原 梓 (ハラ アズサ)

HARA Azusa

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 医薬品開発規制科学講座 (芝共立)

職名

准教授

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医療薬学), 東北大学, 課程, 2009年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許, 2004年06月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 疫学・予防医学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 疫学、薬剤疫学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • The Encyclopaedia of Cardiovascular Research and Medicine--Cardiovascular Disease Epidemiology and Preventive Cardiology.

    Elsevier, 2017年11月

    担当範囲: Blood Pressure Variability versus Blood Pressure Level in Risk Stratification.,  担当ページ: 350-355

  • 薬学生のための英語(1)(English for Student Pharmacists 1)

    成美堂, 2017年12月

    担当範囲: 今薬剤師に求められるスキル

  • Blood Pressure Monitoring in Cardiovascular Medicine and Therapeutics. 3rd ed.

    Humana Press., 2015年12月

    担当範囲: Blood Pressure Variability as Elusive Harbinger of Adverse Health Outcomes.,  担当ページ: 129-148

論文 【 表示 / 非表示

  • The present situation of home blood pressure measurement among outpatients in Japan

    Noda A., Obara T., Abe S., Yoshimachi S., Satoh M., Ishikuro M., Hara A., Metoki H., Mano N., Ohkubo T., Goto T., Imai Y.

    Clinical and Experimental Hypertension (Clinical and Experimental Hypertension)  42 ( 1 ) 67 - 74 2020年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  10641963

     概要を見る

    © 2019, © 2019 Taylor & Francis. Objective: To clarify the present situation of home blood pressure (HBP) measurement among Japanese patients. Methods: A nationwide questionnaire survey regarding HBP measurement was conducted on patients aged 20 years or older who had visited 20 community pharmacies to have their prescriptions filled. Results: In total, 76.7% of 1,103 hypertensives and 40.9% of 1,106 normotensives had their own devices for HBP measurement. Compared with normotensives, a higher proportion of hypertensives recognized the guideline-based reference values for HBP and clinic BP. Compared with hypertensives who did not have a physician’s recommendation, those who did more often had their own devices, recognized the guideline-based reference values for HBP, and measured HBP every day (70.4%, 1.5%, and 31.6% vs. 91.1%, 6.9%, and 65.4%, respectively). Among 793 hypertensives who measured HBP, a higher proportion of those with a physician’s recommendation measured HBP according to optimal guideline-based procedures compared with those without. Among 560 hypertensives who recorded HBP readings, a higher proportion of those with a physician’s recommendation (74.6%) showed all HBP readings to their physicians compared with those without (35.3%). Conclusions: Our findings suggest that physicians should recommend measuring HBP in accordance with the Japanese Society of Hypertension guidelines more aggressively, and provide more detailed explanations to patients regarding how to measure HBP.

  • N-Terminal Pro-B-Type Natriuretic Peptide Is a Predictor of Chronic Kidney Disease in an Asian General Population - The Ohasama Study.

    Nakayama S, Satoh M, Metoki H, Murakami T, Asayama K, Hara A, Hirose T, Inoue R, Tsubota-Utsugi M, Kikuya M, Mori T, Hozawa A, Node K, Imai Y, Ohkubo T

    Circulation Reports 2 ( 1 ) 24 - 32 2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 大規模健診時血圧データに基づく加齢に伴う 血圧推移に関する縦断解析

    佐藤 倫広、村上 任尚、小原 拓、辰巳 友佳子、高畠 恭介、原 梓、 浅山 敬、今井 潤、菊谷 昌浩、大久保 孝義、目時 弘仁

    日本循環器病予防学会誌 54 ( 3 ) 163 - 170 2019年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 患者向け医薬品添付文書「患者向医薬品ガイド」の利活用に向けた製薬企業における認識調査

    土肥 弘久, 伊東 里奈, 原 梓, 浅田 和広, 山本 美智子

    医薬品情報学 21 ( 3 ) 116 - 125 2019年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Age-Related Trends in Home Blood Pressure, Home Pulse Rate, and Day-to-Day Blood Pressure and Pulse Rate Variability Based on Longitudinal Cohort Data: The Ohasama Study

    Satoh M., Metoki H., Asayama K., Murakami T., Inoue R., Tsubota-Utsugi M., Matsuda A., Hirose T., Hara A., Obara T., Kikuya M., Nomura K., Hozawa A., Imai Y., Ohkubo T.

    Journal of the American Heart Association (Journal of the American Heart Association)  8 ( 15 )  2019年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    © 2019 The Authors. Published on behalf of the American Heart Association, Inc., by Wiley. Background: Home blood pressure is a more accurate prognosticator than office blood pressure and allows the observation of day-to-day blood pressure variability. Information on blood pressure change during the life course links the prediction of blood pressure elevation with age. We prospectively assessed age-related trends in home blood pressure, home pulse rate, and their day-to-day variability evaluated as a coefficient of variation. Methods and Results: We examined 1665 participants (men, 36.0%; mean age, 56.2 years) from the general population of Ohasama, Japan. A repeated-measures mixed linear model was used to estimate the age-related trends. In a mean of 15.9 years, we observed 5438 points of measurements including those at baseline. The home systolic blood pressure linearly increased with age and was higher in men than in women aged <70 years. There was an inverse-U-shaped age-related trend in home diastolic blood pressure. The day-to-day home systolic blood pressure linearly increased with age in individuals aged >40 years. However, an U-shaped age-related trend in day-to-day diastolic blood pressure variability with the nadir point at 65 to 69 years of age was observed. No significant sex differences in the day-to-day blood pressure variability were observed (P≥0.22). The average and day-to-day variability of home pulse rate decreased with age but were lower and higher, respectively, in men than in women. Conclusions: The current descriptive data are needed to predict future home blood pressure and pulse rate. The data also provide information on the mechanism of day-to-day blood pressure and pulse rate variability.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【日本高血圧学会みらい医療計画(JSH Future Plan)-良い血圧で健やか100年人生-】高血圧のPrecision Medicine(精密医療) AI・ビッグデータ解析の高血圧みらい医療への応用

