小西 祥文 (コニシ ヨシフミ)

Konishi, Yoshifumi

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (三田)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年11月
    -
    2001年04月

    ゴールドマンサックス証券, 投資調査部, アナリスト

  • 2002年09月
    -
    2008年06月

    ミネソタ大学, 応用経済学研究科, リサーチ・アシスタント(博士課程在籍中)

  • 2008年07月
    -
    2010年07月

    ウィリアムズ大学(米国), 経済学部, 助教授

  • 2010年09月
    -
    2017年08月

    上智大学, 国際教養学部, 准教授(2012.09~)

  • 2017年09月
    -
    2020年03月

    筑波大学, システム情報系 社会工学域, 准教授

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 実証ミクロ経済学,環境経済学,交通と環境,統計的因果推論・準実験手法

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 『環境経済学のフロンティア』

    小西,祥文, 日本評論社, 2017年09月

    担当範囲: 交通と環境の経済学

論文 【 表示 / 非表示

  • Do regulatory loopholes distort technical change? Evidence from new vehicle launches under the Japanese fuel economy regulation

    Konishi Y., Managi S.

    Journal of Environmental Economics and Management (Elsevier)  104 2020年11月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  00950696

     概要を見る

    © 2020 The Authors Environmental regulation often creates regulatory loopholes that are not ideal in first-best settings. Such loopholes affect the marginal costs of alternative compliance strategies, leading to distortion in firm's compliance choice. We quantify the unintended effect of such loopholes on technical change in the Japanese automobile industry, using variant-level data on new vehicle launches. We employ a triple difference strategy, exploiting the two-fold treatment-control structures within each product segment, due to regulation-induced variations in the Japanese fuel economy standards over time. Our results indicate that regulation-induced differences in technical trade-offs have induced a distortion not only in product attributes but also in technical progress in fuel economy technology.

  • EBPMにおける構造推定と誘導形推定 ~効果的な環境政策へ向けて~

    小西,祥文

    『環境経済・政策研究』(招待論文) 2020年03月

    研究論文(その他学術会議資料等), 単著, 査読有り

  • 効果的な環境政策を考える ~自動車由来のCO2排出削減施策に関する実証分析~

    小西,祥文

    月刊『統計』(招待論稿) 2020年02月

    研究論文(その他学術会議資料等), 単著

  • Retiring for better health? Evidence from health investment behaviors in Japan

    Zhao M., Konishi Y., Noguchi H.

    Japan and the World Economy (Japan and the World Economy)  42   56 - 63 2017年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  09221425

     概要を見る

    © 2017 Elsevier B.V. This paper examines the causal effects of retirement on health investment behavior among Japanese permanent employees. We find that the Japanese employees participate less in unhealthy habits (smoking and drinking) after retiring from their permanent employment, and after completely ceasing to work, they further increase participation in healthy life habits (regular exercise). We also find gender differences in these responses.

  • Can green car taxes restore efficiency? Evidence from the Japanese new car market

    Konishi Y., Zhao M.

    Journal of the Association of Environmental and Resource Economists (Journal of the Association of Environmental and Resource Economists)  4 ( 1 ) 51 - 87 2017年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  23335955

     概要を見る

    © 2017 by The Association of Environmental and Resource Economists. All rights reserved. To quantify the economic impacts of Japan’s feebate policy, a random-coefficients logit model is estimated for quarterly automobile sales between 2007 and 2012 from the Japanese new car market. For identification of the structural parameters, we exploit the policy-induced variation in effective car prices and the location of product-specific vehicle taxes as instruments. The estimated demand system allows us to simulate counterfactual Bertrand-Nash equilibria in response to alternative policy scenarios. Our results indicate that Japan’s feebate policy induced a sizable increase in economic surplus, yet only a small improvement in sales-weighted average fuel efficiency, relative to the no-policy counterfactual. We also design an optimal feebate policy, which maximizes total economic surplus subject to a tax revenue constraint, by explicitly accounting for market power, product attributes, and carbon dioxide emissions rates. The policy is predicted to induce sizable improvements in both economic surplus and average fuel efficiency over Japan’s feebate policy without requiring any decrease in tax revenues.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 交通と環境に関する新経済地理学的基盤研究

    2021年04月
    -
    2026年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 小西 祥文, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 市場統合の経済効果とその経路依存性に関する研究~明治期の鉄道網建設を例として~

    2019年04月
    -
    2023年03月

    科研費, 研究分担者

  • 非都市部の交通需要の構造推定と新交通システムの可能性に関する基盤研究

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 小西 祥文, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • 非都市部の交通需要の構造推定と新交通システムの可能性に関する基盤研究

    2018年04月
    -
    2021年03月

    科研費, 基盤(C), 研究代表者

  • 環境政策の長期的な産業構造に与える影響に関する理論・実証研究

    2013年04月
    -
    2015年03月

    科研費, 若手研究(B), 研究代表者

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 社会・環境論特論

    2022年度

  • 社会・環境論演習

    2022年度

  • 環境経済論演習

    2022年度

  • 制度・政策論演習

    2022年度

  • 応用経済学演習

    2022年度

全件表示 >>