玉田 康成 (タマダ ヤスナリ)

Tamada, Yasunari

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (三田)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1997年03月

    慶應義塾大学研究助手(経済学部)

  • 1997年04月
    -
    2002年03月

    同大学専任講師(経済学部)

  • 2002年04月
    -
    2020年03月

    同大学准教授(経済学部)

  • 2020年04月
    -
    継続中

    同大学教授(経済学部)

  • 2011年04月
    -
    2018年03月

    国家公務員総合職採用試験専門委員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1992年03月

    慶應義塾大学, 経済学部

    大学, 卒業

  • 1992年04月
    -
    1994年03月

    慶應義塾大学, 経済学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 1994年04月
    -
    1997年03月

    慶應義塾大学, 経済学研究科

    大学院, 単位取得退学, 博士

  • 1997年09月
    -
    2001年05月

    ウィスコンシン大学マジソン校

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • Doctor of Philosophy, University of Wisconsin-Madison, 2002年05月

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 情報とインセンティブの経済学

    石田 潤一郎,玉田 康成, 有斐閣, 2020年07月

  • クルーグマン マクロ経済学(第2版)共訳

    ポール・クルーグマン,ロビン・ウェルス, 東洋経済新報社, 2019年

  • クルーグマン ミクロ経済学(第2版)共訳

    ポール・クルーグマン,ロビン・ウェルス, 東洋経済新報社, 2017年

  • モバイル産業論

    大橋弘,川濱昇,玉田康成, 東京大学出版会, 2010年03月

  • 現代ミクロ経済学-中級コース

    塩澤修平,石橋孝次,玉田康成, 有斐閣, 2005年03月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Disclosure of contract clauses and career concerns

    Yasunari Tamada

    Economics Bulletin (Economics Bulletin)  39 ( 3 ) 1968 - 1978 2019年09月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  1545-2921

     概要を見る

    © 2020, Economics Bulletin. In this study, we analyze a simple moral hazard model in which a risk-neutral agent has career concerns and is protected by limited liability. The agent cares about both career concerns and explicit incentives given by the principal. We consider the following two cases: (i) when the explicit contract is unobservable for the labor market, and (ii) when the principal discloses contract. If the explicit compensation contract is unobservable, the labor market needs to update its belief regarding the agent type on the basis of the realized outcome and the inference of the agent's effort choice. However, if the principal discloses contract clauses, the labor market knows how much effort is planned to be induced. The principal, then, can influence the market's belief through the observable contract. By disclosing contract clauses, the principal can induce a higher level of effort from the agent because she can control career concern incentives directly as well as monetary incentives.

  • Reputation versus information: The delegation policy when the principal has reputational concerns

    Yasunari Tamada, Tsung-Sheng Tsai

    Journal of Public Economic Theory (Journal of Public Economic Theory)  20 ( 3 ) 367 - 389 2018年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  10973923

     概要を見る

    © 2018 Wiley Periodicals, Inc. We analyze the delegation policy when the principal has reputational concerns. Both the principal and the agent can be either good or biased; the good players prefer the correct decision, while the biased ones prefer a high action even though it may be wrong. An evaluator who forms the principal's reputation may or may not be able to observe who makes the decision. When the evaluator cannot observe the allocation of authority, the principal shares the credit and blame with the agent. Although delegation can improve the quality of decision making because the agent has better information, it may also hurt the good principal's reputation because the high action may be taken by the biased agent while the blame will be shared when it is wrong. Thus, the good principal has a tendency to keep too much authority to maintain her reputation. By contrast, when the evaluator can observe the allocation of authority, delegation becomes a signaling device for the good type of principal to differentiate herself from the biased one. This results in an excessive allocation of authority toward the agent.

  • Optimal Delegation with Self-Interested Agents and Information Acquisition

    Shungo Omiya, Yasunari Tamada, Tsung-Sheng Tsai

    Journal of Economic Behavior and Organization 137   54 - 71 2017年05月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Delegating the Decision-making Authority to Terminate a Sequential Project

    Yasunari Tamada, Tsung-Sheng Tsai

    Journal of Economic Behavior and Organization 99   178-194 2014年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Optimal Organization in a Sequential Investment Problem with the Principal's Cancellation Option

    Yasunari Tamada, Tsung-Sheng Tsai

    International Journal of Industrial Organization 25   631-641 2007年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Allocation of Decision-Making Authority with Principal's Reputation Concerns

    玉田 康成

    Far Eastern Meeting of the Econometric Society (Yonsei University) , 

    2004年07月

    口頭発表(一般), Econometric Society

  • Communication versus Delegation in Long-term Relationships and the Promotion Policy

    玉田 康成

    日本経済学会2002年度秋季大会 (広島大学) , 

    2002年10月

    口頭発表(一般)

  • 研究開発投資のインセンティブと垂直的統合

    玉田 康成

    日本経済学会1996年度秋季大会 (学習院大学) , 

    1997年09月

    口頭発表(一般)

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 政府組織における権限配分,各政策の適切性と政策間調整についての研究

    2020年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省,日本学術振興会, 科学研究費補助金, 玉田康成, 補助金,  研究代表者

  • 経済ネットワークの構造-リンク形成の費用・効率性と対安定性をめぐって

    2009年
    -
    2011年

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 玉田康成, 補助金,  研究代表者

  • キャリアや評判に対する経済主体の関心が最適な企業組織に及ぼす影響についての研究

    2007年
    -
    2008年

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 玉田康成, 補助金,  研究代表者

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • ミクロ経済学特論

    2022年度

  • ミクロ経済学演習

    2022年度

  • 研究会d

    2022年度

  • 研究会c

    2022年度

  • 研究会b

    2022年度

全件表示 >>