池谷 のぞみ (イケヤ ノゾミ)

Ikeya, Nozomi

写真a

所属(所属キャンパス)

文学部 人文社会学科(図書館・情報系) (三田)

職名

教授

HP

外部リンク

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 文学部, 人文社会学科 図書館・情報系, 教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

    東洋大学社会学部専任講師

  • 2000年04月
    -
    2005年03月

    東洋大学社会学部助教授

  • 2005年04月
    -
    2011年03月

    Palo Alto Research Center(パロアルト研究所)Computing Science Laboratory, 上席研究員

  • 2011年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学文学部教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年03月

    慶應義塾, 文学研究科, 図書館情報学

    大学院, 修了, 修士

  • 1997年03月

    慶應義塾, 文学研究科, 図書館情報学

    大学院, 単位取得退学, 博士

  • 1997年06月

    マンチェスター大学, 社会科学研究科博士課程, 社会学

    英国, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士, 慶應義塾, 課程, 1990年03月

  • 社会学博士, マンチェスター大学, 課程, 1997年06月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 専門社会調査士

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 図書館情報学・人文社会情報学 (情報図書館学・人文社会情報学)

  • 社会学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • エスノグラフィ

  • エスノメソドロジー

  • ワークプレイス・スタディーズ

  • 医療社会学

  • 情報サービス

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 医療・保健医療分野における人的サービスのエスノメソドロジー的研究, 

    2009年
    -
    2012年

  • 公共図書館におけるビジネス支援サービス, 

    2006年
    -
    2012年

 

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A reading of Sacks' Lawyer's Work as an invitation to ethnomethodological studies of work

    Ikeya, Nozomi

    Ethnographic Studies  ( 16 ) 167 - 180 2019年10月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • 社会課題とエスノメソドロジー研究との関わり : 救急医療におけるワークの研究を中心に

    池谷のぞみ

    年報社会学論集  ( 32 ) 12 - 22 2019年

    研究論文(学術雑誌), 単著,  ISSN  0919-4363

  • Social distribution of knowledge in action: The practical management of classification

    Ikeya N., Sharrock W.

    Relevance and Irrelevance: Theories, Factors and Challenges (Relevance and Irrelevance: Theories, Factors and Challenges)     161 - 186 2018年09月

    ISSN  9783110470185

     概要を見る

    © 2018 Walter de Gruyter GmbH. All rights reserved. In this paper we attempt to revisit the concept of social distribution of knowledge Alfred Schutz once put forward to be the central concept in sociology of knowledge, operationalising this in the context of practical action. In doing so, we examine how the notion of relevance is deployed as the members' practical concern in the context of librarianship. Thus, this is an attempt to look into activities where members not only operate under auspices of organised stocks of knowledge, but also modify the organisation of those stocks of knowledge as needed in their attempts to accomplish their work. Examination of librarians making books available to users through classification in a university library in the U.K. revealed that their activities involve their management of professional and organisational corpuses of knowledge, in this case, through the medium of classification schemes. Librarians in the university studied were using the "local version" of the DDC (the Dewey Decimal Classification), and were adapting it to the needs of the library service as they saw them. The notion of "relevance" extensively informs their work, two dimensions of relevance being prominent. The librarians understand their work to be responsive to the varying and changing requirements of users, their decisions being shaped to provide what they construe as "what readers want". The other significant relevance we considered is that of aligning the library's classification with the relational features of academic and scientific fields as embedded in documented "subject matters". Thus, relating the stocks of library materials to the current shape of the professional corpus in domains of knowledge so that it stays relevant to collectivity members seems to be central to the community, and what the relevance consists of may vary depending on the community.

  • A fitting solution

    Kashimura K., Kawasaki T., Ikeya N., Randall D.

    Socio-Informatics: A Practice-Based Perspective on the Design and Use of IT Artifacts (Socio-Informatics: A Practice-Based Perspective on the Design and Use of IT Artifacts)     445 - 458 2018年04月

    ISSN  9780198733249

  • 公立図書館医療健康情報サービスへの提案: がん患者のインタビュー調査から

    三輪眞木子田村俊作池谷 のぞみ須賀千絵八巻知香子高山智子越塚美加

    薬学図書館 (日本薬学図書館協議会)  62 ( 1 ) 21 - 31 2017年

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 国内の公共図書館における健康医療情報サービスの最近の動向

