稲見 崇孝 (イナミ タカユキ)

Inami, Takayuki

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 体育研究所 (日吉)

職名

専任講師

HP

研究室住所

横浜市港北区日吉4-1-1

研究室電話番号

045-566-1068

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2013年07月

    愛知医科大学

  • 2013年08月
    -
    2014年08月

    Edith Cowan University (Australia)

  • 2014年09月
    -
    2017年03月

    早稲田大学

  • 2017年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 体育研究所

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    中京大学大学院, 体育学研究科博士前期課程(健康科学系)

    日本, 大学院, 修了, 博士前期

  • 2009年04月
    -
    2011年09月

    中京大学大学院, 体育学研究科博士後期課程(健康科学系)

    日本, 大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(体育学), 中京大学, 課程, 2011年09月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭1種免許(保健体育), 2004年03月

  • 高等学校教諭1種免許(保健体育), 2004年03月

  • 中学校教諭専修免許(保健体育), 2009年03月

  • 高等学校教諭専修免許(保健体育), 2009年03月

  • 日本キャンプ協会キャンプインストラクター(NCAJ), 2017年04月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

  • 応用健康科学

  • 生体医工学・生体材料学

  • リハビリテーション科学・福祉工学

  • 身体教育学

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • アスレティックトレーニング

  • スポーツ傷害

  • 妊婦スポーツ

  • 筋生理学

  • 運動器

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • コンカレントトレーニング―最高のパフォーマンスを引き出す「トレーニング順序」の最適解

    Moritz Schumann, Bent R. Rønnestad, 稲見崇孝 (監修, 翻訳),ほか3名, 東洋館出版, 2021年02月,  ページ数: 544

  • メディカルストレッチング 筋学からみた関節疾患の運動療法

    稲見 崇孝, 金原出版(東京), 2014年01月

    担当範囲: ストレッチングの生理学

論文 【 表示 / 非表示

  • Greater knee varus angle and pelvic internal rotation after landing are predictive factors of a non-contact lateral ankle sprain

    Mineta S., Inami T., Hoshiba T., Higashihara A., Kumai T., Torii S., Hirose N.

    Physical Therapy in Sport (Physical Therapy in Sport)  50   59 - 64 2021年07月

    ISSN  1466853X

     概要を見る

    Objectives: This study aimed to clarify the kinematic, kinetic characteristics associated with lateral ankle sprain. Design: A 16-month prospective cohort study. Setting: Laboratory. Participants: A total of 179 college athletes. Main outcome measures: Joint kinematics, moment during single-leg landing tasks, and ankle laxity were measured. The attendance of each participating team, injury mechanism, existence of body contact, presence of orthosis, with or without medical diagnosis, and periods of absence were recorded. Results: Twenty-nine participants incurred lateral ankle sprain during non-contact motion. The Cox regression analysis revealed that greater knee varus peak angle (hazard ratio: 1.16 [95% confidence interval: 1.10–1.22], p < 0.001) and greater pelvic internal rotation peak angle toward the support leg were associated with lateral ankle sprain (hazard ratio: 1.08 [95% confidence interval: 1.02–1.15], p = 0.009). The cut-off values for each predictive factor were −0.17° (area under the curve = 0.89, p < 0.001) and 6.63° (area under the curve = 0.74, p < 0.001), respectively. Conclusions: A greater knee varus peak angle and pelvic internal rotation peak angle after single-leg landing are predictive factors for lateral ankle sprain.

  • The acute mechanism of the self-massage-induced effects of using a foam roller

    Yoshimura A., Sekine Y., Schleip R., Furusyo A., Yamazaki K., Inami T., Murayama M., Hirose N.

