Sugimoto, Norihiko

写真a

Affiliation

Faculty of Law (Hiyoshi)

Position

Professor

E-mail Address

E-mail address

Related Websites

External Links

Profile 【 Display / hide

  • 地球流体力学を専門に研究しています。地球流体というのは、流体の中でも回転(自転)と成層の効果が効く流れで、偏西風や高低気圧、黒潮などの特徴的な流れが生じます。主な研究手法は、数値計算と理論的解釈です。最近では、金星の大気の流れにも興味があり、金星探査機「あかつき」の観測データを金星大気の大循環モデル「金星AFES」に同化する研究も行っています。

Message from the Faculty Member 【 Display / hide

  • 日吉物理学教室の教員の中では珍しく、地球物理学(気象学)を専門に研究しています。これを生かして、講義では地球上の様々な自然現象を紹介したいと思います。身近な自然現象を、物理的な視点で正しく理解できる力を身につけましょう。また、講義の合間には地球環境の問題についても紹介します。自然科学を学ぶ機会は今までも今後もそれほどないかも知れません。せっかくのチャンスにぜひ教養を深めて頂ければと願います。

Profile Summary 【 Display / hide

  • I study large scale flows in the atmosphere and ocean numerically and analytically.

Career 【 Display / hide

  • 2020.04
    -
    Present

    Keio University, 法学部, 教授

  • 2015.04
    -
    2020.03

    Associate Professor, Department of Physics, Keio University

  • 2014.03
    -
    2016.03

    Visiting Researcher, Laboratoire de Meteorologie Dynamique, Ecole Polytechnique

  • 2008.04
    -
    2015.03

    Lecturer, Department of Physics, Keio University

  • 2005.04
    -
    2008.03

    COE researcher, Department of Computational Science and Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 1996.04
    -
    2000.03

    Kyoto University, Faculty of Science

    University, Graduated

  • 2000.04
    -
    2002.03

    Kyoto University, Graduate School of Science, Department of Geophysics

    Graduate School, Completed, Master's course

  • 2002.04
    -
    2005.03

    Kyoto University, Graduate School of Science, Department of Geophysics

    Graduate School, Completed, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • Degree of Science, Kyoto University, Coursework, 2005.03

Licenses and Qualifications 【 Display / hide

  • 気象予報士, 2006.03

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Meteorology/Physical oceanography/Hydrology (Weather/Oceanic Physics/Hydrology)

  • Computational Sciences

  • Geophysical Fluid Dynamics

Research Keywords 【 Display / hide

  • Geophysical fluid dynamics

  • Planetary atmospheric science

  • Meteorology

  • Fluid dynamics

  • Computational science

Research Themes 【 Display / hide

  • Study on spontaneous gravity wave radiation in the atmosphere, 

    2013
    -
    2017

     View Summary

    I study spontaneous gravity wave radiation from vortical flows by use of numerical simulation and Lighthill theory.

 

Books 【 Display / hide

  • はじめて学ぶ大学教養地学

    杉本憲彦, 杵島正洋, 松本直記, 慶應義塾大学出版会, 2020.05,  Page: 336

  • 法学・経済学・自然科学から考える環境問題

    SUGIMOTO Norihiko, 慶應義塾大学出版会, 2017.08

    Scope: 1-164

     View Summary

    環境問題の3つの重要なテーマ(循環型社会、生物多様性、気候変動と温暖化対策)について、いま何が問題で、どう解決すべきかを、法学・経済学・自然科学の各分野から解説。また各章の最後では、ディスカッションの形式で、身近な問題について多面的に考えていく。

  • 風はなぜ吹くのか、どこからやってくるのか

    SUGIMOTO Norihiko, ベレ出版, 2015.05

    Scope: 1-392

     View Summary

    風は直接、目に見える現象ではありませんが、私たちの生活を大きく左右する天気の要素のひとつです。本書では、そんな風が吹く仕組みを解説します。海風・陸風やフェーン、ビル風といった身近な風から、やませやだし、おろしといった地域特有の風、偏西風などの地球規模の風、低気圧や台風の風、気候と風の関係、風の利用や予測など、風に関する話が満載。捉えどころのなさそうな、大気の流れを調べている研究者が、風の「姿」を捉える旅に招待します。

