Yamada, Atsuhiro

写真a

Affiliation

Faculty of Economics (Mita)

Position

Professor

Related Websites

Career 【 Display / hide

  • 1997.04
    -
    2002.03

    国立社会保障・人口問題研究所 ,研究員

  • 1999.02
    -
    2001.09

    経済協力開発機構社会政策課、エコノミスト

  • 2002.04
    -
    2005.03

    Assistant Professor, Faculty of Economics, Keio University

  • 2005.04
    -
    2007.03

    Associate Professor

  • 2006.09
    -
    2007.09

    Visiting Scholor, Institute for Social Research, University of Michigan

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 1994.03

    Keio University, Faculty of Economics

    University, Graduated

  • 1996.03

    Keio University, Graduate School, Division of Economics

    Graduate School, Completed, Master's course

  • 1999.03

    Keio University, Graduate School, Division of Economics

    Graduate School, Withdrawal after completion of doctoral course requirements, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 経済学修士, Keio University, Coursework, 1996.03

  • 博士(経済学), Keio University, Dissertation, 2010.11

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Humanities & Social Sciences / Economic policy (Economic Policy)

 

Books 【 Display / hide

  • 最低生活保障の実証分析:生活保護制度の課題と将来構想

    山田 篤裕,駒村 康平,四方 理人,田中 聡一郎,丸山 桂 , 有斐閣, 2018.07

  • 人口減少社会における高齢者雇用

    労働政策研究・研修機構, 田原 孝明, 今野 浩一郎, 藤本 真, 浅尾 裕, 鎌倉 哲史, 山田 篤裕, 馬 欣欣, 三村 国雄, 労働政策研究・研修機構, 2017

  • Japan: determinants of retirement in a hyper-aged society

    M Higo, H Schröder, A Yamada, Delaying Retirement: Progress and Challenges of Active Ageing in Europe, the United States and Japan, 2016.01

     View Summary

    Today Japan is far ahead of the rest of the world on the aging curve of the population and faces unprecedented pressure to delay workers’ retirement. In this national context, workers’ retirement decisions and behaviors are largely determined, at the macro- and mesolevels, by the interplay between the government and employers over reforming mandatory retirement corporate policies thoroughly and uniformly institutionalized across the country’s workplaces, which are set at ages much younger than in most other developed countries around the world. The primary microlevel determinants of retirement include the persistent gender roles, which have still affected many female workers, those currently aged 50 and older in particular, as they are often rendered as primary caregiver for children, aged parents, and the household.

  • 社会政策:福祉と労働の経済学

    YAMADA ATSUHIRO, 有斐閣, 2015.08

  • Mandatory retirement in Japan an overview of the past and present

    Yamada A., Higo M., Retirement in Japan and South Korea: The Past, the Present and the Future of Mandatory Retirement, 2015.04

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • 座談会: 地域で暮らすために支援を必要とする人々 (特集 施設等で暮らす人々の困窮状態と支援)

    山田篤裕, 森川美絵, 田中智子, 奥田知志, 五石敬路

    貧困研究= Journal of poverty 26, 75-89  2021

    Research paper (scientific journal), Single Work

  • Preferences for the forms of co-payment and advance payment in healthcare services; a discrete choice experiment

    M Okuda, Y Ichida, K Yamane, R Ohtsuka, M Yamaguchi, R Goto, ...

    Asian Pacific Journal of Health Economics and Policy 3 (2), 2-20  2021

    Research paper (scientific journal), Single Work, Accepted

  • Does a Wife’s Employment Affect her Husband’s Retirement Decision? Evidence from Japanese Longitudinal Data

    T Sakai, A Toda, A Yamada

    Journal of International Economic Studies 35, 45-52  2021

    Research paper (scientific journal), Single Work, Accepted

  • Aging and Wages of Long-term Care Workers: A Case Study of Japan, 2002-2017

    A Yamada, K Ishii

    Economic Analysis 202, 71-100  2021

    Research paper (scientific journal), Single Work

  • The impacts of shortening the minimum contribution period for public pension benefits on low-income older people

    Yamada Atsuhiro

    Journal of Pension Academy of Japan (The Pension Academy of Japan)  40 ( 0 ) 4 - 14 2021

    Research paper (scientific journal), Single Work, Accepted,  ISSN  0286-1739

     View Summary

    本稿では厚生労働省「老齢年金受給者実態調査(2017年)」の個票を用い、老齢年金受給のための受給資格期間が25年から10年へ短縮(2017年8月1日施行)されたことに伴い、(1)どれほどの低所得高齢者が貧困リスクを回避できたか、(2)貧困者で受給資格期間短縮に該当した者の生活保護受給率は高いのか、(3)年金に置き換えられた生活保護費はどれくらいの規模だったか、の3点を分析した。 主な知見として、(1)受給資格期間短縮該当で貧困であった者の中、2割前後が貧困から脱出できたこと、(2)他法優先の結果、それまで年金受給資格のなかった被保護高齢者の3割が年金受給資格を得たが、年金を受給しても生活保護脱却に至らない者が多かったため、受給資格期間短縮該当者の生活保護受給率は高いこと、(3)受給資格期間短縮によって新たに受給する老齢年金によって置き換えられた生活保護費は年額ベースで711億円ないし779億円で、高齢世帯が受給している生活扶助総額の1割にも及びその効果は将来も持続していくと考えられること、の3点が明らかになった。社会保障制度全体からみた政策含意として受給資格期間短縮は、25年以上保険料を拠出することへのインセンティブを弱める懸念があるとはいえ、生活保護受給者を含め、拠出した保険料に応じた給付という、社会保険の性格が貫徹される範囲をより広げたと評価できる。

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • 高齢女性はなぜ低所得に陥るのか

    YAMADA ATSUHIRO

    第108回社会政策学会大会 (法政大学多摩キャンパス、東京) , 

    2004.05

    Oral presentation (general)

  • Who Bears the Burden of Social Insurance?

