寺澤 悠理 (テラサワ ユウリ)

TERASAWA Yuri

写真a

所属(所属キャンパス)

文学部 (日吉)

職名

准教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2014年03月

    (独)国立精神・神経医療研究センター, 精神生理研究部, 研究員

  • 2014年04月
    -
    2019年03月

    慶應義塾大学, 文学部心理学専攻, 助教

  • 2019年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 文学部心理学専攻, 准教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    慶應義塾, 文学部, 心理学専攻

    大学, 卒業

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾, 社会学研究科, 心理学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    慶應義塾, 社会学研究科, 心理学専攻

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(心理学), 慶應義塾大学, 課程, 2013年02月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 基盤・社会脳科学

  • 実験心理学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 内受容感覚

  • 情動神経科学

  • 感情

  • 神経心理学

  • 認知神経科学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Island of Reil (Insula) in the Human Brain

    TERASAWA Yuri, UMEDA Satoshi, Springer, 2018年01月

    担当範囲: Neurocognitive Mechanisms of Social Anxiety and Interoception

  • Memory in a Social Context

    Terasawa Yuri, Umeda Satoshi, Springer, 2017年12月

    担当範囲: The impact of interoception on memory

     概要を見る

    <p>Using interoception as a keyword, this chapter has summarized how changes in the internal physical state are encoded and how the processing of interoceptive information affects the memory of episodes and events. Interoceptive information processing is discussed frequently in the context of emotion in psychology. On the other hand, research studies and literature that have examined its relation to episodic memory are rare. However, changes in the internal physical state exist at the foundation of various concepts that have examined its relationship with memory. To understand the relationship more precisely, we focused on the following issues in this chapter: emotional arousal and bodily responses; effects of bodily responses on memory encoding; judgment related to memories and bodily response; and insular cortex and memory consolidation. Throughout the chapter, we presented the possibility that change in the physical state itself plays a role in latently supporting the encoding and recollection process.</p>

論文 【 表示 / 非表示

  • Decreased activity in the reward network of chronic insomnia patients

    Motomura Y., Katsunuma R., Ayabe N., Oba K., Terasawa Y., Kitamura S., Moriguchi Y., Hida A., Kamei Y., Mishima K.

    Scientific Reports (Scientific Reports)  11 ( 1 )  2021年12月

    共著, 査読無し

     概要を見る

    © 2021, The Author(s). In modern society, many people have insomnia. Chronic insomnia has been noted as a risk factor for depression. However, there are few functional imaging studies of the brain on affective functions in chronic insomnia. This study aimed to investigate brain activities induced by emotional stimuli in chronic insomnia patients. Fifteen patients with primary insomnia and 30 age and gender matched healthy controls participated in this study. Both groups were presented images of fearful, happy, and neutral expressions consciously and non-consciously while undergoing MRI to compare the activity in regions of the brain responsible for emotions. Conscious presentation of the Happy-Neutral contrast showed significantly lower activation in the right orbitofrontal cortex of patients compared to healthy controls. The Happy-Neutral contrast presented in a non-conscious manner resulted in significantly lower activation of the ventral striatum, right insula, putamen, orbitofrontal cortex and ventral tegmental area in patients compared to healthy controls. Our findings revealed that responsiveness to positive emotional stimuli were decreased in insomniac patients. Specifically, brain networks associated with rewards and processing positive emotions showed decreased responsiveness to happy emotions especially for non-conscious image. The magnitude of activity in these areas also correlated with severity of insomnia, even after controlling for depression scale scores. These findings suggest that insomnia induces an affective functional disorder through an underlying mechanism of decreased sensitivity in the regions of the brain responsible for emotions and rewards to positive emotional stimuli.

  • Effects of insular resection on interactions between cardiac interoception and emotion recognition

    Terasawa Y., Motomura K., Natsume A., Iijima K., Chalise L., Sugiura J., Yamamoto H., Koyama K., Wakabayashi T., Umeda S.

