糟谷 大河 (カスヤ タイガ)

Kasuya, Taiga

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 生物学教室 (日吉)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室住所

神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1 第2校舎2302研究室

研究室電話番号

045-566-1331

外部リンク

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 菌類,特にきのこ類の自然史を主な研究対象としています。きのこは,日々の食卓に彩りを添え,健康増進にも一役買っているなど,私たちの生活に身近な生物です。しかし,地球上には,私たちの想像をはるかに超える数の未知のきのこたちが潜んでおり,その多様性の全貌は明らかではありません。そこで私は,日本や中国東北部など,東アジアを中心とした地域の海浜,里山や亜高山帯・高山帯を主なフィールドとして,野外調査によりきのこ類の標本を収集し,形態的・生態的な特徴および遺伝子の情報をもとに,それらの系統分類や生物地理に関する研究を行っています。きのこやカビなどの菌類の視点から,自然環境の複雑さと,地球上の生物の多様性,そして生物と環境とのつながりを探っていきたいと考えています。ところで,人間社会においても,複雑性・多様性を認め,さまざまな分野とのつながりを保つことはとても大切です。学生の皆さんには,慶應義塾において論理的な思考力や表現力を養い,自らの目指す方向を見つけることを期待するとともに,専門性を磨きつつも幅広い視野を持ち,異なる分野へも積極的にアプローチすることを望みます。

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学, 教養研究センター, 所員

  • 慶應義塾大学, 自然科学研究教育センター, 所員

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    筑波大学, 生命環境科学研究科, 日本学術振興会特別研究員(DC2)

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    小松市役所, 小松市立博物館, 学芸員

  • 2012年08月
    -
    2015年03月

    金沢大学, 医薬保健研究域 保健学系 , 研究協力員

  • 2013年04月
    -
    2019年03月

    千葉科学大学, 危機管理学部, 講師

  • 2019年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 経済学部, 准教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    筑波大学, 第二学群, 生物資源学類

    日本, 大学, 卒業

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    筑波大学, 大学院生命環境科学研究科, 博士前期課程 生物資源科学専攻

    日本, 大学, 修了, 修士

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

    筑波大学, 大学院生命環境科学研究科, 博士後期課程 生物圏資源科学専攻

    日本, 大学, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学), 筑波大学, 課程, 2012年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 学芸員資格, 2012年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 文化財科学・博物館学

  • 生物資源保全学

  • 生物多様性・分類

  • 植物保護科学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本菌類百選

    日本菌学会編著, 八坂書房, 2020年08月,  ページ数: 111

    担当範囲: ツチグリ, オニフスベ, ホコリタケ, ウスキキヌガサタケ,  担当ページ: 21, 25, 60, 75

  • 茨城における絶滅のおそれのある野生生物蘚苔類・藻類・地衣類・菌類編2020年版(茨城県版レッドデータブック)

    糟谷 大河, 茨城県県民生活環境部自然環境課, 2020年03月,  ページ数: 147p

    担当範囲: 菌類,  担当ページ: 110-140

  • 東海村の自然誌II

    東海村の自然調査会, 東海村教育委員会, 2018年03月

    担当範囲: 東海村の菌類

  • 日本産ジュラ紀の植物化石図鑑 : 来馬型植物群 = The illustrated book of Japanese Jurassic flora : the Kuruma type flora

    中生代植物研究会, 寺田 和雄, 辻井 正則, 木村 好正, 久保 是彦, 糟谷 大河, 青木 隆弘, 梨木 之正, 二木 裕子, 中生代植物研究会, 2017年

  • 白山高山帯・亜高山帯のきのこ

    糟谷 大河, 河原 栄, 栂 典雅, 石川県白山自然保護センター, 2015年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Lecanicillium aphanocladii isolated from Tengu-no-Mugimeshi found in Mount Kurohime, Nagano Prefecture, central Japan

