東原 綾子 (ヒガシハラ アヤコ)

Higashihara, Ayako

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 体育研究所 (日吉)

職名

助教(有期)

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    日本学術振興会特別研究員PD

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    早稲田大学, スポーツ科学学術院, 助手

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    早稲田大学, スポーツ科学部

    大学, 卒業

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    早稲田大学, 大学院スポーツ科学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 2009年04月
    -
    2013年03月

    早稲田大学, 大学院スポーツ科学研究科

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学, 早稲田大学, 課程, 2013年01月

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Differences in activation patterns of the hamstring muscles during sprinting

    Higashihara A., Ono T., Fukubayashi T., Sports Injuries and Prevention, 2015年01月

     概要を見る

    In this chapter, we evaluate the functional characteristics of the hamstring muscles during sprinting. During near maximal sprinting speed, the respective hamstring muscles exhibited very different characteristics of electromyographic (EMG) activation within the sprinting gait cycle. The activation demand of the BFlh muscles is high before and after foot contact due to their function as hip extensors, while the ST muscle shows high activation primarily during the control of knee extension and hip flexion in the mid-swing phase. The mechanism underlying these activation characteristics may involve architectural differences between the hamstring muscles, which likely reflect each muscle’s function during sprinting. A complex neuromuscular coordination pattern of the hamstring muscles during sprinting is accomplished by the utilisation and activation of each muscle’s specific functional differences.

論文 【 表示 / 非表示

  • Regional differences in hamstring muscle damage after a marathon.

    Higashihara A, Nakagawa K, Inami T, Fukano M, Iizuka S, Maemichi T, Hashizume S, Narita T, Hirose N

    PloS one (PLoS ONE)  15 ( 6 ) e0234401 2020年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1932-6203

     概要を見る

    © 2020 Higashihara et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Previous studies suggest that marathon running induces lower extremity muscle damage. This study aimed to examine inter- and intramuscular differences in hamstring muscle damage after a marathon using transverse relaxation time (T2)–weighted magnetic resonance images (MRI). 20 healthy collegiate marathon runners (15 males) were recruited for this study. T2-MRI was performed before (PRE) and at 1 (D1), 3 (D3), and 8 days (D8) after marathon, and the T2 values of each hamstring muscle at the distal, middle, and proximal sites were calculated. Results indicated that no significant intermuscular differences in T2 changes were observed and that, regardless of muscle, the T2 values of the distal and middle sites increased significantly at D1 and D3 and recovered at D8, although those values of the proximal site remained constant. T2 significantly increased at distal and middle sites of the biceps femoris long head on D1 (p = 0.030 and p = 0.004, respectively) and D3 (p = 0.007 and p = 0.041, respectively), distal biceps femoris short head on D1 (p = 0.036), distal semitendinosus on D1 (p = 0.047) and D3 (p = 0.010), middle semitendinosus on D1 (p = 0.005), and distal and middle sites of the semimembranosus on D1 (p = 0.008 and p = 0.040, respectively) and D3 (p = 0.002 and p = 0.018, respectively). These results suggest that the distal and middle sites of the hamstring muscles are more susceptible to damage induced by running a full marathon. Conditioning that focuses on the distal and middle sites of the hamstring muscles may be more useful in improving recovery strategies after prolonged running.

  • Hamstring muscles’ function deficit during overground sprinting in track and field athletes with a history of strain injury

    Higashihara A., Ono T., Tokutake G., Kuramochi R., Kunita Y., Nagano Y., Hirose N.

    Journal of Sports Sciences (Journal of Sports Sciences)  37 ( 23 ) 2744 - 2750 2019年

    ISSN  02640414

     概要を見る

    © 2019, © 2019 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group. In this study, we aimed to clarify the characteristics of neuromuscular function, kinetics, and kinematics of the lower extremity during sprinting in track and field athletes with a history of strain injury. Ten male college sprinters with a history of unilateral hamstring injury performed maximum effort sprint on an athletic track. The electromyographic (EMG) activity of the long head of the biceps femoris (BFlh) and gluteus maximus (Gmax) muscles and three-dimensional kinematic data were recorded. Bilateral comparisons were performed for the EMG activities, pelvic anterior tilt angle, hip and knee joint angles and torques, and the musculotendon length of BFlh. The activity of BFlh in the previously injured limb was significantly lower than that in the uninjured limb during the late-swing phase of sprinting (p < 0.05). However, the EMG activity of Gmax was not significantly different between the previously injured and uninjured limbs. Furthermore, during the late-swing phase, a significantly more flexed knee angle (p < 0.05) and a decrease in BFlh muscle length (p < 0.05) were noted in the injured limb. It was concluded that previously injured hamstring muscles demonstrate functional deficits during the late swing phase of sprinting in comparison with the uninjured contralateral muscles.