  • 自己組織化マップとそのツール

    SUGIMOTO Norihiko, TACHIBANA Kanta, シュプリンガージャパン, 2008

    Scope: 147-160

Papers 【 Display / hide

  • Thermal structure of the Venusian atmosphere from the sub-cloud region to the mesosphere as observed by radio occultation

    Ando H., Imamura T., Tellmann S., Pätzold M., Häusler B., Sugimoto N., Takagi M., Sagawa H., Limaye S., Matsuda Y., Choudhary R.K., Antonita M.

    Scientific Reports (Scientific Reports)  10 ( 1 )  2020.12

     View Summary

    © 2020, The Author(s). We present distributions of the zonal-mean temperature and static stability in the Venusian atmosphere obtained from Venus Express and Akatsuki radio occultation profiles penetrating down to an altitude of 40 km. At latitudes equatorward of 75°, static stability derived from the observed temperature profiles is consistent with previous in-situ measurements in that there is a low-stability layer at altitudes of 50–58 km and highly and moderately stratified layers above 58 km and below 50 km, respectively. Meanwhile, at latitudes poleward of 75°, a low-stability layer extends down to 42 km, which has been unreported in analyses of previous measurements. The deep low-stability layer in the polar region cannot be explained by vertical convection in the middle/lower cloud layer, and the present result thus introduces new constraints on the dynamics of the sub-cloud atmosphere. The Venusian atmosphere is in striking contrast to the Earth’s troposphere, which generally has a deeper low-stability layer at low latitudes than at mid- and high latitudes.

  • Planetary-scale streak structure reproduced in high-resolution simulations of the Venus atmosphere with a low-stability layer

    Kashimura H., Sugimoto N., Takagi M., Matsuda Y., Ohfuchi W., Enomoto T., Nakajima K., Ishiwatari M., Sato T., Hashimoto G., Satoh T., Takahashi Y., Hayashi Y.

    Nature Communications (Nature Communications)  10 ( 1 )  2019.12

     View Summary

    © 2019, The Author(s). Cloud patterns are important clues for revealing the atmospheric circulation of Venus. Recently, a planetary-scale streak structure has been discovered in middle- and lower-cloud images of Venus’ night-side taken by IR2, the 2-μm camera, on board the Akatsuki orbiter. However, its formation mechanism has not been investigated. Here we succeed, for the first time, in reproducing the patterns of the observed streak structure, as regions of strong downward flows that develop in high-resolution global simulations of the Venus atmosphere. The streaks are formed in both hemispheres with equatorial symmetry, which is caused by equatorial Rossby-like and Kelvin-like waves with zonal wavenumber one. The low-stability layer that has been suggested by past observations is essential for reproducing the streak structure. The streaks of downward flow result from the interaction of the meridionally tilted phase lines of the Rossby-like waves and the characteristics of baroclinic instability produced around the low-stability layer.

  • Impact of Data Assimilation on Thermal Tides in the Case of Venus Express Wind Observation

    Sugimoto N., Kouyama T., Takagi M.

    Geophysical Research Letters (Geophysical Research Letters)  46 ( 9 ) 4573 - 4580 2019.05

    ISSN  00948276

     View Summary

    ©2019. American Geophysical Union. All Rights Reserved. Impacts of horizontal winds assimilation on thermal tides are investigated by using the Venus atmospheric general circulation model for the Earth Simulator local ensemble transform Kalman filter data assimilation system. The assimilated data are horizontal winds derived from Venus ultraviolet images taken by the Venus Monitoring Camera onboard the Venus Express orbiter. The results show that three-dimensional structures of the thermal tides are significantly improved not only in the horizontal winds but also in the temperature field, even though the observations are available only at the cloud top level on the southern dayside hemisphere approximately once an Earth day. The reproduced temperature fields agree well with recent radio occultation measurements of the Venus Climate Orbiter Akatsuki. The zonal mean fields of the zonal wind and temperature are also improved globally. This study would enable reanalysis of past Venus observations.

