村松 憲 (ムラマツ タダシ)

Muramatsu, Tadashi

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 体育研究所 (日吉)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2001年03月

    慶應義塾大学, 体育研究所, 大学助手(嘱託)

  • 2002年04月
    -
    2003年03月

    国立スポーツ科学センター, スポーツ科学研究部 , 研究員

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    慶應義塾大学, 体育研究所, 助手

  • 2005年04月
    -
    2012年03月

    慶應義塾大学, 体育研究所, 専任講師

  • 2012年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学, 体育研究所, 准教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  •  

    東京大学, 教育学部, 体育学健康教育学科体育学・スポーツ科学コース

    大学, 卒業

  •  

    東京大学, 大学院教育学研究科, 総合教育科学専攻体育科学コース

    大学院, 修了, 修士

  •  

    東京大学, 大学院教育学研究科, 総合教育科学専攻体育科学コース

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術), 東京大学, 論文, 2002年02月

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 2008年06月

    慶應義塾創立150年記念事業 体育研究所新棟完成記念フォーラム 司会・コーディネーター

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • テニスにおけるボールの回転量とスピードの関係について, 

    2007年04月
    -
    継続中

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • ボールのスピード・回転量について

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,  希望形態: 共同研究, その他

 

著書 【 表示 / 非表示

  • テニス指導教本Ⅰ

    日本テニス協会, 大修館書店, 2015年12月

    担当範囲: 第2章 「テニスの技術」の中の「2-1. テニスの技術構造とその仕組み」「2-4. グリップ」「2-5. 基礎技術と応用技術」

     概要を見る

    世界で活躍できる選手を数多く育成する競技スポーツとしての強化だけでなく、ジュニアから高齢者まで多くの人に親しまれる生涯スポーツとしての普及を競技振興の2本柱に掲げる日本テニス協会が、自らの責任編集でまとめた指導者養成のためのテキスト。指導者に必要な最新の知識、技術・戦術論、指導論などをまとめている(大修館書店のウェブサイトより引用)

  • 疲労と身体運動

    村松 憲, 杏林書院, 2018年02月

    担当範囲: 2章3.短時間運動が発生させる疲労(1)個人球技の身体活動量②テニス

  • 新・体育理論

    佐々木玲子、村松憲、村山光義、吉田泰将, 慶應義塾大学出版会株式会社, 2006年04月

  • 新版 テニス指導教本

    村松 憲, 大修館書店, 2005年09月

  • Player's Note

    梅林薫、井上直子、江口淳一、高橋正則、田中伸明、村松憲、小屋菜穂子、野田達也、阿部幸恵, 2004年11月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 世界トップクラステニス選手のフォアハンドグラウンドストロークにおける速度と回転量の関係について

    村松 憲, 高橋仁大, 梅林薫

    スポーツパフォーマンス研究 7   292 - 299 2015年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    テニスにおいてトップ選手のボールの速度と回転量の両方を把握することは、大変重要なことであると考えられる。これまでボール速度と回転量の両方を報告している研究は殆どなく、我々の知る限り、村松ほか(2015)が世界トップクラス選手のサービスについて報告しているのが唯一の研究であり、フォアハンドグラウンドストロークについての報告は見当たらない。そこで我々は世界ランキング1位の男子テニス選手のフォアハンドグラウンドストロークについて、試合中のボール速度と回転量の両方に注目するとともに、両者の関係について考察した。ボール速度については、試合当日のサービス速度データを保管しているHawk-Eye社から提供を受けた。ボール回転量については高速度カメラで2000fpsにて撮影を行った。ボール速度から回転量を予測する回帰式は有意であり、回転量(rpm) = -33.2×速度(km/h) + 7878という関係が得られた。全16ショットの平均速度は132km/h、平均回転量は3486rpmであった。このデータは、競技力向上を目指す選手やそのコーチにとって、有用な指標となると考えられる。

  • 世界トップクラステニス選手のサービスにおける速度と回転量の関係について

    村松 憲、髙橋仁大、梅林 薫

    テニスの科学 (日本テニス学会)  23   1 - 7 2015年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    We investigated the relationship between the speed and amount of spin of the serves of seven world-class tennis players. To estimate the amount of ball spin, we used a high-speed video camera running at 2000 frames per second to record the serves of those players in the matches of an international tennis tournament, played on a hard court surface. All of the studied players were placed in the world’s top 50 in either the year before the recorded matches or the year after. From the same matches, we obtained speed data as recorded by the Hawk-Eye system. For each player, we found a strong negative correlation between the serve speed and amount of spin. The average regression line using spin as the outcome variable (y; rpm) and speed as the predictor variable (x; km/h) was y = -56.4 x + 12954. We did not find any significant differences between the regression slopes or regression intercepts of the players. In addition, we did not find any significant dif-ferences between the regression slopes or regression intercepts between any one player’s first and second serves. The present study identifies target values for the speed and spin of a serve for players aiming to be-come top-ranked.