    Cortex (Cortex)  137   271 - 281 2021年04月

    ISSN  00109452

     概要を見る

    The insular cortex is considered an important region for feeling emotions through interoception. Most studies that report the role of the insula in integrating interoception and emotion have used neuroimaging techniques such as functional magnetic resonance imaging (fMRI); however, there are limited neuropsychological studies. The effects of insular lesions on emotion and interoception have not been suitably investigated. In this study, we examined the role of the insular cortex in cardiac interoception and recognizing emotions from facial expressions by comparing them pre- and post-operatively in patients with glial tumors or brain metastases associated with the insular lobe. Although no significant difference in interoceptive accuracy was observed between the two phases, there were significant associations between the changes in interoceptive accuracy and sensitivity to expressions of anger and happiness. An increased error rate in the heartbeat counting task in the post-operation phase was associated with a decreased accuracy in recognizing anger and happiness. Since most patients had left insula lesions, generalizability of the findings to patients with right lesions is a future subject. To the best of our knowledge, this is the first study to examine the change in interoception and emotion after insular resection in humans. The study results indicate that removal of the insula affects the recognition of emotions such as anger and happiness through interoceptive processing.

  • Effects of interoceptive training on decision making, anxiety, and somatic symptoms

    Sugawara A., Terasawa Y., Katsunuma R., Sekiguchi A.

    BioPsychoSocial Medicine (BioPsychoSocial Medicine)  14 ( 1 )  2020年03月

    共著, 査読無し,  ISSN  17510759

     概要を見る

    © 2020 The Author(s). Background: Interoception is the perception of afferent information that arises from any point within the body. Individual differences in interoception have been associated with affective processing and decision-making processing. The somatic marker hypothesis summarizes the potential effects of interoception on decision-making processes. According to this theory, individuals with interoceptive dysfunction exhibit disadvantageous decision making. Recently, enhancement of interoceptive accuracy, an element of interoception assessed by objective decision-making tasks, has been demonstrated using biofeedback. Garfinkle et al. developed an interoceptive training task, modified from the heartbeat perception task, which enhanced interoceptive accuracy and reduced anxiety symptoms. The purpose of this study was to determine the effects of interoceptive training on decision-making processes. Based on improvements in interoceptive accuracy, we hypothesized that decision-making scores would change in a manner indicative of increased rationality. Methods: This longitudinal interventional study was performed with interoceptive training. Before and after the intervention, interoceptive accuracy and rationality of decision-making processes were assessed using a heartbeat perception task and rational decision-making tasks, respectively. Fourteen healthy volunteers (nine women; mean age, 21.9 ± 4.5 years) participated. The analysis included data from 12 participants. To detect individual differences in the effects of interoceptive accuracy on rationality of decision making, correlation analysis was conducted on change ratios of the indices of interoceptive accuracy and rationality of decision making. Results: Interoceptive training resulted in significant enhancement of interoceptive accuracy scores and significant reductions in somatic symptom and state anxiety scores. In contrast, interoceptive training did not cause significant changes in decision-making indices. There was a significant positive correlation between change ratios of indices of interoceptive accuracy and rationality of decision making. Conclusions: The results suggested a causal relation between interoception and rationality of decision making. These findings will enhance the understanding of mechanisms underlying alterations of decision-making related to psychotherapy by focusing on interoception. Trial registration: Trial registration number: UMIN000037548.

  • Neural and clinical changes of cognitive behavioural therapy versus talking control in patients with major depression: A study protocol for a randomised clinical trial

    Katayama N., Nakagawa A., Abe T., Kurata C., Sasaki Y., Mitsuda D., Nakao S., Mizuno S., Ozawa M., Nakagawa Y., Ishikawa N., Umeda S., Terasawa Y., Tabuchi H., Kikuchi T., Mimura M.

