赤林 英夫 (アカバヤシ ヒデオ)

Akabayashi, Hideo

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (三田)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 価格理論の家族や社会への応用が専門です。具体的テーマとしては、それぞれの分野において政策的インパクトの大きいものを選び、同時に、経済理論的にも新しい話題の提供できる研究を心がけています。研究対象となる地域は限定せず、方法としては、テーマによって、理論・実証両方を使っています。従って、アイデアと根気が勝負と思っていますので、その点では負けない自信のある皆さんとの出会いを楽しみにしています。現在は、日本の教育と労働市場の分析にほぼ集中しています。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1990年05月

    通商産業省, 係員・係長

  • 1995年08月
    -
    1996年06月

    マイアミ大学, ビジネススクール経済学科, 客員講師

  • 1996年07月
    -
    1997年03月

    世界銀行, コンサルタントエコノミスト

  • 1997年04月
    -
    2006年03月

    慶應義塾大学, 経済学部, 助教授

  • 1997年10月
    -
    1999年09月

    大学経済学部学習指導副主任

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年06月

    シカゴ大学, 経済学研究科

    -, 大学院, 修了, 博士

  • 1988年03月

    東京大学, 総合文化研究科, 広域科学

    大学院, 修了, 修士

  • 1986年03月

    東京大学, 教養学部, 基礎科学第二

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D., シカゴ大学, 1996年06月

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  •  

    レフェリー

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 理論経済学 (教育の経済学)

  • 理論経済学 (家族の経済学)

  • 理論経済学 (労働経済学)

  • 理論経済学 (行動経済学)

  • 教育社会学 (比較教育政策)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • パネルデータ

  • ミクロ計量経済学

  • 人的資本

  • 子どもの発達

  • 学力テスト

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 教育政策と教育格差の国際比較, 

    2016年
    -
    継続中

  • 親子の縦断調査を用いた家族、学力、心理のミクロ計量経済分析, 

    2009年
    -
    継続中

     研究概要を見る

    2010年から収集を続けている日本子どもパネル調査(JCPS)に基づき、子どもの学力や心理・行動の変化と家庭環境の関連を分析する。

  • 日本における教育政策の実証研究, 

    2001年
    -
    継続中

     研究概要を見る

    学校選択、私学補助金制度、少人数学級政策、教育の多様化などが地域の教育力に与えた影響を分析。また、国立大学政策が日本の私立大学の発展に及ぼした影響の分析。

  • 家庭内教育の理論・実験的研究, 

    1995年
    -
    継続中

     研究概要を見る

    経済理論と経済実験を用いて、家庭内教育決定のメカニズムを明らかにする

 

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Causal effects of family income on educational investment and child outcomes: Evidence from a policy reform in Japan

    Naoi M., Akabayashi H., Nakamura R., Nozaki K., Sano S., Senoh W., Shikishima C.

    Journal of the Japanese and International Economies (Journal of the Japanese and International Economies)  60 2021年06月

    ISSN  08891583

     概要を見る

    The Child Allowance Policy (CAP) in Japan, a nationwide cash transfer program for families with children, was designed to increase household expenditures toward children. Using unforeseen changes in the CAP that occurred due to the electoral results as a source of exogenous variation in income in the early 2010s, this paper examines the causal impact of family income on households’ private educational expenditures and child outcomes in the short-run, based on a longitudinal parent-child survey. The ordinary least squares (OLS) and first-differenced (FD) results show that family income is in most cases positively correlated with child's cognitive outcomes, and, to a lesser extent, with families’ educational expenditure on their children. Based on the FD instrumental variable (FD-IV) estimation, using unexpected changes in CAP payments as an instrument, we find positive income effects on educational expenditure in the short-run. However, we did not find statistically significant impacts on children's cognitive outcomes.

  • Gender differences in educational outcomes and the effect of family background: A comparative perspective from East Asia

    Akabayashi H., Nozaki K., Yukawa S., Li W.