  • Fully Developed Superrotation Driven by the Mean Meridional Circulation in a Venus GCM

    Sugimoto N., Takagi M., Matsuda Y.

    Geophysical Research Letters (Geophysical Research Letters)  46 ( 3 ) 1776 - 1784 2019.02

    ISSN  00948276

     View Summary

    ©2019. American Geophysical Union. All Rights Reserved. Fully developed superrotation is reproduced for the first time in very long term simulations with a dynamical Venus general circulation model (GCM) driven by a zonally averaged component of the realistic solar heating only. Starting from a motionless state with temperature distribution including a low static stability layer in the lower cloud layer, the fast superrotating zonal flow of ~100 m/s is established after 500 Earth years. In this experiment, the mean meridional circulation is responsible for generating the superrotation, because effects of thermal tides, topography, radiation process, and cloud physics are excluded in the present simulations. Sensitivity experiments indicate that the vertical eddy viscosity smaller than 0.02 m 2 /s is necessary for the fast superrotation to appear. The low static stability layer also strongly affects the superrotation with high-latitude jets through angular momentum transport by baroclinic/barotropic instability in the cloud layer.

  • Observing system simulation experiment for radio occultation measurements of the Venus atmosphere among small satellites

    SUGIMOTO Norihiko, ABE Mirai, KIKUCHI Yukako, HOSONO Asako, ANDO Hiroki, TAKAGI Masahiro, GARATE LOPEZ Itziar, LEBONNOIS Sebastien, AO Chi

    土木学会論文集A2(応用力学) (公益社団法人 土木学会)  75 ( 2 ) I_477 - I_486 2019

     View Summary

    <p>We have developed the Venus AFES (atmospheric GCM (general circulation model) for the Earth Simulator) LETKF (local ensemble transform Kalman filter) data assimilation system (VALEDAS) to make full use of observations. In this study, radio occultation measurements among small satellites are evaluated by the observing system simulation experiment (OSSE) of VALEDAS. Idealized observations are prepared by a French Venus Atmospheric GCM in which the cold collar is realistically reproduced. Reproducibility of the cold collar in VALEDAS is tested by several types of observations. The results show that the cold collar is successfully reproduced by assimilating at least 2 or 3 vertical temperature profiles in the polar region every 4 or 6 hours. Therefore, the radio occultation measurements among three satellites in polar orbits would be promising to improve the polar atmospheric structures at about 40–90 km altitudes.</p>

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

display all >>

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • 宇宙科学最前線「観測データを同化し金星の大気の謎に迫る」

    SUGIMOTO Norihiko

    ISASニュース (宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所)  438   1 - 3 2017.09

    Introduction and explanation (bulletin of university, research institution), Single Work

  • 渦からの自発的な重力波放射とその反作用 –海洋のエネルギー収支の再考-

    SUGIMOTO Norihiko, PLOUGONVEN Riwal

    月間海洋 総特集「海洋循環に果たすスケール間相互作用の理解 / 南北・上下から見た日本の気象と気候」 (海洋出版)  49   295 - 302 2017

    Introduction and explanation (scientific journal), Single Work

  • 竜門賞受賞記念解説「地球流体における渦からの自発的な重力波放射の研究」

    SUGIMOTO Norihiko

    ながれ (日本流体力学会)  36   181 - 185 2017

    Introduction and explanation (scientific journal), Single Work

  • 計算科学フロンティアの展開 その3 –地球流体力学における大規模数値計算-

    SUGIMOTO Norihiko

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース (名古屋大学情報連携基盤センター)  6 ( 3 ) 274-281 2007

    Introduction and explanation (bulletin of university, research institution), Single Work

