坂本 智美 (サカモト サトミ)

Sakamoto, Satomi

写真a

所属(所属キャンパス)

一貫教育校(小・中・高等学校) 中等部 (三田)

職名

教諭

その他公開情報 【 表示 / 非表示

  • ○短期留学(大学以降) ・北京語言文化大学(中国)1997.夏 ・北京大学(中国)2002.夏 ・University of Cambridge(U.K.)Gonville and Caius College 2004.夏 ○所属学会 中古文学会,全国大学国語国文学会,早稲田大学国文学会,早稲田大学国語教育学会など.

総合紹介 【 表示 / 非表示

  •  修士論文は、「『源氏物語』精神的根底に潜む救済問題」。専門領域は、『源氏物語』を中心とした平安朝散文。また、主として中学・高等学校における教育現場での国語教育(現代文・古文・漢文・朗読指導)の実践報告もある。  短歌結社「新アララギ」会員。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

    慶應義塾中等部

  • 2016年09月
    -
    2020年03月

    慶應義塾ニューヨーク学院(高等部), 国語科, 生徒係/国語・日本語科主任

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年03月

    早稲田大学, 教育学研究科, 国語教育専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2006年03月

    早稲田大学, 教育学研究科, 教科教育学専攻

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(教育学), 早稲田大学, 論文, 2003年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 日本文学 (Japanese Literature)

  • 平安朝文学

  • 古典教育

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 中国のエリート高校生 日本滞在記

    坂本 智美, 日本僑報社, 2011年10月

    担当範囲: 174−178

  • 『源氏物語の鑑賞と基礎知識 No.40 手習』

    坂本 智美, 至文堂, 2005年05月

  • 『現代女性作家読本 別巻① 鷺沢萠』

    坂本 智美, 鼎書房, 2004年06月

論文 【 表示 / 非表示

  • 夏期英国研修ジャーナル—XIV—

    坂本 智美

    VERITAS XVⅡ 慶應義塾中等部 紀要 2010 (慶應義塾中等部)  2011年03月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 単著

  • 芸術表現における創作動機としての和歌—再解釈された浮舟の心理—

    坂本 智美

    早実研究紀要 第44号 (早稲田大学系属早稲田実業学校)  2010年03月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 単著

  • 『源氏物語』花の喩<表象>からの超越―朝顔斎院の理想性をめぐって―

    坂本 智美

    早実研究紀要 第43号 (早稲田大学系属早稲田実業学校)  2009年03月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 単著

  • <書評>今に生きる徒然草―兼好法師と与謝蕪村 田島伸夫著

    坂本 智美

    早稲田大学国語教育研究 第28集 (早稲田大学国語教育学会)  2008年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著

  • 『源氏物語』「消え」果てる女君論―藤壺・紫上・大君の交錯する視線意識―

    坂本 智美

    早実研究紀要 第42号 (早稲田大学系属早稲田実業学校)  2008年03月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 近代短歌の授業実践―今の自分を語る学習として―

    坂本 智美

    古典教育研究会 (早稲田大学教育学部) , 

    2007年05月

    口頭発表(一般), 早稲田大学国語教育学会

  • 源氏物語「天翔り」ゆく魂―出家は即救済ではないことの立証―

    坂本 智美

    平安朝文学研究会 (早稲田大学) , 

    2002年12月

    口頭発表(一般), 早稲田大学