  • Greater knee varus angle and pelvic internal rotation after landing are predictive factors of a non-contact lateral ankle sprain.

    Mineta S, Inami T, Hoshiba T, Higashihara A, Kumai T, Torii S, Hirose N

    Physical therapy in sport : official journal of the Association of Chartered Physiotherapists in Sports Medicine (Physical Therapy in Sport)  50   59 - 64 2021年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し,  ISSN  1466-853X

     概要を見る

    Objectives: This study aimed to clarify the kinematic, kinetic characteristics associated with lateral ankle sprain. Design: A 16-month prospective cohort study. Setting: Laboratory. Participants: A total of 179 college athletes. Main outcome measures: Joint kinematics, moment during single-leg landing tasks, and ankle laxity were measured. The attendance of each participating team, injury mechanism, existence of body contact, presence of orthosis, with or without medical diagnosis, and periods of absence were recorded. Results: Twenty-nine participants incurred lateral ankle sprain during non-contact motion. The Cox regression analysis revealed that greater knee varus peak angle (hazard ratio: 1.16 [95% confidence interval: 1.10–1.22], p < 0.001) and greater pelvic internal rotation peak angle toward the support leg were associated with lateral ankle sprain (hazard ratio: 1.08 [95% confidence interval: 1.02–1.15], p = 0.009). The cut-off values for each predictive factor were −0.17° (area under the curve = 0.89, p < 0.001) and 6.63° (area under the curve = 0.74, p < 0.001), respectively. Conclusions: A greater knee varus peak angle and pelvic internal rotation peak angle after single-leg landing are predictive factors for lateral ankle sprain.

  • 生活制限下における塾生の心身の健康と身体活動に関する実態調査

    福士 徳文, 村山 光義, 佐々木 玲子, 野口 和行, 加藤 幸司, 永田 直也, 稲見 崇孝, 東原 綾子, 寺岡 英晋

    体育研究所紀要 (慶應義塾大学体育研究所)  60 ( 1 ) 19 - 27 2021年01月

    ISSN  0286-6951

     概要を見る

    研究資料

  • コロナ禍における対面体育実技の実施が身体不活動時間とライフスキルに与える影響:大学1年生を対象とした調査から

    寺岡 英晋, 村山 光義, 佐々木 玲子, 稲見 崇孝, 東原 綾子, 野口 和行, 加藤 幸司, 永田 直也, 福士 徳文

    日本体育・スポーツ・健康学会予稿集 (一般社団法人 日本体育・スポーツ・健康学会)  71 ( 0 )  2021年

     概要を見る

    <p>【諸言】コロナ禍の外出自粛や遠隔授業の実施による身体活動制限下において大学生の心身の健康に関わる諸問題が懸念されている。そうした中、大学の体育実技について、2020年度春学期は対面形式での実施を見送った大学が多かったが、秋学期には一部の大学で対面形式による実施が再開された。本研究では、春学期の休講措置の後、秋学期に対面形式で実施された体育実技が大学1年生の身体不活動時間とライフスキルに与える影響・効果について検討することを目的として調査を実施した。【方法】対象は首都圏の私立大学に在籍している1年生277名とした(男性136名、女性141名)。体育実技履修者は201名、非履修者は76名であった。調査はWebアンケートにより2020年度秋学期授業期間(10月-12月)の前後で計2回実施した。調査内容は(1)身体不活動時間(2)ライフスキル尺度(目標設定・考える力・謙虚な心・感謝する心)について質問項目を設定した。【結果】2要因の分散分析(時間要因×履修要因 )の結果、身体不活動時間について履修者と非履修者ともに授業期間前後で減少傾向にあり、有意な交互作用は認められなかった。ライフスキル尺度の「目標設定」と「感謝する心」においては交互作用効果が認められた。さらに、運動部に所属していない学生に限定した比較では、身体不活動時間については有意な交互作用が認められなかったが、ライフスキル尺度の4因子すべてにおいて交互作用効果が認められた。【まとめ】本研究の結果は、対面形式で再開した体育実技履修が秋学期中の身体活動量の増加を有意に促進したものではないが、体育実技が大学1年生のライフスキルの獲得に貢献することを示した。特に、運動部に所属していない大学1年生にとって体育実技履修の効果が顕著に見られたことは、対面による体育実技実施の教育的意義を高めると考えられる。</p>

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 硬化した筋の回復を加速させる方策 経口補水液と特殊シューズを用いた戦略的リカバリー

    稲見 崇孝, 東原 綾子, 中川 剣人, 飯塚 哲司, 前道 俊宏, 吉村 茜, 山口 翔大, 深野 真子, 伊藤 瑳良, 神武 直彦, 成田 崇矢, 村山 光義