    Chinese Journal of Sociology (Chinese Journal of Sociology)  6 ( 2 ) 315 - 335 2020年04月

    ISSN  2057150X

     概要を見る

    There is wide variation in the degree of gender gap in test scores around the world, suggesting the strong influence of institutions, culture and inequality. We present comparative evidence on the gender gap in educational achievement in China, Japan, and the USA, with an emphasis on the gender-specific effect of parental income and education, and the child’s own preferences for study subjects. We used three major national representative longitudinal surveys with rich information about cognitive outcome measures of respondent children as well as educational investment and parental socio-economic status that allow us to analyze their inter-relationship. We found that low household income tends to have more adverse effects on language test scores for boys than for girls in the USA, as is consistent with previous studies. However, it does not have an impact on gender gap in test scores in China and tends to affect girls more adversely than boys in Japan.

  • A comparative analysis of children’s time use and educational achievement: Assessing evidence from China, Japan and the United States

    Nakamura R., Yamashita J., Akabayashi H., Tamura T., Zhou Y.

    Chinese Journal of Sociology (Chinese Journal of Sociology)  6 ( 2 ) 257 - 285 2020年04月

    ISSN  2057150X

     概要を見る

    Various forms of empirical evidence suggest that parental socioeconomic status (SES) is strongly related to educational outcomes and many countries attempt to close achievement gaps among children. Parenting practice is one important mechanism through which educational inequality emerges across families with different SES. In this paper, we show that the class gap in children’s time use and academic achievements reflects parenting styles and parental practices stratified by parental SES by comparatively investigating the cases of China, Japan, and the USA, drawing on three sets of nationally representative longitudinal data. We find that for children aged 10–15 in China, parental SES has a strong impact on children's homework time and academic performance. Similar patterns are found in the results of 10–15-year-old children in Japan; however, homework time more weakly relates to the parents' education level. Moreover, restricting the samples to 14-year-old children and comparing the three countries, we find that the test score gap among parental SES is the largest in the USA; to fill the gap in math test scores between the first and fourth income quartiles, a sizable number of additional hours spent on homework are needed in the USA, compared to China and Japan.

  • C1-1 条件付分布による因果効果

    繁桝 算男, 古野 公紀, 池本 駿, 赤林 英夫

    日本行動計量学会大会抄録集 (日本行動計量学会)  48 ( 0 ) 68 - 71 2020年

  • Subject variety and incentives to learn: Evidence from public high school admission policies in Japan

    Akabayashi H., Naoi M.

    Japan and the World Economy (Japan and the World Economy)  52 2019年12月

    ISSN  09221425

     概要を見る

    This paper provides evidence on whether mandating wider subject variety on high school entrance exams affects long-term educational achievement using Japanese historical experiences. In Japan, where high school education is non-compulsory, prefectural boards of education have retained the freedom to set admission criteria for public high schools within their prefecture, including the number of subjects tested on entrance exams. Using prefectural-level panel data, we estimate the effect of the number and choice of subjects tested at the time of high school entrance on the probability of college attendance three years later. We find that the variety of subjects tested has a positive effect on the later college enrollment. Our findings are broadly consistent with the incentive theory of testing (Lazear, 2006) and the empirical results from other countries.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 教育関係者はエビデンスと冷静に向き合うべき

    赤林 英夫

    教職研修 (教育開発研究所)     95 - 97 2015年08月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 少人数学級政策の教育効果の不都合な真実

    赤林 英夫

    シノドス (シノドス)   2015年02月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • わが国における教育経済データの現状と課題

    赤林 英夫

    経済セミナー (日本評論社)  February/March   27 - 33 2005年02月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本における教育のパネルデータ・実験データの収集経済学の立場からの実践と課題

    赤林 英夫

    日本教育社会学会第67回大会 (駒澤大学(東京)) , 2015年09月, 口頭(招待・特別), 日本教育社会学会

  • Dynamics of Educational Inequality among Children in Japan: Findings from the First Four Years of the Japan Child Panel Survey

    Akabayashi, H., R. Nakamura, M. Naoi, K. Nozaki, S. Sano, W. Senoh, ,C. Shikishima, and J. Yamashita

    20th International Panel Data Conference (Hototsubashi University, Tokyo, Japan) , 2014年07月, 口頭(一般), International Panel Data Conference

  • "Determinants of Cognitive and Non-cognitive Outcomes in Japan: Findings fromJapan Child Panel Survey (JCPS):2010-2012,"