    原 梓, 大久保 孝義

    Progress in Medicine 39 ( 9 ) 869 - 871 2019年09月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • Perceived barriers to career progression among early-career epidemiologists: Report of a workshop at the 22nd world congress of epidemiology

    Kikuchi H., Kuwahara K., Kiyohara K., Villalonga-Olives E., Brewer N., Aman-Oloniyo A., Aggarwal P., Restrepo-Méndez M., Hara A., Kakizaki M., Akiyama Y., Onishi K., Kurotani K., Haseda M., Amagasa S., Oze I.

    Journal of Epidemiology (Journal of Epidemiology)  29 ( 1 ) 38 - 41 2019年

    ISSN  09175040

  • 【高血圧 高血圧学アップデート】ガイドラインに基づいた実地医家のためのオーバービュー ビッグデータの解釈を高血圧診療に生かすには

    原 梓, 大久保 孝義

    Medical Practice 34 ( 8 ) 1268 - 1275 2017年08月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • Blood Pressure Measurement Anno 2016.

    Staessen JA, Li Y, Hara A, Asayama K, Dolan E, O'Brien E.

    Am J Hypertens. 30 ( 5 ) 453 - 463 2017年

    総説・解説(学術雑誌), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Impact of chronological changes in propensity to be exposed a comparison validity in health insurance claim database

    Daisuke Kato, Azusa Hara, Nanae Tanemura, Hisashi Urushihara

    ISPE's 12th Asian Conference on Pharmacoepidemiology and 25th Japanese Conference on Pharmacoepidemiology joint meeting, 2019年10月, 口頭(一般)

  • 海外留学のススメ~海外での挑戦から考えること~: ヨーロッパ2か国でのポスドク研究生活

    原 梓

    日本薬学会第140年会, 2020年03月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 薬局勤務薬剤師における副作用等報告制度の認識と実践

    原 梓, 山口 浩, 小原 拓, 神藤 愛実, 吉沢 諒, 阿部 真也, 吉町 昌子, 後藤 輝明, 宮崎 生子, 眞野 成康

    日本薬学会第140年会 (京都) , 2020年03月, ポスター(一般)

  • 臨床試験の方法論・生物統計学の基礎

    原 梓

    第21回CRC養成研修会, 2019年08月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 日本病院薬剤師会

  • 気管支喘息 吸入指導 専門資格取得による薬剤師の知識・技能・態度の相違 小児喘息に関わる薬剤師の実態Web調査

    神林 弾, 原 梓, 山本 健, 廣澤 伊織, 高増 哲也, 串田 一樹, 廣原 正宜, 小谷 和彦

    第36回日本小児臨床アレルギー学会, 2019年07月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 生活習慣病薬の有効性、安全性およびがん予防効果に関する薬剤疫学の国際共同研究

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 橋本 梓, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 医薬関係者による副作用報告の質向上に向けた情報連携のあり方の研究

    2019年04月
    -
    2022年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構, 医薬品等規制調和・評価研究事業, 眞野 成康, 分担

  • 地域住民を対象とした睡眠時間と潜在性脳心血管病変、抑うつ、認知機能との関連

    2019年04月
    -
    2020年03月

    慶應義塾大学学事振興資金(個人研究), 原 梓, 補助金,  代表

  • セルフメディケーションとまちづくり(その2):官民学連携による子ども・子育て支援のアウトリーチ活動に関する調査研究

    2018年04月
    -
    2019年03月

    公益財団法人 一般用医薬品セルフメディケーション振興財団 , 調査・研究助成, 吉永 真理, 補助金,  分担

  • セルフメディケーションとまちづくり:官民学連携プロジェクトの実践と効果検証

    2017年04月
    -
    2018年03月

    公益財団法人 一般用医薬品セルフメディケーション振興財団, 調査・研究助成, 吉永 真理, 補助金,  分担

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(医薬品開発規制科学)

    2020年度

  • 演習(医薬品開発規制科学)

    2020年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2020年度

  • 公衆衛生と予防薬学

    2020年度

  • 実務実習事前学習(実習)

    2020年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本疫学会, 

    2009年11月
    -
    継続中
  • 日本薬剤疫学会, 

    2010年
    -
    継続中
  • 日本臨床疫学会, 

    2017年
    -
    継続中
  • 日本医療薬学会, 

    2018年
    -
    継続中
  • 日本薬学会, 

    2017年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年06月
    -
    継続中

    代議員, 一般社団法人日本疫学会

  • 2019年12月
    -
    継続中

    拡充委員, 一般社団法人日本薬剤疫学会

  • 2019年04月
    -
    継続中

    医療情報データベースを用いる研究のためのOutcome Definition Repositoryタスクフォース, 一般社団法人日本薬剤疫学会

  • 2018年04月
    -
    継続中

    編集委員会委員, 一般社団法人日本社会薬学会

  • 2018年

    第24回日本薬剤疫学会学術総会プログラム委員, 一般社団法人日本薬剤疫学会

全件表示 >>