    BMJ Open (BMJ Open)  10 ( 2 )  2020年02月

    ISSN  20446055

     概要を見る

    © Author(s) (or their employer(s)) 2020. Re-use permitted under CC BY-NC. No commercial re-use. See rights and permissions. Published by BMJ. While major depression causes substantial distress and impairment for affected individuals and society, the effectiveness of cognitive behavioural therapy (CBT) in treating the condition has been established. However, the therapeutic mechanism underlying the efficacy of CBT remains unknown. This study aimed to describe a protocol for a randomised controlled trial that will measure the CBT-induced clinical and neural changes in patients with non-psychotic major depression. Methods and analysis The current study is a 16-week assessor-blinded, randomised, parallel-group trial with a 12-month follow-up as part of usual depression care at an outpatient clinic. Patients aged 20-69 years with major depressive disorder will be randomly assigned to receive either CBT in addition to their usual treatment or talking control in addition to their usual treatment for 16 weeks. The primary outcome is the functional changes in the brain areas that have been associated with future-oriented thinking at 16 weeks; secondary outcomes include changes in functional brain connectivity, severity and changes in the scores of objective and subjective clinical depression symptoms, proportion of responders and remitters and quality of life. The intention-to-treat analysis will be used. Ethics and dissemination All protocols and the informed consent form are compliant with the Ethics Guideline for Clinical Research (Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare). Ethical Review Committees at the Keio University School of Medicine have approved the study protocol (version 3, 11 September 2017). We will disseminate research findings to scientific and general audiences through national and international conference presentations as well as lay summaries to the general public, including mental health consumer and publications in international peer-reviewed psychiatry and brain imaging journals. Trial registration number UMIN Clinical Trials Registry (UMIN000018155); Pre-results.

  • Altered functional connectivity associated with time discounting in chronic pain

    Wakaizumi K., Jabakhanji R., Ihara N., Kosugi S., Terasawa Y., Morisaki H., Ogaki M., Baliki M.

    Scientific Reports (Scientific Reports)  9 ( 1 ) 8154 - 8154 2019年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し,  ISSN  20452322

     概要を見る

    © 2019, The Author(s). Chronic pain (CP) is a global problem extensively associated with an unhealthy lifestyle. Time discounting (TD), a tendency to assign less value to future gains than to present gains, is an indicator of the unhealthy behaviors. While, recent neuroimaging studies implied overlapping neuro mechanisms underlying CP and TD, little is known about the specific relationship between CP and TD in behavior or neuroscience. As such, we investigated the association of TD with behavioral measures in CP and resting-state brain functional network in both CP patients and healthy subjects. Behaviorally, TD showed a significant correlation with meaningfulness in healthy subjects, whereas TD in patients only correlated with pain intensity. We identified a specific network including medial and dorsolateral prefrontal cortex (PFC) in default mode network (DMN) associated with TD in healthy subjects that showed significant indirect mediation effect of meaningfulness on TD. In contrast, TD in patients was correlated with functional connectivity between dorsolateral PFC (DLPFC) and temporal lobe that mediated the effect of pain intensity on TD in patients. These results imply that TD is modulated by pain intensity in CP patients, and the brain function associated to TD is shifted from a medial to lateral representation within the frontal regions.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Effects of insular resection on interactions between cardiac interoception and emotion recognition

    Yuri Terasawa and Kazuya Motomura and Atsushi Natsume and Kentaro Iijima and Lushun Chalise and Junko Sugiura and Hiroyasu Yamamoto and Kyohei Koyama and Toshihiko Wakabayashi and Satoshi Umeda

    Cortex (Elsevier {BV})  137   271 - 281 2021年02月

    研究論文

  • Interoception and Mental Health: A Roadmap

    Khalsa, S.S. and Adolphs, R. and Cameron, O.G. and Critchley, H.D. and Davenport, P.W. and Feinstein, J.S. and Feusner, J.D. and Garfinkel, S.N. and Lane, R.D. and Mehling, W.E. and Meuret, A.E. and Nemeroff, C.B. and Oppenheimer, S. and Petzschner, F.H. and Pollatos, O. and Rhudy, J.L. and Schramm, L.P. and Simmons, W.K. and Stein, M.B. and Stephan, K.E. and Van den Bergh, O. and Van Diest, I. and von Leupoldt, A. and Paulus, M.P. and Ainley, V. and Al Zoubi, O. and Aupperle, R. and Avery, J. and Baxter, L. and Benke, C. and Berner, L. and Bodurka, J. and Breese, E. and Brown, T. and Burrows, K. and Cha, Y.-H. and Clausen, A. and Cosgrove, K. and Deville, D. and Duncan, L. and Duquette, P. and Ekhtiari, H. and Fine, T. and Ford, B. and Garcia Cordero, I. and Gleghorn, D. and Guereca, Y. and Harrison, N.A. and Hassanpour, M. and Hechler, T. and Heller, A. and Hellman, N. and Herbert, B. and Jarrahi, B. and Kerr, K. and Kirlic, N. and Klabunde, M. and Kraynak, T. and Kriegsman, M. and Kroll, J. and Kuplicki, R. and Lapidus, R. and Le, T. and Hagen, K.L. and Mayeli, A. and Morris, A. and Naqvi, N. and Oldroyd, K. and Pan{\'e}-Farr{\'e}, C. and Phillips, R. and Poppa, T. and Potter, W. and Puhl, M. and Safron, A. and Sala, M. and Savitz, J. and Saxon, H. and Schoenhals, W. and Stanwell-Smith, C. and Teed, A. and Terasawa, Y. and Thompson, K. and Toups, M. and Umeda, S. and Upshaw, V. and Victor, T. and Wierenga, C. and Wohlrab, C. and Yeh, H.-W. and Yoris, A. and Zeidan, F. and Zotev, V. and Zucker, N.

