内田 敬子 (ウチダ ケイコ)

Uchida, Keiko

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 保健管理センター (日吉)

職名

専任講師(有期)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年10月
    -
    2015年03月

    慶應義塾大学, 医学部小児科, 研究員

  • 2010年04月
    -
    2015年03月

    東京家政学院大学, 現代生活学部健康栄養学科, 准教授

  • 2015年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 保健管理センタ―, 専任講師

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1994年03月

    慶應義塾, 医学部

    日本, 大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 論文, 2005年12月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 1994年05月

  • 日本小児科学会小児科専門医, 1998年05月

  • 日本小児循環器学会小児循環器専門医, 2015年

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 小児科学

  • 発生生物学

  • 細胞生物学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Cardiovascular development

  • Calcium signaling

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Calcium signaling in physiology and pathology, 

    1998年07月
    -
    継続中

  • 心血管疾患の発生と先天性心血管疾患の発症機序の解明, 

    2002年10月
    -
    継続中

 

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 肺血管発生と肺高血圧症におけるTbx4の役割

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 内田 敬子, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 肺動脈性高血圧症の進展を抑制する細胞内カルシウムシグナルの解明

    2014年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 内田 敬子, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    長期低酸素暴露による肺高血圧症の程度を野生型と2型イノシトール三リン酸受容体(IP3R2)ノックアウト(KO)マウスで比較したところ、心エコーによる右心機能、右心室の相対的重量による右室肥大、肺組織切片における肺動脈中膜肥厚の全てにおいて、KOマウスでは肺高血圧症が増悪していた。
    IP3R2は肺内では肺動脈平滑筋に特異的に発現しており、肺動脈平滑筋のアポトーシス抵抗性が亢進し、カルシウム流入分子の一つであるTRPc4の発現が上昇していた。さらに、単離肺動脈平滑筋細胞初代培養において、ストア感受性Ca2+流入活性が亢進しており、肺動脈性肺高血圧を増悪させている主な原因経路の一つと考えられた。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 現代社会と医学Ⅱ

    2019年度