Murakami, Akiko

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Department of Humanities and Social Science (Philosophy) (Mita)

Position

Research Associate/Assistant Professor/Instructor

Related Websites

External Links

Career 【 Display / hide

  • 2018.04
    -
    Present

    Keio University, Faculty of Letters, Assistant Professor

  • 2016.04
    -
    2018.03

    Keio University, Faculty of Letters, Lecturer (part-time)

  • 2015.04
    -
    2018.03

    Keisen University, Lecturer (part-time)

  • 2015.04
    -
    2016.03

    Keio University, Graduate School of Letters, Assistant Professor(part-time)

  • 2012.04
    -
    2014.03

    Japan Society for the Promotion of Science, Research Fellow(DC2)

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 2010.04
    -
    2015.03

    Keio University, Graduate School of Letters, Philosophy and Ethics (Ethics)

    Graduate School, Withdrawal after completion of doctoral course requirements, Doctoral course

  • 2007.04
    -
    2009.03

    Keio University, Graduate School of Letters, Philosophy and Ethics (Ethics)

    Graduate School, Completed, Master's course

  • 2003.04
    -
    2007.03

    Keio University, Faculty of Letters, Human Sciences Ethics

    University, Graduated, Other

  • 2003.04
    -
    2007.03

    Keio University, Faculty of Letters, Human Sciences, Ethics

  • 2005.09
    -
    2006.08

    University of Birmingham, Department of Theology and Religion, Exchange Student in bachelor

display all >>

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 修士(哲学), Keio University, 2009.03

  • 博士(哲学), Keio University, Coursework, 2016.05

    レヴィナスにおけるhumanisme刷新の企て

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Humanities & Social Sciences / Philosophy and ethics

  • Humanities & Social Sciences / Philosophy and ethics (Contemporary French Thought)

Research Keywords 【 Display / hide

  • Emmanuel Levinas

  • Contemporary French Thought

  • Religious Thought

  • French Philosophy

  • Levinas

display all >>

 

Books 【 Display / hide

  • 『入門・倫理学の歴史――24人の思想家――』

    村上 暁子, 梓出版社, 2016.03

    Scope: 第20章「レヴィナス」

Papers 【 Display / hide

  • Penser le rapport entre la responsabilite et la culpabilite a partir de la pensee levinasienne et de la pensee ricoeurienne

    Akiko Murakami

    ETHICA (慶應義塾大学倫理学研究会)   ( 14 ) 83 - 114 2021.09

    Research paper (scientific journal), Accepted,  ISSN  18830528

  • Sophie Nordmann, Levinas et la philosophie judéo-allemande

    村上暁子

    1   91 - 95 2019.09

  • Humanisme de l’autre homme chez Lévinas

    Akiko Murakami

    ETHICA  ( 10 ) 47 - 78 2017.09

    Accepted

  • La corporéité de l'âme ―― sur la structure de la sensibilité chez Levinas

    Akiko Murakami

    Revue de philosophie Française  ( 22 ) 219 - 230 2017.09

    Accepted

  • Le problème de l'origine de la subjectivité chez Lévinas

    Akiko Murakami

    ETHICA  ( 9 ) 85 - 108 2016.09

    Accepted

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

display all >>

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • Sophie Nordmann, Levinas et la philosophie judéo-allemande

    村上暁子

    1   91 - 95 2019.09

    Book review, literature introduction, etc., Single Work

Presentations 【 Display / hide

  • 倫理学はレヴィナスとどう対話できるか

    村上暁子

    レヴィナス協会 第四回大会シンポジウム「レヴィナスはどう対話/応用できるか」, 

    2021.09

    Other

  • Singularity of the Levinasian Humanism

    Akiko Murakami

    MITA INTERNATIONAL PHILOSOPHICAL SOCIETY, 

    2018.10

    Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech

  • 一にして唯一なるものとしての人間:レヴィナスにおける「他者のユマニスム」のかたち

    村上 暁子

    2018年度レヴィナス研究会大会, 

    2018.09

    Oral presentation (general)

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 哲学史的連関におけるレヴィナス哲学とその現代的意義の研究

    2022.04
    -
    2026.03

    Grants-in-Aid for Scientific Research, Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Research grant, No Setting

  • レヴィナス哲学の総合的再検討と国際的研究基盤の構築

    2019.04
    -
    2022.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Research grant, Principal investigator