  • 第13回地球環境流体サマースクール参加報告

    SUGIMOTO Norihiko

    天気 (日本気象学会)  51   155-157 2004

    Meeting report etc., Single Work

Presentations 【 Display / hide

  • Introduction of the data assimilation for the Venusian atmosphere

    SUGIMOTO Norihiko

    Lecture at the Akatsuki science working team meeting #9 (JAXA, Kanagawa) , 2018.07, Oral Presentation(guest/special)

  • データ同化の現状と将来展望

    SUGIMOTO Norihiko

    第19回 惑星圏研究会 (東北大学青葉キャンパス, 宮城) , 2018.02, Oral Presentation(key)

  • Introduction of the Venus GCM (AFES-Venus) and its data assimilation system (VALEDAS)

    SUGIMOTO Norihiko

    Seminar at the Airborne Science Program (NASA Jet Propulsion Laboratory, Pasadena, USA) , 2018.02, Oral Presentation(guest/special)

  • 金星GCMへのデータ同化の広がりと今後の展望

    SUGIMOTO Norihiko

    第8回 データ同化ワークショップ (明治大学中野キャンパス, 東京) , 2018.01, Oral Presentation(guest/special)

  • Cyclone-anticyclone asymmetry in gravity wave radiation from vortical flows in f-plane shallow water

    SUGIMOTO Norihiko

    Meteorological colloquium and Institute seminar at the Institute for Atmospheric and Environmental sciences (Goethe-Universität, Frankfurt, Germany) , 2016.01, Oral Presentation(guest/special)

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • Comprehensive picture of atmospheric circulation of Venus revealed by AKATSUKI data assimilation

    2019.06
    -
    2024.03

    Kobe University, 林 祥介, 高木 征弘, 榎本 剛, はしもと じょーじ, 杉本 憲彦, 今村 剛, 堀之内 武, 三好 建正, 石渡 正樹, Grant-in-Aid for Scientific Research (S)

     View Summary

    世界初の本格金星気象撮像探査機「あかつき」の軌道投入以前、金星大気の観測は断片的であり、数値モデルには仮定が多く、スーパーローテーション(四日循環)の存在に象徴される金星大気の循環構造はほとんど未知であった。本研究では、我々が開発を進めてきた地球シミュレータ上の金星大気大循環モデル(AFES-Venus)を元に金星大気データ同化システム(ALEDAS-V)を構成し、「あかつき」観測と矛盾せず力学的に辻褄のあった金星大気循環場の生成を試みる。金星大気中の未知な擾乱を同定し、その分布と角運動量輸送、物質輸送と雲構造などを明らかにしスーパーローテーションにいたる金星大気大循環の構造を解明する。

  • 階層的数値モデルによる金星大気重力波の励起、伝播、散逸過程の解明

    2019.04
    -
    2023.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 杉本 憲彦, 高木 征弘, 安藤 紘基, 黒田 剛史, 宮本 佳明, 野口 克行, Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Principal Investigator

     View Summary

    大気重力波は、運動量やエネルギーを輸送、再分配し、惑星大気において重要な働きを担う。近年、観測と数値モデルの両面で高解像度化が進み、地球大気の重力波が解像できるようになりつつある。しかし、金星大気においては、重力波の励起、伝播、散逸の諸過程に関する理解はほとんど得られていない。本課題では、階層的な数値モデルを用いて、金星大気の重力波の諸過程を包括的に解明する。様々な励起源からの重力波をモデル内で再現・定量化し、さらに自発的放射も含めた新しい重力波パラメタリゼーションを構築することが最終的な目標である。

  • A study on the atmospheric circulation of Venus by the use of AKATSUKI data assimilation

    2019.04
    -
    2023.03

    Kobe University, 林 祥介, はしもと じょーじ, 杉本 憲彦, 今村 剛, 堀之内 武, 三好 建正, 石渡 正樹, Grant-in-Aid for Scientific Research (A)

