大久保 敏弘 (オオクボ トシヒロ)

Okubo Toshihiro

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (三田)

職名

教授

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • RAあるいは研究員、研究補助スタッフ(基礎的な計算や集計、プログラミング)、大学院生を募集します。

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • https://keio.pure.elsevier.com/ja/persons/toshihiro-okubo
    Eメール: okubo[at]econ.keio.ac.jp
    研究内容
    ①企業の異質性と国際貿易・空間経済学
    産業集積の形成を生産性でとらえる理論と実証手法を開発。日本の産業集積政策の効果を検証。
    ②ニューグローバリゼーションと日本経済
    グローバリゼーションの観点から、バリューチェーンや海外直接投資、デジタル経済(テレワーク、ロボット)を研究。比較対象として戦間期の数量経済史分析。
    ③環境と貿易・産業集積、エネルギー
    環境規制の国際貿易や企業立地に与える影響を分析。特に汚染規制回避仮説の検証。エネルギー政策(原発立地)と地域経済・産業集積の関係。環境政策の理論的分析。
    ④災害の経済学
    企業行動や地域経済をGISを用いて空間的に研究。防災の効果。
    ⑤地域経済分析
    景気循環や経済成長を地域レベルで分析。地域金融と企業、産業集積、地方創生など分析。比較対象として戦間期の地域金融・地域経済の数量経済史分析。

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 理論経済学 (国際経済学)

  • 人文・社会 / 経済政策 (応用経済学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 国際経済学

  • 国際貿易論

  • 国際関係論

  • 地域経済・地域政策

  • 数量経済史(日本近現代)

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 企業が異質な下での国際貿易・空間経済学:理論・実証・政策研究, 

    2005年01月
    -
    継続中

  • グローバリゼーションと国際貿易・海外直接投資・オフショアリング・産業空洞化, 

    2000年01月
    -
    継続中

  • 空間経済学と公共政策の理論・実証研究, 

    2000年01月
    -
    継続中

  • 資源エネルギー・エコロジーと家計・地域・都市・生活の質, 

    2015年01月
    -
    継続中

  • 家計調査分析・設計(慶應家計パネル調査), 

    2014年01月
    -
    継続中

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • デジタル化、人工知能やロボットと経済活動に関する研究・社会実験

    大学等の研究機関との共同研究を希望する,  希望形態: 受託研究, 共同研究, その他

  • 企業や地域のSDGsやCSRへの取り組み

    大学等の研究機関との共同研究を希望する,  希望形態: 受託研究, 共同研究, その他

  • 日本の企業の国際化、企業行動の実態調査と政策評価

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

  • 自然災害や防災・インフラに関する文理融合型研究

    大学等の研究機関との共同研究を希望する,  希望形態: 受託研究, 共同研究, その他

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 「コロナ禍のワクチン接種と感染症対策における個人と社会的規範」

    大久保敏弘, 第6章、山本勲編「コロナ禍の経済とレジリエンス」 慶應義塾大学出版会, 2023年03月

  • 副業としてのギグワーク:就業者実態調査から見るギグエコノミーの現状と課題

    大久保敏弘, NIRAオピニオンペーパーNo.64、NIRA総研, 2023年02月

  • 第8回テレワークに関する就業者実態調査(速報) 「 ウクライナ危機をめぐる安全保障に関する意識調査」を含む

    大久保敏弘・NIRA総研, 2023年02月

  • 「国土・インフラ:地域経済を産業集積政策の変遷から見る」

    大久保敏弘・武藤祥郎, 第7章、清家篤編「人口減少・少子高齢化社会における政策課題」中央経済社, 2023年02月

  • 「地方創生の活性化」

    大久保敏弘 第7章、吉野直行編「広義の経済安全保障を実現する進化型産業政策の必要性」, 中央公論社, 2022年12月

    公開用PDF1

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Natural Disasters and Industrial Production Efficiency: Evidence from Pre-war Japan

    Toshihiro Okubo

    Regional Studies 2022年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Networked FDI and third-country intra-firm trade

    Okubo T., Watabe Y.

    International Review of Economics and Finance (International Review of Economics and Finance)  83   591 - 606 2022年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  10590560

     概要を見る

    Foreign direct investment (FDI) is networked. This is beyond vertical and horizontal FDIs. Affiliates locate across multiple countries and trade among them. This paper investigates the FDI networks, using the Japanese foreign affiliate data. First, we investigate location patterns and industry patterns of foreign affiliates and find the network structure of FDI. Then, third-country intra-firm trade is explored. The third-country sales and sourcing within the firm boundary (third-country intra-firm trade) is active, but only large firms tend to construct production networks and engage third-country intra-firm trade. Firm size (size of parent and affiliates and the number of affiliates) is crucial in understanding third-country intra-firm trade.

