S., Pätzold M., Matsuda Y., Häusler B., Limaye S., Choudhary R.K., Antonita M.

    Journal of Geophysical Research: Planets (Journal of Geophysical Research: Planets)  127 ( 3 )  2022年03月

    ISSN  21699097

     概要を見る

    Distributions of temperature and static stability in the Venus atmosphere consistent with recent radio occultation measurements are reproduced using a general circulation model. A low-stability layer is maintained at low- and mid-latitudes at 50–60 km altitude and is sandwiched by high- and moderate-stability layers extending above 60 and below 50 km, respectively. In the polar region, the low-stability layer is located at 46–63 km altitude and the relatively low-stability layer is also found at 40–46 km altitude. To investigate how these thermal structures form, we examine the dynamical effects of the atmospheric motions on the static stability below 65 km altitude. The results show that the heat transports due to the mean meridional circulation and disturbances are important in low-latitudes. The mid- and high-latitudes above ∼47 km are destabilized by radiative processes and stabilized by the disturbances, which are mainly associated with baroclinic Rossby-type waves. Below ∼47 km altitude, the polar region is destabilized by the dynamical processes which induce the appreciable equatorward heat transport, which might be related to Rossby waves in the sub-cloud region, although the suppression of convective adjustment at cloud heights leads to stabilization at 43–47 km.

  • KelvinWave and Its Impact on the Venus Atmosphere Tested by Observing System Simulation Experiment

    Sugimoto N., Fujisawa Y., Shirasaka M., Abe M., Murakami S., Kouyama T., Ando H., Takagi M., Yamamoto M.

    Atmosphere (Atmosphere)  13 ( 2 )  2022年02月

     概要を見る

    At the cloud top of the Venus atmosphere, equatorial Kelvin waves have been observed and are considered to play an important role in the super-rotation. We were able to reproduce the wave in a general circulation model (GCM) by conducting an observing system simulation experiment (OSSE) with the help of a data assimilation system. The synthetic horizontal winds of the Kelvin wave produced by the linear wave propagating model are assimilated at the cloud top (~70 km) in realistic conditions, assuming they are obtained from cloud tracking of ultra-violet images (UVI) taken by the Venus orbiters. It is demonstrated using Eliassen–Palm (EP) fluxes that the reproduced Kelvin wave transports angular momentum and plays an important role in the magnitude and structure of the super-rotation, causing the acceleration and deceleration of zonal wind of ~0.1 m/s day−1. The conditions required in order to reproduce the Kelvin wave have also been investigated. It is desirable to have 24 hourly dayside satellite observations in an equatorial orbit, such as the Akatsuki Venus climate orbiter. The results of this type of data assimilation study will be useful in the planning of future observation missions to the atmospheres of planets.

  • Generation of gravity waves from thermal tides in the Venus atmosphere

    Sugimoto N., Fujisawa Y., Kashimura H., Noguchi K., Kuroda T., Takagi M., Hayashi Y.Y.

    Nature Communications (Nature Communications)  12 ( 1 )  2021年12月

     概要を見る

    Gravity waves play essential roles in the terrestrial atmosphere because they propagate far from source regions and transport momentum and energy globally. Gravity waves are also observed in the Venus atmosphere, but their characteristics have been poorly understood. Here we demonstrate activities of small-scale gravity waves using a high-resolution Venus general circulation model with less than 20 and 0.25 km in the horizontal and vertical grid intervals, respectively. We find spontaneous gravity wave radiation from nearly balanced flows. In the upper cloud layer (~70 km), the thermal tides in the super-rotation are primary sources of small-scale gravity waves in the low-latitudes. Baroclinic/barotropic waves are also essential sources in the mid- and high-latitudes. The small-scale gravity waves affect the three-dimensional structure of the super-rotation and contribute to material mixing through their breaking processes. They propagate vertically and transport momentum globally, which decelerates the super-rotation in the upper cloud layer (~70 km) and accelerates it above ~80 km.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 宇宙科学最前線「観測データを同化し金星の大気の謎に迫る」

    杉本 憲彦

    ISASニュース (宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所)  438   1 - 3 2017年09月

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要), 単著

  • 渦からの自発的な重力波放射とその反作用 –海洋のエネルギー収支の再考-

    杉本 憲彦, PLOUGONVEN Riwal

    月間海洋 総特集「海洋循環に果たすスケール間相互作用の理解 / 南北・上下から見た日本の気象と気候」 (海洋出版)  49   295 - 302 2017年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

