河嶋 春菜 (カワシマ ハルナ)

Kawashima, Haruna

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 グローバルリサーチインスティテュート (三田)

職名

特任准教授(有期)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

    名古屋大学国際機構国際教育交流センター, 特任助教

  • 2019年04月
    -
    2021年03月

    帝京大学, 法学部, 助教

  • 2021年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, グローバルリサーチインスティテュート, 特任准教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年
    -
    2012年

    名古屋大学, 法学部

    大学, 卒業

  • 2012年
    -
    2013年

    エクス=マルセイユ大学, 大学院法学研究科, 修士1年国際法・ヨーロッパ法専攻

    フランス共和国, 大学院, 修了, 修士

  • 2013年
    -
    2014年

    エクス=マルセイユ大学, 大学院法学研究科, 修士2年公法基本権専攻

    フランス共和国, 大学院, 修了, 修士

  • 2016年
    -
    2022年

    エクス=マルセイユ大学, 大学院法学研究科, ルイ=ファヴォルー憲法裁判研究所博士(後期)過程

    フランス共和国, 大学院, その他, 博士後期

 

著書 【 表示 / 非表示

  • リーディングメディア法・情報法

    水谷瑛嗣郎, 法律文化社, 2022年04月,  ページ数: 296

    担当範囲: 「第12章 個人情報保護法」、「第15章 医療情報」,  担当ページ: 190-205, 244-260

  • Culture and Law: Multidisciplinary Cross-fertilization of Views on the End of Life

    磯部哲, 河嶋春菜, Nomos, 2022年01月,  ページ数: 206

    担当範囲: Hard Law, soft law or self-discipline, which regulation for the medicine at the final stage of life in Japan?,  担当ページ: 166-177

  • Les pouvoirs publics face aux épidémies De l'Antiquité au XXIe siècle(感染症の蔓延に対峙する公権力:古代から21世紀まで)

    Tetsu ISOBE, Haluna KAWASHIMA, LEH édition(フランス), 2021年08月

    担当範囲: "La santé publique face à la crise sanitaire au Japon" (pp. 653-658), "Le Japon confronté à la COVID-19" (pp. 659-670),  担当ページ: pp. 653-658,

  • ケースで学ぶ憲法ナビ[第2版]

    大林啓吾, 小林祐紀, みらい, 2021年04月,  ページ数: 113

    担当範囲: 1票の価値って同じじゃないの—議員定数不均衡,  担当ページ: 119

  • コロナの憲法学

    大林啓吾, 弘文堂, 2021年03月

    担当範囲: 「フランス―新たな法律上の緊急事態の創設」

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Chapitre 9. Legal and philosophical reflection on traditional medicine and patient’s right to personal liberty

    影浦亮平, 河嶋春菜

    Journal international de bioéthique et d'éthique des sciences (CAIRN)  Vol. 32 ( 3 ) 133 - 142 2021年11月

  • COVID-19に対峙する感染症法制の枠組み : 憲法・医事法の観点から (COVID-19と法の視角)

    河嶋春菜

    国際人権  ( 32 ) 21 - 25 2021年10月

  • 感染症患者の入院制度と人身の自由の保障

    河嶋春菜

    憲法理論叢書 29   77 - 92 2021年09月

  • 〔研究報告記録〕フランスの義務予防接種制度と人権保障

    河嶋春菜

    帝京法学 43 ( 2 ) 389 - 405 2021年03月

  • 憲法における公衆衛生・健康・身体—フランスにおける予防接種義務制度を素材に―

    河嶋春菜

    同志社法学 414 ( I ) 485 - 507 2020年10月

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本の予防接種法制

    河嶋春菜

    第2回医事法の集い「新型コロナウイルス感染症と医事法―日仏の視点の交錯」, 

    2022年03月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 公衆衛生上の「強制」による統治

    河嶋春菜

    2021年度日本法哲学会学術大会ワークショップC「 感染症の統治を再考する」(開催責任者:西迫 大祐), 

    2021年11月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 感染症の危機における人権保障――憲法の観点から

    河嶋春菜

    医事法学会第50回研究大会, 

    2020年11月

    口頭発表(一般)

  • 人体の完全性に直面する個人的自由

    河嶋 春菜

    第13回日仏公法セミナー (ランス・パリ(フランス)) , 

    2019年09月

  • 日本における社会権の憲法的基盤

    河嶋 春菜

    ポワティエ大学法学部修士2年社会扶助・社会福祉と地方自治体コース特別講義, 

    2019年01月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 公法における医プロフェッションの研究―公衆衛生における職責の観点から

    2020年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 河嶋 春菜, 若手研究, 補助金,  研究代表者

受賞 【 表示 / 非表示

  • フランス政府給費留学生

    2012年, フランス外務省

    受賞区分: その他