    赤林 英夫

    Children Youth and Families: Mini-Conference on International Perspectives on Child and Youth Health and Development (Columbia University) , 2013年05月, 口頭(一般)

  • "Long-Term Effects of Preschooling on Educational Attainments,"

    赤林 英夫

    WEAI (東京) , 2013年03月, 口頭(一般)

  • 「政策研究のための教育データの現状と日本子どもパネル調査」

    赤林 英夫

    教育経済・教育政策コンフェレンス (慶應義塾大学) , 2012年12月, 口頭(一般), 慶應義塾大学

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ポストコロナの教育格差研究:世界的課題の解明とオンラインでの調査・実験手法の革新

    2021年07月
    -
    2026年03月

    慶應義塾大学, 赤林 英夫, 基盤研究(S)

  • 長寿社会における世代間移転と経済格差: パネルデータによる政策評価分析

    2017年04月
    -
    2022年03月

    慶應義塾大学, 樋口 美雄, 山本 勲, 敷島 千鶴, 駒村 康平, 瀬古 美喜, 土居 丈朗, 大垣 昌夫, McKenzie Colin, 黒田 祥子, 鶴 光太郎, 大久保 敏弘, 隅田 和人, 直井 道生, 山田 篤裕, 別所 俊一郎, 寺井 公子, 井深 陽子, 北村 行伸, 赤林 英夫, 特別推進研究

     研究概要を見る

    本研究では、長寿社会と経済格差の関係に焦点を当て、長寿社会に起因する経済格差の発生メカニズム、さらには、経済格差が長寿社会での人々の暮らしや働き方、健康、社会経済の諸制度・政策、消費行動・生産行動、資産形成、結婚、出産などの家族形成、保育・教育などの次世代育成などに与える影響について、三世代の世帯(同居・非同居)を含む多様な家計を追跡するパネルデータの構築・解析を通じて多角的に研究する。
    本年度は、長寿社会における経済格差研究に関する理論的・実証的研究を整理・評価するとともに、家計パネルデータ等を用いながら各研究班で設定したテーマに沿って分析を進めた。また、昨年度に実施した「第二世代調査」(非同居の家族も含めた調査回答者の子世代への調査)のデータの解析も開始し、世代間の金銭的・非金銭的なつながりについて格差を関連付けた研究を進めた。各研究班の研究実績としては、論文50本(うち査読付論文16本)および図書6冊となっており、パネルデータなどを用いた経済格差のメカニズムや影響の解明を進めた。
    「日本家計パネル調査」については、本調査を実施するとともに「第二世代調査」の2回目の調査を実施した。また、本調査と第二世代調査では紙への記入による回答方法に加え、独自に作成したWEB画面による回答方法も提供し、回収率の向上につとめた。さらに、日本を代表するパネルデータとして、ルクセンブルク所得研究(LIS)への「日本家計パネル調査」や、オハイオ州立大学が指揮をとる国際パネルデータベースCross-National Equivalent File(CNEF)への提供を継続した。このほか、パネルデータの質の維持・向上のため、「日本家計パネル調査」の標本脱落やサンプル追加により発生するサンプリングバイアスの修正を行うウェイトの作成を欧州・豪州の専門家や家計パネルデータの設計・解析機関と連携して進めた。
    パネルデータなどを用いた経済格差のメカニズムや影響の解明については、昨年度に引き続き、積極的な研究を各研究班が実施し、計画以上の研究実績を積み上げている。「日本家計パネル調査」の3世代調査への拡張については、非同居の家族も含めた調査回答者の子世代へ調査回答者を拡げる形での新規調査を実施するとともに、単身高齢者世帯や地方在住者を含む新たな調査対象を追加することで、世界に先駆けた3世代調査への拡充が実現し、2回目の調査を実施したことで、パネルデータとしての利用ができるようになった。こうしたデータを用いた各研究班での研究も進捗している。さらに、新型コロナウイルス感染症の流行に伴って、「日本家計パネル調査」の回答者に郵送とWEBによる特別調査を実施し、新型コロナウイルス感染症が家計にどのような影響を与え、格差がどのように変化しうるかを把握することを検討するなど、当初計画にない追加的な研究実施も議論している。
    パネルデータなどを用いた経済格差のメカニズムや影響の解明については、次年度以降も、パネルデータ等を活用して積極的な研究を各研究班が遂行するとともに、班リーダー会議や調査票策定会議、国内・国際ワークショップなどを通じた連携を研究班間で強めていく。また、OECDやオハイオ州立大学、EHESSなどの国際研究機関・大学等との共同研究を進めることで、グローバルな視点からの経済格差研究も強化する。「日本家計パネル調査」については、次年度以降も3世代調査として実施し、長寿社会における経済格差構造の解明につながりうるパネルデータとしての研究基盤の構築を進める。その際には、サンプルバイアスを補正するウェイトの作成・提供を進めるなどして、データのクオリティ面でもグローバルスタンダードを目指す。さらに、新型コロナウイルス感染症の家計への影響を把握するため、「日本家計パネル調査」の回答者に対する特別調査(郵送・WEB調査)の実施も検討する。

