真鍋 知宏 (マナベ トモヒロ)

Manabe, Tomohiro

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 スポーツ医学研究センター (日吉)

職名

専任講師

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士, 慶應義塾, 課程, 2004年03月

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 整形外科医のためのスポーツ医学概論

    中山書店, 2021年10月

    担当範囲: アンチ・ドーピング指導,  担当ページ: 226-230

  • スポーツ整形外科学

    文光堂, 2020年05月

    担当範囲: アスリートを診る際の注意点②メディカルチェック,  担当ページ: 46-49

  • エッセンシャルスポーツ栄養学

    2020年03月

    担当ページ: 223-229

  • スポーツ医薬 服薬指導とその根拠

    2020年02月

    担当ページ: 67-74, 100-106

  • 今より強く!を目指して〜アスリートの身体づくりと食のエッセンス

    ライフサイエンス出版, 2019年11月

    担当範囲: 第3章 貧血を予防する,  担当ページ: 43-60

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 陸上競技と感染症

    真鍋 知宏

    臨床スポーツ医学 (文光堂)  38 ( 8 ) 846 - 851 2021年08月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

  • 医療体制の確保

    真鍋 知宏

    臨床スポーツ医学 (文光堂)  38 ( 2 ) 132 - 134 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

  • 痛み止めの効果とアンチ・ドーピング

    真鍋 知宏

    体育の科学 (杏林書院)  70 ( 10 ) 723 - 728 2020年10月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

  • Use of nutritional supplements by elite Japanese track and field athletes

    Tabata S., Yamasawa F., Torii S., Manabe T., Kamada H., Namba A., Kato J., Kaneko H., Tahara K., Tsukahara Y., Sato K.

    Journal of the International Society of Sports Nutrition (Journal of the International Society of Sports Nutrition)  17 ( 1 )  2020年07月

     概要を見る

    Background: While scientific evidence supports the efficacy of only limited nutritional supplements (NS) on sports performance, the use of NS is widespread in athletes. Given the serious issues of health damage or unintended Anti-Doping Rule Violations due to ingestion of contaminated NS in sports, accurately understanding NS practices by athletes is crucial. This study therefore elucidated the use of NS by elite Japanese track and field (TF) athletes. Methods: The subjects were 574 Japanese TF athletes, including 275 junior athletes (under 20 years) and 299 senior athletes, who participated in international competitions from 2013 to 2018. Data on NS use were collected through pre-participation medical forms obtained from all entrants before their participation in competitions. NS users were requested to report the product names and primary components of all NS they were taking. Results: The overall prevalence of NS use was 63.9%. The mean number of NS products used per athlete was 1.4. The prevalence was significantly higher in women (69.2%) than in men (59.6%) (p = 0.018) and significantly higher in senior athletes (68.9%) than in junior athletes (58.9%) (p = 0.012). The prevalence of NS use was higher in long-distance runners (75.8%) and lower in jumpers (52.3%) and throwers (49.2%) than other disciplines (p < 0.001). The most prevalent components were amino acids (49.3%), followed by vitamins (48.3%), minerals (22.8%), and protein (17.8%). Conclusions: Approximately two-thirds of elite Japanese TF athletes reported the use of NS, and NS practices varied by gender, age, and discipline.

  • AEDと心肺蘇生

    真鍋 知宏

    臨床スポーツ医学 (文光堂)  37 ( 7 )  2020年07月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • スポーツ現場における熱中症と予防策及び発生時の対処法

    真鍋 知宏

    コーチング・クリニック (ベースボール・マガジン社)  35 ( 6 ) 4 - 7 2021年04月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • スポーツ活動時に注意すべき疾患 循環器疾患

    真鍋 知宏

    診断と治療 106 ( 12 ) 1479 - 1483 2018年12月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ジュニアアスリートのスポーツ障害をいかに防ぐか メディカルチェックとその後の取り組み

    中嶋耕平, 土肥美智子, 半谷美夏, 星川淳人, 大庭治雄, 渡部厚一, 真鍋知宏

    第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 2019年11月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 健康にランニングを続けるために距離制限は必要か 距離制限は必要か ランナーの立場から

    三橋敏武, 山澤文裕, 真鍋知宏

    第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 2019年11月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 東京マラソンにおけるランドクターの意義

    堀口速史, 山澤文裕, 三橋敏武, 真鍋知宏

    第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 2019年11月, 口頭(一般)

  • 東京マラソン参加者の健康意識と生活習慣病について

    三橋敏武, 山澤文裕, 真鍋知宏, 堀口速史, 加藤基

    第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 2019年11月, 口頭(一般)

  • 東京マラソン2018出走予定者の心肺蘇生講習受講率に関する報告

    喜熨斗智也, 山澤文裕, 田中秀治, 三橋敏武, 真鍋知宏, 加藤基

    第22回日本臨床救急医学会総会・学術集会, 2019年05月, 口頭(一般)

全件表示 >>