慶應義塾研究者情報システム
Keio Researchers Information System
ヘルプ / Help
教員情報検索 / Find researchers
本システムの動作環境は? /System requirements


教職員番号
Employee No.
パスワード
Password





ダウンロード/Download


学内通知事項 / Information
お問い合せとお知らせ
内容 (重要)研究者情報DB(K-RIS)のリプレースについて

昨年度からご案内しておりました研究者情報データベース(K-RIS)のリプレースについて、
新しいシステムを先生方にご確認いただく準備が整いました。
つきましては、データ移行等に伴う各種登録情報の確認および更新等について、
下記の資料をご参照の上、ご対応いただきたくお願い申し上げます。
なお、現在は学外非公開の状態ですが、5月16日(木)に学外への一斉公開を予定しておりますので、
必ず【5月15日(水)】までにご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

○書類保存場所
https://keio.box.com/s/vgwz4g3tusv4gv1r916ercjhiwp0tz0h

①慶應義塾研究者情報データベース(K-RIS)のリプレースについて(第3報)
②新K-RISの確認手順等について

(再掲)【K-RIS】2月12日以降に更新したデータについて

既にご案内の通り、研究者情報データベース(K-RIS)のリプレースに伴う
データ移行一括処理では、【2月11日までに登録されたデータまで】
新システムへの移行データ対象となります。

このため、繰り返しになりますが、
2月12日以降に更新したデータは移行されませんので、ご留意ください。

2月12日以降に更新したデータを新システムでの更新時に使用したい方は、
4月10日までに現行システムからデータを出力しておくことを推奨します。

★(重要)研究者情報データベース(K-RIS)のリプレースについて

研究者情報データベース(以下、K-RISという)は、2019年度初頭に新システムへのリプレースを予定しており、その準備を進めております。
新K-RISへのデータ移行処理に伴い、現行K-RISは2019年2月11日までで入力・更新作業に関わる稼動が終了となります。

(1)スケジュール
稼動期間:2019年2月11日まで
     *2019年2月11日までに登録されたデータが新K-RISに移行される対象となります。
停止期間:2019年2月12日~2019年4月中旬(予定)
     *この期間はデータ更新は行えませんが、データの閲覧および出力は可能です。

(2)補助入力者の設定について
ご本人または所属長の依頼に基づき、秘書等を補助入力者として登録することができます。
現行K-RISの補助入力者の設定は引き継がれませんので、新K-RISでの補助入力設定をご希望の方は次のとおり申請をお願いいたします。
申請方法:別紙「K-RIS補助入力者申請書」をご提出ください。

※リプレースに関する詳細はこちらをご参照ください。
慶應義塾研究者情報データベース(K-RIS)のリプレースについて
慶應義塾研究者情報データベース(K-RIS)のリプレースについて(第2報)
Content
学術研究支援本部担当