    Mayuka Higo, Hiroki Kojima, Masato Iwatsuki, Tomotaka Tanabe, Takashi Yaguchi, Toru Okuda, Taiga Kasuya, Ken-ichi Nonaka

    日本微生物資源学会誌 37 ( 1 ) 1 - 12 2021年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Reviewing the world's edible mushroom species: A new evidence-based classification system

    Li H., Tian Y., Menolli N., Ye L., Karunarathna S.C., Perez-Moreno J., Rahman M.M., Rashid M.H., Phengsintham P., Rizal L., Kasuya T., Lim Y.W., Dutta A.K., Khalid A.N., Huyen L.T., Balolong M.P., Baruah G., Madawala S., Thongklang N., Hyde K.D., Kirk P.M., Xu J., Sheng J., Boa E., Mortimer P.E.

    Comprehensive Reviews in Food Science and Food Safety (Comprehensive Reviews in Food Science and Food Safety)  20   1982 - 2014 2021年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    © 2021 Institute of Food Technologists® Wild mushrooms are a vital source of income and nutrition for many poor communities and of value to recreational foragers. Literature relating to the edibility of mushroom species continues to expand, driven by an increasing demand for wild mushrooms, a wider interest in foraging, and the study of traditional foods. Although numerous case reports have been published on edible mushrooms, doubt and confusion persist regarding which species are safe and suitable to consume. Case reports often differ, and the evidence supporting the stated properties of mushrooms can be incomplete or ambiguous. The need for greater clarity on edible species is further underlined by increases in mushroom-related poisonings. We propose a system for categorizing mushroom species and assigning a final edibility status. Using this system, we reviewed 2,786 mushroom species from 99 countries, accessing 9,783 case reports, from over 1,100 sources. We identified 2,189 edible species, of which 2,006 can be consumed safely, and a further 183 species which required some form of pretreatment prior to safe consumption or were associated with allergic reactions by some. We identified 471 species of uncertain edibility because of missing or incomplete evidence of consumption, and 76 unconfirmed species because of unresolved, differing opinions on edibility and toxicity. This is the most comprehensive list of edible mushrooms available to date, demonstrating the huge number of mushrooms species consumed. Our review highlights the need for further information on uncertain and clash species, and the need to present evidence in a clear, unambiguous, and consistent manner.

  • Russula ryukokuensis sp. nov., an Outstanding Species of the Genus Russula (Russulaceae) Having Minute Basidiomata from Japan

    Yoshito Shimono, Taiga Kasuya, Kentaro Hosaka

    Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series B (Botany) 47 ( 1 ) 1 - 12 2021年02月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 共著, 査読有り

  • 筑波山に自生するホシザキユキノシタの花弁形態の変異

    糟谷大河, 小原功子, 梅内基裕, 伊藤彩乃, 小幡和男

    茨城県自然博物館研究報告  ( 23 ) 1 - 12 2020年12月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 査読有り

  • 日本の砂浜海岸における担子菌きのこ類の分類と系統に関する研究

    糟谷 大河

    日本菌学会会報 (日本菌学会)  61 ( 2 ) 45 - 61 2020年11月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  0029-0289

     概要を見る

    <p>砂浜海岸は暴風,潮風,波浪,後背地の侵食に対する緩衝となるなど,陸地に対して様々な保護的な機能を果たし,また植物や動物に対して独特な生育環境を提供している.近年,自然植生を有する砂浜海岸は世界的に急速に減少しており,その生態系の保全が強く求められている.砂浜海岸の菌類相を調査することは,その生態系や生物多様性の保全を図る上で重要である.本総説では,筆者がこれまで日本の砂浜海岸の菌類相を調査する中で得られた知見のうち,ヒメツチグリ目,スッポンタケ目およびハラタケ目に属する菌類,特にヒメツチグリ属,スッポンタケ属,スナツブタケ属およびガマノホタケ属の種の分類や系統関係について紹介する.ヒメツチグリ属菌については,これまで筆者らの研究で新たに7種が追加され,既知の日本産種は21種となった.スッポンタケ属菌については,日本産のアカダマスッポンタケについて,証拠標本を残すとともに日本国内の分布を明らかにした.スナツブタケ属はこれまで日本で記録されてこなかったが,日本にも未記載種が存在することが明らかになり,ワタゲスナツブタケとして記載した.砂浜海岸に生息するガマノホタケ属,スナハマガマノホタケについて,日本各地の砂浜海岸に分布することを明らかにしたとともに,それらの系統解析を行った結果,本種が菌核の海流分散により分布を広げているという仮説が矛盾しないことを明らかにした.</p>