  • 経済格差と教育格差の長期的因果関係の解明:親子の追跡データによる分析と国際比較

    2016年05月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 赤林 英夫, 妹尾 渉, 敷島 千鶴, 星野 崇宏, 野崎 華世, 湯川 志保, 中村 亮介, 直井 道生, 佐野 晋平, 山下 絢, 田村 輝之, 繁桝 算男, 小林 雅之, 大垣 昌夫, 稲葉 昭英, 竹ノ下 弘久, 藤澤 啓子, 基盤研究(S), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本研究の目的は、親子を追跡した調査と経済実験を施行し、子どもの養育環境・親の養育行動・教育政策と教育格差発生との長期的関連を動態的かつ因果的に解明することである。上記の目的を達成する上で、今年度は以下のプロジェクトを計画的に遂行することができた。
    1、【第二世代調査】本年度、2年前にも実施した「JHPS第二世代調査」を実施した。今年度は、独自ウェブサイトを構築し、2年前と異なり、高校生と学生に対してはウェブ調査票のみで調査を実施した。また、2年前に実施した調査データに基づいて、奨学金の受給がその後の人生に与える影響を分析した論文を日本教育社会学会等で発表した。
    2、【親子経済実験】前年度同様、親が子どもに関して保有する価値観と経済状態が子どものしつけに与える影響、さらにはそれに伴う非認知能力の成長に関する経済実験を行った。また、新しい問題設定とデザインにもとづいて、親子を対象とした経済実験(信頼ゲーム)を実施した。現在データの分析中である。
    3、【IRT学力スコア】本年は、前年度に作成した垂直等化された学力スコアを用い、作成方法やスコアの性質について分析を行った論文を出版した(山口他(印刷中))。同時に、新たに収集した双生児サンプルの分析を開始した(川本他2019)。
    4、【就学前の親調査】2016年に実施した「就学前のこどもの親調査」を用いた論文を学会・コンフェレンス等で発表した。
    5、【国際連携】中国、韓国、米国の研究者と、こどもの格差と家庭背景の影響に関する国際比較共同研究を推進し、北京で開催されたワークショップで最初の検討結果を議論した。欧米諸国との国際比較研究は、本研究課題で準備を行っていたが、結果的にJSPSのORAプロジェクト「こどもの発達過程における教育達成の不平等の変動:6ヵ国の比較研究」として結実した。今後は、本研究課題とは独立に、しかし連携しながら進められる。
    今年度は、新しい経済実験の実施、東アジアの比較研究のメドが立つなど、大きな進捗があった。本研究課題大きなステップであった、IRTに基づいて垂直等化されたテストスコアに関する論文が出版できたことも重要な進展であった。残り2年で、その他の分析結果の論文を出していく予定である。
    今後の研究については、研究計画に従って以下の通り進めていく予定である。研究推進にあたり、本課題で収集するデータを精緻化し、分析面でも補完するデータ(特に国の統計の調査票データ)の利用申請を行い、分析を進める。現在申請済みなのは、国民生活基礎調査、児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査、上記ORAで申請中なのは21世紀出生児縦断調査、申請検討中なのは、就業構造基本調査、全国学力・学習状況調査、自治体が実施する学力等調査である。
    1、【第2世代調査に基づく分析】2年分の「第二世代調査」に基づく分析を進める。
    2、【親子経済実験の実施】前年度に引き続き、親子に対して経済実験を実施し、親が子どもに関して保有する価値観と経済状態が子どものしつけに与える影響、さらにはそれに伴う子どもの非認知能力の成長メカニズムに関する因果的知見を得る。さらに、国内外の学会において研究成果の報告を行い、研究の質を高めていく予定である。同時に、新しいデザインによる親子実験も複数実施する。
    3、【年齢間で等化されたテストデータの分析での利用推進】H28-29に完成することができたIRTスコアを、新しい学校データに基づいて改善する。また、今年度、JCPS(小中学生調査)や双生児サンプルへの利用を引き続き行う。また、教育資金贈与信託政策の効果に関する論文を国際学会(SLLS)において発表する。
    4、【就学前から学童期への移行調査】前年度実施の「就学前児童調査」データのクリーニング・整備を実施し、家計状態と就学前児童の心理・行動との関連に関する分析を更に進める。また、分析結果の研究報告を国際学会で行う。
    5、【国際連携】中国、韓国、米国との共同研究をさらに進め、8月にプリンストンで開催されるRC28で発表、1月には再び東京で共同ワークショップを開催の予定である。

