有光 道生 (アリミツ ミチオ)

Arimitsu, Michio

写真a

所属(所属キャンパス)

法学部 (日吉)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • アフリカ系アメリカ文学を中心に、比較文学、トランスナショナリズム、コスモポリタニズム、詩論、人種表象などを研究しています。最近は冷戦期におけるアフリカ系アメリカ人文学のアジアでの受容史にも力を入れています。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年08月
    -
    2018年03月

    コロンビア大学 (米国) アフリカ系アメリカ研究所, 訪問研究員

  • 2016年06月
    -
    2017年06月

    チュラロンコーン大学(バンコク、タイ), 演劇パフォーマンス学科, 訪問研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年09月
    -
    2014年03月

    ハーヴァード大学, アフリカン&アフリカン・アメリカン研究学科, 英語文学専攻

    米国, 大学院, 修了, 博士

  • 2006年09月
    -
    2010年06月

    ハーヴァード大学, 英語・英文学科, 英語・英文学科

    米国, 大学院, 修了, 修士

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    慶應義塾, 文学研究科, 英米文学専攻

    日本, 大学院, 修了, 修士

  • 2000年09月
    -
    2001年05月

    ブリティッシュ・コロンビア大学, 文学部, 英米文学

    カナダ, 大学, その他

  • 1998年04月
    -
    2002年03月

    東京外国語大学, 外国語学部, 英語専攻

    日本, 大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士号, ハーヴァード大学大学院, 課程, 2014年03月

    Black Notes on Asia: Composite Figurations of Asia in the African American Transcultural Imagination, 1923-2013.

  • 修士号, ハーヴァード大学大学院, 課程, 2010年06月

  • 修士号, 慶應義塾, 課程, 2005年03月

    “The Weight of Complex Physicality: Pleasure, Pain, and Pugilism in Ralph Ellison’s Invisible Man.”

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 英米・英語圏文学

  • 英米・英語圏文学 (アフリカ系アメリカ研究)

  • 英米・英語圏文学 (文学一般(含文学論・比較文学))

  • ジェンダー

  • 地域研究 (Area Studies)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 文化冷戦研究

  • コスモポリタニズム

  • トランスナショナリズム

  • 人種表象

  • 比較文学

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 「モダニズムとハーレムルネサンス」、『よくわかるアメリカ文化史』(巽孝之・宇沢美子編著、ミネルヴァ書房、2020)

    有光道生, ミネルヴァ書房, 2020年02月,  ページ数: 120-25

    担当ページ: 120-25

  • The Routledge Companion to Butoh Performance

    有光 道生, Routledge, 2018年08月

    担当範囲: “From Vodou to Butoh: Hijikata Tatsumi, Katherine Dunham, and the Trans-Pacific Remaking of Blackness.”

     概要を見る

    This essay sheds light on the meaning of early ankoku butoh’s “blackface,” reading it as an embodiment of the crucial, if ambivalent, impact of Afro-diasporic cultures on the birth of post-WWII Japanese “dance of darkness.” Going beyond the stereotypical binary of Japan and the white West in the existing butoh scholarship, it demonstrates the extent to which Tatsumi Hijikata, the legendary founder of ankoku butoh, along with other avant-garde dancers, choreographers, and artists in his circle owed their counter-cultural aesthetics to the black diaspora.

  • Sonia Sanchez’s Poetic Spirit through Haiku

    有光 道生, Lexington Books, 2017年

    担当範囲: “‘The Color of Your Song’: Sonia Sanchez’s African American Haiku as Cosmopolitan ‘Green’ Poetry.”

  • Traveling Texts and the Work of Afro-Japanese Cultural Production: Two Haiku and a Microphone (New Studies in Modern Japan). Ed. William H. Bridges IV and Nina Cornyetz.

    有光 道生, Rowman & Littlefield, 2015年06月

    担当範囲: “Playing the Dozens on Zen: Amiri Baraka’s Journey from a ‘Pre-Black’ Bohemian Outsider to a ‘Post-American Low Coup’ Poet.” 79–98.

  • Ralph Ellison’s Invisible Man

    有光 道生, Chelsea House, 2009年

    担当範囲: 111-26

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • "De-Occidentalized ‘Projections in the Haiku Manner’: Poetics of Indeterminacy and Transcultural Reconfiguration of ‘Frog Perspectives’ in Richard Wright’s Last Poems."

    有光 道生

    The Japanese Journal of American Studies 29 (2018): 45-65. Print. 2018年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

  • “From Voodoo to Butoh: Katherine Dunham, Hijikata Tatsumi, and Trajal Harrell’s Transcultural Refashioning of ‘Blackness.’”

    有光 道生

    Trajal Harrell: In One Step are a Thousand Animals@MoMA (ニューヨーク近代美術館)  2015年10月

    研究論文(大学,研究機関紀要)

  • Black Notes on Asia: Composite Figurations of Asia in the African American Transcultural Imagination, 1923-2013

    有光 道生

    博士号請求論文 2014年03月

    学位論文(博士), 査読有り

  • 「Beside Blacknessから読み直すアフリカ系アメリカ文学」

    有光 道生

    『アメリカ文学』 第75号 (日本アメリカ文学会東京支部)   ( 75 ) 24 - 34 2014年

    研究論文(学術雑誌), 査読無し

  • “The Realm of an Empire and the Reach of Empathy: Reconsideration of Humanism in Mark Twain’s ‘the War-Prayer.”

