Ode, Atsushi

写真a

Affiliation

Faculty of Law (Hiyoshi)

Position

Professor

Career 【 Display / hide

  • 1997.04
    -
    2003.03

    慶應義塾外国語学校, 講師(フランス語)

  • 1998.04
    -
    2003.03

    慶應義塾大学, 法学部, 講師(フランス語)

  • 1998.04
    -
    2003.03

    北里大学, 一般教育センター, 講師(フランス語)

  • 1999.04
    -
    2006.03

    青山学院大学, 文学部, 講師(フランス語)

  • 2000.04
    -
    2003.03

    宇都宮大学, 国際学部, 講師(フランス語)

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 1991.03

    Keio University, Faculty of Literature, 文学科仏文学専攻

    University, Graduated

  • 1994.03

    University of Tsukuba, Graduate School, Division of Literature and Linguistics, 各国文学専攻

    Graduate School, Completed, Doctoral course

  • 1999.03

    University of Tsukuba, Graduate School, Division of Literature and Linguistics, 各国文学専攻

    Graduate School, Withdrawal after completion of doctoral course requirements, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 修士(文学), University of Tsukuba, Coursework, 1994.03

 

Research Areas 【 Display / hide

  • European literature (European Language Literature)

Research Keywords 【 Display / hide

  • Claudel

  • Mallarme

  • symbolism

 

Books 【 Display / hide

  • 詩人大使ポール・クローデルと日本

    アルバム・クローデル編集委員会, 水声社, 2018.05,  Page: 134

     View Summary

    5月に神奈川近代文学館で開催される「詩人大使ポール・クローデルと日本」展に合わせて刊行する図録アルバム。大正時代に仏国大使として来日して以来、日本の虜となった類まれな詩人・劇作家の肖像を貴重な資料から明らかにする。
    渡邊守章氏をはじめとしたエッセイも多数収録。

  • クリティカル・リーディング入門

    大出 敦, 慶應義塾大学出版会, 2015.10

     View Summary

    どうやって読んだらいいのか!?
    レポート、論文、そして試験の答案を作成するために、まず必要となる「テキストを読む力」を身につける!

    この本は、2012年に出版された『アカデミック・スキルズ ―― 大学生のための知的技法入門 第2版』のシリーズの姉妹編です。
    大学生が直面する「レポート」や「論文」の執筆では、高校生までとは異なる「テキストを読む」レベルが求められています。そのときに「どうやって読んだらいいのか」、「感想文ではなぜ駄目なのか」、「何を論じたらいいのか分からない」という大学生がぶつかる悩みに、人文系の例題を使って答える一冊です。

  • マラルメの現在

    ODE ATSUSHI, 水声社, 2013.11,  Page: 396

  • Chronologie de Paul Claudel au Japon

    ODE ATSUSHI, Honoré Champion, 2012

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • 喜多虎之助という男がいた

    L’Oiseau noir  ( 20 ) 44 - 56 2019.05

    Research paper (scientific journal), Single Work, Except for reviews

  • クローデルからマラルメへ——象徴主義者たちの〈観念〉論争

    大出 敦

    三田文学 98 ( 136 ) 117 - 125 2019.02

    Research paper (scientific journal), Single Work, Except for reviews,  ISSN  18473-02

  • L'Ange et le fantôme -- Autour de La Femme et son ombre de Paul Claudel

    Atsushi ODE

    Kyoyo-Ronso (Hogaku-Kenkyu-kai)   ( 139 ) 1 - 36 2018.02

    Research paper (bulletin of university, research institution), Single Work, Except for reviews,  ISSN  0451-6087

  • 神々のはざまで——クローデルと日本の神性

    大出 敦

    L’Oiseau noir  ( 19 ) 1 - 35 2017.05

    Research paper (scientific journal), Single Work, Except for reviews

  • 魂と形相——クローデルの日本体験

    ODE ATSUSHI

    近代日本とフランス象徴主義 (水声社)     68 - 95 2016.02

    Research paper (scientific journal), Single Work, Except for reviews

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

display all >>

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • クローデルの成功、あるいは誤算——クローデル『女と影』の上演をめぐって

    ODE ATSUSHI

    三色旗 (慶應義塾大学通信教育部)   ( 733 ) 15-20 2009.04

    Introduction and explanation (others), Single Work

  • «Camille Claudel» par Senrei Nishikawa

    ODE ATSUSHI

    Bulletin de la Société Paul Claudel (Paris, Société Paul Claudel)   ( 186 ) 41-42 2007.06

    Introduction and explanation (scientific journal), Single Work

  • La vente publique des documents du Fonds d'archives Benoist-Méchin à l'Hôtel Drouot

    ODE ATSUSHI

    L'Oiseau Noir (日本クローデル研究会)   ( 14 ) 168-176 2007.05

    Prompt report, short report, and research note, etc. (scientific journal), Single Work