  • 竜門賞受賞記念解説「地球流体における渦からの自発的な重力波放射の研究」

    杉本 憲彦

    ながれ (日本流体力学会)  36   181 - 185 2017年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

  • 計算科学フロンティアの展開 その3 –地球流体力学における大規模数値計算-

    杉本 憲彦

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース (名古屋大学情報連携基盤センター)  6 ( 3 ) 274-281 2007年

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要), 単著

  • 第13回地球環境流体サマースクール参加報告

    杉本 憲彦

    天気 (日本気象学会)  51   155-157 2004年

    会議報告等, 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Introduction of the data assimilation for the Venusian atmosphere

    杉本 憲彦

    Lecture at the Akatsuki science working team meeting #9 (JAXA, Kanagawa) , 

    2018年07月

    口頭発表(招待・特別)

  • データ同化の現状と将来展望

    杉本 憲彦

    第19回 惑星圏研究会 (東北大学青葉キャンパス, 宮城) , 

    2018年02月

    口頭発表(基調)

  • Introduction of the Venus GCM (AFES-Venus) and its data assimilation system (VALEDAS)

    杉本 憲彦

    Seminar at the Airborne Science Program (NASA Jet Propulsion Laboratory, Pasadena, USA) , 

    2018年02月

    口頭発表(招待・特別)

  • 金星GCMへのデータ同化の広がりと今後の展望

    杉本 憲彦

    第8回 データ同化ワークショップ (明治大学中野キャンパス, 東京) , 

    2018年01月

    口頭発表(招待・特別)

  • Cyclone-anticyclone asymmetry in gravity wave radiation from vortical flows in f-plane shallow water

    杉本 憲彦

    Meteorological colloquium and Institute seminar at the Institute for Atmospheric and Environmental sciences (Goethe-Universität, Frankfurt, Germany) , 

    2016年01月

    口頭発表(招待・特別)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 金星大気の衛星間電波掩蔽観測計画に向けた観測システムシミュレーション実験