     View Summary

    本年度はまず、共同研究者の各々がテーマ研究に注力し、1本の翻訳論文、2本の学術論文、5本の欧文書籍の書評を含むオンラインジャーナル『レヴィナス研究』創刊号(2019年9月)を公刊した。また、9月14日に同志社大学にて、2点の研究発表、および、3人の登壇者によるシンポジウム「レヴィナスとローゼンツヴァイク 歴史と物語をめぐって」を含む第二回レヴィナス協会大会を開催した。次に、日本現象学会・京都大学大学院文学研究科宗教学専修との共催により、11月16日・17日に早稲田大学にて、11月30日・12月1日に京都大学にて、国際シンポジウム「個と普遍 エマニュエル・レヴィナスと極東の思考」を開催し、フランス・アメリカ・オーストリア・イスラエル・日本からレヴィナスとドイツ哲学、ユダヤ教、東洋思想、医療等の幅広い分野の専門家を迎えて、発表者20名を中心に領域横断的なテーマ研究をめぐって活発な意見交換を行った。また、海外の研究者による講演・セミナーを3回開催した。
    さらに、本研究課題の総合的な成果として哲学・倫理学・隣接分野の研究に資する最新研究情報の整理を試みる『レヴィナス読本』の企画を立案し、共同研究者および研究協力者間の協議に基づいてコンセプト・章立てを固め、各項目の担当者への執筆依頼を行った(2022年春の公刊を目指す)。
    このように、本共同研究は、レヴィナス協会の中心的メンバーによる協力体制に基づいて日本におけるレヴィナス研究を更新するとともに、その成果を協会ホームページ・オンラインジャーナルも含む多様な形態で広く発信することで、レヴィナス哲学の全容の再検討にむけた国際的・学際的な研究基盤の形成に大きく貢献している。

  • レヴィナスにおける「人間なるもの」について-倫理思想と宗教思想の関係に着目して-

    2012
    -
    2013

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費, 特別研究員奨励費, Research grant, No Setting

     View Summary

    本研究は、新たな仕方で人間性の回復を目指したレヴィナスの企てを倫理学的観点から評価する試みである。各人のうちなる人格や理性に依拠するヒューマニズムとは異なり、レヴィナスが提唱した「他なる人間の人間主義」は、他人たちへと応答する倫理的関係のうちで責任主体としての「人間なるもの」が誕生すると主張するものである。この思想の形成過程を解明すべく、本研究では彼の主要著作『全体性と無限』と『存在の彼方へ』のあいだの時期に深められた論点(1. 意味論の深化 : 新たな鍵概念導入に伴う人間関係を記述する枠組みの変化2. ユダヤ思想とキリスト教思想の継承と再解釈 : 「人間なるもの」が「身代わり」の主体性として規定される経緯3. 同時代の思想潮流への眼差し : 構造主義優位の時代における「人間主義」の課題の明確化)に着目して、一貫して研究を行ってきた。
    この研究計画に従い、本年度は引き続き研究指導委託制度を用いてフランスのパリカトリック学院にて在外研究を行い、当地で稀少資料や最新の文献の入手に努めたほか、各国の研究者と交流を深めるなかで、1. レヴィナスの「人間主義」を時代背景のうちに位置づけ、他のヒューマニズム再興の試みと比較してその問題意識の独自性を示す発表2. 彼の「人間なるもの」の観念が「神のかたどり」というユダヤ的概念のカバラ的再解釈であり、聖書解釈の伝統を引き継いでいることを指摘する発表3. 飢え、苦しみ、祈る魂という観点からのレヴィナスの感受性および身体性理解の特異性についての発表4. 「人間主義」思想の形成過程におけるキリスト教思想との緊張関係についての発表の論文化を行った。時代的背景や他の思想家との影響関係に関する調査を含む以上の研究により、他人との倫理的関係と神との宗教的関係の結びつきに着目するレヴィナスの発想の独自性に光を当て、それを倫理学に対する一つの問題提起として受け止めることの意義を指摘することができた。

Works 【 Display / hide

  • (共訳)H・デ・ヴリース「キルケゴール的瞬間=契機 弁証法神学とその余波」、『現代思想』、第42巻第2号、192~221頁、青土社、2014年2月1日〔分担:本文206~217頁と原注(5)~(9)の訳を担当〕

    村上 暁子

    2014.02

    Other

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • INTENSIVE SEMINAR: ETHICS 3

    2022

  • INTENSIVE SEMINAR: ETHICS 1

    2022

  • SOURCE READINGS IN PHILOSOPHY AND ETHICS 2

    2021

  • SOURCE READINGS IN PHILOSOPHY AND ETHICS 1

    2021

  • INTENSIVE SEMINAR: ETHICS 4

    2021

display all >>

Courses Previously Taught 【 Display / hide

  • French/English Readings in Ethics

    Keio University

    2021.04
    -
    2022.03

  • Research Seminar in Ethics

    Keio University

    2020.04
    -
    Present

  • Readings in Philosophy and Ethics (French)

    Keio University

    2020.04
    -
    Present

  • 人文科学特論

    慶應義塾大学

    2018.04
    -
    Present

  • Readings in Philosophy and Ethics (English)

    Keio University

    2018.04
    -
    2020.03

display all >>

 

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • 日本倫理学会

     
  • 日仏哲学会

     
  • 日本哲学会

     
  • 日本宗教学会

     
  • 実存思想協会

     

display all >>

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2018
    -
    Present

    steering committee member, Japanese Society for Levinas Studies