広瀬 寛 (ヒロセ ヒロシ)

Hirose, Hiroshi

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 保健管理センター 保健衛生 (日吉)

職名

准教授

HP

研究室住所

神奈川県港北区日吉4-1-1

研究室電話番号

045-566-1055

特記事項

広瀬 寛

外部リンク

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 医学部, 内科学(腎臓・内分泌・代謝), 兼担准教授

  • 医学部, 病院予防医療センター, 兼担准教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年05月
    -
    1992年02月

    大学助手(医学部内科学) 無給

  • 1992年03月
    -
    1993年02月

    大学助手(医学部内科学) 有給

  • 1993年03月
    -
    1996年05月

    大学助手(医学部内科学) 無給

  • 1996年06月
    -
    1999年03月

    大学助手(保健管理センター)

  • 1996年06月
    -
    継続中

    日吉診療所医師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年03月

    慶應義塾, 医学部, 医学科

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士, 慶應義塾, 論文, 1993年09月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本医師会認定産業医, 日本医師会認定産業医, 1998年01月

  • 労働衛生コンサルタント, 労働衛生コンサルタント, 2014年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 代謝学

  • 応用健康科学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • アディポサイトカインやメタボリックシンドロームの縦断的検討, 

    2010年04月
    -
    継続中

  • アディポサイトカインやSNPsを指標とした、メタボリックシンドロームの縦断的検討, 

    2000年04月
    -
    2010年03月

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 改訂・保健衛生

    広瀬 寛, 慶應義塾大学出版会, 2014年04月

    担当範囲: 肥満とやせ(成人)/糖尿病/脂質異常症(高脂血症)(成人)

  • アディポネクチンとその受容体

    広瀬 寛, フジメディカル出版, 2008年06月

  • 別冊・医学のあゆみ state of arts 2004-2006

    広瀬 寛, 2004年04月

    担当範囲: 724-727

  • 分子糖尿病学の進歩-基礎から臨床まで-2004

    広瀬 寛、山本幸宏、齊藤郁夫, 東京・金原出版, 2004年03月

    担当範囲: 102-106

論文 【 表示 / 非表示

  • Low birth weight is associated with decline in renal function in Japanese male and female adolescents

    Murai-Takeda A., Kanda T., Azegami T., Hirose H., Inokuchi M., Tokuyama H., Wakino S., Tokumura M., Kawabe H., Mori M., Itoh H.

    Clinical and Experimental Nephrology (Clinical and Experimental Nephrology)  23 ( 12 ) 1364 - 1372 2019年12月

    ISSN  13421751

     概要を見る

    © 2019, Japanese Society of Nephrology. Background: Low birth weight (LBW) is a risk factor for chronic kidney disease (CKD) in later life and is becoming increasingly common in developed countries, including Japan. Furthermore, a serial decrease in birth weight has been associated with an increasing prevalence of CKD stage 2 in male Japanese adolescents. Sex-specific differences affect CKD susceptibility, and the association between birth weight and CKD in women, has not been elucidated. In this study, we investigated the sex-specific effect of LBW on renal function. Methods: Annual cross-sectional data of 2417 Japanese adolescents (males 1736; females 681), aged 15–16 years, were evaluated over 8 years (2007–2014). Results: Over the study period, mean birth weights decreased significantly in males (p < 0.01) and females (p < 0.05). Furthermore, both sexes showed significant decrease in estimated glomerular filtration rates corresponding to the birth weight reduction. The prevalence of CKD stage 2 also increased in males (from 26.0 to 32.4%, p < 0.01) and females (from 6.3 to 18.5%, p < 0.05). The incidence of CKD stage 2 was significantly related to history of LBW (males: odds ratio 1.73; 95% confidence interval 1.06–2.80; p < 0.05; females: odds ratio 3.29; 95% confidence interval 1.25–8.02; p < 0.05). Conclusions: Our data revealed that renal function and birth weight have decreased over time, in healthy Japanese adolescents. In view of the recent declining trend demonstrated by birth weight in Japan, we speculate that the prevalence of CKD might increase in the future.