    2020年04月
    -
    2023年03月

    科学研究費助成事業, 藤澤 由貴子, 杉本 憲彦, 森本 睦子, 基盤研究(C), 未設定

     研究概要を見る

    近年、金星探査機「あかつき」により、カメラ観測に基づく東西風速や温度の水平分布に関する観測データは蓄積されつつある。しかし一方で、電波掩蔽観測は頻回に行うことは出来ず、温度の鉛直分布に関する観測データは十分に存在しない。
    本研究では, あかつきに続く今後の金星探査を見据えて、地球シミュレータ上の金星大気大循環モデル (AFES-Venus) を元に開発された金星大気データ同化システム (ALEDAS-V) を用いて観測システムシミュレーション実験を行い、金星の周囲に複数の小型衛星を配置した衛星間の電波掩蔽観測の実現可能性と有効性を検証する。
    複数の小型衛星を用いた衛星間電波掩蔽観測は、金星を全球的に覆う厚い雲層にさえぎられることなく、鉛直温度分布を全球的に高頻度で観測できることが期待される。令和2年度は、研究協力者である五十里助教・川端研究員(東京大学)、及びAo博士(ジェット推進研究所、カリフォルニア大学)が軌道計算を行って算出した観測点に対して観測システムシミュレーション実験(OSSE)を行い、その軌道の有効性を調査した。五十里助教等が算出した全球的に観測点を配置した実験では、疑似観測データとしてスーパーローテーションの速度を調整した金星大気大循環モデル(AFES-Venus)の出力を用いた結果、①スーパーローテーションの速度が改善された。Ao博士が算出した極域に観測点を多く配置した実験では、疑似観測データとして研究協力者であるLebonnois 博士(LMD, フランス気象力学研究室)から提供を受けたコールドカラーを再現した金星大気大循環モデル(LMD-VGCM)の出力を用いた結果、 ②コールドカラーが再現された。
    金星探査機「あかつき」の観測では、UVIカメラの雲追跡画像による水平風速、LIRカメラによる温度の水平分布のデータ等の取得が実現しつつある。令和2年度は、あかつきの観測上の制約を取り払い、観測範囲(昼面、夜面、観測緯度帯)、観測頻度をさまざまに変えてOSSEを行い、その観測の有効性を調査した。疑似観測データとして研究協力者である山本准教授(九州大学)から提供を受けた惑星規模赤道ケルビン波を励起させた金星大気大循環モデル(MIROC-VGCM)の水平風速の出力を用いた実験では、③赤道ケルビン波が再現された。また、疑似観測データとして熱潮汐波の位相をあかつき観測に近づけたAFES-Venusの温度の出力を用いた実験では、④熱潮汐波の位相が改善された。
    本研究は、衛星軌道や観測条件を様々に設計し、ターゲットとする大気現象が適切に表現されたモデル出力から疑似観測データを作成し、データ同化を実行してその観測を評価する、という3つの研究を再帰的に繰り返し、適切な観測条件を探索するため、1つのテーマのOSSEに対して多数の試行が必要となる。令和2年度は、多くの研究者の協力を得て、衛星間電波掩蔽観測を想定した2種類のOSSEに加え、様々な波長帯におけるカメラ観測を想定した2種類のOSSEを実行した。研究計画当初に挙げた4つの大気現象(①スーパーローテーション、②コールドカラー、③惑星規模赤道ケルビン波、④熱潮汐波)の再現性調査を実施し、有効な観測条件について一連の解を示すことができた。これらの実験のうち、赤道ケルビン波再現実験(③)については国際誌に掲載され、コールドカラー再現実験(②)については国際誌に投稿中である。
    さらに、金星の次期探査計画に向けたOSSEを行うにあたり、これまで行われた観測の有効性を評価し、観測の不十分な点を検証し、次期計画の観測軌道や搭載機材等にフィードバックすることは重要である。令和2年度では、金星探査機「あかつき」観測のUVIカメラの雲追跡画像から得られる水平風速のデータ同化実験を行った。その結果、熱潮汐波の位相やスーパーローテーションの速度といった大規模場の大気現象については改善され、あかつき観測の有効性が評価される一方で、あかつき観測で確認されているロスビー波やケルビン波といった惑星規模の短周期波動のデータ同化による再現性が次の課題のひとつであることが分かってきた。
    これまでの成果は、国内外の学会や研究会で発表しており、次期金星探査ミッションの検討にあたっている研究者にも注目されている。そうした研究者からの要請を受け、協力してOSSEを行い、次期探査ミッションに貢献することも今後の展開として考えられる。
    令和2年度で実施した惑星規模赤道ケルビン波再現実験では、山本勝准教授(九州大学)から提供受けたMIROC-VGCMの疑似観測の出力と、データ同化に使用した金星大気大循環モデル(AFES-Venus)の平均東西風が大きく乖離していることが原因で、実験結果が破綻するケースがあり、その調整に苦慮した。また、金星探査機「あかつき」観測の分析から、観測時期によって赤道ケルビン波が顕著に見られる期間、ロスビー波が顕著に観測される期間があることが分かってきている。そこで、新たに神山徹研究員(産業総合研究所)より、理論モデルを用いて赤道ケルビン波とロスビー波を顕著に再現した疑似観測の出力の提供を受け、新たなOSSEを実施し、それぞれの波擾乱を適切に再現できる観測条件を探索する。
    また、令和2年度に実施した、①スーパーローテーション、②コールドカラー、③惑星規模赤道ケルビン波、④熱潮汐波、の再現実験について、国際誌への投稿や学会、研究会での発表を行い、さらなる観測条件の仔細を再実験、再検討していく。さらに、それぞれの実験について、熱潮汐波、赤道ケルビン波やロスビー波といった短周期擾乱や平均子午面循環による、運動量や熱輸送を定量化する。熱潮汐波や赤道ケルビン波がスーパーローテーションの加速に寄与し、ロスビー波が減速に寄与すると考えられていることから、スーパーローテーションの時間変動とその要因にも踏み込めるよう、新たな観測に対しての観測条件を探索する。

  • あかつきデータ同化が明らかにする金星大気循環の全貌

    2019年06月
    -
    2024年03月

    神戸大学, 林 祥介、高木 征弘, 榎本 剛, はしもと じょーじ, 杉本 憲彦, 今村 剛, 堀之内 武, 三好 建正, 石渡 正樹, 基盤研究(S), 未設定

     研究概要を見る

    世界初の本格金星気象撮像探査機「あかつき」の軌道投入以前、金星大気の観測は断片的であり、数値モデルには仮定が多く、スーパーローテーション(四日循環)の存在に象徴される金星大気の循環構造はほとんど未知であった。本研究では、我々が開発を進めてきた地球シミュレータ上の金星大気大循環モデル(AFES-Venus)を元に金星大気データ同化システム(ALEDAS-V)を構成し、「あかつき」観測と矛盾せず力学的に辻褄のあった金星大気循環場の生成を試みる。金星大気中の未知な擾乱を同定し、その分布と角運動量輸送、物質輸送と雲構造などを明らかにしスーパーローテーションにいたる金星大気大循環の構造を解明する。