    Journal of Bodywork and Movement Therapies (Journal of Bodywork and Movement Therapies)  27   103 - 112 2021年07月

    ISSN  13608592

     概要を見る

    Introduction: Maintaining flexibility, often defined as range of motion (ROM), is important. Recently, self-massage using a foam roller (FR) has been used in clinical and/or sports settings to effectively and immediately improve ROM. Many studies have found significant increases in ROM following the FR intervention; however, the mechanism of the effect is unclear. We aimed to clarify this mechanism regarding the ROM effects following the FR intervention by evaluating local tissue and autonomic nervous system responses. Method: The study employed a crossover design that included a comparison between non-intervention (CON trial: left leg) and intervention (FR trial: right leg) groups. Fourteen volunteers participated. Nine outcomes (passive maximum ankle ROM [ROM with a specified and non-specified passive strength], tissue hardness, skin temperature, water contents, circumference, blood flow velocity, pressure pain threshold, autonomic nervous system, and heart rate) were investigated before (PRE) and 0 min (POST0), 20 min (POST20), 40 min (POST40), and 60 min (POST60) post intervention. Results: Skin temperature, impedance, and circumference changed significantly following the intervention, and increased ROM with non-specified strength was observed. Discussion: Although we found that the FR intervention influenced skin temperature, impedance, circumference, and ROM, adaptability to the intervention may differ depending on an individual's characteristics. Females and/or individuals with a high body water content could obtain greater positive ROM effects than males and/or individuals with a low body water content. Conclusion: These findings suggest that the FR intervention may be an effective method to improve ROM, with alterations of skin temperature, impedance, and circumference.

  • Body composition of collegiate kendo players.

    Yoshida, Y., Inami, T., Takase, T.

    Journal of Sports Medicine and Physical Fitness Accepted for publication 2021年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Increase in foot arch asymmetry after full marathon completion

    Fukano M., Nakagawa K., Inami T., Higashihara A., Iizuka S., Narita T., Maemichi T., yoshimura A., Yamaguchi S., Iso S.

    Journal of Sports Sciences (Journal of Sports Sciences)  2021年

    ISSN  02640414

     概要を見る

    Long-distance running results in lowering of the foot medial longitudinal arch, but it is unknown whether the left and right arches decrease equally. This study aimed to determine whether foot arch asymmetry increases upon completion of a full marathon and to identify factors capable of explaining the degree of asymmetry of navicular height and navicular height displacement. The three-dimensional foot posture data of 74 collegiate runners were obtained using an optical foot scanner system before (PRE) and immediately after (POST) a full marathon. The navicular height and arch height ratio (normalised navicular height by foot length) of both feet significantly decreased from PRE to POST full marathon completion (44.3 ± 6.3 mm versus 40.8 ± 6.5 mm, 17.8 ± 2.5 versus 16.6 ± 2.7, respectively; p < 0.001, both). The asymmetry of the arch height ratio was significantly greater POST than PRE marathon. Multiple linear regression analysis indicated that the POST-race Asymmetry Index (AI) of navicular height was significantly predicted by the PRE-race AI of navicular height; navicular height displacement was predicted by PRE-race navicular height and the marathon time. Full marathon running induced increasing asymmetry and lowering of the medial longitudinal arch in runners.

  • Changes in urinary titin N-terminal fragments as a biomarker of exercise-induced muscle damage in the repeated bout effect

    Yamaguchi, S., Suzuki, K., Inami, T., Okada, J.

    Journal of Science and Medicine in Sport (Elsevier)  Accepted for publication ( 6 ) 536 - 540 2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  14402440