     View Summary

    世界初の本格金星気象撮像探査機「あかつき」の軌道投入以前、金星大気の観測は断片的であり、数値モデルには仮定が多く、スーパーローテーション(四日循環)の存在に象徴される金星大気の循環構造はほとんど未知であった。本研究では、我々が開発を進めてきた地球シミュレータ上の金星大気大循環モデル(AFES-Venus)を元に金星大気データ同化システム(ALEDAS-V)を構成し、「あかつき」観測と矛盾せず力学的に辻褄のあった金星大気循環場の生成を試みる。これによって、金星大気中の未知な擾乱を同定し、その分布と角運動量輸送などを明らかにしスーパーローテーションにいたる金星大気大循環の構造を解明する。

  • 光化学結合GCMと地上観測による金星上層大気の運動と物質循環の解明

    2017.04
    -
    2020.03

    Kyoto Sangyo University, Grant-in-Aid for Scientific Research, 高木征弘, 安藤 紘基, 杉本 憲彦, 佐川 英夫, 高谷 康太郎, Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Research grant, Co-investigator

     View Summary

    硫酸ガスの光化学生成と大気循環による水蒸気の下層大気からの供給を考慮した金星硫酸雲物理モデルを開発し,大気大循環モデル (AFES-Venus) に実装した。雲のない状態を初期状態として,T42L60 の解像度(水平方向には球面調和関数の 42 モードで関数展開,鉛直方向には 60 層で差分化)で15地球年ほど数値積分した結果,(1) Imamura and Hashimoto (1998) で指摘された低緯度下部雲層への雲の濃集はほとんどみられなかったが,(2) 極域下部雲層に顕著な濃集がみられた。(1) の違いは Imamura and Hashimoto (1998) が仮定した強い子午面循環に原因があると考えられる。すなわち,彼らのモデルでは低緯度では子午面循環に伴う強い上昇流によって雲粒の落下が妨げられ,下部雲層で雲が濃集する。(2) については現在解析を進めているところであるが,近赤外を用いた地上観測の結果 (e.g., Crisp et al., 1991) や Venus Express の電波掩蔽観測によって得られた硫酸ガスの分布は,極域に雲が濃集していることを示唆しており,こうした観測結果と整合的である。予備的な数値実験によって得られた結果は,地球大気におけるオゾン分布と同様,金星雲分布に対する大気循環の重要性を示唆した結果であると考えられる。
    2017年6月に,あかつきのRS観測と全く同じ観測日時に地上サブミリ波望遠鏡(ハワイ・マウナケア山頂に設置された James Clerk Maxwell 望遠鏡)を利用した金星上層大気の観測キャンペーンを実施した。サブミリ波の波長域には金星大気を構成する大気微量成分の吸収線が多数観測できる。解析の初期結果では,あかつきRSによる気温分布とその観測場所をサブミリ波望遠鏡で観測したデータから求めた気温分布との間でよい整合性が確認された。
    従来の金星雲物理過程研究が鉛直1次元や子午面内の2次元にとどまっていたのに対し,主にモード2とよばれる金星雲の物理モデルを開発し,世界にさきがけて大気大循環モデルに組み込んで数値計算を行った。その結果,高緯度から極域の非常に厚い雲構造の再現に成功し,その形成メカニズムについても研究が進展しており,金星雲分布に対する大気循環の重要性を明らかにすることができた。現在はモード1とよばれる,より小さな粒径分布をもつ雲(硫酸エアロゾル)のモデル化を進めると同時に,CO や SO,OSSO といった金星大気循環解明の鍵となりうる気体成分にも着目し,モデル開発を行っている。また,地上のサブミリ波望遠鏡で観測したデータから求めた気温分布と,あかつきRSで観測された温度との詳細な比較や,サブミリ観測データからの熱圏の風速分布の導出など,詳しい解析を行っている。
    硫酸濃度をモデル中で適切に診断し,モード1およびモード2の金星雲の両方を適切に扱うための改良を行う予定である。また,CO や SO など,観測との直接比較が可能な気体成分のモデル化と,大気大循環モデルへの組み込みを進める。超高解像度 GCM データに基づく重力波解析を進展させ,雲層高度から上下に放射される重力波を適切にパラメタライズ可能な方法を考察する。熱圏の風速・温度分布解明のために,海外の研究機関とも連携しながら,地上観測および観測データの詳細な解析を引き続き継続し,次期連携観測キャンペーンの観測計画の立案を行っていく。