  • あかつきデータ同化による金星大気循環の研究

    2019年04月
    -
    2023年03月

    神戸大学, 科学研究費助成事業, 林 祥介、はしもと じょーじ, 杉本 憲彦, 今村 剛, 堀之内 武, 三好 建正, 石渡 正樹, 基盤研究(A), 未設定

     研究概要を見る

    世界初の本格金星気象撮像探査機「あかつき」の軌道投入以前、金星大気の観測は断片的であり、数値モデルには仮定が多く、スーパーローテーション(四日循環)の存在に象徴される金星大気の循環構造はほとんど未知であった。本研究では、我々が開発を進めてきた地球シミュレータ上の金星大気大循環モデル(AFES-Venus)を元に金星大気データ同化システム(ALEDAS-V)を構成し、「あかつき」観測と矛盾せず力学的に辻褄のあった金星大気循環場の生成を試みる。これによって、金星大気中の未知な擾乱を同定し、その分布と角運動量輸送などを明らかにしスーパーローテーションにいたる金星大気大循環の構造を解明する。

  • 階層的数値モデルによる金星大気重力波の励起、伝播、散逸過程の解明

    2019年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 杉本 憲彦、高木 征弘, 安藤 紘基, 黒田 剛史, 宮本 佳明, 野口 克行, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    大気重力波は、運動量やエネルギーを輸送、再分配し、惑星大気において重要な働きを担う。近年、観測と数値モデルの両面で高解像度化が進み、地球大気の重力波が解像できるようになりつつある。しかし、金星大気においては、重力波の励起、伝播、散逸の諸過程に関する理解はほとんど得られていない。本課題では、階層的な数値モデルを用いて、金星大気の重力波の諸過程を包括的に解明する。様々な励起源からの重力波をモデル内で再現・定量化し、さらに自発的放射も含めた新しい重力波パラメタリゼーションを構築することが最終的な目標である。

  • 光化学結合GCMと地上観測による金星上層大気の運動と物質循環の解明

    2017年04月
    -
    2020年03月

    京都産業大学, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 高木征弘、安藤 紘基, 杉本 憲彦, 佐川 英夫, 高谷 康太郎, 基盤研究(B), 補助金,  研究分担者

     研究概要を見る

    硫酸ガスの光化学生成と大気循環による水蒸気の下層大気からの供給を考慮した金星硫酸雲物理モデルを開発し,大気大循環モデル (AFES-Venus) に実装した。雲のない状態を初期状態として,T42L60 の解像度(水平方向には球面調和関数の 42 モードで関数展開,鉛直方向には 60 層で差分化)で15地球年ほど数値積分した結果,(1) Imamura and Hashimoto (1998) で指摘された低緯度下部雲層への雲の濃集はほとんどみられなかったが,(2) 極域下部雲層に顕著な濃集がみられた。(1) の違いは Imamura and Hashimoto (1998) が仮定した強い子午面循環に原因があると考えられる。すなわち,彼らのモデルでは低緯度では子午面循環に伴う強い上昇流によって雲粒の落下が妨げられ,下部雲層で雲が濃集する。(2) については現在解析を進めているところであるが,近赤外を用いた地上観測の結果 (e.g., Crisp et al., 1991) や Venus Express の電波掩蔽観測によって得られた硫酸ガスの分布は,極域に雲が濃集していることを示唆しており,こうした観測結果と整合的である。予備的な数値実験によって得られた結果は,地球大気におけるオゾン分布と同様,金星雲分布に対する大気循環の重要性を示唆した結果であると考えられる。
    2017年6月に,あかつきのRS観測と全く同じ観測日時に地上サブミリ波望遠鏡(ハワイ・マウナケア山頂に設置された James Clerk Maxwell 望遠鏡)を利用した金星上層大気の観測キャンペーンを実施した。サブミリ波の波長域には金星大気を構成する大気微量成分の吸収線が多数観測できる。解析の初期結果では,あかつきRSによる気温分布とその観測場所をサブミリ波望遠鏡で観測したデータから求めた気温分布との間でよい整合性が確認された。
    従来の金星雲物理過程研究が鉛直1次元や子午面内の2次元にとどまっていたのに対し,主にモード2とよばれる金星雲の物理モデルを開発し,世界にさきがけて大気大循環モデルに組み込んで数値計算を行った。その結果,高緯度から極域の非常に厚い雲構造の再現に成功し,その形成メカニズムについても研究が進展しており,金星雲分布に対する大気循環の重要性を明らかにすることができた。現在はモード1とよばれる,より小さな粒径分布をもつ雲(硫酸エアロゾル)のモデル化を進めると同時に,CO や SO,OSSO といった金星大気循環解明の鍵となりうる気体成分にも着目し,モデル開発を行っている。また,地上のサブミリ波望遠鏡で観測したデータから求めた気温分布と,あかつきRSで観測された温度との詳細な比較や,サブミリ観測データからの熱圏の風速分布の導出など,詳しい解析を行っている。
    硫酸濃度をモデル中で適切に診断し,モード1およびモード2の金星雲の両方を適切に扱うための改良を行う予定である。また,CO や SO など,観測との直接比較が可能な気体成分のモデル化と,大気大循環モデルへの組み込みを進める。超高解像度 GCM データに基づく重力波解析を進展させ,雲層高度から上下に放射される重力波を適切にパラメタライズ可能な方法を考察する。熱圏の風速・温度分布解明のために,海外の研究機関とも連携しながら,地上観測および観測データの詳細な解析を引き続き継続し,次期連携観測キャンペーンの観測計画の立案を行っていく。