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • ワタゲスナツブタケGastrosporium gossypinum(スッポンタケ目)の福岡県における初記録

    糟谷 大河, 下保 有紀子, 池ノ内 勇仁, 保坂 健太郎

    Truffology 4 ( 1 ) 17 - 20 2021年03月

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌), 共著

  • 世界の分布南限地において危機的状況にあるオオウメガサソウ(ツツジ科)の保全に関する研究 ―茨城県多様性保全研究グループ―

    伊藤 彩乃, 庄司 顕則, 糟谷 大河, 山下 由美, 遊川 知久

    自然保護助成基金助成成果報告書 (公益財団法人 自然保護助成基金) (公益財団法人 自然保護助成基金)  29   199 - 211 2020年09月

    機関テクニカルレポート,プレプリント等, 共著,  ISSN  2432-0943

     概要を見る

    オオウメガサソウは部分的菌従属栄養植物であり,発芽時の栄養供給に菌の関与が必要と考えられる.本種は北半球に分布し,日本では北海道,青森,岩手,茨城県にみられる.分布の南限地,茨城県ひたちなか市では個体数が激減し,絶滅の危機にある.</p><p>南限地での発芽条件を明らかにするため,2018年秋採集の種子を包んだパケットを様々な環境に埋め,5ヶ月後と10ヶ月後に回収し,発芽の有無を観察した.その結果,胚が膨張し種皮を破る発芽初期の状態の種子が確認されたが,発芽時に関与する菌や発芽に適した環境条件の特定のためには,今後も調査を継続していく必要がある.</p><p>また,南限地と北方(北海道・青森県)の個体群の繁殖状況を比較するため,2019年7~8月に更新状況調査を行った.この結果,いずれも実生による更新は確認できなかったが,北方の生育地のほうが,個体の生育密度・開花数・ポリネーターが多く,種子繁殖の可能性が高かった.南限地ではポリネーターの不足を補う人工授粉が効果的だと考えられる.さらに,次世代シーケンサーを用いて遺伝的集団構造の解析を行った結果,南限地の個体群は遺伝的にほとんど均一で,北方に比べて遺伝的多様性が低いことから,早急に保全策を講じる必要がある.

  • The 10th International Symposium on Arctic and Alpine Mycology

    Hoshino T., Tuno N., Degawa Y., Kasuya T., Yajima Y., Kawahara E., Nose I.

    Mycoscience (Mycoscience)  59 ( 4 ) v - vi 2018年07月

    その他記事, 共著,  ISSN  13403540

  • 白山におけるきのこ類の多様性と地理的分布に関する研究

    糟谷大河, 河原栄, 都野展子, 畠中譲二, 金津五雄, 新田真之, 星野保

    石川県白山自然保護センター研究報告 43   41 2017年03月

    その他記事, 共著,  ISSN  0286-8660

  • 茨城県自然博物館総合調査報告書 茨城県西部および筑波山周辺地域の菌類 茨城県西部および筑波山周辺地域の担子菌きのこ類

    根田仁, 小林久泰, 保坂健太郎, 早乙女梢, 糟谷大河

    茨城県自然博物館総合調査報告書 茨城県西部および筑波山周辺地域の菌類 平成18-20年    35 - 39 2009年

    その他記事, 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本産ツクツクボウシタケの高精度産地識別手法の確立 ―安定同位体比分析と系統地理解析の複合―

