大久保 敏弘 (オオクボ トシヒロ)

Okubo Toshihiro

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (三田)

職名

教授

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • ①RAあるいは研究員、研究補助スタッフ(基礎的な計算や集計、プログラミング)を募集します。学部生、大学院生。および一般。
    ②大学院生募集。研究領域:国際貿易、直接投資、環境・エネルギー、経済地理、地域経済、空間経済学、数量経済史。理論あるいは実証研究(主に日本経済の実証分析)。

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • https://keio.pure.elsevier.com/ja/persons/toshihiro-okubo
    これまでの主な研究内容
    ①企業の異質性と国際貿易・空間経済学
    産業集積の形成を生産性や企業の質でとらえる理論と実証手法を開発。実証研究では日本の産業集積政策の効果を検証。
    ②ニューグローバリゼーションと日本
    理論・実証の側面から研究。グローバルバリューチェーンやフラグメンテーション、海外直接投資、産業内貿易の近年の変容を研究。比較対象として戦前日本の数量経済史分析。
    ③環境と貿易・産業集積、エネルギー
    環境規制の国際貿易や企業立地に与える影響を分析。特に汚染規制回避仮説の検証。エネルギー政策(原発立地)と地域経済・産業集積の関係。
    ④自然災害と国際経済、空間経済
    企業行動や地域経済をGISを用いて空間的に研究。
    ⑤地域経済とマクロ
    景気循環や経済成長を地域経済レベルから分析。地域金融と企業、地域経済など分析。比較対象として戦間期の地域金融・地域経済の数量経済史分析。

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経済政策 (応用経済学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 国際経済学

  • 国際貿易論

  • 国際関係論

  • 地域経済・地域政策

  • 数量経済史(日本近現代)

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 資源エネルギー・エコロジーと家計・地域・都市・生活の質, 

    2015年01月
    -
    継続中

  • 家計調査分析・設計(慶應家計パネル調査), 

    2014年01月
    -
    継続中

  • 日本の地域経済分析:歴史・政策・実証・ケーススタディ(地方創生), 

    2008年01月
    -
    継続中

  • 地球温暖化、環境と国際貿易・企業立地・環境政策, 

    2006年01月
    -
    継続中

  • 企業が異質な下での国際貿易・空間経済学:理論・実証・政策研究, 

    2005年01月
    -
    継続中

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 日本の企業の国際化、企業行動、地域経済、環境政策の実態調査と政策評価

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

 

著書 【 表示 / 非表示

  • "Innovative Cluster policies: Evidence from Japan"

    大久保 敏弘, Stanford University, 2019年

    担当範囲: Chapter 6 in "Asian Innovation" Stanford University

  • "Underlying sources of growth: first and second nature geography"

    2019年

    担当範囲: Chapter 14. Part B. Factors governing differential outcomes in the global economy, in the Cambridge Economic History of Modern Britain, Volume 2: 1870- 2010, edited by Stephen Broadberry and Kyoji Fukao

  • 「グローバリゼーションと日本経済・地方創生ー空間経済学・国際貿易論の視点からー」

    大久保 敏弘, 「経済のプリズム」第170号、参議院, 2018年07月

    担当範囲: 講演録

  • 「国際貿易と環境に関する実証研究」、連載:「百花繚乱」貿易の実証研究のフロンティア

    大久保 敏弘, 「世界経済評論」2018年1・2月号 100~109ページ 文真堂, 2017年12月

    担当範囲: リレー連載

  • Comments on ”Competition Effects on Industrial Productivity: An Analysis of Japanese Industries on the Basis of the Industry-Level Panel Data" by Masahito Ambashi

    大久保 敏弘, Asian Economic Papers, 2017年09月

    担当範囲: Comment paper

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Regional variations in exporters’ productivity premium: Theory and evidence

    大久保 敏弘

    Review of International Economics (Review of International Economics)  27 ( 3 ) 803 - 821 2019年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  09657576

     概要を見る

    © 2019 John Wiley & Sons Ltd The international trade literature confirms that the average productivity of exporters is higher than that of nonexporters, while economic geography studies establish that urban firms tend to be more productive than rural ones. By introducing region-specific transportation costs in a Melitz-type heterogeneous-firm trade model, the theory predicts that the minimum threshold productivity level for export is higher but that for survival by serving the local market is lower in the periphery region than in the core. Using Japanese plant-level panel data, we find evidence supporting the theoretical prediction that exporters in the peripheral regions, especially those distant from the core, have large productivity premiums.