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 「金星の風の不思議」, 慶應義塾大学グローバルサイエンスキャンパス事業講演会

    杉本 憲彦

    慶應義塾大学日吉キャンパス, 横浜, 

    2018年09月

    その他, 単独

  • 特別講演会 「金星の大気大循環」, 日本気象予報士会 第91回神奈川支部例会

    杉本 憲彦

    慶應義塾大学日吉キャンパス, 横浜, 

    2018年04月

    その他, 単独

  • 「UAVの飛行原理と地表風の特性」,測量調査分野におけるUASの安全運航に関する講習会

    杉本 憲彦

    エッサム神田ホール2号館, 東京, 

    2017年07月

    その他, 単独

  • 体験講座 「お天気の不思議 –みんなで雲を作ってみよう!-」, 科学とあそぶ幸せな一日

    杉本 憲彦

    慶應義塾大学新川崎タウンキャンパス, 川崎, 

    2010年09月

    その他, 単独

  • 特別講義 II 「数値シミュレーションのお話 -計算物理学入門と地球温暖化について-」

    杉本 憲彦

    藤沢, 

    2010年01月

    その他, 単独

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 竜門賞

    2016年03月, 日本流体力学会, 地球流体における渦からの自発的な重力波放射の研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • Young Researcher Award from IEEE Computational Intelligence Society

    杉本 憲彦, 2008年09月, Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems (SCIS) and 9th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS), Application of high speed spherical self-organizing map to climate research

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

  • ISS特別企画「学生ポスターセッション」 優秀ポスター賞

    Pham Minh Tuan, (杉本 憲彦共著分), 2008年03月, 電子情報通信学会 2008年総合大会, 幾何情報処理を用いるデータマイニングに関する研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 平成18年度FCSコンテスト 優秀賞

    杉本 憲彦, 2007年03月, 名古屋大学 21世紀COEプログラム「計算科学フロンティア」, 地球流体における渦(バランス)モードと重力波(非バランス)モードの非線形相互作用の研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 物理学Ⅱ(実験を含む)

    2022年度

  • 物理学Ⅰ(実験を含む)

    2022年度

  • 自然科学研究会Ⅲ

    2020年度

  • 物理学Ⅱ(実験を含む)

    2020年度

  • 物理学Ⅰ(実験を含む)

    2020年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本気象予報士会

    2006年04月
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本地球惑星科学連合, 

    2016年10月
    -
    継続中
  • 日本物理学会, 

    2009年01月
    -
    継続中
  • 日本流体力学会, 

    2008年01月
    -
    継続中
  • 日本気象学会, 

    2000年05月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    オーガナイザー, 日本流体力学会 年会2018 「成層・回転」

  • 2018年01月
    -
    継続中

    Local organizing committee, International Venus Conference 2018, “Akatsuki” Novel Development of Venus Science,

  • 2017年04月
    -
    継続中

    コンビーナー, JpGU-AGU Joint Meeting 2017-2018 「海洋と大気の波動・渦・流体力学」

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    役員, 日本物理学会 領域11(応用数学・力学・流体物理分野)

  • 2017年01月
    -
    2017年12月

    editor, Theoretical and Applied Mechanics Japan

全件表示 >>