    糟谷 大河, 山本 芳弥, 多田 陽, 小穴 純, 笠原 悠二, 伊永 隆史

    第5回日本ワンヘルスサイエンス学会大会 , 2021年09月, 口頭(一般)

  • 新潟県西部,笹ヶ峰高原で発見された日本新産の北方系きのこ2種

    丸山隆史, 糟谷大河

    日本菌学会第65回大会(オンライン), 2021年08月, ポスター(一般)

  • 茨城県内のユーカリ植栽地より発見された2種の日本新産種,Scleroderma capeverdeanumおよびLoweomyces fractipes

    糟谷大河, 鵜沢美穂子, 保坂健太郎

    日本菌学会第65回大会(オンライン), 2021年08月, 口頭(一般)

  • 日本産テングタケ属コタマゴテングタケ列種の分類に関する研究

    西村光世, 糟谷大河, 早乙女 梢, 中桐 昭, 前川二太郎, 遠藤直樹

    日本菌学会第65回大会(オンライン), 2021年08月, 口頭(一般)

  • ベニタケ属の種同定のためのパラフィン薄切片の有用性

    河原 栄, 中屋佳子, 伊藤淳子, 糟谷大河

    日本菌学会第65回大会(オンライン), 2021年08月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 菌類考古学の構築にむけた菌類遺体の形態・古DNAによる同定と古生態の基礎研究

    2020年07月
    -
    2023年03月

    千葉大学, 百原 新, 渡辺 洋一, 糟谷 大河, 工藤 雄一郎, 挑戦的研究(萌芽)

     研究概要を見る

    菌類は有機物の分解や植物の根の養分吸収を補助する役割を担う一方,植物病の蔓延により生態系や人間の生活に大きな影響を及ぼすが,その研究方法は確立していない.本研究は,堆積物に含まれる菌類遺体や,植物遺体の組織に保存されている植物病の痕跡を検出し,形態と古DNAによる同定法,菌類を用いた高精度編年法を確立させることで,過去の気候変動と菌類の消長との関係や,菌類が過去の農作物に及ぼした影響を明らかにすることを目的とする.

  • きのこの分布境界線を超多数の目で明らかにする

    2020年04月
    -
    2024年03月

    独立行政法人国立科学博物館, 保坂 健太郎, 糟谷 大河, 基盤研究(C)

     研究概要を見る

    植物や動物は標本データからある程度の分布域を推測することができるが、きのこ類は標本情報と実際の分布域に大きな乖離がある。これはきのこ類の主体が菌糸や胞子であり、肉眼で確認できる子実体発生の有無だけでは、存在が見逃されてきただけ、という可能性を排除できないからである。本プロジェクトでは、1) 市民参加型調査による情報収集、2) 環境DNAによる対象種の検出、3) 種内の遺伝的多様性解析、などを通じ、きのこ類の国内分布域の北限および南限のパターンを推定する。特に最近の分布北上が強く示唆され、顕著な形態的特徴をもつきのこ類複数種を対象とすることで、前例のない精密な分布図を描くことを可能にする。

  • ベトナム産熱帯有用植物に寄生するさび病菌の多様性解明

    2020年04月
    -
    2023年03月

    筑波大学, 岡根 泉, 山岡 裕一, 小野 義隆, 糟谷 大河, 基盤研究(B)

     研究概要を見る

    日本を含む東アジアへの新規病原菌の移入とその制御のためにも、東南アジア全体におけるサビキン相の全容を明らかにするため、また、農林業生産や森林環境の保全と再生において重要なリスクの1つである植物病原菌の発生生態の把握と正確な同定を実現するため、体系的な研究調査がほとんど行われていないベトナムにおいて、主に有用植物上でのさび病の発生調査を行い、サビキンの多様性と発生生態を明らかにし、ベトナム産サビキンインベントリーの構築を目指す。

