ラーソン, マイケル (ラーソン マイケル)

Larson, Michael

写真a

所属(所属キャンパス)

法学部 (日吉)

職名

訪問講師

HP

研究室住所

日吉キャンパス 来往者

研究室電話番号

045-566-1255

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学法学部に勤務。ダートマス大学卒業後、オハイオ州立大学にて修士号を取得。博士号はウィスコンシン大学ミルウォーキー校にて取得。2013-2014年にフルブライト奨学金を得て、東北大学にて震災の復興を研究。その後、アメリカのチン・ミュージック・プレス社より「When the Waves Came」(東北大震災についてのノンフィクション)を出版。現在の研究領域はサイエンス・フィクション、ユートピア、及び太平洋を渡った文学交流が中心。これまでに「実践英文学」、「The Iowa Review」、「Los Angeles Review of Books」 、「Poetics Today」 、「Utopian Studies」などの雑誌に学術論文を掲載。

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 「ユートピアの描かれていない地図など一見の価値もない。いつの世にも人間が上陸する国がその地図には載っていないのだから。人間は、その国にたどり着くと、再びはるか彼方の水平線を見据え、帆をあげる。進歩とは、ユートピアが次々に形になっていくことだ。」

    オスカー・ワイルド

 

著書 【 表示 / 非表示

  • When the Waves Came

    Larson,Michael William, Chin Music Press, 2020年05月

     概要を見る

    Larson follows the lives of a hairdresser, a café owner, a cattle rancher, and a nuclear-energy worker from the moment the 2011 tsunami hit Japan's Tohoku region through the subsequent years of recovery, grief, and frustration. In simple, straightforward prose, Larson chronicles their attempts to recover what they had lost despite a government response replete with missed opportunities and predictable missteps.

論文 【 表示 / 非表示

  • Accumulating and Realizing the Radical Potential of Catastrophe in Karen Tei Yamashita’s "Through the Arc of the Rain Forest"

    ラーソン・マイケル

    Utopian Studies (The Pennsylvania State University Press)  32 ( 3 ) 494 - 494 2021年11月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • Reading Kenji Miyazawa after 3.11: Region, Utopia, and Modernity

    ラーソン・マイケル

    国際学術フォーラム    103 - 110 2021年07月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 単著

  • The Dialectics of March 11: A Decade After the Japan Tsunami

    ラーソン・マイケル

    Los Angeles Review of Books 2021年03月

    単著

  • COVID19: What Japan Failed to Learn from Fukushima

    ラーソン・マイケル

    Tokyo Review 2020年05月

    研究論文(その他学術会議資料等), 単著

  • Pearl S. Buck, Pavilion of Women, and Early Twentieth-Century Chinese Feminism

    Larson,Michael William

    実践英文学 (実践英文学会発行)   ( 71 ) 29 - 47 2019年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0389-9764

     概要を見る

    This article looks at the competing conceptions of gender in Pearl S. Buck’s Pavilion of Women. Using the work of prominent gender scholars as a lens to examine the text, I argue that the novel is a rich portrait of female subjectivity in early twentieth-century China, which should be given more attention.

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • アーシュラ・K・ル・グィンの『所有せざる人々』における仕事について

    ラーソン・マイケル

    日本英文学会関東支部 第20回大会, 

    2021年11月

    口頭発表(一般)

  • Reading Kenji Miyazawa after 3.11: Region, Utopia, and Resilience

    ラーソン・マイケル

    The 11th Asian Conference on Cultural Studies, 

    2021年06月

    口頭発表(一般)

  • Remembering the Great Tohoku Earthquake and Tsunami: A Reading and Discussion

    Larson,Michael William

    Niseko Green Keynote Presentation (日本 北海道県虻田郡ニセコ町) , 

    2020年02月

    口頭発表(招待・特別)

  • Dystopia and Utopia: The Anticipatory Consciousness of Despair in Karen Tei Yamashita’s "Through the Arc of the Rain Forest"

    Larson,Michael William

    日本アメリカ文学会 (仙台) , 

    2019年10月

    口頭発表(一般)

  • Using Utopian-Centered Instruction to Build Critical Thinking Skills

    ラーソン・マイケル

    Data Science in Collaboration 2019, 

    2019年07月

    ポスター発表

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • アメリカン・現代期の文学作品におけるユートピア

    2020年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, Larson Michael・William, 若手研究, 補助金,  研究代表者

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 英語インテンシブ

    2022年度

  • 英語インテンシブ

    2021年度