  • 中高一貫校における2018年度の熱中症発生状況とその対応

    福富 千尋, 佐藤 幸美子, 西村 知泰, 井ノ口 美香子, 広瀬 寛, 内田 敬子, 康井 洋介, 有馬 ふじ代, 後藤 伸子, 山田 茉未子, 伴 英子, 徳村 光昭, 森 正明

    慶應保健研究 (慶應義塾大学保健管理センター)  37 ( 1 ) 79 - 84 2019年08月

    ISSN  1340-9379

     概要を見る

    神奈川県内の中高一貫校(男女共学)では、2018年度夏季休業中の部活動において熱中症が、校内、校外合わせて30件発生し、2017年の8件に比べて大幅に増加した。2018年度の夏は、夏季休業開始早々から、保健室において熱中症と判断される運動部生徒への対応が多く、学校は熱中症の発生を減らすために熱中症予防策を設けた。この予防策は、熱中症発生状況に応じて、教員と保健室スタッフが相談し、2回の見直しが行われた。今後の熱中症予防策を検討するため、見直しした対策ごとの熱中症発生者数と暑さ指数(Wet Bulb Globe Temperature:WBGT、湿球黒球温度)の関係を解析した。また、熱中症罹患者を対象にアンケート調査を行った。2018年度からの熱中症予防策に従い、暑さ指数を基準とした活動制限を設けたことで熱中症発生の抑制につながった。熱中症罹患者アンケート調査では、大部分の者では、個人の身体面における熱中症発症リスクや、個人レベルの予防策における問題点は認められなかった。個人の予防対策のみで熱中症発生を防止することは難しく、学校全体で予防策に取り組む必要がある。(著者抄録)

  • Features of and preventive measures against hypertension in the young

    Kawabe H., Azegami T., Takeda A., Kanda T., Saito I., Saruta T., Hirose H.

    Hypertension Research (Hypertension Research)  42 ( 7 ) 935 - 948 2019年

    ISSN  09169636

     概要を見る

    © 2019, The Author(s). The Japanese hypertension guidelines report that essential hypertension is detected in 1–3% of upper elementary and high school students during blood pressure (BP) screenings. Hypertension in these age groups is an emerging public health concern mainly attributed to the rising rate of pediatric obesity. Considering the existence of BP tracking phenomenon, early preventive education and instruction are necessary, especially for male students with moderately elevated BP showing a tendency toward obesity, despite the low prevalence of hypertension in high school students. Students with a positive family history of hypertension and those born with low birth weight need the same measures. Lifestyle habits, such as increased alcohol intake, dramatically change once students begin university; thus, early education and instruction regarding the factors influencing BP are necessary. In particular, for male students with higher BP during high school, caution regarding increased body weight is required irrespective of their level of obesity. Young adults aged <40 years should be educated about the association between body weight and hypertension. Particular caution surrounding lifestyle habits, including drinking and smoking, is warranted in male hypertensive subjects because hypertension at a young age is strongly associated with obesity. BP monitoring and the management of obesity should be considered efficient approaches to the detection and treatment of hypertension. For the lifetime prevention of hypertension, it is essential to be aware of one’s health status and learn about healthy lifestyles beginning in childhood. BP measurement may be an appropriate means to achieve this goal.

  • Genome-wide association study identifies gastric cancer susceptibility loci at 12q24.11-12 and 20q11.21

    Tanikawa C., Kamatani Y., Toyoshima O., Sakamoto H., Ito H., Takahashi A., Momozawa Y., Hirata M., Fuse N., Takai-Igarashi T., Shimizu A., Sasaki M., Yamaji T., Sawada N., Iwasaki M., Tsugane S., Naito M., Hishida A., Wakai K., Furusyo N., Murakami Y., Nakamura Y., Imoto I., Inazawa J., Oze I., Sato N., Tanioka F., Sugimura H., Hirose H., Yoshida T., Matsuo K., Kubo M., Matsuda K.

    Cancer Science (Cancer Science)  109 ( 12 ) 4015 - 4024 2018年12月

    ISSN  13479032

     概要を見る

    © 2018 The Authors. Cancer Science published by John Wiley & Sons Australia, Ltd on behalf of Japanese Cancer Association. Gastric cancer is the third leading cause of cancer mortality in Japan and worldwide. Although previous studies identify various genetic variations associated with gastric cancer, host genetic factors are largely unidentified. To identify novel gastric cancer loci in the Japanese population, herein, we carried out a large-scale genome-wide association study using 6171 cases and 27 178 controls followed by three replication analyses. Analysis using a total of 11 507 cases and 38 904 controls identified two novel loci on 12q24.11-12 (rs6490061, P = 3.20 × 10 −8 with an odds ratio [OR] of 0.905) and 20q11.21 (rs2376549, P = 8.11 × 10 −10 with an OR of 1.109). rs6490061 is located at intron 19 of the CUX2 gene, and its expression was suppressed by Helicobacter pylori infection. rs2376549 is included within the gene cluster of DEFB families that encode antibacterial peptides. We also found a significant association of rs7849280 in the ABO gene locus on 9q34.2 (P = 2.64 × 10 −13 with an OR of 1.148). CUX2 and ABO expression in gastric mucosal tissues was significantly associated with rs6490061 and rs7849280 (P = 0.0153 and 8.00 × 10 −11 ), respectively. Our findings show the crucial roles of genetic variations in the pathogenesis of gastric cancer.