    有光 道生

    Journal of Transnational American Studies. 1 ( 1 )  2009年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 峯真依子 『奴隷の文学誌:声と文字の相克をたどる』(青弓社、2018年)、

    有光 道生

    『図書新聞』 第3362号 2018年08月

    書評,文献紹介等

  • Review of The Black Pacific Narrative: Geographic Imaginings of Race and Empire Between the World Wars, by Etsuko Taketani.

    有光 道生

    African American Review (Winter, 2016) 49 ( 9 ) 397 - 399 2016年

    書評,文献紹介等, 単著

  • <書評>黒崎真『アメリカ黒人とキリスト教』(神田外語大学出版局、2015年)

    有光 道生

    『図書新聞』  ( 第3231号 )  2015年11月

    書評,文献紹介等

  • <書評>大森一輝 『アフリカ系アメリカ人という困難:奴隷解放後の黒人知識人と「人種」  (彩流社、2014年)』

    有光 道生

    『図書新聞』  ( 第3171号 )  2014年08月

    書評,文献紹介等

  • 「教員紹介」

    有光 道生

    三色旗 (慶應義塾大学通信教育部)     18 - 18 2014年03月

    その他記事

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • “Minor Dances” Gone Global (but Domesticated)?: Deterritorializing/Reterritorializing Iterations of Butoh, Voguing, and Breaking

    有光道生

    Butoh Next: Symposium Celebrating and Furthering The Routledge Companion to Butoh Performance (City University of New York) , 2019年10月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • キャサリン・ダナムと土方巽:トランス・パシフィックな「黒さ」の移動と変容

    有光道生

    黒人研究学会, 2019年10月, 口頭(招待・特別)

  • 21世紀アフリカ系アメリカ文学と「人種」の再定義——The Fire This Timeが可視化する「黒さ」の多様性 と差別の現在

    有光道生

    日本アメリカ学会年次大会, 2019年06月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 戦後日本にとって「黒人文学」とは一体何だったのか?――『黒人文学全集』(1961-63)の編纂を中心に

    有光道生

    日本アメリカ文学会東京支部月例会, 2018年09月, 口頭(招待・特別)

  • From Voodoo to Butoh: Hijikata Tatsumi, Katherine Dunham, and Trans-Pacific Diffusion of Blackness

    有光道生

    Art Summit Indonesia, 2016年08月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 冷戦期東アジアにおける創作教育、文学、大衆文化

    2019年10月
    -
    2023年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)), 共同研究契約,  分担

  • グローバル冷戦下の米文学・文化研究―文化の相互変容プロセスの実証/理論的国際研究 " v

    2019年04月
    -
    2020年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金), 共同研究契約,  分担

Works 【 表示 / 非表示

  • Harvard-Reischauer Dissertation Completion Fellowship

    有光 道生

    2012年
    -
    2013年

    その他

  • 日本アメリカ学会、アメリカ学会年次大会(サンアントニオ)への参加助成金

    有光 道生

    2011年

    その他

  • 日本アメリカ学会, Organization of American Historians年次大会(シアトル)への参加助成金

    有光 道生

    2009年

    その他

  • Harvard-Yenching Fellowship

    有光 道生

    2007年
    -
    2011年

    その他

受賞 【 表示 / 非表示

  • 斎藤眞賞

    有光道生, 2020年06月, 日本アメリカ学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

     説明を見る

    論文 "De-Occidentalized 'Projections in the Haiku Manner': Poetics of Indeterminacy and Transcultural Reconfiguration of 'Frog Perspectives' in Richard Wright’s Last Poems”による

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 米文学演習Ⅸ

    2020年度

  • 米文学演習Ⅹ

    2020年度

  • 人文科学研究会Ⅳ

    2020年度

  • 人文科学研究会Ⅲ

    2020年度

  • 人文科学研究会Ⅱ

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 英語I

    慶應義塾, 2014年度, 春学期, 講義

  • 英語 インテンシブ 1年

    慶應義塾, 2014年度, 通年, 教養科目, 講義, 専任

  • 英語 インテンシブ 2年

    慶應義塾, 2014年度, 通年

  • 英語IV レベル2

    慶應義塾, 2014年度, 通年, 教養科目, 講義, 専任

  • 人文科学特論I :アメリカ研究入門

    慶應義塾, 2014年度, 春学期, 教養科目, 講義, 専任

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • American Studies Association, 

    2016年
    -
    継続中
  • アメリカ学会, 

    2005年
    -
    継続中
  • 日本アメリカ文学会, 

    2003年
    -
    継続中
  • 「コロキア」同人, 

    2003年
    -
    継続中
  • MLA, 

    2003年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    国際委員会副委員長, American Studies Association

  • 2013年
    -
    2016年

    編集室幹事, 日本アメリカ文学会