Sakai, Kazumi

写真a

Affiliation

Faculty of Economics (Hiyoshi)

Position

Professor

Related Websites

External Links

Career 【 Display / hide

  • 1990.04
    -
    1997.03

    成蹊大学 ,助教授

  • 1997.04
    -
    2000.03

    大学助教授(経済学部)

  • 1997.10
    -
    2002.03

    大学語学視聴覚教育研究室主事

  • 2000.04
    -
    Present

    大学教授(経済学部)

  • 2003.10
    -
    2007.09

    Deputy Director, Keio Research Center for Foreign Language Education

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 1979.03

    Tokyo University of Foreign Studies, Faculty of Foreign Language

    University, Graduated

  • 1983.03

    The University of Tokyo, Faculty of Literature

    University, Graduated

  • 1989.03

    The University of Tokyo, Graduate School, Division of Humanities

    Graduate School, Withdrawal after completion of doctoral course requirements, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • Master of Arts, The University of Tokyo, Coursework, 1985.03

Licenses and Qualifications 【 Display / hide

  • 中学校教諭一級普通免許状, 外国語(英語・ドイツ語), 1979.04

  • 高等学校共有二級普通免許状, 外国語(英語・ドイツ語), 1979.04

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Foreign language education (Foreign Language Education)

  • Educational technology (Educational Technology)

Research Keywords 【 Display / hide

  • CALL

  • German

  • Applied Linguistics

Research Themes 【 Display / hide

  • Autonomous Learner, 

    2000
    -
    Present

  • Social Constructivism, 

    2002
    -
    Present

  • Computer Assisted Language Learning and Teaching, 

    1995
    -
    Present

  • German Teacher Training, 

    2000
    -
    Present

  • Teaching German Phonetics, 

    1989
    -
    Present

 

Books 【 Display / hide

  • ことばを教える・ことばを学ぶ

    SAKAI KAZUMI, 行路社, 2018.03

    Scope: 日本の外国語教育の新たな姿を求めてーーヨーロッパの言語教育から学ぶ、149〜170ページ

  • ことばを教える・ことばを学ぶ : 複言語・複文化・ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)と言語教育

    泉水 浩隆, 江澤 照美, 太田 達也, 落合 佐枝, 柿原 武史, 木村 護郎クリストフ, 古石 篤子, 境 一三, 中川 慎二, 西山 教行, 藤原 三枝子, 真嶋 潤子, 茂木 良治, 吉田 研作, 行路社, 2018

  • 多言語主義社会に向けて

    SAKAI KAZUMI, HARUYAMA JUNKO, OGAWA ATSUSHI, くろしお出版, 2017.10

    Scope: 危機に瀕するアルザス語と仏独二言語教育によってもたらされるもの、166〜179ページ

  • PUBLIKATIONEN DER INTERNATIONALEN VEREINIGUNG FÜR GERMANISTIK (IVG) Akten des XIII. Internationalen Germanistenkongresses Shanghai 2015

    SAKAI KAZUMI, Peter Lang GmbH, Frankfurt am Main, 2016

    Scope: Der Deutschunterricht in Japan heute und der Deutschlehreraus- und Fortbildungskurs der JGG pp. 63-69

  • Medien und Interkulturalität im Fremdsprachenunterricht: Zwischen Autonomie, Kollaboration und Konstruktion

    SAKAI KAZUMI, Universitätsverlag Rhein-Ruhr, Duisburg, 2013

    Scope: Was hat der Gemeinsame Europäische Referenzrahmen dem Fremdsprachenunterricht gebracht? - Über den Einfluss und die Anwendung des GeR in Japan, 205-222

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • コロナ時代とその後の教育ー虚と実の間ー

    境 一三

    ひろの (公益財団法人ドイツ語学文学振興会)   ( 61 ) 28 - 29 2021.10

    Research paper (other science council materials etc.), Single Work, Except for reviews

  • “Foreign Language Education Project to Foster the Competencies Required in a Globalized Society ”, a high school-university collaboration designed by the Keio Research Center for Foreign Language Education

