丹羽 雄一 (ニワ ユウイチ)

Niwa, Yuichi

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (日吉)

職名

准教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2012年12月

    東京大学大学院 新領域創成科学研究科, 日本学術振興会特別研究員

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    関東学院大学 経済学部, 非常勤講師

  • 2013年01月
    -
    2017年03月

    東北大学 災害科学国際研究所 災害理学研究部門, 助教

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

    明治大学大学院 教養デザイン研究科, 兼任講師

  • 2014年05月
    -
    継続中

    東京大学大学院 新領域創成科学研究科, 客員連携研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    東京大学, 理学部, 地学科地理学課程

    大学, 卒業

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    東京大学, 大学院新領域創成科学研究科, 自然環境学専攻 修士課程

    大学院, 修了, 修士

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

    東京大学, 大学院新領域創成科学研究科, 自然環境学専攻 博士課程

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(理学), 東京大学, 課程, 2007年03月

  • 修士(環境学), 東京大学, 課程, 2009年03月

  • 博士(環境学), 東京大学, 2012年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭専修免許状(地理・歴史), 2009年03月

  • 測量士補, 2009年05月

  • 高等学校教諭一種免許状(理科), 2009年06月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 地理学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 自然地理学、地形学、第四紀学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 地形判読・堆積相解析による沖積平野の発達過程の復元研究, 

    2018年
    -
    継続中

  • 地震サイクル解明に向けた東北地方太平洋岸における長期地殻変動復元研究, 

    2013年
    -
    継続中

  • 内陸活断層の活動性評価研究, 

    2013年
    -
    2018年

  • 沖積平野におけるオフフォールト古地震学的研究, 

    2005年
    -
    2012年

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Geomorphology and tectonic setting of the Sanriku coast, northeastern Japan, and introduction of recent studies on the formation of alluvial plains and Holocene crustal movements along the coast.

    Niwa, Y., Sugai, T., Springer, 2016年04月

    担当範囲: Haruyama, S. and Sugai, T. eds. Natural Disaster and Coastal Geomorphology のBook Chapter,  担当ページ: 5-36

  • Coseismic subsidence due to Yoro fault activity detected in the Holocene delta sequence of the western Nobi Plain: An example of off-fault paleoseismological study in the coastal plain.

    Niwa, Y., Sugai, T., 2013年05月

    担当範囲: Kotlia, B. S. ed. Holocene: Perspactives, Environmental Dynamics, and Impact EventsのBook Chapter,  担当ページ: 177-204

  • Reconstruction of paleo-environmental changes based on ecological information of diatoms in shallow marine sediments: Example of a Holocene delta sequence on the Nobi Plain, central Japan.

    Niwa, Y., Saegusa, Y., Sugai, T., 2011年10月

    担当範囲: Compton, J. C. ed. Diatoms: Ecology and Life CycleのBook Chapter,  担当ページ: 125-147

論文 【 表示 / 非表示

  • Radiocarbon reservoir ages in the Holocene sediments off the Sanriku coast, Northeast Japan

    Nakanishi T., Niwa Y., Hong W.

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms (Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms)  538   95 - 102 2023年05月

    ISSN  0168583X

     概要を見る

    To investigate the relationship between paleoenvironmental changes and marine reservoir effects, the radiocarbon ages of marine shells and terrestrial plants from the same horizons of sediment cores in the Holocene Epoch were compared. Three sediment cores were obtained from the central to northern parts of the Sanriku coast, corresponding to the boundary between the warm Kuroshio and cold Oyashio currents. These drilling sites are also located in a tectonically active area associated with the subduction of the Pacific Plate in Japan Trench. Based on lithological analysis, molluscan assemblage investigation, and radiocarbon dating, we interpreted five sedimentary facies. These paleoenvironmental changes were mainly related to sea level rise during the last deglaciation period. Reservoir ages from 33 pairs of terrestrial plants and marine shells (420 ± 130 14C years) were found to span the period from 2,300 to 9,000 cal BP.

  • 青森県・八戸平野における地形分類図と洪水ハザードマップの比較

    丹羽 雄一,須貝俊彦

    地学雑誌 131   557 - 563 2022年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Millennial-scale vertical deformation of the Hachinohe coastal plain (NE Japan)

    Niwa Y., Sugai T.

    Geomorphology (Geomorphology)  389 2021年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0169555X

     概要を見る

    We report geomorphological and sedimentological analyses in the Hachinohe plain (northernmost Sanriku coast, NE Japan) that yield new insights into vertical deformation around the source region of the 2011 Tohoku-oki earthquake. Landform classification and analyses of seven sediment cores document the transgression and regression of a sandy barrier and back-barrier estuary in a wave-dominated estuary system during the Holocene. We compare the heights of (i) the earliest Holocene marine flooding surface overlying fluvial sediments and (ii) the onset of a Middle Holocene marsh environment with non-tectonic hydro-isostatic sea-level predictions to constrain the millennial-scale vertical deformation rate in the Hachinohe plain to within −0.7 to +0.7 mm/yr (uplift positive). This result is in contrast to observed subsidence along the central to southern Sanriku coast but is consistent with relative uplift along the northern Sanriku coast. Our results support deformation characterized by southward tilting along the Sanriku coast during the last 100 kyr as suggested by previous studies south of Hachinohe. Furthermore, this tectonic pattern is consistent with deformation trends before and during the 2011 Tohoku-oki earthquake. This collective consistency implies that the effects of subduction and megathrust slip on coastal deformation have persisted for at least 100 kyr around the source region of the 2011 earthquake.

