境 一三 (サカイ カズミ)

Sakai, Kazumi

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (三田)

職名

名誉教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1997年03月

    成蹊大学 ,助教授

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

    大学助教授(経済学部)

  • 1997年10月
    -
    2002年03月

    大学語学視聴覚教育研究室主事

  • 2000年04月
    -
    継続中

    大学教授(経済学部)

  • 2000年04月
    -
    継続中

    大学教授(経済学部)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1979年03月

    東京外国語大学, 外国語学部

    大学, 卒業

  • 1983年03月

    東京大学, 文学部

    大学, 卒業

  • 1989年03月

    東京大学, 人文科学研究科

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士, 東京大学, 課程, 1985年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭一級普通免許状, 外国語(英語・ドイツ語), 1979年04月

  • 高等学校共有二級普通免許状, 外国語(英語・ドイツ語), 1979年04月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 外国語教育 (Foreign Language Education)

  • 人文・社会 / 教育工学 (Educational Technology)

  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学 (ヨーロッパ語系文学)

  • 人文・社会 / 外国語教育 (Foreign Language Education)

  • 人文・社会 / 教育工学 (Educational Technology)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • CALL

  • CALL

  • ドイツ文学

  • ドイツ語

  • ドイツ語

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 自律的学習者, 

    2000年
    -
    継続中

  • 社会的構成主義, 

    2002年
    -
    継続中

  • コンピューター支援外国語学習・教育研究, 

    1995年
    -
    継続中

  • ドイツ語教員養成, 

    2000年
    -
    継続中

  • ドイツ語音声指導, 

    1989年
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 多言語教育の意義とは? 外国語教育・学習研究に関する国際シンポジウム

    太田 達也, 境 一三, 佐藤プリンツ マヌエラ, 丸山 智子 編著, iudicium Verlag, 2021年,  ページ数: 177

    担当範囲: 序説, ワークショップ報告「多言語と社会」,  担当ページ: 9-13, 138-148

  • ことばを教える・ことばを学ぶ

    境 一三, 行路社, 2018年03月

    担当範囲: 日本の外国語教育の新たな姿を求めてーーヨーロッパの言語教育から学ぶ、149〜170ページ

  • ことばを教える・ことばを学ぶ : 複言語・複文化・ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)と言語教育

    泉水 浩隆, 江澤 照美, 太田 達也, 落合 佐枝, 柿原 武史, 木村 護郎クリストフ, 古石 篤子, 境 一三, 中川 慎二, 西山 教行, 藤原 三枝子, 真嶋 潤子, 茂木 良治, 吉田 研作, 行路社, 2018年

  • 多言語主義社会に向けて

    境 一三、治山順子、小川敦, くろしお出版, 2017年10月

    担当範囲: 危機に瀕するアルザス語と仏独二言語教育によってもたらされるもの、166〜179ページ

  • PUBLIKATIONEN DER INTERNATIONALEN VEREINIGUNG FÜR GERMANISTIK (IVG) Akten des XIII. Internationalen Germanistenkongresses Shanghai 2015

    境 一三, Peter Lang GmbH, Frankfurt am Main, 2016年

    担当範囲: Der Deutschunterricht in Japan heute und der Deutschlehreraus- und Fortbildungskurs der JGG pp. 63-69

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本の外国語教育で複言語・複文化を実践する—慶應義塾の挑戦—

    境 一三

    慶應義塾大学日吉紀要ドイツ語学・文学 (日吉紀要刊行委員会)   ( 62 ) 1 - 12 2022年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者

  • 慶應義塾大学日吉キャンパスにおける私のドイツ語教育

    境 一三

    慶應義塾大学日吉紀要ドイツ語学・文学 (日吉紀要刊行委員会)   ( 62 ) 13 - 30 2022年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者

  • 複言語主義に基づく第二外国語教育—資質・能力論を手がかりに考える—

    境 一三

    外国語教育研究ジャーナル 2   213 - 218 2021年12月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 単著, 査読有り,  ISSN  2436-0325

  • 書評『CEFR野理念と現実 理念編 言語政策からの考察』

    境 一三

    複言語・多言語教育研究 (日本外国語教育推進機構)   ( 9 ) 176 - 180 2021年12月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者, 査読有り

  • コロナ時代とその後の教育ー虚と実の間ー

    境 一三

    ひろの (公益財団法人ドイツ語学文学振興会)   ( 61 ) 28 - 29 2021年10月

    研究論文(その他学術会議資料等), 単著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本における外語教育の意義を再考する ―Z世代の特性を視野に入れつつ―