     概要を見る

    © 2019 Sports Medicine Australia Objectives: Muscle damage symptoms induced by unaccustomed eccentric contraction exercise can be reduced by repeating the experience several times. This phenomenon is termed the repeated bout effect. Although traditional biochemical markers require invasive blood sampling, biochemical measurements have recently been developed that can be non-invasively performed using urinary titin N-terminal fragment (UTF). However, it is unclear whether UTF can reflect the repeated bout effect. Therefore, the aim of the present study was to clarify whether UTF decreased with the repeated bout effect. Design: This study compared changes in muscle damage markers between bouts of exercise performed for the first and second time. Methods: Eight young men performed 30 eccentric exercises of the elbow flexor on the first day of the first week (Bout 1). A second bout of eccentric exercises, same as the first, was performed 2 weeks later, (Bout 2). The dependent variables were muscle soreness (SOR), maximal voluntary isometric contraction (MVIC), range of motion (ROM), creatine kinase (CK), and UTF. All dependent variables were analyzed using two-way analysis of variance. Results: No significant difference was observed in workload or peak torque between the first and second exercise bouts. SOR as well as CK and UTF were significantly lower and ROM and MVIC were significantly higher in Bout 2 in comparison to Bout 1. Conclusions: These results suggest that UTF sensitively reflects the repeated bout effect and exercise-induced muscle damage can be non-invasively measured.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 選ばれる価値を育てる

    稲見崇孝

    日本臨床スポーツ医学会誌 28   136 - 136 2020年08月

    総説・解説(その他), 単著

  • 英国代表チーム事前キャンプにおけるスポーツボランティア「KEIO 2020 project」の取り組み

    稲見崇孝, 福士徳文, 東原綾子, 永田直也, 坂井利彰, 須田芳正, 村松憲, 村山光義, 石手靖, 小山亜希子, 中川一紀

    SFC Journal 20 ( 1 ) 162 - 182 2020年08月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要), 共著

  • 筋の「硬さ」の測定:超音波エラストグラフィ

    稲見崇孝

    ペインクリニック 41 ( 5 ) 601 - 608 2020年05月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • マラソン前後の筋肉の硬さ変化とリカバリーの方策

    稲見崇孝

    Sportsmedicine (Bookhouse HD)  207 ( 1 ) 8 - 13 2019年

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著,  ISSN  0916359X

  • 硬化した筋の回復を加速させる方策 経口補水液と特殊シューズを用いた戦略的リカバリー

    稲見崇孝, 東原綾子, 中川剣人, 飯塚哲司, 前道俊宏, 吉村茜, 山口翔大, 深野真子, 伊藤瑳良,神武直彦, 成田崇矢, 村山光義

    日本レーザー治療学会誌 18 ( 2 ) 42 - 47 2019年

    総説・解説(学術雑誌), 共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 骨格筋の非侵襲的質的評価と生体内位置情報の取得

    稲見崇孝

    第64回日本顎口腔機能学会 第62回学術大会優秀賞受賞者企画シンポジウム, 2020年12月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • "現代実学”獲得への道 -2020英国チーム受入れを通じて-

    稲見崇孝

    慶應義塾大学日吉キャンパス公開講座, 2019年09月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 連続投球が肩関節内旋可動域と外旋筋群および関節包のstiffnessに与える影響

    笹川郁、稲見崇孝、東原綾子、吉村茜、我妻浩二、岩本航、広瀬統一

    第74回日本体力医学会大会 (つくば国際会議場) , 2019年09月, 口頭(一般)

  • Muscle condition changes during a training camp for junior elite divers

    Inami, T., Narita, T., Yoshimura, A., Yonezu, T., Yamazaki, E., Orikasa, Y., Tezuka, T., Sugiyama, H., Ohtani, M., Hirose, N., Murayama, M.

    24th Annual Congress of the European College of Sport Science (Prague) , 2019年07月, ポスター(一般)

  • An increasing knee varus angle is a risk factor for lateral ankle sprain during single leg landing -16 months cohort study-

    Mineta, S., Inami, T., Hoshiba, T., Higashihara, A., Hirose, N.

