Takahashi, Nobuya

写真a

Affiliation

Faculty of Letters (Hiyoshi)

Position

Professor

Profile Summary 【 Display / hide

  • 近代イギリス文学と音楽

Career 【 Display / hide

  • 1994.04
    -
    2002.03

    大学助手(文学部)

  • 2002.04
    -
    Present

    大学助教授(文学部)

  • 2007.04
    -
    Present

    大学准教授

Academic Background 【 Display / hide

  • 1992.03

    Keio University, Graduate School, Division of Letters

    Graduate School, Withdrawal after completion of doctoral course requirements, Doctoral course

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Humanities & Social Sciences / European literature (European Language Literature)

Research Keywords 【 Display / hide

  • イギリス文学

  • シェイクスピア

  • ショー

  • ワーグナー

  • 音楽

 

Books 【 Display / hide

  • ヘルツフェルト『わたしたちの音楽史』

    TAKAHASHI NOBUYA, 東京・白水社, 2010.05

  • ワーグナーの力

    TAKAHASHI NOBUYA, 東京・青弓社, 2005.03

    Scope: 59-83

  • ショー『完全なるワーグナー主義者』

    ジョージ・バーナード・ショー, 東京・新書館, 2003

  • ラインの黄金

    リヒャルト・ワーグナー, 東京・新書館, 1999

  • ヴァーグナー大事典

    バリー・ミリントン, 東京・平凡社, 1999

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • オペラは芝居か音楽か、それとも小説か

    TAKAHASHI NOBUYA

    岩波講座『哲学』月報 (東京・岩波書店)   2009.10

    Single Work

  • 『オセロー』と《オテロ》――オペラに移し替えられたシェイクスピア的ドラマ

    TAKAHASHI NOBUYA

    『ヴェルディ《オテロ》』プログラム (東京・新国立劇場)   2009.09

    Single Work

  • 白崎容子『トスカ――イタリア的愛の結末』書評

    TAKAHASHI NOBUYA

    音楽の友  2008.12

    Research paper (scientific journal), Single Work

  • シェイクスピアに並び立ったヴェルディ――『ファスルタッフ』の場合

    TAKAHASHI NOBUYA

    『フィレンツェ歌劇場日本公演』プログラム (東京・日本舞台芸術振興会)   2006.09

    Single Work

  • 神なき時代のワーグナー演出

    高橋 宣也

    大航海  2004.04

    Single Work

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Presentations 【 Display / hide

  • 「文学と音楽」 藝文学会シンポジウム 高橋宣也(司会・発表)

    高橋 宣也

    藝文学会シンポジウム (日慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール) , 

    2002.12

    藝文学会

  • ジョージ・バーナード・ショーのワーグナー解釈

    高橋 宣也

    日本英文学会第70回全国大会 (京都大学) , 

    1998.05

    日本英文学会

Works 【 Display / hide

  • 授業評価

    TAKAHASHI NOBUYA

    2004
    -
    2005

    Other, Joint

     View Details

    英語の語学授業において、年度末に無記名アンケートをとり、教え方、授業効果などについて学生に評価させた

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • SEMINAR: ENGLISH LITERATURE 2

    2022

  • SEMINAR: ENGLISH LITERATURE 1

    2022

  • INTERMEDIATE HIGH ENGLISH 2

    2022

  • INTERMEDIATE HIGH ENGLISH 1

    2022

  • INTERMEDIATE ENGLISH 2

    2022

display all >>

Courses Previously Taught 【 Display / hide

  • English

    Keio University

    2014.04
    -
    2015.03

    Full academic year, Other, Lecture, Within own faculty, 8h, 28people