大沼 あゆみ (オオヌマ アユミ)

Oonuma, Ayumi

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (三田)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1989年03月

    東北大学経済学部 ,助手

  • 1989年04月
    -
    2001年03月

    東京外国語大学外国語学部 ,専任講師~助教授

  • 1995年03月
    -
    1997年03月

    Visiting Professor, Centre for Social and Economic Research on Global Environment (CSERGE), University College London

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    大学助教授(経済学部)

  • 2003年04月
    -
    継続中

    大学教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年03月

    東北大学, 経済学部

    大学, 卒業

  • 1985年03月

    東北大学, 経済学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 1988年03月

    東北大学, 経済学研究科

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 経済学博士, 東北大学, 1992年02月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経済政策 (環境経済学)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • A story of the successful application of a comanagement fishing regime in Suruga Bay, Japan, in Nunes P.A.L.D et al. (eds.) Handbook on the economics and management of sustainable oceans

    Makoto Omori, Ayumi Onuma and Nami Okubo, Edward Elgar, 2017年

    担当範囲: Chapter 13

  • 「東日本大震災復旧計画としての防潮堤と被災地復興をめぐる諸問題」植田和弘編『大震災に学ぶ社会科学第5巻 被害・費用の包括的把握』

    大沼 あゆみ・朱宮丈晴, 東洋経済新報社, 2016年03月

    担当範囲: 209-236

  • 『汚染とリスクを制御する』シリーズ環境政策の新地平 第6巻

    大沼 あゆみ・岸本 充生・, 岩波書店, 2015年11月

  • 「野生生物管理政策」亀山康子・馬奈木俊介編『資源を未来につなぐ』シリーズ環境政策の新地平第5巻

    大沼 あゆみ, 岩波書店, 2015年09月

    担当範囲: 117-138

  • 『生物多様性を保全する』シリーズ環境政策の新地平第4巻

    大沼 あゆみ・栗山浩一, 岩波書店, 2015年07月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Applying three distinct metrics to measure people’s perceptions of resilience

    Uehara T., Tsuge T., Onuma A.

    Ecology and Society (Ecology and Society)  24 ( 2 )  2019年07月

     概要を見る

    © 2019 by the author(s). Resilience management is gaining support as resilience studies proliferate. Quantification of resilience could help decision makers understand the complex dynamics of resilience and adopt resilience management. However, most quantifications have focused on resilience as an attribute of social-ecological systems, such as thresholds and safe operating spaces. Although informative for planning and implementing effective resilience management, they do not inform decision makers if people accept and support this management. Therefore, it is necessary to understand how people perceive resilience. We applied three metrics to measure how people perceive resilience: (1) an economic valuation of resilience, (2) motivations behind valuing resilience, and (3) the relative importance of resilience compared with other ecosystem services. We adopted coral reef ecosystems in Okinawa, Japan for our analysis. Coral reef ecosystems, which are rich in marine genetic resources (hotspots), have become endangered because of increasing anthropocentric pressures, and resilience is becoming an accepted method in coral reef ecosystem management. Our study revealed that an ex-ante willingness to pay (WTP) for expected benefits from a resilience management program ranged from 3439 to 5663 JPY for mean WTP and from 1615 to 2579 JPY for median WTP (cf. 100 JPY = 0.891 USD in 2017). Primary motivations, i.e., human values, underlying the valuation of resilience were conservation and self-transcendence, which overlap with some ecosystem services such as culture, bequest, education, coastal protection, sanitation, and habitat. Resilience is highly important compared with the other 10 coral reef ecosystem services. These findings could help decision makers plan and implement an effective, acceptable, and supported resilience management program.

  • Comparing green infrastructure as ecosystem-based disaster risk reduction with gray infrastructure in terms of costs and benefits under uncertainty: A theoretical approach

    Onuma A., Tsuge T.

    International Journal of Disaster Risk Reduction (International Journal of Disaster Risk Reduction)  32   22 - 28 2018年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  22124209

     概要を見る

    © 2018 The Eco-DRR (ecosystem-based disaster risk reduction) is attracting attention as infrastructure that substitutes “gray” or built infrastructure, owing to its attractive characteristics such as lower costs of introduction and maintenance, provision of various ecosystem services, and local community development, among others. On the other hand, gray infrastructure is still a central measure of DRR, as there is a comprehensive understanding of its design and functioning against natural hazards. The argument about the use of green infrastructure instead of gray infrastructure in many aspects of DRR raises an important question: under what circumstances is green infrastructure more desirable? This paper uses a theoretical approach to provide an exact condition under which introducing green infrastructure is desirable, taking into consideration the aspect of uncertainty in deriving the optimal size of green infrastructure and the disaster risk (or expected damage). Under optimal green infrastructure, we show an exact level of the population, under which using Eco-DRR is preferable to gray infrastructure, expressed by parameters reflecting the probability of occurrence of hazard, probability of preventing exposure to the hazard, population size, and vulnerability to damage accruing from exposure, as well as costs and benefits of the two infrastructures. Our results provide useful information regarding policy decision-making about whether to adopt gray or green infrastructure in an area, by applying the results to various cases by assuming the exact values of the parameters.