    Biological Psychiatry: Cognitive Neuroscience and Neuroimaging 3 ( 6 ) 501 - 513 2018年

    ISSN  24519030 24519022

  • 感情認識における島皮質の機能

    寺澤 悠理

    神経心理学 30 ( 1 ) 61 - 68 2014年03月

    総説・解説(学術雑誌)

  • 島皮質と記憶障害

    寺澤悠理・梅田 聡・加藤元一郎

    Clinical Neuroscience 28 ( 4 ) 441 - 443 2010年01月

    総説・解説(学術雑誌)

  • 虚記憶の認知神経メカニズム

    寺澤悠理・梅田 聡

    臨床精神医学 38 ( 11 ) 1589 - 1594 2009年01月

    総説・解説(学術雑誌)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • TEMPORAL AND AFFECTIVE ORIENTATION OF THOUGHT IN DEPRESSION AND ANXIETY: AN ERP AND HEP STUDY

    Ito, Yuichi, Shibata, Midori, Tanaka, Yuto, Terasawa, Yuri, Umeda, Satoshi

    PSYCHOPHYSIOLOGY, 2017年12月, ポスター(一般)

  • FEELING CHANGES OF INTERNAL BODILY STATE DURING EMOTIONAL RECOGNITION: AN ERP AND HEP STUDY

    Tanaka, Yuto, Ito, Yuichi, Shibata, Midori, Terasawa, Yuri, Umeda, Satoshi

    PSYCHOPHYSIOLOGY, 2017年12月, ポスター(一般)

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 感情と思考の歪みが引き起こす身体症状: 認知神経科学からのアプローチ

    2020年04月
    -
    2023年03月

    慶應義塾大学, 梅田 聡, 三村 將, 寺澤 悠理, 基盤研究(A)

     研究概要を見る

    我が国における不安神経症の患者数は300万人を超えるとも推定されており,これらの背後にあるメカニズムの解明が,喫緊の社会問題であるといえる.なかでも,身体に病気の症状がないにもかかわらず,病気であるという過度な不安を訴える身体症状症(身体表現性障害)は,実際には相当数の症例が存在するが,その発生メカニズムは十分に理解されていない.その主な原因は,これまでの身体症状症の研究において,「心ー脳ー身体」の三方向から統合的に理解しようとする試みが不十分であった点にある.本研究では,身体レベルの自律神経予測処理機能,内受容感覚の正確さ,思考の歪みに着目し,各要素について詳しく調べる課題を用いて検討する.

  • 自律神経システムの予測処理機能と精神疾患症状との関係性の探索的解明

    2019年06月
    -
    2022年03月

    慶應義塾大学, 梅田 聡, 三村 將, 寺澤 悠理, 朝比奈 正人, 挑戦的研究(萌芽)