    AGATA YUIKO, SAKAI KAZUMI

    慶應義塾外国語教育研究 (慶應義塾大学外国語教育研究センター)   ( 17 ) 127 - 154 2021.09

    Research paper (research society, symposium materials, etc.), Joint Work, Accepted

  • 東京を拠点とする韓国伝統芸能従事者の言語への態度—言語政策研究への発展可能性の検討—

    猿橋 順子, 飯野 公一, 境 一三

    Language Policy (日本言語政策学会)   ( 17 ) 83 - 102 2021.03

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted,  ISSN  1880-0866

  • Über leichtes Japanisch und maschinelle Überstzung -Zur Förderung der Sprachbewusstheit-

    SAKAI Kazumi

    Neue Beiträge zur Germanistik (Ikubundo)   ( 162 ) 147 - 160 2021.03

    Research paper (scientific journal), Single Work, Accepted,  ISSN  0387-2931

  • オンライン授業の可能性について—コロナ禍状況での実践を振り返って—

    境 一三

    ドイツ語教育 (日本独文学会ドイツ語教育部会)   ( 25 ) 13 - 24 2021.03

    Research paper (scientific journal), Single Work, Accepted,  ISSN  1342-6575

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • Die Unterrichtsplanung und die Evaluation zur Entwicklung der Kompetenzen und der Fertigkeiten von Deutschlernenden an der Oberschule -Die Effektivität der auf der Rückwärtsplanung basierten Leistungsevaluation-

    IKEYA Naomi, YOSHIMURA So, SUZUKI Saeko, SAKAI Kazumi

    日本独文学会春季研究発表会 (online) , 2021.06, Symposium, Workshop, Panelist (public offering), Japanische Gesellschaft für Germanistik

     View Summary

    「グローバル化に対応した外国語教育推進事業」(慶應義塾大学外国語教育研究センター研究事業)は、令和2年度で4年目を迎え、関東圏を中心にした複数の高等学校で、多言語(中・韓・西・仏・独)の教師が協働して研究を進めている。本発表の目的は、本事業のドイツ語研究担当者による、研究課題・年間計画や単元案の実践・効果検証と
    評価を中心にした成果を報告することである。
    新学習指導要領では、「育成を目指す資質・能力」という観点からカリキュラムを編成する方針が打ち出され、その資質・能力の3つの柱は、①知識・技能、②思考力・判断力・表現力等、③学びに向かう力・人間性等、と分類されている。発表者は、生徒の資質・能力を伸ばすためには、多角的な観点から評価を行う必要があり、その一つの手段として、パフォーマンス評価が効果的だと考えた。パフォーマンス評価を授業に取り入れる際には、ウィギンスとマクタイによる「逆向き設計」論に基づいたパフォーマンス課題を考案し、その評価手段としてルーブリックを採用している。
    発表では、令和元年度、または令和2年度における発表者の実践に基づき、年間目標、単元目標やその授業計画を中心にした取り組みを紹介する。その際、生徒へのアンケートや授業担当者による授業観察等を通じ、資質・能力の涵養に対する効果を考える。また、参加者と、高等学校における今後のドイツ語教育について意見交換を行いたい。

  • 多言語・多文化化する日本社会とJACTFLの活動

    境 一三

    第8回 JaF-DaF フォーラム (オンライン) , 2021.03, Oral Presentation(key), JaF-DaF Forum実行委員会

  • Japan as a Society Becoming Multilingual and Multicultural

    SAKAI Kazumi

    What are the benefits of learning multiple languages? International Symposium on Foreign Language Teaching and Learning Research (online) , 2020.11, Oral Presentation(guest/special), Goethe-Institut Tokyo, DAAD

