星野 崇宏 (ホシノ タカヒロ)

Hoshino, Takahiro

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (三田)

職名

教授

HP

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(経済学), 名古屋大学

  • 博士(学術), 東京大学

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 統計科学

  • 経済統計

  • 商学

 

著書 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • Semiparametric Bayesian Estimation for Marginal Parametric Potential Outcome Modeling: Application to Causal Inference

    Takahiro Hoshino

    Journal of the American Statistical Association (Journal of the American Statistical Association)  108 ( 504 ) 1189 - 1204 2013年12月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  01621459

     概要を見る

    We propose a new semiparametric Bayesian model for causal inference in which assignment to treatment depends on potential outcomes. The model uses the probit stick-breaking process mixture proposed by Chung and Dunson (2009), a variant of the Dirichlet process mixture modeling. In contrast to previous Bayesian models, the proposed model directly estimates the parameters of the marginal parametric model of potential outcomes, while it relaxes the strong ignorability assumption, and requires no parametric model assumption for the assignment model and conditional distribution of the covariate vector. The proposed estimation method is more robust than maximum likelihood estimation, in that it does not require knowledge of the full joint distribution of potential outcomes, covariates, and assignments. In addition, the method is more efficient than fully nonparametric Bayes methods. We apply this model to infer the differential effects of cognitive and noncognitive skills on the wages of production and nonproduction workers using panel data from the National Longitudinal Survey of Youth in 1979. The study also presents the causal effect of online word-of-mouth onWeb site browsing behavior. Supplementary materials for this article are available online. © 2013 American Statistical Association.

  • マーケティングと行動経済学:二重過程理論と文脈効果に関するレビューと購買履歴データからの実証分析

    星野 崇宏・竹内 真登

    行動経済学 12 ( 1 ) 51 - 61 2019年03月

    単著, 査読有り

  • 小学1年生から中学3年生を対象とした学力テストの垂直尺度化

    山口一大・敷島千鶴・星野崇宏・繁桝算男・赤林英夫

    心理学研究 印刷中 2019年

    単著, 査読有り

  • Semiparametric Bayesian multiple imputation for regression models with missing mixed continuous–discrete covariates

    Kato R., Hoshino T.

    Annals of the Institute of Statistical Mathematics (Annals of the Institute of Statistical Mathematics)  in press 2019年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  00203157

     概要を見る

    © 2019, The Institute of Statistical Mathematics, Tokyo. Issues regarding missing data are critical in observational and experimental research. Recently, for datasets with mixed continuous–discrete variables, multiple imputation by chained equation (MICE) has been widely used, although MICE may yield severely biased estimates. We propose a new semiparametric Bayes multiple imputation approach that can deal with continuous and discrete variables. This enables us to overcome the shortcomings of MICE; they must satisfy strong conditions (known as compatibility) to guarantee obtained estimators are consistent. Our simulation studies show the coverage probability of 95% interval calculated using MICE can be less than 1%, while the MSE of the proposed can be less than one-fiftieth. We applied our method to the Alzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative (ADNI) dataset, and the results are consistent with those of the previous works that used panel data other than ADNI database, whereas the existing methods, such as MICE, resulted in inconsistent results.

  • Doubly Robust-type Estimation of Population Moments or Parameters in Biased Sampling

    Takahiro Hoshino and Yuya Shimizu

    Stat in press 2019年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ポイントプログラムの長期効果:目標勾配仮説は成立するのか

    星野 崇宏

    第6回行動経済学会大会, 2012年12月, 口頭(一般)

  • Causal Inference for Multilevel Modeling Under Nonrandom Allocation to Level-2 Units: Moderated causal effect as a function of macro-level variables

    星野 崇宏

    IMPS2012, The 77nd Annual and the 18th International Meetings of the Psychometric Society, 2012年07月, 口頭(一般)

  • Causal Inference Framework for Latent Variable Modeling

    星野 崇宏

    IMPS2011,The 76th Annual and the 17th International Meetings of the Psychometric Society, 2012年07月, 口頭(招待・特別)

  • プロスペクト理論を考慮した同時購買行動での価格プロモーション戦略

    星野 崇宏

    第90回日本マーケティング・サイエンス学会研究大会, 2011年12月, 口頭(一般)

  • 欠測データと因果効果の推定

    星野 崇宏

    ICPSR国内利用協議会統計セミナー, 2010年09月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 異質性を考慮した因果効果の推定法の開発とその応用

    2018年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 星野 崇宏, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 行動ログと調査回答の乖離の理解及び介入法による改善

    2017年06月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 星野 崇宏, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  代表

  • 非実験研究での介入効果推定法の総合的研究と実用化

    2014年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 星野 崇宏, 基盤研究(B), 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会賞

    2017年02月, 日本学術振興会, 日本学術振興会賞

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

  • 義塾賞

    2018年11月, 慶應義塾大学

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 日本統計学会 研究業績賞

    2017年09月, 日本統計学会, 日本統計学会 研究業績賞

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 慶應義塾大学 印東太郎賞

    2012年09月, 慶應義塾大学, 慶應義塾大学 印東太郎賞

    受賞区分: その他の賞

  • 日本行動計量学会 出版賞 調査観察データの統計科学

    2011年09月, 日本行動計量学会, 日本行動計量学会 出版賞 調査観察データの統計科学

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 計量経済学演習

    2019年度

  • 研究会d

    2019年度

  • 研究会c

    2019年度

  • 研究会b

    2019年度

  • 研究会a

    2019年度

全件表示 >>