  • あかつき・地上観測と数値モデリングの連携による金星大気力学の研究

    2016.04
    -
    2020.03

    Tokyo Gakugei University, Grant-in-Aid for Scientific Research, 松田佳久, 高木 征弘, 関口 美保, 安藤 紘基, 杉本 憲彦, 佐川 英夫, 神山 徹, 樫村 博基, 大月 祥子, Grant-in-Aid for Scientific Research (A), Research grant, Co-investigator

     View Summary

    あかつきIR2カメラの発見した惑星規模筋状構造を,高解像度GCMシミュレーションによって再現することに成功し,その成因が高緯度の傾圧不安定とそれが形成するジェットおよびロスビー波であることを明らかにした (Kashimura et al., 2019)。大気スーパーローテーションの基礎的研究を実施し,鉛直渦粘性の重要性に関する結果を得た (Sugimoto et al., 2019)。あかつき・地上観測とモデリングの比較を進めるため,金星GCMに雲物理過程を導入し,雲や水蒸気・硫酸蒸気の時空間分布を計算した。従来の赤外線観測や電波掩蔽観測と整合的な結果が得られており,国際研究雑誌への論文投稿準備を進めている。放射輸送モデルを改良するため,高温高圧な金星大気に対応した気体吸収過程を放射コードに導入した。熱赤外の波数領域を拡大し,幅広い気温変化に対応するためにプランク関数の計算法も改良した。あかつき観測データの精度を改善するため,あかつき観測画像から観測時の衛星位置・姿勢を補正し,より正しいジオメトリ情報を取得できる手順を確立した。あかつき以外の惑星探査機においても宇宙空間でカメラ感度の評価を行えることを示し,惑星探査機による観測データの精度向上に寄与できることを示した。あかつきデータの解析により,赤外と紫外で観測した雲形態と風速を比較した結果,Y模様は赤外で見えず,1000 kmスケール鋭構造は紫外では見えないこと,赤外の西向風速は紫外風速より遅いといった結果を得た。さらに,地上赤外観測で取得したSO2分布画像に関して,ほぼ同時に取得されたあかつきUVIの金星アルベド画像との比較を行った結果,SO2存在量と紫外アルベドのあいだに非常によい相関があることがわかった。赤外観測は金星の昼夜を問わずに観測が可能であることから,昼夜を連続的に議論することが可能となる。
    金星探査機「あかつき」および地上望遠鏡の観測と数値モデリングとの比較による研究を複数テーマについて実施し,IR2カメラが発見した金星夜面のストリーク構造の成因が,雲層高度の中高緯度に存在する傾圧不安定波と,それが誘導するジェットおよび高緯度に存在するロスビー波であることを明らかにするなど,金星大気力学に関する重要な研究結果を得た。また,GCMによるパラメータ実験では,無風状態からの大気スーパーローテーションの生成に成功し,生成過程における鉛直渦粘性の重要性を明らかにした。LIRカメラの観測結果から得られつつある熱潮汐波や,IR1カメラが発見した下部雲層の鋭構造(雲の厚さの急激な変化)についても,数値モデリングとの比較研究を進めている。また,さらに詳細なモデリング・観測比較を実現するため,あかつきプロジェクトと連携し,2018年11月に長期連続観測を実施した。現在,取得されたデータの初期解析を進めているところである。雲物理過程と放射伝達過程のモデル開発およびGCMへの組み込みも,得られた結果を論文としてまとめる段階に到達しており,概ね順調に推移している。
    次年度もあかつきプロジェクトや海外の地上観測グループと連携し,多波長観測を継続する。観測の実施と並行して,得られたデータを解析し,平均子午面循環や大気波動の空間構造の解明を進める。2018年度に実施したあかつき集中観測データの解析を進め,その結果に基づくデータ同化実験の実施も予定している。放射輸送モデルと大気大循環モデルの統合を進めることにより,観測結果と直接比較できるシミュレーションの実現に向けたモデル開発を継続する。次年度もモデル開発の進展に応じた適切な数値シミュレーションを実施することにより,雲層付近の大気波動とその励起メカニズムを明らかにする。特に,雲頂高度で観測される赤道ケルビン波や中緯度ロスビー波,雲頂高度と雲厚の緯度依存性といった気象学的に興味深い現象の成因を,数値シミュレーションと多波長同時観測および電波掩蔽観測で得られた情報を比較することにより明らかにする。

