五十川 麻理子 (イソガワ マリコ)

Isogawa, Mariko

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 情報工学科 (矢上)

職名

専任講師

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2016年01月

    日本電信電話株式会社(NTT), メディアインテリジェンス研究所, 社員

  • 2016年02月
    -
    2021年06月

    日本電信電話株式会社(NTT), メディアインテリジェンス研究所, 研究員

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    カーネギーメロン大学, Robotics Institute, Visiting Scholar

  • 2021年07月
    -
    2022年03月

    日本電信電話株式会社(NTT), コンピュータ&データサイエンス研究所, 研究主任

  • 2022年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 理工学部 情報工学科, 専任講師

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    大阪大学, 基礎工学部, システム科学科

    大学, 卒業

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    大阪大学, 基礎工学研究科, システム創成専攻

    大学院, 修了, 博士前期

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    大阪大学, 基礎工学研究科, システム創成専攻

    大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学), 大阪大学, 課程, 2019年03月

    ユーザビリティを考慮した画像インペインティング

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 知能情報学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • コンピュータビジョン

  • 機械学習

  • センシング

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Silhouette-Based 3D Human Pose Estimation Using a Single Wrist-Mounted 360 degrees Camera

    Hori Ryosuke, Hachiuma Ryo, Isogawa Mariko, Mikami Dan, Saito Hideo

    IEEE ACCESS 10   54957 - 54968 2022年

    ISSN  2169-3536

  • Multi-view video synchronization using motion rhythms of human joints

    S Sun, K Takahashi, D Mikami, M Isogawa, Y Kusachi

    ITE Transactions on Media Technology and Applications 8 (2), 100-110 2020年

  • Prodebnet: projector deblurring using a convolutional neural network

    Y Kageyama, M Isogawa, D Iwai, K Sato

    Optics Express 28 (14), 20391-20403 28 ( 14 ) 20391 - 20403 2020年

     概要を見る

    Projection blur can occur in practical use cases that have non-planar and/or multi-projection display surfaces with various scattering characteristics because the surface often causes defocus and subsurface scattering. To address this issue, we propose ProDebNet, an end-to-end real-time projection deblurring network that synthesizes a projection image to minimize projection blur. The proposed method generates a projection image without explicitly estimating any geometry or scattering characteristics of the projection screen, which makes real-time processing possible. In addition, ProDebNet does not require real captured images for training data; we design a "pseudo-projected" synthetic dataset that is well-generalized to real-world blur data. Experimental results demonstrate that the proposed ProDebNet compensates for two dominant types of projection blur, i.e., defocus blur and subsurface blur, significantly faster than the baseline method, even in a real-projection scene.

  • Image quality assessment for inpainted images via learning to rank

    M Isogawa, D Mikami, K Takahashi, H Kimata

    Multimedia Tools and Applications 78 (2), 1399-1418 78 ( 2 ) 1399 - 1418 2019年

  • Which is the better inpainted image? Training data generation without any manual operations

    M Isogawa, D Mikami, K Takahashi, D Iwai, K Sato, H Kimata

    International Journal of Computer Vision 127 (11), 1751-1766 127 ( 11-12 ) 1751 - 1766 2019年

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • MIRUフロンティア賞

    川島 穣, 柴田 優斗, 五十川 麻理子, 入江 豪, 木村 昭悟, 青木 義満, 2022年08月, 電子情報通信学会MIRU運営委員会, 音響信号を用いた人物の3次元姿勢推定

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • MIRUインタラクティブ発表賞

    高橋康輔,他, 2019年08月, 電子情報通信学会MIRU運営委員会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • MIRUインタラクティブ発表賞

    五十川麻理子,他, 2018年08月, 電子情報通信学会MIRU運営委員会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • MVE賞

    五十川麻理子,他, 2014年10月, 電子情報通信学会MVE研究会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 基礎工学研究科賞

    2013年03月, 大阪大学 基礎工学研究科 システム創成専攻システム科学領域

    受賞区分: 塾内表彰等

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 情報工学輪講

    2022年度

  • 理工学基礎実験

    2022年度

  • 情報工学実験第1B

    2022年度

  • 情報工学実験第1A

    2022年度

  • 情報理論

    2022年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ, 

    2022年
    -
    継続中
  • IEEE Member, 

    2018年
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年09月
    -
    継続中

    Financial Chair, International Conference on Artificial Reality and Telexistence & Eurographics Symposium on Virtual Environments (ICAT-EGVE2022)

  • 2022年09月
    -
    継続中

    Local Organization, Asia-Pacific Workshop on Mixed and Augmented Reality (APMAR)

  • 2022年07月
    -
    2023年08月

    運営副委員長, 画像の認識・理解シンポジウム (MIRU)

  • 2022年04月
    -
    継続中

    Poster Chair, International Conference on Machine Vision Applications (MVA)

  • 2022年
    -
    継続中

    Program Committee, IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces (IEEE VR)

全件表示 >>