    池谷 のぞみ

    カレントアウェアネス (国立国会図書館)   ( 337 ) 20 - 26 2018年09月

    総説・解説(その他), 単著,  ISSN  1348-7469

  • 患者支援機能から見た患者図書室の多様性

    桂 まに子須賀 千絵池谷 のぞみ 田村 俊作三輪 眞木子八巻 知香子松本 直樹

    日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集 (日本図書館情報学会)     43 - 46 2018年

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議), 共著

  • 公立図書館における医学薬学分野の選書分析

    松本直樹#H#H池谷 のぞみ#H桂まに子#H

    日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集 (日本図書館情報学会)     9 - 12 2017年06月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議), 共著

     概要を見る

    公立図書館において課題解決支援サービスの一環として医療健康情報サービスが 実施されるようになっている。医療健康情報サービスでは,さまざまなサービスが 提供されているが,コレクション構築,特に図書の収集提供は基本的なサービスの 一つである。本研究では,全国の公立図書館における医学薬学分野に関する図書の 選書に影響を与える要因を調査した。その結果,市区町村立図書館は利用の多い図書を選定する傾向にある一方,専門的な図書はあまり購入しない傾向が見られた。

  • 共同作業としての公共図書館レファレンスサービス

    田村 俊作, 池谷 のぞみ

    日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集 (日本図書館情報学会)     17 - 20 2017年

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議), 共著

     概要を見る

    独立したレファレンス担当係を持つ公共図書館においてフィールドワークを行い,レファレンスサービスが係を中心に図書館職員によって共同的に達成されていること, レファレンス担当係員は,係長・主任を中心に,調整によりレファレンス業務に継続 性と整合性を持たせる役割を担っていることを明らかにした。

  • がん対策における図書館サービスの位置づけ : 法令および計画の策定に関わる文書の分析から

    松本 直樹池谷 のぞみ 高山 智子田村 俊作

    日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集 (日本図書館情報学会)     9 - 12 2016年

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議), 共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Flight nurse’s practical management of prehospital care

    Shintaro Matsunaga et al

    International Institute for Ethnomethodology and Conversational Analysis (IIEMCA2019) (University of Mannheim, Germany) , 2019年07月, 口頭(一般)

     概要を見る

    In air medical services, prehospital care is provided within a short period of time by the air medical team, which consists of a small number of people, i.e., a doctor and a nurse who fly to the site and a few ambulance crews who drive to the site. Under circumstances that are different from hospitals and with limited resources and expertise, the flight nurse is normally expected to take the initiative to manage the entire process of providing care to the patient eventually transported to a hospital, which involves decision-making coordinated mainly with the doctor and ambulance crews. While a number of studies have attempted to identify what is required of a flight nurse to effectively work on site, the approaches taken in those studies mostly rely on interview methods and questionnaire (Stohler 1998; Pugh et al. 2002) rather than examining actual practices.

    In this paper, we examine the actual practices of the flight nurse who works as part of the air medical team by examining video data of prehospital care provided as part of air medical services in Japan (the so-called “Doctor-Helicopter”). In the data, the flight nurse’s view via a small portable camera in the breast pocket is available. We also conducted interviews with flight nurses to analyze the data.

    As a result, we found that the concept of “projection” developed in the study of ordinary conversation seems to be relevant for characterizing the flight nurse’s work (Sacks et al. 1974; Streeck 1995). The nurse attempts to provide other team members with projectability of the situation at each stage by providing a candidate item that needs consideration or a candidate task which needs to be carried out. This allows individual team members to see what to do next, and how to coordinate with each other in actually deciding what to do, and how to do the task. Thus, we will demonstrate that the nurse’s taking the initiative to effectively coordinate activities with other members can be described in terms of making the situation projectable in the course of providing care to the patient.

  • Revisiting the EMCA way of studying organizational culture and practices

    Ikeya, Nozomi

    International Institute for Ethnomethodology and Conversational Analysis (IIEMCA 2019) (University of Mannheim, Germany) , 2019年07月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

     概要を見る

    EMCA studies conducted in organizational settings have sought to provide for how members conduct their work under the auspices of ‘organizationally located corpuses’ (Sudnow 1965; Zimmerman 1969; Sacks 1997). Organizationally located corpuses include both systematized as well as unsystematized bodies of information, understandings, organizationally certified knowledges and their associated practices of use. While conducted under their auspices, activities are not carried out solely with regards to these organizationally located corpuses. Rather, these occasioned corpuses (Zimmerman and Pollner 1970) – available to participants in particular situations and assembled in and through the courses of activities which characterize them – are mutually constituted as specific both to their “here and now” but also to what is known to the participants before they enter any particular working situation. The latter may include corpuses not necessarily located in, provided for or produced as part of the specific organizational setting, e.g., knowledge of how to proceed with a conversation or send an email, but made relevant to it.

