高橋 宣也 (タカハシ ノブヤ)

Takahashi, Nobuya

写真a

所属(所属キャンパス)

文学部 (日吉)

職名

教授

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 近代イギリス文学と音楽

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    2002年03月

    大学助手(文学部)

  • 2002年04月
    -
    継続中

    大学助教授(文学部)

  • 2007年04月
    -
    継続中

    大学准教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年03月

    慶應義塾, 文学研究科

    大学院, 単位取得退学, 博士

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ文学 (ヨーロッパ語系文学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • イギリス文学

  • シェイクスピア

  • ショー

  • ワーグナー

  • 音楽

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ヘルツフェルト『わたしたちの音楽史』

    高橋 宣也, 東京・白水社, 2010年05月

  • ワーグナーの力

    高橋 宣也, 東京・青弓社, 2005年03月

    担当範囲: 59-83

  • ショー『完全なるワーグナー主義者』

    ジョージ・バーナード・ショー, 東京・新書館, 2003年

  • ラインの黄金

    リヒャルト・ワーグナー, 東京・新書館, 1999年

  • ヴァーグナー大事典

    バリー・ミリントン, 東京・平凡社, 1999年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • オペラは芝居か音楽か、それとも小説か

    高橋 宣也

    岩波講座『哲学』月報 (東京・岩波書店)  2009年10月

    単著, 査読無し

  • 『オセロー』と《オテロ》――オペラに移し替えられたシェイクスピア的ドラマ

    高橋 宣也

    『ヴェルディ《オテロ》』プログラム (東京・新国立劇場)  2009年09月

    単著, 査読無し

  • 白崎容子『トスカ――イタリア的愛の結末』書評

    高橋 宣也

    音楽の友 2008年12月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

  • シェイクスピアに並び立ったヴェルディ――『ファスルタッフ』の場合

    高橋 宣也

    『フィレンツェ歌劇場日本公演』プログラム (東京・日本舞台芸術振興会)  2006年09月

    単著, 査読無し

  • 神なき時代のワーグナー演出

    高橋 宣也

    大航海 2004年04月

    単著, 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 「文学と音楽」 藝文学会シンポジウム 高橋宣也(司会・発表)

    高橋 宣也

    藝文学会シンポジウム (日慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール) , 2002年12月, 藝文学会

  • ジョージ・バーナード・ショーのワーグナー解釈

    高橋 宣也

    日本英文学会第70回全国大会 (京都大学) , 1998年05月, 日本英文学会

Works 【 表示 / 非表示

  • 授業評価

    高橋 宣也

    2004年
    -
    2005年

    その他, 共同

     発表内容を見る

    英語の語学授業において、年度末に無記名アンケートをとり、教え方、授業効果などについて学生に評価させた

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 英語Ⅱ中級発展

    2021年度

  • 英語Ⅰ中級発展

    2021年度

  • 英語Ⅳ中級

    2021年度

  • 英語Ⅲ中級

    2021年度

  • 英語Ⅱ中級

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 英語

    慶應義塾, 2014年度, 通年, その他, 講義, 専任, 8時間, 28人