    YAMADA ATSUHIRO

    Annual Trio Conference (Ark Academy Hills, Ark Mori Building, 36th Floor at Ark Hills, Tokyo) , 

    2003.12

    Oral presentation (invited, special), NBER-CEPR-TCER-RIETI

  • 国際比較からみた日本における高齢者の所得格差と貧困

    YAMADA ATSUHIRO

    平成15年度生活経済学会関西部会 (アピア大阪、大阪) , 

    2003.11

    Oral presentation (invited, special)

  • Trends in Income Inequality Among Retirement Age Population in Japan - From the Viewpoint of International Comparison

    やまだあつひろ

    Individual Responsibility vs. Social Solidarity - Current Economic and Legal Issues Concerning Social Policy in Japan and Germany (東京) , 

    2002.09

    Oral presentation (invited, special), ドイツ日本研究所・筑波大学/Harald Conrad、新井誠

     View Summary

    日本の高齢者の所得格差が、1985年から1995年までの間に所得構成や世帯構成の大きな変化を経験したにもかかわらず、高止まりしている理由をOECDデータを用いて国際比較分析した。その結果、高齢無職世帯は増大したが、他世帯との所得格差が縮まっていること、総所得に占める就労収入比率は低下したが、就労収入自体の分布が不平等になったことなどの各要因が相殺して、高止まりしていることが明らかになった。また、公的年金をはじめとする社会移転が同時期に急速に中間所得階層に手厚く配分されるようになったことも明らかにした。

  • 引退期所得の実態と格差の動向-OECD9カ国の比較から

    やまだあつひろ

    統計研究会労働市場委員会 (東京) , 

    2002.07

    Oral presentation (invited, special), 統計研究会

     View Summary

    経済協力開発機構(OECD)におけるプロジェクト「引退期所得政策の9ヶ国比較研究」での成果の一部を発表。具体的には、(1)日米のみ高齢者の所得格差のほうが就労世代の所得格差より大きいこと、(2)半数の国で、所得格差の変化には人口高齢化が支配的な影響を与えていること、(3)日米で就労所得が引退期においても大きな比重を占めるが、就労収入が高齢者の所得格差に支配的な影響を与えているのは日本であること、などを示した。

display all >>

Works 【 Display / hide

  • 高大一貫講座(高等学校向講座)

    YAMADA ATSUHIRO

    2003.06
    -
    2003.07

    Other, Single

  • 港区区民大学公開講座

    YAMADA ATSUHIRO

    2002.10

    Other

Awards 【 Display / hide

  • 山口新一郎賞

    2014.06, 公益財団法人年金シニアプラン総合研究機構, 「支給開始年齢引上げ、繰り上げ支給、高年齢者雇用安定法改正、在職老齢年金制度改革が「年金と雇用の接続」に与えた影響」『年金と経済』第32巻第4号

  • 生活経済学会奨励賞

    YAMADA ATSUHIRO, 2009.06, 生活経済学会, “Income Distribution of People of Retirement Age in Japan”, Journal of Income Distribution, vol.16, No.3-4, pp.31-54 (Nov. 2007).

  • 第4回医療経済研究年間優秀賞

    YAMADA ATSUHIRO, 2008.12, 医療経済研究機構, 介護保険の利用実態と介護サービスの公平性に関する研究(共著)

     View Description

    平成19年度に『医療経済研究』掲載の最も優秀な投稿論文(研究ノートをの除く)にたいする授賞。

  • 第48回日経経済図書文化賞

    YAMADA ATSUHIRO, 2005.11, 日本経済新聞社, 高齢者就業の経済学

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • TOPICS IN APPLIED ECONOMICS AND POLICY

    2022

  • SOCIAL POLICY B

    2022

  • SOCIAL POLICY A

    2022

  • SOCIAL POLICY

    2022

  • SEMINAR: SOCIAL POLICY

    2022

display all >>

 

Social Activities 【 Display / hide

  • 東京都老人総合研究所

    2005.04
    -
    Present
  • 総務省

    2003.06
    -
    2005.09
  • Organisation for Economic Co-operation and Development

    2003.02
    -
    2003.05
  • 内閣府「高齢社会対策の総合的な推進のための政策研究会(一人暮らし高齢者の指標づくり作業部会)」

    2002.09
    -
    2003.04

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2005.04
    -
    Present

    協力研究員, 東京都老人総合研究所

  • 2003.06
    -
    2005.09

    客員研究官, 総務省

  • 2003.02
    -
    2003.05

    Consultant, Organisation for Economic Co-operation and Development

  • 2002.09
    -
    2003.04

    Committee Member, 内閣府「高齢社会対策の総合的な推進のための政策研究会(一人暮らし高齢者の指標づくり作業部会)」