    境 一三

    慶應義塾大学外国語教育研究センター主催講演会 (オンライン) , 

    2022年03月

    口頭発表(招待・特別), 慶應義塾大学外国語教育研究センター

  • これからの外国語教育を考える―英語そして英語以外の外国語の「力」を育成するために —複言語能力養成の観点から̶—

    境 一三

    明治学院大学教養教育センター主催外国語教育FD研修 (横浜市+オンライン) , 

    2022年02月

    口頭発表(基調), 明治学院大学教養教育センター

  • 英語学習だけでは得られない、複言語学習での学びの広がりと深まり

    境 一三

    文部科学省委託事業「グローバル化に対応した外国語教育研究事業」講演会・報告会 (立命館大阪梅田キャンパス+オンライン) , 

    2022年02月

    口頭発表(基調)

  • 「生徒の資質・能力を育成するための授業設計とその評価」―逆向き設計を取り入れたパフォーマンス評価の効果

    池谷 尚美・吉村創・鈴木 冴子・境一三

    日本独文学会春季研究発表会 (オンライン) , 

    2021年06月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(公募),  日本独文学会

     概要を見る

     「グローバル化に対応した外国語教育推進事業」(慶應義塾大学外国語教育研究センター研究事業)は、令和2年度で4年目を迎え、関東圏を中心にした複数の高等学校で、多言語(中・韓・西・仏・独)の教師が協働して研究を進めている。本発表の目的は、本事業のドイツ語研究担当者による、研究課題・年間計画や単元案の実践・効果検証と
    評価を中心にした成果を報告することである。
     新学習指導要領では、「育成を目指す資質・能力」という観点からカリキュラムを編成する方針が打ち出され、その資質・能力の3つの柱は、①知識・技能、②思考力・判断力・表現力等、③学びに向かう力・人間性等、と分類されている。発表者は、生徒の資質・能力を伸ばすためには、多角的な観点から評価を行う必要があり、その一つの手段として、パフォーマンス評価が効果的だと考えた。パフォーマンス評価を授業に取り入れる際には、ウィギンスとマクタイによる「逆向き設計」論に基づいたパフォーマンス課題を考案し、その評価手段としてルーブリックを採用している。
     発表では、令和元年度、または令和2年度における発表者の実践に基づき、年間目標、単元目標やその授業計画を中心にした取り組みを紹介する。その際、生徒へのアンケートや授業担当者による授業観察等を通じ、資質・能力の涵養に対する効果を考える。また、参加者と、高等学校における今後のドイツ語教育について意見交換を行いたい。

  • 外国語教育における 3 つの資質・能力とパフォーマンス評価―高大協働による取り組み

    山下一夫, 境一三, 吉川龍生, 縣由衣子, 山下誠

    第9回JACTFLシンポジウム (オンライン) , 

    2021年03月

    口頭発表(一般), 一般社団法人 日本外国語教育推進機構

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • パフォーマンス評価に基づく外国語オンライン教育の高大連携および国際協働による研究

    2021年04月
    -
    2024年03月

    慶應義塾大学, 科学研究費助成事業, 吉川 龍生、境 一三, 山下 一夫, 縣 由衣子, 基盤研究(C), 未設定

     研究概要を見る

    本研究は、オンライン授業の提供と「アフターコロナ」における授業態勢の変革が予測される時代にあって、「主体的・対話的で深い学び」やパフォーマンス評価といった対面授業の教授法がオンライン授業の中でどう活用できるのかについて、中学校・高等学校などの中等教育における外国語教員および国外の研究者と連携して研究を行い、学習者の学習活動を誘発する場としての性質を持ち、「主体的・対話的で深い学び」とも高い親和性があるLMS(Learning Management System)にも注目しつつ、具体的な教育システムの開発を行うことである。

  • 一貫教育における複言語能力養成のための人材育成・教材開発の研究

    2015年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 境 一三, 基盤研究(A), 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    本研究は、外国語一貫教育において、生徒・学生の複言語・複文化能力を伸ばすための人材育成と教材開発をテーマとするものである。教育の一貫性、高大連携については、国内の実態調査により、今後の大学での教科課程編成などを検討する際の基礎資料を提供した。複言語・複文化能力の育成については、内外の現場の調査を行うとともに、二言語教育に長年従事している欧州の専門家を招聘し、日本の現場での可能性を議論した。教材開発については、開発した教材や教育方法を実際の授業で用いるだけでなく、それを用いたワークショップを教員対象に行い、知見の共有を図ると共に、その後の議論によって今後の教員研修のあり方も模索した。