  • 「クロオデルには桂を捧げよ」 大正期のポール・クローデル

    ODE ATSUSHI

    三田文学 (三田文学編集部)  84 ( 83 ) 202-213 2005.11

    Introduction and explanation (commerce magazine), Single Work

  • 詩と外交 ポール・クローデルの日本滞在

    ODE ATSUSHI

    三色旗 (慶應義塾大学通信教育部)   ( 684 ) 18-24 2005.03

    Introduction and explanation (others), Single Work

Presentations 【 Display / hide

  • ものの「ああ性」を求めて—クローデルの日本理解

    大出 敦

    ポール・クローデル生誕150年記念シンポジウム ポール・クローデルの日本 (日仏会館) , 2018.11, Oral Presentation(guest/special), ポール・クローデル生誕150年記念企画委員会

     View Summary

    ポール・クローデル(1868-1955)は20世紀のフランスを代表する詩人・劇作家(のひとり)であり、また有能な外交官として1921年から1927年まで駐日フランス大使を務め、1924年には渋沢栄一と協力して日仏会館を創立した。 畢生の大作といわれる戯曲『繻子の靴』が日本滞在中に執筆されたことはよく知られている。2018年はクローデルの生誕150年という記念すべき節目にあたる。それを機に、「東洋の偉大な書物」と呼んだ日本から彼は何を受け取り、日本に何を与えたのか、日本は彼にとって何であったのかを包括的に振り返り解き明かすことを、日仏のクローデル研究者たちが試みる。2日間にわたる発表と議論を通して、クローデルの日本理解、伝統芸術の発見、カトリック、日仏交流など、彼の日本における足跡をたどり、日本の文化・社会のクローデルへの影響関係を探り、それが現在の日仏交流の礎となっていることを再検証する。

  • マラルメとアナロギアの哲学

    大出 敦

    マラルメ・シンポジウム (慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎シンポジウムスペース) , 2018.09, Oral Presentation(general), 中畑研究室・大出研究室

  • 象徴の森の中の詩人大使̶クローデルの日本体験

    大出 敦

    「近代日本に おけるフランス象徴主義―受容・模倣・創造― (学習院大学) , 2015, Oral Presentation(general), 坂巻康司

  • マラルメの挫折、あるいは新たな出発点—『言語に関するノート』再考

    ODE ATSUSHI

    マラルメ・シンポジウム2013 マラルメは現在…… (慶應義塾大学日吉校舎) , 2013.03, Oral Presentation(general), 科研費 慶應義塾大学教養研究センター

  • マラルメ、仏教思想からの出発

    ODE ATSUSHI

    マラルメシンポジウム2010 (東北大学) , 2010.03, Oral Presentation(general), マラルメシンポジウム2010実行委員会、東北大学

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • クローデルの日本論に見られる東洋思想の影響と新トマス主義との関連についての研究

    2016.04
    -
    2020.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 大出 敦, Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Principal Investigator

  • 同時代のインド学と言語学を通して見たマラルメの言語観の形成に関する研究

    2011.04
    -
    2014.03

    文部科学省・日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, 大出 敦, Research grant, Principal Investigator

  • 『コロニラ』を中心とするポール・ヴァレリー後期作品草稿研究

    2009.04
    -
    2013.03

    文部科学省・日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, 田上竜也, Research grant, Co-investigator

  • P.Claudelの滞日年譜の完成とそれに伴う資料の総合的収集・調査・分析

    2001.04
    -
    2004.03

    文部科学省・日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, 中條忍, Research grant, Co-investigator

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • SEMINAR IN HUMANITIES 4

    2020

  • SEMINAR IN HUMANITIES 3

    2020

  • SEMINAR IN HUMANITIES 2

    2020

  • SEMINAR IN HUMANITIES 1

    2020

  • LITERATURE 2

    2020

display all >>

Courses Previously Taught 【 Display / hide

  • 文学Ⅰ・Ⅱ

    慶應義塾大学, 2018

  • 地域文化論Ⅰ・Ⅱ

    慶應義塾大学, 2018

  • アカデミック・スキルズⅢ・Ⅳ

    慶應義塾大学, 2018

  • アカデミック・スキルズⅡ

    Keio University, 2014, Autumn Semester, General education subject, Seminar, Within own faculty, 1h, 24people

  • 人文科学特論Ⅱ

    Keio University, 2014, Autumn Semester, General education subject, Seminar, Within own faculty, 1h, 12people

display all >>

Educational Activities and Special Notes 【 Display / hide

  • クリティカル・リーディング入門

    2015.10

    , Development of Textbook and Teaching Material

  • Zoom ! nouvelle édition

    2007.04

    , Development of Textbook and Teaching Material

 

Social Activities 【 Display / hide

  • ポール・クローデル生誕150年記念企画委員会

    2016.04
    -
    2019.03
  • クローデル歿後50年記念委員会

    2004
    -
    2006

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • 日本フランス語フランス文学会関東支部

     
  • 日本フランス語フランス文学会

     
  • 日本マラルメ研究会

     
  • 日本クローデル研究会

     
  • 中原中也の会

     

display all >>

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2017.06
    -
    2018.06

    常任幹事, 日本フランス語フランス文学会

  • 2016.04
    -
    2019.03

    事務局長, ポール・クローデル生誕150年記念企画委員会

  • 2015.04
    -
    2019.04

    編集委員, 日本フランス語フランス文学会

  • 2005.03
    -
    2007.03

    編集委員, 日本フランス語フランス文学会関東支部

  • 2004
    -
    2006

    委員, クローデル歿後50年記念委員会