  • 博物館の未同定標本を用いたきのこ分類学の推進:DNA情報の蓄積と野外調査の統合

    2015年04月
    -
    2018年03月

    千葉科学大学, 糟谷 大河, 若手研究(B)

     研究概要を見る

    博物館の標本庫に長期間収蔵されているきのこ類の標本についてDNA情報の保存状態を評価した。その結果,DNA情報が救出不可能な標本については,野外調査により新たな標本を採集し,DNA情報を蓄積した。さらに,博物館に収蔵されている大量の未同定のきのこ類標本を対象に,形態形質とDNAの情報を併用しながら種レベルの分類学的検討をおこない,その実体を明らかにした。その結果,新種や日本新産種と考えられる複数の担子菌きのこ類を見出すことができた。また,既知の日本産きのこ類の数種について,形態観察やDNA情報を用いた系統解析の結果に基づき,隠ぺい種が含まれているなど,分類学的再検討を行う必要性を示した。

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本植生史学会第35回大会優秀発表賞

    菊地達郎, 百原 新, 阿部恭久, 糟谷大河, 2020年11月, 日本植生史学会, 前期更新世クロサイワイタケ科(Xylariaceae)菌類化石の形態分類と古環境指標としての有用性

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 日本菌学会 日本菌学会奨励賞

    糟谷大河, 2018年05月, 一般社団法人日本菌学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 筑波大学 学長表彰

    糟谷大河, 2012年03月, 筑波大学

    受賞区分: その他の賞

  • 大学院第一種奨学金における特に優れた業績による返還免除(全額免除)

    糟谷大河, 2009年05月, 独立行政法人日本学生支援機構

    受賞区分: その他の賞

  • 筑波大学大学院生命環境科学研究科 研究科長表彰

    糟谷大河, 2009年03月, 筑波大学

    受賞区分: その他の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 研究プロジェクトC

    2021年度

  • 自由研究セミナーb

    2021年度

  • 自由研究セミナーa

    2021年度

  • 生物学Ⅱ(実験を含む)

    2021年度

  • 生物学Ⅰ(実験を含む)

    2021年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 茨城における外来種対策検討委員会委員

    茨城県

    2020年08月
    -
    継続中
  • 銚子ジオパーク推進協議会 保全部会委員

    銚子ジオパーク推進協議会

    2018年06月
    -
    2019年03月
  • 茨城県レッドリスト(非維管束植物・菌類・藻類)検討委員会委員

    茨城県

    2018年02月
    -
    2020年03月
  • 希少野生動植物種保存推進員

    環境省

    2015年07月
    -
    継続中
  • 絶滅のおそれある野生生物選定・評価検討会 蘚苔類・藻類・地衣類・菌類分科会

    環境省

    2015年01月
    -
    継続中

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本植生史学会, 

    2020年10月
    -
    継続中
  • 日本第四紀学会, 

    2018年04月
    -
    継続中
  • 日本ワンヘルスサイエンス学会, 

    2017年
    -
    継続中
  • 総合危機管理学会, 

    2016年04月
    -
    継続中
  • 日本植物分類学会, 

    2011年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年05月
    -
    継続中

    日本菌学会 理事(国内集会担当), 一般社団法人日本菌学会

  • 2019年04月
    -
    継続中

    評議員, 日本ワンヘルスサイエンス学会

  • 2017年04月
    -
    継続中

    日本菌学会 代議員, 一般社団法人日本菌学会

  • 2017年04月
    -
    2019年05月

    日本菌学会 選挙管理委員, 一般社団法人日本菌学会

  • 2015年04月
    -
    継続中

    日本菌学会 編集委員, 一般社団法人日本菌学会

全件表示 >>