コミサロフ, アダム (コミサロフ, アダム)

Komisarof, Adam

写真a

所属(所属キャンパス)

文学部 (日吉)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2006年03月

    尚美学園大学, 総合政策学部, 専任講師、助教授

  • 2006年04月
    -
    2016年03月

    麗澤大学, 経済学部, 准教授、教授

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    オックスフォード大学, Nissan Institute of Japanese Studies, 客員研究員

  • 2016年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 文学部, 教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年09月
    -
    1990年05月

    ブラウン大学, 教育学部

    米国, 大学, 卒業

  • 1996年04月
    -
    1998年12月

    アンティオーク大学大学院, 異文化関係論専攻

    米国, 大学院, 卒業, 修士

  • 1998年04月
    -
    1999年03月

    慶應義塾大学, 慶應義塾大学別科日本語研修課程(上級)

    大学, 修了, その他

  • 2004年09月
    -
    2008年03月

    国際基督教大学, 国際基督教大学大学院行政学研究科

    日本, 大学院, 卒業, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • Bachelor's Degree in Educational Studies, Brown University, 1990年05月

  • Master's Degree in Intercultural Relations, Antioch University, 1998年12月

  • PhD in Public Administration, International Christian University, 論文, 2008年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本語教師資格 米国ワシントン州, 1995年09月

  • 日本語能力試験1級取得, 2003年12月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 文化人類学・民俗学

  • 社会心理学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 異文化適応

  • 異文化間コミュニケーション

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 異文化間コミュニケーション, 

    1999年01月
    -
    継続中

  • 異文化適応, 

    1999年01月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Weaving intercultural work, life, and scholarship in globalizing universities

    コミサロフ  アダム, Routledge, 2016年

    担当範囲: Sole author pages 23-38, and co-author with Zhu Hua pages 1-20 and 174-199

  • At home abroad: The contemporary Western experience in Japan

    コミサロフ  アダム, 麗澤大学出版会, 2012年

  • On the front lines of forging a global society: Japanese and American coworkers in Japan

    コミサロフ  アダム, 麗澤大学出版会, 2011年

  • Communication Success

    コミサロフ  アダム, Nan’Un Do, 2004年

論文 【 表示 / 非表示

  • Global Education’s Outcomes: The Role of Social Markers of Acceptance in Constructing Japanese Identity and Ingroup Boundaries

    Book chapter in "The Global Education Effect and Japan: Constructing New Borders and Identification Practices” (Editor: Neriko Musha Doerr) (Routledge)  2020年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • Constructing Who Is Japanese: A Study of Social Markers of Acceptance in Japan

    Komisarof, Adam, Leong, Chan-Hoong, & Teng, Eugene

    Asian Journal of Social Psychology (Wiley)  2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 職場における異文化適応に関する新たなフレームワーク ―所属へのニーズとオントロジカル解釈スペースの構築―

    コミサロフ  アダム

    異文化コミュニケーション (異文化コミュニケーション学会)  21   15 - 37 2018年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • Acculturation in East and Southeast Asia

    Adam Komisarof, Chan-Hoong Leong

    Book chapter in Cambridge Handbook of Acculturation Psychology, 2nd edition (Editors: John Berry & David Sam) (Cambridge University Press)     248 - 271 2016年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Are Americans more successful at building intercultural relations than Japanese? A comparison and analysis of acculturation outcomes in Japan

    コミサロフ  アダム

    Springer Plus (Springer)  2014 ( 3 )  2014年

    単著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Markers of National Identity and Acceptance of Migrants: Framing the Literature

    11th Biennial Conference International Academy for Intercultural Research (Shanghai International Studies University, Shanghai) , 2019年07月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), International Academy for Intercultural Research

  • Validating A New Framework of Workplace Acculturation: Belonging and the Negotiation of National and Organizational Group Boundaries

    11th Biennial Conference International Academy for Intercultural Research (Shanghai International Studies University, Shanghai) , 2019年07月, 口頭(一般), International Academy for Intercultural Research

  • Constructing Who Is Japanese: A Study of Social Markers of Acceptance in Japan and Beyond

    (University of Oxford) , 2019年05月, 口頭(招待・特別), COMPAS (Centre on Migration: Policy & Society)

  • National Group and Organizational Belonging: A New Framework for Successful Intercultural Communication in Business

    コミサロフ  アダム

    (Ritsumeikan University, College of Business Administration) , 2018年11月, 口頭(招待・特別), Ritsumeikan University, College of Business Administration

  • Constructing Who Is Japanese: A Study of Social Markers of Acceptance in Japan

    コミサロフ  アダム

    International Association for Cross-Cultural Psychology 24th International Congress (University of Guelph, Guelph, Canada) , 2018年07月, 口頭(一般), International Association for Cross-Cultural Psychology

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Study Abroad Students' Identification Practices, Motivations, and Learning Evaluations: Examining Heterogeneity and Fluidity

    2017年04月
    -
    2020年03月

    Japanese Government, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), Professor Gregory Poole, Doshisha University, 補助金, 

     備考を見る

    I am serving as a member of the research team executing this project, or in Japanese, as a 連携研究者.

受賞 【 表示 / 非表示

  • 麗澤大学教育奨励賞

    2015年09月, 麗澤大学

  • 麗澤大学研究奨励賞

    2012年09月, 麗澤大学

    受賞区分: その他の賞

  • ロータリー財団奨学金

    1998年04月, ロータリー財団

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 英語インテンシブⅡA

    2019年度

  • 英語インテンシブⅠA

    2019年度

  • 教育学特殊ⅩⅡ

    2019年度

  • 英語最上級 アドバンスト英語(b)

    2019年度

  • 英語最上級 アドバンスト英語(a)

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 英語インテンシブ

    慶應義塾, 2016年度, 通年, 専任

  • 英語最上級

    慶應義塾, 2016年度, 通年

  • 英語上級

    慶應義塾, 2016年度, 通年, 専任

  • アカデミック・スキルズ

    慶應義塾, 2016年度, 通年

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 異文化コミュニケーション学会

     
  • International Academy for Intercultural Research

     
  • International Association for Cross-Cultural Psychology

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年09月
    -
    継続中

    President-Elect (2019-2021), Fellow & Board member (2013-present), Outstanding Book Award Committee (2013-15), Outstanding Dissertation Award Committee (2015-17), Scientific Committee (2016-17, 2018-19), Fellows Day Organizer (2017, 2019), International Academy for Intercultural Research

  • 1998年09月
    -
    2009年03月

    ジャーナル編集者(2000年~2002年) 理事、ジャーナル副編集長 (2002年~2004年), 日本国際教育学会

  • 1998年04月
    -
    継続中

    年次大会運営委員(2006年及び2009年) ジャーナル編集委員会委員(2014年~2016年), 異文化コミュニケーション学会