木下 翔太郎 (キノシタ ショウタロウ)

Kinoshita, Shotaro

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 ヒルズ未来予防医療・ウェルネス共同研究講座 (信濃町)

職名

特任助教(有期)

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 国際医療福祉大学, 課程, 2022年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 2014年03月

  • 日本医師会認定産業医, 2018年09月

  • 労働衛生コンサルタント, 2019年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 科学社会学、科学技術史

  • ライフサイエンス / 精神神経科学

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 先進医療NAVIGATOR 医療とAI最前線

    編集:先進医療フォーラム, 日本医学出版, 2022年02月

    担当範囲: 精神医学領域におけるAI技術の活用,  担当ページ: 34-36

  • 2022年版 オンライン診療サービスの現状と将来展望

    シード・プランニング, 2021年10月,  ページ数: 401

    担当ページ: 285-293

  • 必見!オンライン診療の実践と解説

    編著:蝶名林直彦, 日本医事新報社, 2021年06月,  ページ数: 216

    担当範囲: 精神科領域におけるオンライン診療,  担当ページ: 139-147

  • 国富215兆円クライシス 金融老年学の基本から学ぶ、認知症からあなたと家族の財産を守る方法

    木下翔太郎, 講談社 星海社, 2021年02月

  • 企業は、メンタルヘルスとどう向き合うか

    尾林誉史, 木下翔太郎, 堤多可弘, 祥伝社, 2020年06月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 精神科医の地理的分布に関する検討

    木下翔太郎

    第118回日本精神神経学会学術総会 抄録集    s-433 2022年06月

    共著

  • Development of medical device software for the screening and assessment of depression severity using data collected from a wristband-type wearable device: SWIFT study protocol

    Taishiro Kishimoto, Shotaro Kinoshita, Toshiaki Kikuchi, Shogyoku Bun, Momoko Kitazawa, Toshiro Horigome, Yuki Tazawa, Akihiro Takamiya, Jinichi Hirano, Masaru Mimura, Kuo-ching Liang, Norihiro Koga, Yasushi Ochiai, Hiromi Ito, Yumiko Miyamae, Yuiko Tsujimoto, Kei Sakuma, Hisashi Kida, Gentaro Miura, Yuko Kawade, Akiko Goto, Fumihiro Yoshino, on behalf of the SWIFT collaborators

    medrxiv (Cold Spring Harbor Laboratory)     1 - 24 2022年03月

    共著

     概要を見る

    Introduction: Few biomarkers can be clinically used to diagnose and assess the severity of depression. However, a decrease in activity and sleep efficiency can be observed in depressed patients, and recent technological developments have made it possible to measure these changes. In addition, physiological changes, such as heart rate variability, can be used to distinguish depressed patients from normal persons; these parameters can be used to improve diagnostic accuracy. The proposed research will explore and construct machine learning models capable of detecting depressive episodes and assessing their severity using data collected from wristband-type wearable devices.
    Methods: Patients with depressive symptoms and healthy subjects will wear a wristband-type wearable device for 7 days; data on triaxial acceleration, pulse rate, skin temperature, and ultraviolet light will be collected. On the seventh day of wearing, the severity of depressive episodes will be assessed using SCID-5, HAMD, and other scales. Data for up to five 7-day periods of device wearing will be collected from each subject. Using wearable device data associated with clinical symptoms as supervisory data, we will explore and build a machine learning model capable of identifying the presence or absence of depressive episodes and predicting the HAMD scores for an unknown data set.
    Discussion: Our machine learning model could improve the clinical diagnosis and management of depression through the use of a wearable medical device.

  • 遠隔医療における規制はどこまで必要なのか

    木下翔太郎

    CBEL Report (東京大学生命・医療倫理教育研究センター)  4 ( 2 ) 36 - 37 2022年03月

    共著

  • 10年後のAIはどこまで「診断」できるようになるか?

    古川渉太, 木下翔太郎, 岸本泰士郎

    総合診療 (医学書院)  32 ( 3 ) 303 - 307 2022年03月

    共著

  • 統合失調症

    赤尾綾香, 木下翔太郎, 岸本泰士郎

    産科と婦人科 89 ( 増刊号 ) 431 - 435 2022年03月

    共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 精神科医の地理的分布に関する検討

    木下翔太郎

    第118回日本精神神経学会学術総会, 

    2022年06月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • オンライン診療に関する規制動向と国際比較

    木下翔太郎

    第29回日本精神科救急学会学術総会, 

    2021年10月

    口頭発表(一般)

  • 17の国と地域における精神科遠隔医療の規制動向

    木下翔太郎

    第24回日本遠隔医療学会学術大会, 

    2021年02月

    口頭発表(一般)

     概要を見る

    オンデマンド配信:2/11〜2/25

  • COVID-19パンデミック下での、諸外国の遠隔精神科医療の規制緩和について

    木下翔太郎, Kelley Cortright, 岸本泰士郎

    第33回日本総合病院精神医学会総会, 

    2020年12月

    口頭発表(一般)

     概要を見る

    オンデマンド配信:12/7〜12/13

  • ニボルマブ関連大腸炎に対してステロイドが有効であった転移性腎細胞癌の1例

    木下翔太郎, 近藤恒徳

    第357回東京女子医科大学学会例会, 

    2018年02月

    口頭発表(一般)