     研究概要を見る

    自律神経系の予測処理にどの程度,脳機能による制御が関与しているのか,またどのようなメカニズムでそれが実現されているのかは,現在のところほとんど解明されておらず,探索的な研究要素が多く含まれる.そこで本研究では,不安障害やうつ病などのさまざまな精神疾患および自律神経疾患を対象にし,さまざまな課題を用いることで,その背後にあるメカニズムを詳細に検討する.本研究による成果として,精神疾患の原因および治療の方向性に関する新たな視点を提供できる可能性があることに加え,自律神経障害をはじめとする疾患の症状改善への臨床応用が可能となるものと考えられる.
    本研究は,情動や記憶,社会的行動に影響を及ぼす要因である自律神経活動システムに着目している.自律神経系の活動は,我々が常に意識することは困難である場合が多いが,一方で無意識的にさまざまな認知機能に影響を及ぼしている.本研究においてそのメカニズム解明に当たり注目するのが,自律神経活動が介在する内臓の動きに関する繊細さを示す「内受容感覚」である.特に本研究では,自律神経系の持つ予測機能に焦点を当て,それが心身の状態を安定化および不安定化させることを仮定し,それを実証する実験を実施している.そして,その予測システムに機能不全が生じると,不安や抑うつなどの精神疾患症状を引き起こす可能性について多角的に検討する.本研究では,精神医学・神経学・認知神経科学のアプローチにより,この問題に迫るが,本年度実施したのは,精神医学的アプローチによる不安障害に関する研究と,神経学的アプローチによる頭痛研究,および認知神経科学のアプローチによる内受容感覚に関する脳波研究である.不安障害については,内受容感覚が高い傾向にあることを確認した上で,それと不安予測が関係することが見出されている.それを受け,その症状を前景として呈する身体症状症を対象とした研究を進めている.痛みの予測と心理療法の効果を予測機能の指標として取り組む方向性を定めることができた.また,頭痛に関しても,緊張型と片頭痛型に分け,症例の性格傾向の違いがあり,それと予測的な痛みの関係性についての研究を進めている.さらに,脳波を用いた研究では,内受容感覚に関係の深い求心性信号が心拍のどのタイミングで生じているかを徹底的に調べることにより,身体から中枢への信号伝達における予測成分について分析するまでに至った.
    研究計画を一部変更したことにより,予定通りに進行していない部分があったことに加え,年度末に病院において実施する予定であった実験の実施が,感染症拡大の影響により,困難になってしまった.これらの影響により,計画よりもやや遅れているのが現状である.
    実験の再開時期が不透明であるが,実施が可能になった段階で,なるべく各実験を効率的に進められるように計画を練り直す.具体的には,実験協力者を増やし,同時並行的に実験が実施できるように計画を見直す予定である.

  • 性周期および内受容感覚が感情認識・制御に及ぼす影響:認知神経科学による検討

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 寺澤 悠理, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    感情は身体内部と外部の環境情報の統合的な理解によって生じると考えられる。しかし、脳と心におけるその過程は十分に解明されたとは言い難い。この問題を解くために、本研究では、女性の性周期に伴う自律神経活動の変動に着目した。この変動が、感情の認識と制御に及ぼす影響とその機序を、脳における反応の変化を指標として理解する。具体的には、①1ヵ月間の実生活における自律神経活動の変動と感情認識・制御の関係の実態収集と、②自律神経機能計測と同時計測による機能的MRI研究を実施する。
    感情は身体内部状態の受容(内受容情報)と環境情報の統合的な理解によって生じると考えられる。しかし、脳と心におけるその過程は十分に解明されたとは言い難い。この問題を解くために、本研究では、日常生活において身体内部状態の変化が感情に及ぼす影響を如実に示す例として、女性の性周期に伴う自律神経活動の変動に着目している。
    本年度は、研究の一段階目である、1ヵ月間の実生活における自律神経活動の変動と感情認識・制御の関係の実態収集の準備に取り組んだ。この研究の遂行にあたり、研究参加者への負担をなるべく低く抑え、かつ長期間の安定した自律神経活動を収集するシステムの構築が必要である。このシステムの構想および必要な機器の整備、そして複数回繰り返し実施する感情の感受性および内受容感覚の正確さ・敏感さを計測するための課題の設計を行った。また、研究倫理委員会に研究計画を提出し、承認を得た。新年度にはデータの収集を開始できる予定である。
    上述の通り、本年度は課題の設計やデータ収集システムの構築に従事した。2月以降、データ収集を本格化する予定であったが、感染症の広がりにより、ヒトを対象とした研究の遂行が難しくなってしまったため、当初の予定よりもデータ収集の開始が遅れてしまった。
    実験参加者に会わなくてもデータの収集を開始できるよう、オンラインでの研究遂行の方策を考えている。ただし、外出自粛が続いており、本計画が目指すような日常的な生活におけるデータとしての質が担保できるかどうかは検討が必要である。

  • 感情認識における心理・神経基盤解明:脳神経外科学・認知神経科学の融合

    2018年04月
    -
    2022年03月

    名古屋大学, 若林 俊彦, 本村 和也, 寺澤 悠理, 梅田 聡, 基盤研究(B)