    By looking at how members proceed with their work in this way, EMCA studies can be regarded as providing descriptions of organizational cultures and their constitutive practices. This position is not always understood. For instance, EMCA studies have been cast as overly preoccupied with contingency and with defending a ‘libertarian’, ‘anything goes’ view of cultural structures (Alexander et al 2012). However, EMCA studies should be understood as attempts to show how ‘structures’ are exhibited in particular working situations and how they are interwoven with the ways in which members organize their own activities. In other words, EMCA studies can be regarded as examinations of “structures” in action, rather than “structures” on their own. This orientation makes it possible to show how “structures” are reproducibly related to particular actions. Further, by closely looking into how order is organized in and as part of activities, the studies allow readers to learn what and how “cultural colleagues” (Garfinkel 1967: 11) find “structures” in and as part of particular settings.

  • 健康医療の協働選書における要件と課題

    池谷 のぞみ, 押田いく子後藤綾野齋藤晶子佐藤晋巨須賀千絵田村俊作柚木聖

    第35回医学情報サービス研究大会, 2018年08月, 口頭(一般)

  • ワークの研究における記述とその協働性:医療の文脈における考察

    池谷 のぞみ

    関東社会学会第66回大会 テーマ部会A「医療現場で働くということ―社会学になにができるか― 」 (武蔵大学) , 2018年06月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 関東社会学会

  • 患者支援機能から見た患者図書室の多様性

    桂 まに子, 須賀 千絵, 池谷 のぞみ, 田村 俊作, 三輪 眞木子, 八巻 知香子, 松本 直樹

    日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集, 2018年05月, 口頭(基調)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 多職種協働活動のなかの知識と能力の解明:ドクターヘリでの活動を中心に

    2019年06月
    -
    2020年03月

    日本救急医療財団研究助成金, 池谷のぞみ, 高橋誠一, 中澤弘子, 安齋勝人, 土屋守克, 坂上貴之, 松永伸太朗, 阿久津達矢, 補助金,  代表

  • 市民に向けた健康医療情報提供のための組織を超えた協働のデザイン:選書を中心として

    2019年04月
    -
    2020年03月

    慶應義塾, 慶應義塾大学学事振興資金, 池谷のぞみ, 補助金,  代表

  • エスノグラフィ知見活用の高度化

    2016年07月
    -
    2017年03月

    株式会社日立製作所, 池谷のぞみ, 共同研究契約,  代表

  • エスノグラフィ効率向上

    2015年09月
    -
    2016年03月

    株式会社日立製作所, 池谷のぞみ, 共同研究契約,  代表

  • 市民の健康支援のための価値互酬型サービスを支える知識共同体の構築

    2015年04月
    -
    2019年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 池谷のぞみ, 補助金,  代表

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 情報メディア特殊研究Ⅵ

    2019年度

  • 情報メディア特殊研究Ⅴ

    2019年度

  • 情報メディア特殊研究Ⅳ

    2019年度

  • 情報メディア特殊研究Ⅲ

    2019年度

  • 情報メディア特殊講義Ⅳ

    2019年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 東京医科大学病院 監査委員会 委員

    2016年09月
    -
    2019年03月
  • 北陸先端科学技術大学院大学 教育連携客員教授

    2016年04月
    -
    2018年04月
  • 救急医療学会 臨床研究倫理・審査委員会 委員

    2015年12月
    -
    継続中
  • 東京医科大学病院  外部提案者委員会 委員

    2010年09月
    -
    2017年03月
  • 東京消防庁 救急業務懇話会専門分科会小委員会 委員

    1998年12月
    -
    2000年03月

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年05月
    -
    継続中

    Program Committee member for CSCW2019, The Computer Support Cooperative Work (CSCW)

  • 2018年05月
    -
    2018年11月

    Program Committee member for CSCW2018, The Computer Support Cooperative Work (CSCW)

  • 2017年09月
    -
    2018年11月

    Program Committee member for ISIC 2018, The Information Behavior Conference (ISIC)

  • 2016年09月
    -
    2018年08月

    Program Committee member for ECSCW2017, The European Computer Support Cooperative Work (ECSCW)

  • 2015年09月
    -
    2016年11月

    Program Committee member for ISIC 2016, The Information Behavior Conference (ISIC)

全件表示 >>