  • GVC journeys: Industrialisation and deindustrialisation in the age of the second unbundling

    Baldwin R., Okubo T.

    Journal of the Japanese and International Economies (Journal of the Japanese and International Economies)  52   53 - 67 2019年06月

    ISSN  08891583

     概要を見る

    © 2019 Elsevier Inc. Offshoring and participation in global value chains (GVCs) are critical to understanding the rapid deindustrialisation of G7 nations and the rapid industrialisation of a handful of developing nations. This paper distinguishes between trade in final goods and trade in parts to track the shifting pattern of the location of manufacturing. We introduce a simple empirical measure of comparative advantage in parts on one hand and in final goods on the other. We illustrate how this distinction can help organise thinking on the patterns of industrialisation and deindustrialisation—namely the ‘GVC journeys’ of advanced and emerging economies. We also provide one simple model. The model highlights the interactions of trade costs and the knowledge transfers to accompany offshoring of parts production and assembly, which we call trade-led versus knowledge-led globalisation.

  • Quantifying the EU-Japan Economic Partnership Agreement

    大久保 敏弘

    Journal of the Japanese and International Economies (Journal of the Japanese and International Economies)  51   110 - 128 2019年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  08891583

     概要を見る

    © 2019 Elsevier Inc. This paper provides a quantitative analysis of the new EU-Japan Economic Partnership Agreement (EPA), the biggest bilateral deal that both the EU and Japan have concluded so far. It employs a generalized variant of the Eaton–Kortum (2002) model, featuring multiple sectors, input-output linkages, services trade, and non-tariff barriers (NTBs). It uses the results of an econometric ex post analysis of a related existing FTA, the one between the EU and Korea, to approximate the expected reductions in the costs of NTBs. This approach yields long-run welfare effects for Japan of about 18 bn USD per year (0.31% of GDP) and of about 15 bn USD (0.10%) for the EU. On average, the agreement does not appear to harm third countries. 14% of the welfare gains inside the EPA stem from tariffs, the remaining 86% from NTB reform, and the services sector account for more than half. In the EU, value added in the agri-food sector goes up most, while in Japan the manufacturing and services sectors gain.

  • Creative destruction of industries: Yokohama City in the Great Kanto Earthquake, 1923

    Okazaki T., Okubo T., Strobl E.

    Journal of Economic History (Journal of Economic History)  79 ( 1 ) 1 - 31 2019年03月

    ISSN  00220507

     概要を見る

    © 2019 The Economic History Association. The Great Kanto Earthquake occurred on 1 September 1923 and inflicted serious damage on Yokohama City. About 90 percent of the factories in Yokohama City were burnt down or completely destroyed. However, these manufacturing industries appear to have swiftly recovered in the aftermath of the damage. This article investigates the role of creative destruction due to the Great Kanto Earthquake. Using firm-level data on capital (horsepower of motors) before and after the earthquake, we find substantial creative destruction, that is, upgrade of machine technology and/or survival of efficient firms. We find further collaborating evidence of this at the prefecture level.

  • Creative Destruction of Industries: Yokohama City in the Great Kanto Earthquake 1923

    大久保 敏弘

    Journal of Economic History 79 ( 1 ) 1 - 31 2019年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Export Orientation and Firm Innovation: The role of culture and governance

    大久保 敏弘

    10th GEP-China Conference on China and the Unraveling of Globalization (Nottingham University) , 2018年11月, 口頭(招待・特別)

  • By a Silken Thread: regional banking integration and pathway of financial development in Japan's Great Recession

    大久保 敏弘

    JEN 2018 Conference (University of Zurich) , 2018年09月, 口頭(招待・特別)

  • Export Orientation and Firm Innovation: The role of culture and governance

    大久保 敏弘

    JEN 2018 Conference (University of Zurich) , 2018年09月, 口頭(招待・特別)

  • Underlying sources of growth: first and second nature geography

    大久保 敏弘

    Book Conference on the Cambridge Economic History of the Modern World, 2018年08月, 口頭(招待・特別), Hitotsubashi University and Oxford University

  • Quantifying the EU-Japan Economic Partnership Agreement

    大久保 敏弘

    TRIO Conference, 2018年07月, 口頭(招待・特別)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 大規模災害時代の「災害の経済学」と防災ー国際貿易・空間経済学の視点から

    2019年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大久保 敏弘, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 高質で強靭な産業集積の形成の理論・実証研究(科研費 基盤研究C)

    2016年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大久保 敏弘, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 高質で強靭な産業集積の形成の理論・実証研究(科研・基盤C)