  • The Bright and Dark Sides of a Central Bank’s Financial Support to Local Banks after a Natural Disaster: Evidence from the Great Kanto Earthquake, 1923 Japan

    Toshihiro Okubo, Tetsuji Okazaki, Eric Strobl

    Journal of Money, Credit and Banking 2022年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Traveling and eating out during the COVID-19 pandemic: The Go To campaign policies in Japan

    Okubo T.

    Japan and the World Economy (Japan and the World Economy)  64 2022年09月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  09221425

     概要を見る

    The coronavirus disease (COVID-19) pandemic plunged many industries of the economy into contraction, particularly the travel, hotel accommodation, and eating/drinking industries. In Japan, some demand-inducing policies targeting such industries were implemented, known as the Go To Travel and Go To Eat campaigns. Using a unique individual-level survey, we investigate what factors make people respond to these campaign policies. We find that certain socioeconomics factors (e.g., gender, income, ICT skills) as well as noneconomic factors matter. In particular, risk attitudes, and personal traits (e.g., extraversion) crucially affect whether people traveled or dined out in response to these campaigns despite the spread of COVID-19.

  • The fiscal costs of earthquakes in Japan

    Noy I., Okubo T., Strobl E., Tveit T.

    International Tax and Public Finance (International Tax and Public Finance)  2022年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  09275940

     概要を見る

    We quantify the fiscal impacts of earthquakes in Japan. In contrast with earlier research which examined national level aggregate spending in several countries, we are able to provide a detailed examination of separate budget categories within the local governments’ fiscal accounts. We do this using detailed line-budget expenditure data, and by comparing regions and towns affected and unaffected by the damage from earthquakes. Besides the obvious - that government spending increases in the short-term (one year) after a disaster event - we observe that the share of public spending on disaster relief, at the prefecture level, increases significantly, but with no corresponding change in the other budget lines. In contrast, at the lower administrative units, we observe a decrease in the share of spending going to finance other priorities. For the bigger cities, we observe a decrease in the share of spending targeting education, while for the smaller towns, we find that spending on construction and servicing public debt goes down. This evidence suggests that while at the prefecture level fiscal policy-making is robust enough to prevent presumably unwanted declines in public services, the same cannot be said for the city/town level.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • コメント「テレワーク二極化、在宅勤務がストレスに」東京新聞8月6日朝刊

    大久保敏弘

    (東京新聞)   2022年08月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • デジタルエコノミーとグローバリゼーション「技術革新、世界の適応迫る」

    日本経済新聞 11月29日夕刊  2021年11月

    会議報告等, 共著

  • コメント「デジタル加速、副作用も 。効率化の恩恵、所得が左右」

    大久保敏弘

    共同通信 2021年3月4日  2021年03月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • コメント・解説「うつろう⽇常・新型コロナ1年︓3 働き⽅・都市部から地⽅移転 地域発展の可能性秘める /北海道」

    大久保敏弘

    毎日新聞北海道版 2021年2月6日朝刊  2021年02月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • コメント「日本社会が失ったもの」

    大久保敏弘

    週刊現代 2021年1月23日号  2021年01月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本の産業集積政策の実証研究と政策課題:ソフト・コンパクト・デジタル化

    イノベーション集積研究会, 

    2022年01月

    口頭発表(招待・特別), 東京大学CREI

  • Industrial cluster policy and transaction networks: Evidence from firm-level data in Japan

    大久保敏弘

    韓国国際経済学会(KIEA), 

    2021年12月

    口頭発表(一般)

  • デジタルエコノミーとグローバリゼーション

    大久保敏弘

    一橋大学政策フォーラム, 

    2021年10月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 一橋大学

  • 社会課題専門家ワークショップ 研究開発領域を創出するための近未来対話

    大久保敏弘

    「将来社会」を見据えた研究開発戦略の策定における官学の共創プロジェクト, 

    2021年10月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 文部科学省 科学技術・学術政策局

  • 自然災害の経済学(基調講演)

    大久保敏弘

    自然災害と適応ワークショップ (名古屋市立大学経済学部) , 

    2021年08月

    口頭発表(基調)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 日本経済長期停滞のメカニズムの解明

    2020年04月
    -
    2024年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究A, 星岳雄, 未設定

