竹内 勤 (タケウチ ツトム)

Takeuchi, Tsutomu

写真a

所属(所属キャンパス)

塾長・常任理事 (三田)

職名

常任理事

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 学  歴 昭和55年9月     慶應義塾大学医学部卒業 昭和59年9月     慶應義塾大学医学研究科大学院修了 職歴及び研究歴 昭和60年1月 ハーバード大学ダナ・ファーバー研究所留学 昭和61年12月 埼玉医科大学総合医療センター第2内科 助手 平成1年4月      同 講師 平成5年1月   同  助教授 平成10年7月 同  教授   平成16年8月  埼玉医科大学副学長 平成21年8月 慶應義塾大学医学部リウマチ内科 教授   平成23年10月 慶應義塾大学医学部医学部長補佐 平成25年4月  慶應義塾大学免疫統括医療センタ− センタ−長   平成25年10月 慶應義塾大学病院 病院長 所属学会 日本内科学会、日本リウマチ学会、アメリカリウマチ学会、日本臨床リウマチ学会、 日本臨床免疫学会、日本アレルギー学会、日本免疫学会、日本臨床免疫学会、   日本炎症・再生医学会、日本感染症学会 他 厚生労働省研究班(研究代表のみ) 関節リウマチに対する生物学的製剤の作用機序、投与方法、治療効果等に関する研究 (平成22年〜平成24年) 関節リウマチの寛解導入療法体系化に関する研究 (平成19年〜平成21年) リウマチ・アレルギー疾患の治療反応性予測因子の確立及び テーラーメイド治療法の確立に関する研究(平成16年〜平成18年) 関節リウマチの治療反応性規定因子の同定とそれを用いた新治療方針の確立に関する研究  (平成13年〜平成15年)

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 医学部, 内科学(リウマチ), 慶應義塾大学病院 病院長

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 膠原病・アレルギー内科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生物学的製剤

  • 自己免疫疾患

  • 関節リウマチ

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Significant association between joint ultrasonographic parameters and synovial inflammatory factors in rheumatoid arthritis

    Kondo Y., Suzuki K., Inoue Y., Sakata K., Takahashi C., Takeshita M., Kassai Y., Miyazaki T., Morita R., Niki Y., Kaneko Y., Yasuoka H., Yamaoka K., Yoshimura A., Takeuchi T.

    Arthritis Research and Therapy (Arthritis Research and Therapy)  21 ( 1 ) 14 2019年10月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  14786354

     概要を見る

    © 2019 The Author(s). Background: Ultrasonography (US) can directly demonstrate joint inflammation, including grayscale (GS) signs of synovial hypertrophy and power Doppler (PD) techniques to demonstrate increased blood flow and vascularization. Recently, echogenicity, especially hypoechoic synovium, has also been associated with local inflammatory activity. However, only a few studies have demonstrated correlation between histopathologic and immunopathologic evaluation and US findings. The aim of this study was to clarify whether joint US findings including synovial hypertrophy, vascularity, and echogenicity can accurately characterize synovial pathophysiology in patients with active rheumatoid arthritis (RA). Methods: A total of 44 patients with RA were included, both treated (n = 25) and untreated (n = 19) and scheduled for US examination of the knee joint with synovial fluid (SF) aspiration and two treated patients also underwent synovial biopsy. US images were quantitatively analyzed using grayscale assessment of synovial hypertrophy and PD for vascularity and echogenicity. Levels of nine SF cytokines and growth factors were also measured. Results: Both US synovial hypertrophy and PD vascularity significantly correlated with SF inflammatory cytokine levels such as IL-6, IL-8, IL-1β and IL-10 in untreated patients. Angiogenic factors, including vascular endothelial growth factor (VEGF), only correlated with PD vascularity. In the treated patients, the associations between synovial hypertrophy and any cytokines were diminished, although synovial vascularity and echogenicity correlated with IL-6 and VEGF (p < 0.05). Histopathologic analysis revealed that hypoechogenicity of the synovium correlated with marked infiltration of lymphocytes and hypervascularity. Conclusions: We demonstrated the pathophysiological origins of US findings in the joint. The degree of US vascularity of the synovium correlated with local inflammatory cytokine levels and angiogenetic factors in patients with active RA. Synovial echogenicity, and not hypertrophy, correlated with inflammation, especially in treated patients with RA.

  • Effects of the anti-RANKL antibody denosumab on joint structural damage in patients with rheumatoid arthritis treated with conventional synthetic disease-modifying antirheumatic drugs (DESIRABLE study): a randomised, double-blind, placebo-controlled phase 3 trial.

    Takeuchi T, Tanaka Y, Soen S, Yamanaka H, Yoneda T, Tanaka S, Nitta T, Okubo N, Genant HK, van der Heijde D

    Annals of the rheumatic diseases 2019年04月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  0003-4967

  • Efficacy and safety of namilumab, a human monoclonal antibody against granulocyte-macrophage colony-stimulating factor (GM-CSF) ligand in patients with rheumatoid arthritis (RA) with either an inadequate response to background methotrexate therapy or an inadequate response or intolerance to an anti-TNF (tumour necrosis factor) biologic therapy: a randomized, controlled trial

    Taylor Peter C., Saurigny Didier, Vencovsky Jiri, Takeuchi Tsutomu, Nakamura Tadashi, Matsievskaia Galina, Hunt Barbara, Wagner Thomas, Souberbielle Bernard

    ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY 21 ( 1 ) 101 2019年04月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  1478-6354

  • Clinicopathological features of clinical methotrexate-related lymphoproliferative disorders.

    Tokuhira M, Saito S, Suzuki K, Higashi M, Momose S, Shimizu T, Mori T, Kimura Y, Amano K, Okamoto S, Takeuchi T, Tamaru JI, Kizaki M

    Leukemia & lymphoma    1 - 8 2019年04月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  1042-8194

  • Demographics and clinical characteristics associated with sustained remission and continuation of sustained remission in patients with rheumatoid arthritis treated with adalimumab

    Kimura Noriko, Suzuki Katsuya, Takeuchi Tsutomu

    INFLAMMATION AND REGENERATION 39   5 2019年03月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  1880-8190

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 自己免疫疾患における病変局所の自己反応性免疫細胞の網羅的解析

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 竹内 勤, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 分泌蛋白質キナーゼの制御機構の解明と関節リウマチ治療への応用

    2014年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 竹内 勤, 基盤研究(B), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    研究代表者は末梢血を用いた研究で、関節リウマチの病態と関連する分子として翻訳後修飾にかかわる分子であるFAM20Aを同定している。本研究ではFAM20Aに対する抗体を作成し、FAM20Aの遺伝子発現、タンパク発現について病変部位との関連含めて検討した。その結果、関節リウマチの滑膜線維芽細胞においてもFAM20Aが発現しており、さらに複数のサイトカインによりFAM20Aが誘導されていることが明らかになり、翻訳後修飾と関節リウマチ病態の関わりが強く示唆される知見を得た。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 内科学特論

    2019年度

  • 免疫学

    2019年度

  • 内科学

    2019年度

  • 内科学実習

    2019年度

  • 内科学演習

    2019年度

全件表示 >>