    2016年
    -
    2019年

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

  • 人口動態の空間経済分析(科研費・基盤B)

    2015年
    -
    2017年

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 佐藤泰裕, 補助金,  分担

  • グローバル経済におけるリスクの経済分析~国際経済学の視点から~(科研費・基盤S)

    2014年
    -
    2018年

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 石川城太, 補助金,  分担

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Elsevier and Pacific-Basin Finance Journal Sponsored Best Paper Award

    2018年06月, 30th Asian Finance Association Annual Meeting

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

  • 慶應義塾大学「特選塾員」

    2017年02月, 慶應義塾大学

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 小田賞(研究奨励賞)

    2016年11月, 日本国際経済学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • TOPICS IN INTERNATIONAL ECONOMICS

    2019年度, 春学期, 専門科目, 演習

  • SEMINAR: ECONOMETRICS

    2019年度, 秋学期, 専門科目

  • 研究会d

    2019年度, 秋学期, 専門科目, 演習, 専任

  • 研究会c

    2019年度, 秋学期, 専門科目, 演習, 専任

  • 研究会b

    2019年度, 春学期, 専門科目, 演習, 専任

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 貿易政策A

    慶応義塾大学, 2018年度, 春学期

  • Econometrics

    Keio University, 2018年度

  • Seminar on International Trade

    Keio University, 2018年度

  • 研究会(3年)

    慶応義塾大学, 2018年度

  • 研究会(4年)

    慶応義塾大学, 2018年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 特別講義(リチャード=ボールドウィン教授)の企画及び開催

    2018年05月

    , その他特記事項

     内容を見る

    特別講義(リチャード=ボールドウィン教授)を開催した。学部上級向け(学部生、PCP、PEARL、大学院生、ダブルディグリーDD学生向け)グローバリゼーションと国際経済に関する講義。2018年5月28日

  • 第4回福澤諭吉記念経済学特別講義(リチャード=ボールドウィン教授)の企画及び開催

    2016年12月

    , その他特記事項

     内容を見る

    第4回福澤諭吉記念経済学特別講義としてRichard Baldwin教授を招へいし開催した。2016年12月14日

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 国土交通省不動産市場整備課、「ESG不動産投資あり方検討会」政策方針の立案と提言

    2019年02月
    -
    継続中

     概要を見る

    持続可能な新しい日本の不動産市場整備に向けた提言

  • 総合研究開発機構NIRA 地方創生・市町村活性化、地方財政、市町村首長の特性・リーダーシップに関する、フィールドワーク調査と政策提言

    2018年09月
    -
    継続中

     概要を見る

    日本の地域活性化と財政再建、地方創生のため、市町村首長の活動と実体をフィールドワーク調査し、政策を提言する。地方自治体からの日本経済・行政の改革、伝統文化と活力のある地域経済を考える。

  • 野村総合研究所、国土交通省、立地競争力のさらなる強化に資する国際航空ネットワークに関する調査研究(産官学連携)

    2017年07月
    -
    2018年03月

     概要を見る

    既存の地方における空港及びインフラをフル活用することで地域活性化をする。地方空港を通じて、地方に外資やビジネスを呼び込むことによる、日本全体の経済の底上げを提案する。

  • 日本経済調査協議会 住民による住民のための持続的地方創生を考える委員会(片山善博委員会)、地方自治や市町村行政に関する政策提言

    2017年06月
    -
    2019年06月

     概要を見る

    令和における新たな日本社会の創生と地方自治のあり方を提言。都市と地方のあり方を地域や現場、伝統文化の継承、住民の視点で考える。

  • 総合研究開発機構NIRA 地域創生、地域経済活性化、イノベーション型産業集積の形成に関する政策研究と提言

    2014年10月
    -
    2016年11月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本経済学会

     
  • 日本国際経済学会

     
  • 応用地域学会

     
  • American Economic Association

     
  • European Economic Association

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年
    -
    2019年

    編集委員, Review of Urban and Regional Development Studies

  • 2012年
    -
    2016年

    委員, 財務省関税局

     特記事項を見る

    関税政策等研究委員会メンバー

  • 2011年01月
    -
    継続中

    編集委員, Journal of Regional Science

     特記事項を見る

    Associate editor

  • 2010年

    主査, マレーシア・マラヤ大学経営学部

     特記事項を見る

    PhD論文外部審査委員

  • 2008年12月
    -
    継続中

    名誉客員学術研究員, Univeisty of Manchester, School of Social Science