  • VISCERAL FAT AREA, INSULIN RESISTANCE INDEX AND ALCOHOL INTAKE WERE RELATED TO BLOOD PRESSURE STATUS IN COMPREHENSIVE HEALTH CHECKUP

    Hirose Hiroshi, Shimizu-Hirota Ryoko, Kawabe Hiroshi

    JOURNAL OF HYPERTENSION 36   E100 - E101 2018年10月

    ISSN  0263-6352

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 出生体重と成人後のB型ナトリウム利尿ペプチドを含めた動脈硬化リスクとの関連性の検討

    畔上 達彦, 武田 彩乃, 横山 裕一, 和井内 由充子, 広瀬 寛, 牧野 伸司, 西村 知泰, 後藤 伸子, 森 正明

    日本内科学会雑誌 ((一社)日本内科学会)  109 ( Suppl. ) 194 - 194 2020年02月

    ISSN  0021-5384

  • 血清の高分子量型アディポネクチン濃度低値は5年後の耐糖能悪化と関連する

    広瀬 寛, 後藤 伸子, 森 正明

    肥満研究 ((一社)日本肥満学会)  25 ( Suppl. ) 270 - 270 2019年10月

    ISSN  1343-229X

  • 人間ドックにおける内臓脂肪・皮下脂肪面積、インスリン抵抗性指数や生活習慣などと血圧状態との関連

    広瀬 寛, 清水 良子, 畔上 達彦, 武田 彩乃, 森 正明

    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 ((NPO)日本高血圧学会)  42回   254 - 254 2019年10月

  • 医療系学部新入生の麻疹抗体保有率 麻疹流行、ワクチン定期接種の施策の変遷との関係

    大山 晶子, 横山 裕一, 高橋 綾, 中村 清美, 澁谷 麻由美, 松本 可愛, 佐藤 幸美子, 福富 千尋, 西村 知泰, 康井 洋介, 牧野 伸司, 広瀬 寛, 森 正明

    全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 ((公社)全国大学保健管理協会)  57回   64 - 64 2019年09月

  • 教職員健診における血清中の高分子量型アディポネクチン濃度測定の意義

    広瀬 寛, 後藤 伸子, 森 正明

    日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 ((一社)日本抗加齢医学会)  19回   210 - 210 2019年06月

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • オプション健診受診者における血清高分子量アディポネクチン濃度測定の意義

    広瀬 寛

    第57回日本人間ドック学会 (長野県松本市) , 2016年07月, 口頭(一般)

  • 人間ドック健診受診者における血圧状態と内臓脂肪・皮下脂肪面積やインスリン抵抗性指数(HOMA-R)などとの関連の検討

    広瀬 寛

    第38回日本高血圧学会 (愛媛県松山市) , 2015年10月, 口頭(一般)

  • Prediction of metabolic syndrome using artificial neural network system and clinical data

    広瀬 寛

    第43回日本動脈硬化学会 (札幌) , 2015年07月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • Associations of blood pressure status with visceral fat area and insulin resistance index, HOMA-R in men in a health checkup program

    広瀬 寛

    第25回欧州高血圧学会 (イタリア、ミラノ) , 2015年06月, ポスター(一般)

  • 高分子量アディポネクチンは有用な血中マーカーである

    広瀬 寛

    第42回日本総合健診医学会, 2014年01月, 口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 現代社会と医学Ⅰ

    2020年度

  • 現代社会と医学Ⅰ

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 保健衛生

    慶應義塾, 2017年度, 通年, 教養科目, 講義, 専任, 1時間, 200人

    生活習慣病

  • 保健衛生

    慶應義塾, 2016年度, 通年, 教養科目, 講義, 専任, 1時間, 200人

    生活習慣病

  • 保健衛生

    慶應義塾, 2015年度, 通年, 教養科目, 講義, 専任, 1時間, 200人

    生活習慣病

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本糖尿病学会

     
  • 日本内分泌学会