  • 自然災害における家計の防災意識とエネルギー意識に関する実証研究

    2020年04月
    -
    2023年03月

    旭硝子財団, 大久保敏弘, 補助金,  研究代表者

  • 大規模災害時代の「災害の経済学」と防災ー国際貿易・空間経済学の視点から

    2019年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大久保 敏弘, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 高質で強靭な産業集積の形成の理論・実証研究(科研費 基盤研究C)

    2016年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大久保 敏弘, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • 人口動態の空間経済分析(科研費・基盤B)

    2015年
    -
    2017年

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 佐藤泰裕, 補助金,  研究分担者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Elsevier and Pacific-Basin Finance Journal Sponsored Best Paper Award

    2018年06月, 30th Asian Finance Association Annual Meeting

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

  • 慶應義塾大学「特選塾員」

    2017年02月, 慶應義塾大学

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 小田賞(研究奨励賞)

    2016年11月, 日本国際経済学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

その他 【 表示 / 非表示

  • 「日本の研究.com」による最新研究の紹介: 新型コロナウイルス感染症拡大下でのテレワークと就業者の実態に関する研究(「第7回テレワークに関する就業者実態調査」速報)

    2022年05月

     内容を見る

    https://research-er.jp/articles/view/112365
    新型コロナウイルス感染症拡大下でのテレワークと就業者の実態に関する研究(「第7回テレワークに関する就業者実態調査」速報)

  • 「日本の研究.com」による最新研究の紹介: 新型コロナウイルス感染症拡大下でのテレワークと就業者の実態に関する研究(「第6回テレワークに関する就業者実態調査」速報)

    2022年02月

     内容を見る

    https://research-er.jp/articles/view/107981
    新型コロナウイルス感染症拡大下でのテレワークと就業者の実態に関する研究(「第6回テレワークに関する就業者実態調査」速報)

  • 「日本の研究.com」による最新研究の紹介 新型コロナウイルス感染症拡大下でのテレワークと就業者の実態に関する研究(「第5回テレワークに関する就業者実態調査」速報)

    2021年10月

     内容を見る

    新型コロナウイルス感染症拡大下でのテレワークと就業者の実態に関する研究(「第5回テレワークに関する就業者実態調査」速報)https://research-er.jp/articles/view/103836

  • テレビ番組制作取材協力(NHK大阪): 歴史探訪「缶詰は見た日本近現代史」

    2021年10月

     内容を見る

    歴史探訪「缶詰は見た日本近現代史」

  • 「令和3年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書」に採用・掲載。大久保敏弘・NIRA「第3回テレワークに関する就業者実態調査報告書」

    2021年07月

     内容を見る

    「令和3年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書」に採用・掲載。大久保敏弘・NIRA「第3回テレワークに関する就業者実態調査報告書」都心部のテレワークの利用状況。

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 国際経済論演習

    2022年度

  • 演習

    2022年度

  • 貿易政策b

    2022年度

  • 貿易政策a

    2022年度

  • フィナンシャルマネージメントとコーポレートガバナンス

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 通信教育部 卒業論文指導

    慶應義塾大学

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 貿易政策A

    慶応義塾大学

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期

  • Econometrics

    Keio University

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • Seminar on International Trade

    Keio University

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 研究会(3年)

    慶応義塾大学

    2018年04月
    -
    2019年03月

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 特別講義(リチャード=ボールドウィン教授)の企画及び開催

    2018年05月

    , その他特記事項

     内容を見る

    特別講義(リチャード=ボールドウィン教授)を開催した。学部上級向け(学部生、PCP、PEARL、大学院生、ダブルディグリーDD学生向け)グローバリゼーションと国際経済に関する講義。2018年5月28日

  • 第4回福澤諭吉記念経済学特別講義(リチャード=ボールドウィン教授)の企画及び開催

    2016年12月

    , その他特記事項

     内容を見る

    第4回福澤諭吉記念経済学特別講義としてRichard Baldwin教授を招へいし開催した。2016年12月14日

 

社会活動 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • みずほ証券 機関投資家向けウェビナー

    2022年06月

  • 国会参議院内閣委員会 デジタル関連法案審議 参考人

    2020年05月

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本経済学会

     
  • 日本国際経済学会

     
  • 応用地域学会

     
  • American Economic Association

     
  • European Economic Association

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年05月
    -
    2023年04月

    専門委員, 日本学術振興会

  • 2022年05月
    -
    2024年12月

    客員研究員, 財務省財務総研

  • 2022年05月
    -
    2023年03月

    専門調査員, 文部科学省 科学技術・学術政策研究所

  • 2022年04月
    -
    継続中

    研究員, 内閣府経済社会総合研究所

  • 2021年05月

    参考人, 国会 参議院内閣委員会

全件表示 >>