  • An assessment of coastal tectonics along the Sanriku coast, northeast Japan, from a Holocene sedimentary succession in the Kuji plain

    Niwa, Y., Sugai, T.

    Marine Geology 424 2020年03月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • Millennial-scale crustal movements inferred from Holocene sedimentary succession of the Omoto plain, northern Sanriku coast, Northeast Japan: Relevance for modeling megathrust earthquake cycles

    Niwa, Y., Sugai, T., Matsushima, Y., Toda, S.

    Quaternary International 519   10 - 24 2019年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 三陸海岸における最近数千~1万年間の地殻変動の復元

    丹羽雄一

    GIS NEXT 72 2020年07月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 沖積層から三陸海岸の地殻変動を探る

    丹羽雄一

    科学 (岩波書店)  89   954 - 955 2019年11月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 長期的な時間スケールで見た伊勢湾奥域・濃尾平野の発達史と巨大災害を引き起こす自然現象

    丹羽雄一

    都市計画 66   26 - 29 2017年01月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 東北太平洋岸南部・真野川低地における完新世の堆積環境と地殻変動傾向

    丹羽雄一,須貝俊彦

    日本地理学会春季学術大会, 

    2023年03月

    ポスター発表

  • 青森県・馬淵川下流域において分類される地形と大規模降雨時の浸水想定区域の関係

    丹羽 雄一,須貝 俊彦

    日本地形学連合2022年秋季大会, 

    2022年11月

    ポスター発表

  • 東北地方太平洋沖地震以降に実施された地形・地質研究に基づく三陸海岸の10万年前以降の地殻変動

    丹羽 雄一,石村大輔

    日本地球惑星科学連合2022年大会, 

    2022年05月
    -
    2022年06月

    口頭発表(招待・特別)

  • Holocene coastal evolution and vertical deformation in the Hachinohe plain, NE Japan, inferred from sedimentary analyses

    Niwa, Y., Sugai, T.

    日本地球惑星科学連合大会, 

    2021年06月

    ポスター発表

  • Vertical deformation style along the Sanriku coast inferred from coastal geology examined after the Tohoku earthquake

    Niwa, Y., Sugai, T.

    JpGU-AGU joint meeting, virtual, 

    2020年07月

    ポスター発表

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 沖積層・古地震・河川研究の学際的アプローチによる自然災害発生履歴復元手法の探究

    2018年06月
    -
    2021年03月

    科学研究費補助金 , 丹羽雄一, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  研究代表者

  • 東北地方太平洋沖地震震源近傍における沖積層の高精度解析と地殻変動メカニズム推定

    2016年04月
    -
    2020年03月

    科学研究費補助金 , 丹羽雄一, 若手研究A, 補助金,  研究代表者

  • 三陸海岸沿い沖積平野の掘削調査に基づく第四紀地殻変動の復元と隆起・沈降要因の推定

    2014年04月
    -
    2016年03月

    科学研究費補助金 , 丹羽雄一, 若手研究B, 補助金,  研究代表者

  • リアス海岸に分布する沖積平野の埋積・平坦化過程の復元

    2014年04月
    -
    2015年03月

    国土地理協会研究助成, 丹羽雄一, 研究代表者

  • 堆積域におけるオフフォールト古地震学的研究手法の適用による高精度な古地震履歴の復元

    2013年04月
    -
    2014年03月

    笹川科学研究助成, 丹羽雄一, 研究代表者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科長賞

    2012年03月, 東京大学

    受賞区分: その他

  • 日本第四紀学会奨励賞

    2010年08月

    受賞区分: 学会誌・学術雑誌による顕彰

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 自然地理学Ⅱ

    2023年度

  • 自然地理学Ⅰ

    2023年度

  • 経済と環境

    2023年度

  • 自然地理学Ⅱ

    2022年度

  • 自然地理学Ⅰ

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 地域生態学

    東京大学 教養学部

    2021年10月
    -
    継続中

    秋学期, 学部教養科目, 講義, 兼任

  • 測量実習

    中央大学 理工学部

    2020年04月
    -
    2021年03月

    その他, 実習・実験, 専任

  • 地学実験

    中央大学 理工学部

    2020年04月
    -
    2021年03月

    通年, その他, 実習・実験, 専任

  • 地学実験

    中央大学 理工学部

    2019年04月
    -
    2020年03月

    通年, その他, 実習・実験, 専任

  • 自然地理学特説

    明治大学 文学部

    2019年04月
    -
    2020年03月

    秋学期, 講義, 兼任

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 東京地学協会, 

    2022年09月
    -
    継続中
  • 日本地震学会, 

    2014年07月
    -
    継続中
  • 東北地理学会, 

    2014年04月
    -
    継続中
  • American Geophysical Union, 

    2012年07月
    -
    継続中
  • 日本地球惑星科学連合, 

    2012年01月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年09月
    -
    2022年08月

    日本第四紀学会 顕彰規定等に関する検討委員会 委員

  • 2021年08月
    -
    2023年06月

    日本第四紀学会 広報委員会 委員

  • 2021年03月
    -
    2023年09月

    日本学術会議地理教育分科会 自然地理学・環境防災教育小委員会 委員

  • 2019年08月
    -
    2023年06月

    日本第四紀学会 評議員

  • 2018年03月
    -
    継続中

    日本地理学会 広報専門委員会 委員

全件表示 >>