display all >>

Works 【 Display / hide

  • 「金星の風の不思議」, 慶應義塾大学グローバルサイエンスキャンパス事業講演会

    SUGIMOTO Norihiko

    慶應義塾大学日吉キャンパス, 横浜, 

    2018.09

    Other, Single

  • 特別講演会 「金星の大気大循環」, 日本気象予報士会 第91回神奈川支部例会

    SUGIMOTO Norihiko

    慶應義塾大学日吉キャンパス, 横浜, 

    2018.04

    Other, Single

  • 「UAVの飛行原理と地表風の特性」,測量調査分野におけるUASの安全運航に関する講習会

    SUGIMOTO Norihiko

    エッサム神田ホール2号館, 東京, 

    2017.07

    Other, Single

  • 体験講座 「お天気の不思議 –みんなで雲を作ってみよう!-」, 科学とあそぶ幸せな一日

    SUGIMOTO Norihiko

    慶應義塾大学新川崎タウンキャンパス, 川崎, 

    2010.09

    Other, Single

  • 特別講義 II 「数値シミュレーションのお話 -計算物理学入門と地球温暖化について-」

    SUGIMOTO Norihiko

    藤沢, 

    2010.01

    Other, Single

display all >>

Awards 【 Display / hide

  • 竜門賞

    2016.03, 日本流体力学会, 地球流体における渦からの自発的な重力波放射の研究

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

  • Young Researcher Award from IEEE Computational Intelligence Society

    SUGIMOTO Norihiko, 2008.09, Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems (SCIS) and 9th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS), Application of high speed spherical self-organizing map to climate research

    Type of Award: International Academic Awards

  • ISS特別企画「学生ポスターセッション」 優秀ポスター賞

    Tuan Minh Pham, SUGIMOTO Norihiko, 2008.03, 電子情報通信学会 2008年総合大会, 幾何情報処理を用いるデータマイニングに関する研究

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

  • 平成18年度FCSコンテスト 優秀賞

    SUGIMOTO Norihiko, 2007.03, 名古屋大学 21世紀COEプログラム「計算科学フロンティア」, 地球流体における渦(バランス)モードと重力波(非バランス)モードの非線形相互作用の研究

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • SEMINAR IN NATURAL SCIENCE 4

    2020

  • SEMINAR IN NATURAL SCIENCE 3

    2020

  • PHYSICS 2

    2020

  • PHYSICS 1

    2020

  • SEMINAR IN NATURAL SCIENCE 1

    2019

display all >>

 

Social Activities 【 Display / hide

  • Certified and Accredited Meteorologists of Japan

    2006.04
    -
    Present

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • Japan Geoscience Union, 

    2016.10
    -
    Present
  • The Physical Society of Japan, 

    2009.01
    -
    Present
  • The Japan Society of Fluid Mechanics, 

    2008.01
    -
    Present
  • The Meteorological Society of Japan, 

    2000.05
    -
    Present

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2018.04
    -
    Present

    オーガナイザー, 日本流体力学会 年会2018 「成層・回転」

  • 2018.01
    -
    Present

    Local organizing committee, International Venus Conference 2018, “Akatsuki” Novel Development of Venus Science,

  • 2017.04
    -
    Present

    コンビーナー, JpGU-AGU Joint Meeting 2017-2018 「海洋と大気の波動・渦・流体力学」

  • 2017.04
    -
    2018.03

    役員, 日本物理学会 領域11(応用数学・力学・流体物理分野)

  • 2017.01
    -
    2017.12

    editor, Theoretical and Applied Mechanics Japan

display all >>