    日本レーザー治療学会誌 (日本レーザー治療学会)  18 ( 2 ) 42 - 47 2019年12月

    ISSN  1347-4375

     概要を見る

    画像解析技術の進歩にともなって、骨格筋3特性のひとつ、質的特性に関する研究が盛んに行われている。超音波エラストグラフィを用いた当該研究領域では、原理原則の異なるいくつかのエラストグラフィ手法が用いられているものの、従来の体表面から押圧した評価法や関節運動をともなった測定法とは一線を画し、画像から生体軟部組織硬度の位置情報を取得できる点に最大の特徴がある。筋の硬さを個別に評価できる利点は、特定の筋のみに焦点を絞った経時変化の観察が可能になることを示しており、特異的なリカバリー手法を提供する起点となっている。本編では、超音波エラストグラフィを用いて評価される筋の質的特性の概略と、硬化した筋に対する戦略的なリカバリー方策(経口補水液と特殊シューズ)の知見に関して報告する。(著者抄録)

  • Changes in muscle hardness after a full marathon appear different even intramuscularly

    Inami T., Nakagawa K., Fukano M., Yonezu T., Higashihara A., Iizuka S., Narita T., Murayama M.

    The Journal of sports medicine and physical fitness (The Journal of sports medicine and physical fitness)  59 ( 6 ) 1094 - 1095 2019年06月

    共著,  ISSN  0022-4707

  • マラソンで生じる筋ダメージの評価 : 骨格筋画像研究の視点から (January Special マラソン研究 : 東京2020対策からリカバリーはじめマラソンの科学を探る)

    東原 綾子

    Sportsmedicine : media of communication for sportsmedicine people = 月刊スポーツメディスン : プロフェッショナルが読むスポーツ医科学総合誌 (ブックハウス・エイチディ)  31 ( 1 ) 18 - 22 2019年01月

    その他記事, 単著,  ISSN  0916-359X

  • フルマラソンにおける身体衝撃の経時変化

    永野 康治, 東原 綾子, 中川 剣人, 成田 崇矢, 稲見 崇孝

    理学療法学Supplement (公益社団法人 日本理学療法士協会)  46 ( 0 ) F - 98-F-98 2019年

    その他記事, 共著,  ISSN  0289-3770

     概要を見る

    <p>【はじめに,目的】</p><p> 本研究ではフルマラソンを例に,身体衝撃を反映する体幹加速度を経時的に計測し,長時間のスポーツ活動における身体衝撃の変化を明らかにすることを目的とした。</p><p>【方法】</p><p> 健常成人男性4名を対象とした。フルマラソン走行時に体幹背面上部にGPS付き加速度センサを装着し,3軸加速度をスタートからゴールまで計測した。その内,カーブがなく平坦な7.5km,17.5km,27km,36km地点をGPSデータより特定し,各地点における100歩を解析対象とした。加速度データより1歩毎の最大合成加速度(G),および走行スピード(km/h)を算出した。地点間の加速度の差を,走行スピードを共変量とした共分散分析を用いて検討した。</p><p>【倫理的配慮】</p><p> 日本女子体育大学研究倫理委員会の承認を得た後,対象者から文章にて説明し同意を得て実施した。</p><p>【結果】</p><p> 地点毎の加速度は7.5km:4.2(0.6)G,17.5km:3.9(0.6)G,27km:3.7(0.5)G,36km:4.1(0.8)G[平均値(標準偏差)]であった。共分散分析の結果,地点間に有意な主効果が認められ(F(3,1573)=72.037,p<0.001,偏η2=0.12),体幹加速度は7.5km地点にて17.5kmおよび27km地点より有意に大きく,36km地点にて他3地点より有意に大きかった(いずれもp<0.001)。</p><p>【考察】</p><p> 身体衝撃の指標であるフルマラソン中の体幹加速度はレース中盤で低下した後,終板で再び増加した。この結果は,レース終板における疲労や動作変化に起因する衝撃緩衝能の低下を反映したと考えられる。</p>

