木村 俊介 (キムラ シュンスケ)

Kimura, Shunsuke

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬科学科 生化学講座 (芝共立)

職名

准教授

 

著書 【 表示 / 非表示

  • マウス組織アトラス

    岩永 敏彦, 小林 純子, 木村 俊介( 医学), 医学書院, 2019年

  • 新編カラーアトラス組織・細胞学

    岩永 敏彦, 木村 俊介( 医学), 小林 純子, 医歯薬出版, 2017年

論文 【 表示 / 非表示

  • Macrophage ubiquitin-specific protease 2 contributes to motility, hyperactivation, capacitation, and in vitro fertilization activity of mouse sperm.

    Mayuko Hashimoto, Shunsuke Kimura, Chihiro Kanno, Yojiro Yanagawa, Takafumi Watanabe, Jun Okabe, Eiki Takahashi, Masashi Nagano, Hiroshi Kitamura

    Cellular and molecular life sciences : CMLS 2020年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し,  ISSN  1420-682X

     概要を見る

    Macrophages are innate immune cells that contribute to classical immune functions and tissue homeostasis. Ubiquitin-specific protease 2 (USP2) controls cytokine production in macrophages, but its organ-specific roles are still unknown. In this study, we generated myeloid-selective Usp2 knockout (msUsp2KO) mice and specifically explored the roles of testicular macrophage-derived USP2 in reproduction. The msUsp2KO mice exhibited normal macrophage characteristics in various tissues. In the testis, macrophage Usp2 deficiency negligibly affected testicular macrophage subpopulations, spermatogenesis, and testicular organogenesis. However, frozen-thawed sperm derived from msUsp2KO mice exhibited reduced motility, capacitation, and hyperactivation. In addition, macrophage Usp2 ablation led to a decrease in the sperm population exhibiting high intracellular pH, calcium influx, and mitochondrial membrane potential. Interrupted pronuclei formation in eggs was observed when using frozen-thawed sperm from msUsp2KO mice for in vitro fertilization. Administration of granulocyte macrophage-colony stimulating factor (GM-CSF), whose expression was decreased in testicular macrophages derived from msUsp2KO mice, restored mitochondrial membrane potential and total sperm motility. Our observations demonstrate a distinct role of the deubiquitinating enzyme in organ-specific macrophages that directly affect sperm function.

  • Osteoprotegerin-dependent M cell self-regulation balances gut infection and immunity.

    Shunsuke Kimura, Yutaka Nakamura, Nobuhide Kobayashi, Katsuyuki Shiroguchi, Eiryo Kawakami, Mami Mutoh, Hiromi Takahashi-Iwanaga, Takahiro Yamada, Meri Hisamoto, Midori Nakamura, Nobuyuki Udagawa, Shintaro Sato, Tsuneyasu Kaisho, Toshihiko Iwanaga, Koji Hase

    Nature communications 11 ( 1 ) 234 - 234 2020年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Microfold cells (M cells) are responsible for antigen uptake to initiate immune responses in the gut-associated lymphoid tissue (GALT). Receptor activator of nuclear factor-κB ligand (RANKL) is essential for M cell differentiation. Follicle-associated epithelium (FAE) covers the GALT and is continuously exposed to RANKL from stromal cells underneath the FAE, yet only a subset of FAE cells undergoes differentiation into M cells. Here, we show that M cells express osteoprotegerin (OPG), a soluble inhibitor of RANKL, which suppresses the differentiation of adjacent FAE cells into M cells. Notably, OPG deficiency increases M cell number in the GALT and enhances commensal bacterium-specific immunoglobulin production, resulting in the amelioration of disease symptoms in mice with experimental colitis. By contrast, OPG-deficient mice are highly susceptible to Salmonella infection. Thus, OPG-dependent self-regulation of M cell differentiation is essential for the balance between the infectious risk and the ability to perform immunosurveillance at the mucosal surface.

  • The Roles of Peyer's Patches and Microfold Cells in the Gut Immune System: Relevance to Autoimmune Diseases.