  • 中国の退耕還林政策に関する費用便益分析-特性の異なる3地域におけるケーススタディ-

    成 双之・澤田 英司・大沼 あゆみ

    環境科学会誌 (環境科学会)  31 ( 1 ) 1 - 12 2018年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 生態系サービス(PES)によるサンゴ礁保全の可能性

    大沼 あゆみ・柘植 隆宏

    生物科学 (農文協)  68 ( 1 ) 41 - 49 2016年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 「人口減少下での持続可能な海岸管理政策についてー防災と自然保護をめぐって−」

    大沼 あゆみ

    『環境経済・政策研究』 8 ( 2 ) 11 - 17 2015年09月

    研究論文(学術雑誌), 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 生態系インフラストラクチャーの経済的側面

    大沼 あゆみ

    日本学術会議公開シンポジウム「生態系インフラストラクチャーを社会実装する」 (日本学術会議大講堂) , 2017年07月, 口頭(基調), 日本学術会議 統合生物学委員会・環境学委員会合同 自然環境保全再生分科会

  • 「土壌の大切さをどう捉えるか~環境経済学の視点から」

    大沼 あゆみ

    国際土壌年2015記念シンポジウム「つち・とち・いのち~土のことを語ろう」 (日本学術会議講堂) , 2015年12月, 口頭(招待・特別), 日本土壌肥料学会

  • Partha Dasgupta教授およびJeffrey Sachs教授講演会 コーディネータ

    大沼 あゆみ

    ブループラネット賞2015年受賞者記念講演会 (国連大学) , 2015年10月, その他, 財旭硝子財団

     概要を見る

    Partha Dasgupta教授およびJeffrey Sachs教授の記念講演会のコーディネータを末吉竹二郎氏と務めた

  • 「グリーンエコノミーが地球を救う」(基調講演)

    大沼 あゆみ

    「アジアの経済発展と環境問題」 (大阪商工会議所国際会議ホール) , 2015年10月, 口頭(基調), 公益財団法人 りそなアジア・オセアニア財団

  • Sustainability in Biodiversity Conservation from global and local perspectives

    大沼 あゆみ

    The International Forum commemorating the 50th Anniversary of Dokkyo University “Sustainable International Economic Systems and Japan” (獨協大学 天野ホール) , 2014年12月, 口頭(招待・特別), 獨協大学

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 名古屋議定書を活用した生物多様性保全のための効果的諸制度構築に向けた経済学的研究

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大沼 あゆみ, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 生物多様性保全のための規制と利用についての経済学的研究

    2014年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大沼 あゆみ, 基盤研究(C), 補助金,  代表

Works 【 表示 / 非表示

  • 「コウノトリ博士が運んでくれたもの」

    大沼あゆみ

    『書斎の窓』2015年3月号 (有斐閣), 

    2015年03月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 日本経済新聞 経済教室「森林保護で温暖化抑制 排出枠与え途上国支援を」2012年4月19日朝刊

    日本経済新聞2012年4月19日朝刊, 

     

    その他, 単独

  • 日本経済新聞 経済教室「温暖化防止を問う2〜炭素税・排出量取引 同時に」2008年3月18日朝刊

    日本経済新聞2008年3月18日朝刊, 

     

    その他, 単独

  • 日本経済新聞 経済教室「求められる生物多様性保護 経済活動との両立は可能」2009年12月29日朝刊

    大沼あゆみ

    日本経済新聞2009年12月29日朝刊, 

     

    その他, 単独

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 社会・環境論特論

    2020年度

  • 社会・環境論演習

    2020年度

  • 環境経済論演習

    2020年度

  • 研究会d

    2020年度

  • 研究会c

    2020年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人 環境情報科学センター

    2013年05月
    -
    継続中
  • (独)農業環境技術研究所

    2009年03月
    -
    継続中
  • (独)農業・食品産業技術総合研究機構

    2006年04月
    -
    2011年03月
  • 『環境情報科学』

    2002年09月
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • Bioecon (Biodiversity and Economics for Conservation), 

    2011年03月
    -
    継続中
  • 環境経済・政策学会, 

    1995年
    -
    継続中
  • 日本経済学会, 

    1986年04月
    -
    継続中
  • European Association of Environmental and Resource Economists

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年07月
    -
    継続中

    Lead Author, Intergovernmental science-policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES)

  • 2017年08月
    -
    継続中

    Vice President, East Asian Association of Environmental and Resource Economists (EAAERE)

  • 2012年05月
    -
    2014年04月

    会長, 環境経済・政策学会

  • 2012年11月
    -
    継続中

    環境基本計画・指標検討会委員, 環境省

  • 2011年03月
    -
    継続中

    Scientific Partner, Bioecon (Biodiversity and Economics for Conservation)

全件表示 >>