  • 世界ランキング50位以内のテニスプレーヤーの国際大会における サービス回転量について

    村松憲, 池田亮, 高橋仁大, 道上静香, 岩嶋孝夫, 梅林薫

    スポーツパフォーマンス研究 2   220-232 2010年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • シーズンスポーツ「アウトドアレクリエーション」受講者のライフスキルの獲得 : ふりかえりの記述による質的検討  

    野口 和行 , 村山 光義 , 村松 憲 , 板垣 悦子 , 東海林 祐子

    体育研究所紀要 57 ( 1 ) 19 - 31 2018年01月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 共著, 査読有り

  • テニスにおいて「強い」ボールの返球は「弱く」なりやすいのか? -大学生トップクラス選手における一例からの一考察-

    村松 憲

    慶應義塾大学体育研究所紀要 (慶應義塾大学体育研究所)  56   9 - 22 2017年01月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読有り,  ISSN  02866951

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会創立100周年記念関東支部・東京ブロック 共催特別フォーラム報告

    村松 憲

    テニスの科学 6   20-26 1998年03月

    会議報告等, 単著

     概要を見る

    「日本機械学会創立100周年記念関東支部・東京ブロック 共催特別フォーラム」において、小浦氏と友末氏が講演を行った。本稿はその講演の内容を報告したものである。

  • テニスのエネルギー供給 (テニスの科学用語解説(運動生理学編))

    村松 憲, 杉山貴義

    テニスの科学 6   39-41 1998年03月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • テニスにおいて「強い」ボールに対する返球は「弱く」なりやすいのか? 大学トップクラス選手のフォアハンドグラウンドストロークにおけるボール速度と回転量から探る

    村松 憲

    日本体育学会 第67回大会 (大阪体育大学) , 2016年08月, ポスター(一般)

  • 世界トップクラステニス選手のフォアハンドにおける速度と回転量について

    村松 憲, 髙橋仁大, 梅林薫

    日本体育学会 第66回大会 (国士舘大学(東京都)) , 2015年08月, ポスター(一般), 日本体育学会

  • 世界トップレベルテニス選手のサービスにおける、スピードと回転量について

    村松 憲, 高橋仁大, 梅林 薫

    第25回テニス学会 (日本大学(東京都)) , 2013年12月, 口頭(一般), 日本テニス学会

  • テニス世界ランキング1位選手のボール回転量について

    村松憲、高橋仁大、梅林薫

    第24回テニス学会 (島根大学) , 2012年12月, ポスター(一般), 日本テニス学会

  • テニスを科学するとは?・その2

    三浦朗、村松 憲、梅林薫

    第24回テニス学会 (島根大学) , 2012年12月, その他, 日本テニス学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • テニスにおけるボールの回転量・回転軸の測定

    2012年04月
    -
    2013年03月

    慶應義塾学事振興資金, 補助金,  代表

  • 塾生の身体機能および形態の特徴とその機能に関する研究

    2006年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾学事振興資金, 佐々木玲子, 補助金,  分担

  • 映像による即時フィードバックを用いた運動学習システムの開発と応用

    2006年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾学事振興資金, 村松憲, 補助金,  代表

  • 超音波装置を用いた塾生の身体組成に関する研究

    2005年04月
    -
    2006年03月

    慶應義塾学事振興資金, 補助金, 

  • ヒト身体運動中のアキレス腱伸張率の算出

    2004年04月
    -
    2005年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金, 

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 体育実技A(テニス)

    2019年度

  • 体育学講義

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • テニス

    慶應義塾, 2017年度, 専任

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • (財)日本テニス協会 強化情報・科学委員会

    2015年04月
    -
    継続中
  • (財)日本テニス協会 コーチング委員会

    2015年04月
    -
    継続中
  • 財団法人 日本オリンピック委員会

    2006年04月
    -
    継続中
  • 財団法人 日本オリンピック委員会

    2004年04月
    -
    継続中
  • (財)日本テニス協会

    2003年05月
    -
    継続中

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本コーチング学会, 

    2016年09月
    -
    継続中
  • 日本テニス学会, 

    2011年04月
    -
    2014年03月
  • 日本テニス学会, 

    2008年04月
    -
    2011年03月
  • 日本テニス学会, 

    2005年04月
    -
    2007年03月
  • 日本スポーツパフォーマンス学会

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2014年03月

    運営委員(審査担当兼編集委員会), 日本テニス学会

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

    運営委員(審査担当兼編集委員会), 日本テニス学会

  • 2006年04月
    -
    継続中

    強化スタッフ(情報、戦略スタッフ), 財団法人 日本オリンピック委員会

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    運営委員(審査担当兼編集委員会), 日本テニス学会

  • 2004年04月
    -
    継続中

    強化スタッフ(医・科学スタッフ), 財団法人 日本オリンピック委員会

全件表示 >>