    Kobayashi N, Takahashi D, Takano S, Kimura S, Hase K

    Frontiers in immunology 10   2345 2019年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Mast cells play role in wound healing through the ZnT2/GPR39/IL-6 axis.

    Nishida K, Hasegawa A, Yamasaki S, Uchida R, Ohashi W, Kurashima Y, Kunisawa J, Kimura S, Iwanaga T, Watarai H, Hase K, Ogura H, Nakayama M, Kashiwakura JI, Okayama Y, Kubo M, Ohara O, Kiyono H, Koseki H, Murakami M, Hirano T

    Scientific reports 9 ( 1 ) 10842 - 10842 2019年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Zinc (Zn) is an essential nutrient and its deficiency causes immunodeficiency and skin disorders. Various cells including mast cells release Zn-containing granules when activated; however, the biological role of the released Zn is currently unclear. Here we report our findings that Zn transporter ZnT2 is required for the release of Zn from mast cells. In addition, we found that Zn and mast cells induce IL-6 production from inflammatory cells such as skin fibroblasts and promote wound healing, a process that involves inflammation. Zn induces the production of a variety of pro-inflammatory cytokines including IL-6 through signaling pathways mediated by the Zn receptor GPR39. Consistent with these findings, wound healing was impaired in mice lacking IL-6 or GPR39. Thus, our results show that Zn and mast cells play a critical role in wound healing through activation of the GPR39/IL-6 signaling axis.

  • Airway M cells arise in the lower airway due to RANKL signaling and reside in the bronchiolar epithelium associated with iBALT in murine models of respiratory disease

    Shunsuke Kimura*, Mami Mutoh, Meri Hisamoto, Hikaru Saito, Shun Takahashi, Takanori Asakura, Makoto Ishii, Yutaka Nakamura, Junichiro Iida, Koji Hase and Toshihiko Iwanaga

    Frontiers in Immunology 10   1323 2019年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 腸管ならびに呼吸器粘膜における RANKL-RANK-OPG による M 細胞の分化制御機構

    木村俊介

    第61回歯科基礎医学会学術大会, 2019年10月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • M細胞による抗原の取り込みと粘膜免疫系の制御

    木村俊介

    第18回お茶の水眼アレルギー研究会, 2019年06月, その他

  • 粘膜免疫の最前線で働くM細胞の歴史と最近の知見

    木村俊介

    平成29年度日本解剖学会リンパ・免疫系懇話会, 2018年03月, その他

  • Molecular mechanisms of plasma membrane deformation by M-Sec during TNT formation

    木村俊介

    GSK meeting Tunneling Nanotubes (TNTs) – Cell-to-Cell Social Networking in Disease Conference, 2016年09月, その他

  • RANKL-RANKシグナルによる腸特殊上皮M細胞分化制御機構の解明

    木村俊介

    松本歯科大学大学院歯学独立研究科大学院セミナー, 2015年11月, その他

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 呼吸器M細胞の分化機構と疾患における機能の解明

    2019年04月
    -
    2022年03月

    北海道大学, 木村 俊介, 久本 芽璃, 基盤研究(C), 補助金, 

     研究概要を見る

    呼吸は生命維持に必要な活動です。呼吸器は鼻からはじまり気管を通して肺へとつながります。空気の通り道である気道には空気中の病原菌、アレルギーの原因となるアレルゲンが大量に存在し、呼吸とともに体内へと入ってきます。そのため、呼吸器では免疫系が発達しています。M細胞は腸管で研究がすすむ、粘膜免疫応答に重要な細胞です。一方で、呼吸器におけるM細胞については不明な点が多く残されています。本研究計画では呼吸器M細胞の性状、機能、呼吸器疾患との関係を明らかにすることを目的としています。