     研究概要を見る

    平成30年度では、表情認識課題を用いた覚醒下機能マッピングの確立を目指している。島回を刺激する部位、刺激強度、表情課題の種類の選定や課題施行回数の詳細な条件を決定し、また内受容感覚の鋭敏さの測定方法としての心拍検出課題についても条件設定を行っている。最適な条件の表情認識課題、心拍検出課題を用いて、島回およびその近傍に存在する脳腫瘍に対して覚醒下摘出術が予定されている患者に表情認識課題および心拍検出課題を施行し、データを蓄積しており、症例データの収集は順調である。平成30年度では、覚醒下手術施行数が年間約34例あり、その中で島回およびその近傍に存在する脳腫瘍症例は7例認めた。
    本年度は、島回腫瘍のある症例に対して、感情処理に焦点を当てる課題として、表情認知と表情が表す感情の強さの評価を求める課題を実施してきた。術前、覚醒下機能マッピング時、および術後において、表情認識課題(怒り・喜び・悲しみ・嫌悪・感情なし)を行い、どれを感じるかどうかを答えてもらうことで、表情が表す感情の種類、強さの識別に対して、島回がどのような役割を担っているかについて明らかにしたいと考えている。また、感情の理解における内受容感覚と島回の関係を明らかにするために、心拍検出課題を行ってきた。①自己の心臓の動きや体の状態に注意を向けてもらい、所定の秒数で自分の心拍数を数えてもらうという課題、②「はじめ」という合図から「終わり」というまで、何秒間の時間があったどうかを心の中で数えてもらい、その時間評価を行うという課題の、2つの課題を行っている。一定時間内に被験者が主観的に感じ取れた心拍の回数の報告と、実際に記録された心拍数を比べることによって、その個人が、自身の身体内部で生じている変化をどの程度正確に知覚できるかの指標とする。
    研究データの収集が順調に進行している。
    今後はさらなる症例を蓄積し、本年度に決定した条件を基に、島回およびその近傍に存在する脳腫瘍に対して覚醒下摘出術が予定されている患者に表情認識課題および心拍検出課題を施行し、データを蓄積していく。表情認識課題と心拍検出課題のパフォーマンス(内受容感覚の鋭敏さ)、さらに手術部位との関係性を統計学的解析にて検討することで、島回腫瘍患者における感情の中枢神経基盤・メカニズムを解明していきたい。

  • 不安とうつにおける未来思考性の解明:心理学・精神医学・自律神経学からの統合的理解

    2016年04月
    -
    2019年03月

    慶應義塾大学, 梅田 聡, 三村 將, 寺澤 悠理, 朝比奈 正人, 基盤研究(B)

     研究概要を見る

    不安やうつなどの精神面に関する問題については,その原因が未だ十分に解明されていない.その原因は,精神症状の背後にある身体機能が十分に検討できていない点にあると考えられる.そこで本研究では,「心-脳-身体」の三者関係を取り上げ,「未来思考性」および「過去思考性」に着目した3つの実験(脳波研究・fMRI研究・自律神経学的研究)を行った.その結果,不安やうつには時間的方向が特異的な自動思考性が関与すること,自律神経系の介する内受容感覚が関与すること,そのメカニズムとして早期な時間的成分に特異的な反応が見られること,前頭極領域(BA10)が鍵となる部位であることなどの事実が明らかになった.
    本研究は,心理学・認知神経科学・精神医学・神経学に渡る融合的なアプローチによる研究であり,そのようなアプローチを採用することにより,これまでに明らかにされてこなかった,うつや不安における思考バイアスの特徴,およびその背後にある感情と身体の複雑なメカニズムの一端を明らかにすることができた.うつや不安などは社会的にも大きな問題であり,その発生原因を解明することは喫緊の課題であるといえる.本研究は,その基礎的なメカニズムを探るものであり,本研究の成果は,認知行動療法などの心理療法に取り組む際に重要な示唆を与えてくれるものと考えられる.

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 心理学Ⅱ

    2021年度

  • 心理学Ⅰ

    2021年度

  • 心理学研究会Ⅳ

    2021年度

  • 心理学研究会Ⅲ

    2021年度

  • 心理学研究会Ⅱ

    2021年度

全件表示 >>