  • ハムストリングス肉離れ既往脚におけるスプリント時の股関節伸展筋の筋活動および走動作特性

    東原 綾子, 小野 高志, 徳武 岳, 倉持 梨恵子, 國田 泰弘, 永野 康治, 広瀬 統一

    日本臨床スポーツ医学会誌 ((一社)日本臨床スポーツ医学会)  26 ( 4 ) S203 - S203 2018年11月

    ISSN  1346-4159

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ハムストリングス肉離れ受傷後の中枢神経機構の変化分析

    2018年04月
    -
    2021年03月

    早稲田大学, 東原 綾子, 若手研究, 補助金, 

     研究概要を見る

    ハムストリングス肉離れはスポーツ競技を問わず発生率が高い外傷であり、その受傷予防は近年のスポーツ医科学分野において重要課題である.本研究では、肉離れ受傷筋における筋活動動態や脳から筋に至る皮質脊髄路の興奮性を評価し、肉離れ受傷既往が末梢および中枢神経系を含めた神経筋の運動制御機構に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした。初年度には、片側のハムストリングス肉離れ既往を有する陸上短距離走選手10名を対象にスプリント時の大腿二頭筋長頭の筋活動量および筋-腱長を算出し、健患側比較を行った。その結果、ハムストリングス肉離れ既往脚において、遊脚期後半で大腿二頭筋長頭の筋活動低下およびハムストリングスの伸張を避けた動作が認められ、競技復帰後であっても既往のあるハムストリングス自体の筋機能や伸張性が十分回復していない可能性が示唆された。肉離れ既往脚における筋活動の低下には、末梢(筋)の機能不全のみならず運動制御に重要な中枢神経系の変容による神経筋機能低下が影響している可能性がある。そこで、大腿部の筋(大腿二頭筋および大腿直筋)において、脳から筋に至る皮質脊髄路興奮性の評価を試みるべく、健常成人男性13名を対象とし、経頭蓋磁気刺激装置を用いて大腿二頭筋および大腿直筋における刺激―応答曲線の取得を試み、両筋における皮質脊髄路興奮性評価が可能であることを確認した。今後は、アスリートを対象としてデータ計測を行い、得られた刺激-応答曲線をもとに皮質脊髄路興奮性を評価する。
    ハムストリングスが重要な活動貢献を担うスプリント動作において、肉離れ受傷が走動作に影響を及ぼすことが明らかになった。本研究成果は、当初の計画通り学会発表や論文投稿を完了している。さらに、大腿部筋における皮質脊髄路の入出力特性評価について13名のデータ計測が完了しており、次年度の研究推進の準備にも着手できている。
    今後は引き続きハムストリングスおよび大腿四頭筋における皮質脊髄路興奮性のデータ計測・分析を行ない、その評価法策定を目指す。そして、ハムストリングス肉離れ受傷後のアスリートにおける評価を試み、受傷筋の神経筋活動低下に至る神経生理学的機序を解明に向けた基礎的知見を得ることを目的とする。

  • 筋収縮制御時の皮質脊髄路の興奮性変化機構の解明と筋疲労が及ぼす影響の検討

    2014年04月
    -
    2019年03月

    新潟医療福祉大学, 東原 綾子, 若手研究(B), 補助金, 

     研究概要を見る

    ヒトの身体運動は,筋張力を発揮しながらも外力によって筋が伸張される伸張性収縮,筋が短縮しながら張力を発揮する短縮性収縮,緊張の変化を伴わない等張性収縮によって遂行されている.そして,収縮中の筋における皮質脊髄路興奮性は筋の収縮様式に依存して変化することが先行研究によって明らかになっている.しかし,これまでは筋収縮様式それぞれの局面での検討はなされているが,関節運動に伴う皮質脊髄路興奮性変化については検討されていない.本研究では,本研究では,手関節運動における筋収縮様式の変化に伴い橈側手根屈筋の皮質脊髄路興奮性がどのように変化するかを明らかにすることを目的とした.対象は健常成人8名であった.座位にて右手部を中間位にて実験装置に固定し,右手関節掌屈方向に対し抵抗が生じるように滑車を介して重り(最大手関節掌屈筋力の20%)を設定した.対象者は手関節掌屈位より重りに抵抗しながら下ろす伸張性手関節掌屈動作(LEN)を開始し,手関節背屈位に達した後に重りを持ち上げる短縮性手関節掌屈動作(SHO)への転換を素早く行った. LENからSHOへの転換前後におけるランダムなタイミングで活動時運動閾値の1.3倍の経頭蓋磁気刺激(TMS)を左大脳皮質一次運動野に与え,右橈側手根屈筋から運動誘発電位(MEP)を記録した.運動課題中の背景筋活動はTMSを与える直前20msの筋電図の平均値によって評価した.その結果,手関節運動方向の転換前後15°の範囲において,LENにおける橈骨手根屈筋の背景筋活動はSHOと比較して有意に高値を示したが(p<0.01),このときのMEP振幅値に有意な変化は認められなかった.本研究結果より,手関節運動時の筋収縮様式の変化に伴う橈骨手根屈筋の皮質脊髄路興奮性は収縮様式依存性を有し,伸張性収縮期における皮質脊髄路興奮性は抑制性の修飾を受けている可能性が示唆された.
    当初の計画とは多少異なった研究内容となったが,筋収縮様式切替の神経メカニズムを明らかにするという点で有益な結果が得られたため.
    これまで得られた研究成果を原著論文として国際誌に掲載することを目指す.

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 体育実技A(ソフトボール)

    2021年度

  • 体育実技A(ソフトボール)

    2020年度

  • 体育実技A(ソフトボール)

    2019年度