河端 瑞貴 (カワバタ ミズキ)

Kawabata, Mizuki

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (三田)

職名

教授

HP

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年
    -
    2011年

    東京大学, 空間情報科学研究センター, 助教授(准教授)

  • 2012年
    -
    2013年

    慶應義塾大学, 経済学部, 准教授

  • 2014年
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 経済学部, 教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年03月

    慶應義塾, 経済学部

    大学, 卒業

  • 1997年03月

    慶應義塾, 政策・メディア

    大学院, 修了, 修士

  • 2002年06月

    マサチューセッツ工科大学, 建築計画学科, 都市計画専攻

    米国, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(経済学), 慶應義塾, 1995年03月

  • 修士(政策・メディア), 慶應義塾, 課程, 1997年03月

  • Ph.D. (Urban and Regional Planning), マサチューセッツ工科大学 (MIT), 課程, 2002年06月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 米国GIS 認証協会 GIS 専門家, 2005年09月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経済政策 (空間情報科学、経済地理、都市地域政策)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 空間情報科学

  • 地理情報システム(GIS)

  • 経済地理

  • 都市地域政策

  • 空間統計

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 地理情報システム(GIS)と地理的世界の探求

    河端 瑞貴, 慶應義塾大学出版会, 2019年04月

    担当範囲: 武山政直・松原彰子(編著)『人文地理学』,pp. 94-109.(文部科学省認可通信教育・慶應義塾大学教材)

  • 不動産経済分析におけるGISの活用

    河端 瑞貴, 東洋経済新報社, 2018年07月

    担当範囲: (不動産政策研究会(編)『不動産政策研究 各論II:不動産経済分析』pp.208-229)

  • 経済・政策分析のためのGIS入門2:空間統計ツールと応用 ArcGIS Pro 対応

    河端 瑞貴, 古今書院, 2018年04月

  • 経済・政策分析のためのGIS入門1:基礎 ArcGIS Pro 対応

    河端 瑞貴, 古今書院, 2018年04月

  • 経済・政策分析のためのGIS入門 ArcGIS 10.2 & 10.3 対応

    河端 瑞貴, 古今書院, 2015年10月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 農林業センサスを用いた耕作放棄地の地理的加重回帰分析

    鈴木敬和,河端瑞貴

    GIS―理論と応用 27 ( 1 ) 13 - 23 2019年06月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • Intra-metropolitan spatial patterns of female labor force participation and commute times in Tokyo

    Kawabata M., Abe Y.

    Regional Science and Urban Economics 68   291 - 303 2018年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0166-0462

     概要を見る

    © 2017 The Authors We explore intra-metropolitan spatial patterns of female labor force participation, and examine how they relate to commute times in Tokyo. The spatial patterns differ markedly by marital status and the presence of children. For married mothers, the spatial clusters of low participation and regular employment rates are largely located in the inner suburbs, many of which overlap with the spatial clusters of long male commute times. The spatial regression results indicate that for married mothers, a longer commute time is significantly associated with lower participation and regular employment rates, while for unmarried and childless married women, these associations are mostly nonsignificant. Among married mothers, the magnitude of the negative associations is greater for college graduates than for those with a high school education or less, suggesting that highly educated mothers are especially sensitive to commute times. We argue that the spatial transportation constraint intensifies the household division of labor, resulting in unique patterns for married mothers.

  • 経済学におけるGIS活用の現状と課題

    河端 瑞貴

    GIS―理論と応用 22 ( 1 ) 47 - 52 2014年06月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • Childcare access and employment: the case of women with preschool-aged children in Tokyo

    Kawabata, M.

    Review of Urban and Regional Development Studies 26 ( 1 ) 40 - 56 2014年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  0917-0553

     概要を見る

    <p>This article presents an empirical study on childcare accessibility and the importance of access to childcare in attaining preferred employment among women with preschool-aged children in Tokyo. The age-wise childcare accessibility of this study takes into account spatial variations in the supply and demand of childcare, as well as "spatial competition," based on spatially micro areas - blocks. The accessibility reveals a considerable geographic mismatch between childcare center supply and demand, particularly for children aged up to two years. Empirical results show that access to childcare is closely associated with a higher probability of attaining preferred employment among women with preschool-aged children. The association is remarkably strong when a woman has a very young child aged up to two years and when the childcare center is one that is desired. Adequate childcare provision, particularly for children under the age of three, helps to augment active female participation in the labor market.</p>

  • Spatial mismatch problem of childcare in Tokyo

    Kawabata, M.

    Asami ed. International Conference: Spatial Thinking and Geographic Information Sciences 2011, Prodedia Social and Behavioral Sciences 21   300 - 303 2011年

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 単著, 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 都市の空間構造と女性就業:GISと空間統計ツールを用いた解明

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 河端 瑞貴, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 応用地域学会論文賞

    2015年11月, 応用地域学会

  • 地理情報システム学会 研究奨励賞

    2006年10月, 地理情報システム学会

  • 米国大学計画学会 最優秀博士論文賞(Barclay Gibbs Jones Award for Best Dissertation in Planning, Association of Collegiate Schools of Planning)

    2002年11月, Association of Collegiate Schools of Planning

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

  • マサチューセッツ工科大学大学院博士課程都市計画専攻 優秀博士論文賞 (Outstanding Ph.D. Dissertation Award, Department of Urban Studies and Planning, MIT)

    2002年06月, マサチューセッツ工科大学大学院博士課程都市計画専攻

    受賞国: 米国

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 経済地理a

    2019年度

  • 経済地理b

    2019年度

  • 研究会a

    2019年度

  • 研究会b

    2019年度

  • 研究会c

    2019年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 地理情報システム学会

     
  • 日本経済学会

     
  • 応用地域学会

     
  • 日本地理学会

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2021年03月

    行政事業レビュー外部有識者, 国土交通省

  • 2019年04月
    -
    継続中

    住宅経済研究会 研究委員, 公益財団法人日本住宅総合センター

  • 2018年
    -
    2019年

    企画委員, 地理情報システム学会

  • 2018年

    論文賞選考委員長, 応用地域学会

  • 2018年

    英文叢書編集委員会委員, 日本地理学会

全件表示 >>