  • 腸管特殊上皮M細胞成熟過程における転写制御機構の解析

    2016年04月
    -
    2019年03月

    北海道大学, 木村 俊介, 小林 伸英, 基盤研究(C), 補助金, 

     研究概要を見る

    腸管管腔内の抗原取り込みを行う特殊上皮M細胞は特異的IgA抗体の産生に重要である。本研究によってM細胞からの抗原取り込みに転写因子Sox8が必要であることを明らかにした。Sox8はGP2を含むM細胞機能発揮に必要な分子を制御していた。そのため、Sox8欠損マウスでは管腔内物質の取り込み能が低下し、腸内細菌特異的IgA産生能が低下していた。
    M細胞分化を制御する機構には不明な点が多かった。本研究によってSox8がM細胞の機能的な成熟に関与していることが明らかになった。Sox8によって制御される分子の解析を今後続けていくことで、M細胞がどのようにして抗原取り込み能を獲得していくかが明らかになると期待できる。Sox8欠損マウスでは特に離乳後のIgA抗体産生能力が低下していた。これは生後の免疫を獲得するために必要であることから、今後の乳幼児医療に有用な知見となる。

  • M細胞を起点とした病原体-宿主間相互作用の解明

    2013年04月
    -
    2016年03月

    東京大学, 長谷 耕二, 三室 仁美, 古澤 之裕, 木村 俊介, 基盤研究(B), 補助金, 

     研究概要を見る

    粘膜免疫系の正常な機能には、免疫系細胞のみならず外部環境と接する上皮細胞による粘膜抗原の認識と選択的輸送が必要不可欠である。その中心的な役割を担うのは、パイエル板上皮層に存在するmicrofold(M)細胞である。本研究では粘膜面の宿主防御におけるM細胞の役割と微生物認識機構の解明を試みた。
    粘膜感染症に対するM細胞欠損の影響を調べた結果、M細胞欠損マウスでは粘膜感染に対する抵抗性が減弱することが判明した。自然免疫系には大きな異常は認められなかったが、適応免疫系の異常が観察された。これらの結果から、M細胞は粘膜面における抗原特異的な免疫応答の発動に貢献していることが明らかとなった。

  • 新しいマクロファージ分子M-modによる2型糖尿病制御

    2012年04月
    -
    2015年03月

    名古屋市立大学, 北村 浩, 三好 一郎, 岡本 士毅, 直江 吉則, 高橋 英機, 岩永 敏彦, 木村 俊介, 基盤研究(C), 補助金, 

     研究概要を見る

    マクロファージのM-mod(USP2A)の2型糖尿病発症における役割と作用機構を検証した。肥満マウスの脂肪組織マクロファージではM-mod2の発現が減少した。一方、マクロファージ選択的M-modトランスジェニックマウスを作成し、3カ月間の高脂肪給餌に供したところ、血液生化学的な変化は見られなかったが、脂肪組織マクロファージの炎症関連遺伝子の発現や脂肪組織への浸潤が抑えられた。さらに1年間後には体重の低下とインスリン感受性の改善がみられた。一方、マクロファージ選択的なM-mod KOマウスも作成した。培養細胞を用いた検討で、M-modは標的遺伝子周囲のヒストンメチル化やアセチル化に影響を与えた。

  • 新規細胞間相互作用機構である膜ナノチューブ構造によるM細胞分化誘導機構の解明

    2012年04月
    -
    2015年03月

    北海道大学, 木村 恵, 木村 俊介, 若手研究(B), 補助金, 

     研究概要を見る

    腸管リンパ濾胞上皮に存在するM細胞は管腔内の抗原を取り込む細胞である。この細胞の分化には上皮基底膜下のストローマ細胞が重要である。しかし、基底膜を隔てたM細胞とストローマ細胞の相互作用機構は不明である。本研究ではM細胞に発現するM-Secが細胞間相互作用を仲介する膜ナノチューブ構造の形成分子であることに着目した。その結果M細胞には基底膜側に突出した膜突起が存在し、基底膜を越えてストローマ細胞と接していた。一方でM-Sec欠損マウスでもこの突起形成、そしてM細胞分化に大きな変化は認められなかった。従って細胞膜突起形成にはM-Secの他に複数の分子が関与する可能性が示唆された。

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(生化学)

    2021年度

  • 演習(生化学)

    2021年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2021年度

  • 英語演習(薬学科)

    2021年度

  • 免疫代謝学特論

    2021年度

全件表示 >>