  • パフォーマンス課題における自己評価の効果について―CEFR の共通参照レベル,ルーブリック,自由記述による総合的評価の提案

    吉村創, 矢田部清美, 境一三

    言語教育エキスポ (東京 早稲田大学) , 2019.03, Oral Presentation(general), JACET教育問題研究会

  • Mediation のための「やさしい日本語」を考える

    SAKAI KAZUMI

    『ヨーロッパ言語共通参照枠』(CEFR)増補版と複言語・複文化主義- 変革を求められる日本の外国語教育をめぐって - (Nanzan University) , 2019.01, Oral Presentation(guest/special), 南山大学ヨーロッパ研究センター、ラテンアメリカ研究センター

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • パフォーマンス評価に基づく外国語オンライン教育の高大連携および国際協働による研究

    2021.04
    -
    2024.03

    Keio University, 吉川 龍生, 境 一三, 山下 一夫, 縣 由衣子, Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

     View Summary

    本研究は、オンライン授業の提供と「アフターコロナ」における授業態勢の変革が予測される時代にあって、「主体的・対話的で深い学び」やパフォーマンス評価といった対面授業の教授法がオンライン授業の中でどう活用できるのかについて、中学校・高等学校などの中等教育における外国語教員および国外の研究者と連携して研究を行い、学習者の学習活動を誘発する場としての性質を持ち、「主体的・対話的で深い学び」とも高い親和性があるLMS(Learning Management System)にも注目しつつ、具体的な教育システムの開発を行うことである。

  • 一貫教育における複言語能力養成のための人材育成・教材開発の研究

    2015.04
    -
    2019.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 境 一三, Grant-in-Aid for Scientific Research (A) , Principal Investigator

Works 【 Display / hide

  • ヨーロッパの言語教育ー排外主義を超えてー

    境 一三

    めぐろシティカレッジ、東京都立桜修館中等教育学校, 

    2018.10
    -
    Present

    Other, Single

  • 鈴村直樹君追悼

    境 一三

    『ラテルネ』120号、24-25ページ、東京、同学社, 

    2018.09
    -
    Present

    Other, Single

  • 「優しい」日本を作るための外国語学習

    境一三

    2018.03
    -
    Present

    Other, Single

  • 出張授業:ドイツ語を話そう! ドイツ語で歌おう!

    境 一三

    横須賀学院小学校, 

    2018.01
    -
    Present

    Other, Single

  • 出張授業:ドイツ語を話そう! ドイツ語で歌おう!

    境 一三

    守口市立さつき学園, 

    2017.11
    -
    Present

    Other, Single

display all >>

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • GERMAN 5B

    2021

  • GERMAN 5A

    2021

  • GERMAN 4B

    2021

  • GERMAN 4A

    2021

  • GERMAN 2B

    2021

display all >>

Educational Activities and Special Notes 【 Display / hide

  • 「ドイツ語を話そう! ドイツ語で歌おう!」

    2018.01

    , Special Affairs

     View Details

    横須賀学院小学校における出張授業

  • 「ドイツ語を話そう! ドイツ語で歌おう!」

    2017.11

    , Special Affairs

     View Details

    守口市立さつき学園小学校における出張授業

 

Social Activities 【 Display / hide

  • 私立攻玉社学園理事

    2011.05
    -
    Present
  • 私立攻玉社学園評議員

    2007.05
    -
    Present
  • 財団法人ドイツ語学文学振興会評議員

    2005
    -
    Present

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • Japanische Gesellschaft fuer Germanistik, 

    1985
    -
    Present
  • Japanischer Deutschlehrerverband, 

    1989
    -
    Present
  • Japan Council on the Teaching of Foreign Languages, 

    2012.12
    -
    Present
  • ドイツ語情報処理学会

     
  • Japan Association for Language Education and Technology, 

    2000
    -
    Present

display all >>

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2013
    -
    Present

    編集委員, 日本外国語教育推進機構

  • 2012.12
    -
    Present

    Executive Board Member, Japan Council on the Teaching of Foreign Languages

  • 2012.05
    -
    2014.05

    President, Japanischer Deutschlehrerverband

  • 2008.05
    -
    2012.05

    Executive Board Member, Japanischer Deutschlehrerverband

  • 2007.06
    -
    2011.06

    Secretary General, Japanische Gesellschaft fuer Germanistik

display all >>