  • 外国語一貫教育における複言語・複文化能力育成に関する研究

    2012年04月
    -
    2015年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 境一三, 基盤研究A, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    本研究は、中学段階からの外国語教育において、その一貫性を高めるとともに、複言語・複文化能力を養成することを目的とする基礎的研究である。重点項目を「第二外国語既習クラスの実態調査」、「カリキュラム研究」、「教材開発」、「気づき研究」の4点に置き、活動を行った。
    特に注力したのは、大学の第二外国語既習者クラスの実態調査で、質問紙による調査を実施した。
    この他、ドイツ、イタリア、ルクセンブルク、フランス、スイス、中国、アメリカの幼稚園、小・中・高等学校で授業を視察し、担当の教員や関係官庁、大学の研究者に聞き取り調査を実施して、早期複数言語教育と複言語能力育成などについて情報を収集し、知見を高めた。

  • 新しい言語教育観に基づいた複数の外国語教育で使用できる共通言語教育枠の総合研究

    2011年04月
    -
    2015年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 西山 教行, 補助金,  研究分担者

     研究概要を見る

    本研究は,①各言語が共通に使えるシラバスや基盤的教材の開発をすること②外国語の使える学習者を増やすこと③学習者に言語使用を通して,東アジアとの,およびグローバルな交流を目指す視点を持たせることを目的として実施された。
    このための基礎資料として,2012年5月,10月に各地の大学において第2外国語(ドイツ語,フランス語,中国語,スペイン語,韓国語,ロシア語)の学習者2万名あまりを対象として,外国語学習の動機に関するアンケート調査を実施した。その調査から,個別言語の動機付け並びに言語を横断し,各言語学習の特色を他言語との比較における解明を,2013年,2014年の語学教育エキスポにおいて発表した。

  • 行動中心複言語学習プロジェクト

    2006年04月
    -
    2010年03月

    文部科学省, 私立大学学術研究高度化推進事業」「学術フロンティア推進事業」, 境一三 , 補助金,  研究代表者

     備考を見る

    代表:2006年度は金田一真澄、2007年度以降は境一三

Works 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパの言語教育ー排外主義を超えてー

    境 一三

    めぐろシティカレッジ、東京都立桜修館中等教育学校, 

    2018年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • ヨーロッパの言語教育ー排外主義を超えてー

    境 一三

    めぐろシティカレッジ、東京都立桜修館中等教育学校, 

    2018年10月
    -
    継続中

    その他

  • 鈴村直樹君追悼

    境 一三

    『ラテルネ』120号、24-25ページ、東京、同学社, 

    2018年09月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 鈴村直樹君追悼

    境 一三

    『ラテルネ』120号、24-25ページ、東京、同学社, 

    2018年09月
    -
    継続中

    その他

  • 「優しい」日本を作るための外国語学習

    境一三

    2018年03月
    -
    継続中

    その他, 単独

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • ドイツ語Ⅳa

    2021年度

  • ドイツ語Ⅱb

    2021年度

  • ドイツ語Ⅱa

    2021年度

  • ドイツ語Ⅰb

    2021年度

  • ドイツ語Ⅰa

    2021年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 「ドイツ語を話そう! ドイツ語で歌おう!」

    2018年01月

    , その他特記事項

     内容を見る

    横須賀学院小学校における出張授業

  • 「ドイツ語を話そう! ドイツ語で歌おう!」

    2017年11月

    , その他特記事項

     内容を見る

    守口市立さつき学園小学校における出張授業

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 私立攻玉社学園理事

    2011年05月
    -
    継続中
  • 私立攻玉社学園理事

    2011年05月
    -
    継続中
  • 私立攻玉社学園評議員

    2007年05月
    -
    継続中
  • 私立攻玉社学園評議員

    2007年05月
    -
    継続中
  • 財団法人ドイツ語学文学振興会評議員

    2005年06月
    -
    2020年05月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本独文学会, 

    1985年
    -
    継続中
  • 日本独文学会ドイツ語教育部会, 

    1989年
    -
    継続中
  • 日本外国語教育推進機構, 

    2012年12月
    -
    継続中
  • ドイツ語情報処理学会

     
  • 外国語教育メディア学会, 

    2000年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年
    -
    継続中

    編集委員, 日本外国語教育推進機構

  • 2013年
    -
    継続中

    編集委員, 日本外国語教育推進機構

  • 2013年
    -
    継続中

    編集委員, 日本外国語教育推進機構

  • 2012年12月
    -
    継続中

    理事, 日本外国語教育推進機構

  • 2012年12月
    -
    継続中

    Executive Board Member, Japan Council on the Teaching of Foreign Languages

全件表示 >>