  • 発達心理学の知見を取り入れた家庭内教育の経済理論のパラダイム転換

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 赤林 英夫, ヘックマン ジェームズ, バーネット スティーブン, 池本 駿, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    発達心理学でのアタッチメント(愛着)を組み込んだ経済モデルを開発した。乳幼児は、主たる養育者が視野から離れると、不安の表情を見せたり泣いたりする。しかし、アタッチメントが確立していると、養育者の姿が見えると安心してもとに戻り、自分の周りの世界を探索しようとする。それらを踏まえ、アタッチメントのパターン、アッタチメントの質を向上させる要素、政策的インプリケーション、を提示する理論モデルを構築した。さらに、英国のデータに含まれる親子関係の変数を抽出し、それらと子どもの認知能力の関係を推計した。
    家庭内での子どもの発達の経済理論モデルの開発により、従来発達心理学で記述されてきた行動に合理性を与え、健全な親子関係を阻害する要因とメカニズムをある程度明らかにし、子育てを改善するための方策を提案できた。今後さらに、心理学・教育学においてブラックボックスであった家庭背景の成立メカニズムを明らかにし「家庭の格差」を改善するための手がかりを与えると期待している。

  • チャンス・フォー・チルドレン事業評価に関する協定

    2012年01月
    -
    2013年03月

    一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン, その他, 

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • ジャパン・ウィキデータ 開設・運営責任者

    赤林 英夫

    2006年08月
    -
    継続中

    その他, 共同

     発表内容を見る

    日本の政府公表統計のデータベースをボランティアの手によって作成するwikiである。日本の統計データの流通と国際化を目的としている。

  • 少人数ゼミナールにおける教育内容・方法の工夫

    赤林 英夫

    1998年
    -
    継続中

    その他, 単独

     発表内容を見る

    少人数ゼミナールは、学生にとって、単にアカデミックな知識をつけるだけでなく、限られた時間で能率良く共同作業を仕上げるといった、事務能力向上の機会でもある。私のゼミナールにおいては、一回当たり、相当の分量の英語の文献を、2人一組で読み、疑問点は可能な限り2人で解決し、その内容を紹介する、という実践を繰り返し行っている。2人で担当しているので、お互いの責任感も向上し、かつ、相当高いレベルの論文を読むことができるようになる。このような達成感を学生時代に身につけておくことは、学生にとって、社会に出たときに必要な一つのスキルになると考えている。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 研究会b

    2021年度

  • 研究会a

    2021年度

  • 研究会(卒業論文)

    2021年度

  • 労働経済論a

    2021年度

  • 労働経済論

    2021年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本経済学会, 

    1997年
    -
    継続中
  • エコノメトリック・ソサエティ, 

    1994年
    -
    継続中
  • 全米経済学会, 

    1993年
    -
    継続中
  • 日本教育社会学会, 

    2004年
    -
    継続中