    24th Annual Congress of the European College of Sport Science (Prague) , 2019年07月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 硬化した筋の回復を加速させる方策 アスリートへの実践的研究

    2018年04月
    -
    2021年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

  • 水泳飛込競技選手における合宿中のハムストリングstiffness変化 筋内部位差の検討

    2018年04月
    -
    2019年03月

    個人研究A, 慶應義塾学事振興資金, 稲見崇孝, 補助金,  代表

  • フルマラソン後に材質変化する筋を特定する

    2017年04月
    -
    2018年03月

    慶應義塾大学, 学事振興資金, 稲見崇孝, 補助金,  代表

  • 水泳飛込競技におけるジュニア合宿中の身体後面筋柔軟性の経時変化と従来指標との関係

    2017年04月
    -
    2018年03月

    浅野均一記念研究奨励基金, 平成29年度研究奨励金, 補助金,  代表

  • 最も筋の材質を変化させる手技は何か? 強度や時間の要素を加えた網羅的検討

    2016年04月
    -
    2018年03月

    若手研究B, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 読売市民講座 スポーツの見方・楽しみ方 スポーツインテグレーション スポーツをすべての人に 『人の可能性について 室伏重信氏』 トークショー(コーディネーター)

    稲見崇孝

    慶應義塾大学 日吉キャンパス, 

    2017年06月

    その他, 単独

受賞 【 表示 / 非表示

  • For clinical relevance in fascia research 2nd prize

    Yoshimura, A., Inami, T., Schleip, R., Mineta, S., Shudo, K., Hirose, N., 2018年11月, International Fascia Reseach Congress, Study on the mechanism of the increase of range of motion by foam rolling

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞,  受賞国: Germany

  • Orthopaedic Society for Sports Medicine Excellent Thesis Award (Incentive Thesis Award for Junior Researchers 2009; 1st author)

    2010年09月, 日本整形外科スポーツ医学会, Amount of displacement of the gastrocnemius muscle-tendon junction following retention of passive dorsiflexion of the ankle joint: investigation using different knee joint angles

  • 平成20年日本運動器リハビリテーション学会奨励賞

    2008年07月, 日本運動器リハビリテーション学会, 膝教室における大腿四頭筋機能訓練法

その他 【 表示 / 非表示

  • 2018年

     内容を見る

    【2020 Hope Lights Our Way】チームプレーのボランティア, 大類なをみ, 稲見崇孝. Sportsmedicine, 206: 44-45, 2018.

  • 2018年

     内容を見る

    【2020 Hope Lights Our Way】私の見据える”2020” 久保田あみ, 稲見崇孝. Sportsmedicine, 205: 24-25, 2018.

  • 2018年

     内容を見る

    【報告書】KEIOスポーツレガシー 〜東京2020オリンピック英国サポートを通じた”生きる力”を備えた人間育成プロジェクト【KEIO 2020 project】〜. 稲見崇孝. 2017年度慶應義塾大学体育研究所基盤研究シンポジウム『オリンピック教育とスポーツボランティア〜東京2020に向けた大学・教員・学生の関わり〜』

  • 2017年

     内容を見る

    【報告書】日本水泳連盟飛込委員会報告 平成28年度飛込ナショナルジュニア合宿における科学サポート 平成28年度飛込科学サポート. 折笠佑太, 成田崇矢, 小野田圭祐, 大谷真喜子, 稲見崇孝, 野村孝路, 瓶子勇治郎, 徳本奈保美, 内藤直樹, 茶木康寛, 安田千万樹, 金岡恒治. 日本水泳水中運動科学

  • 2015年

     内容を見る

    【報告書】なぜ多関節筋トレーニングは二関節筋を肥大させないのか:筋活動レベルの変化様相からの検討. 江間涼一, 稲見崇孝, 川上泰雄. デサント研究助成報告書

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 体育実技A(フィットネストレーニング)

    2021年度

  • 体育学講義Ⅱ

    2021年度

  • 体育学講義Ⅰ

    2021年度

  • 体育実技A(フィットネストレーニング)

    2020年度

  • 体育学講義Ⅱ

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • ハイパフォーマンスとトレーニング科学

    慶應義塾大学, 2020年度, 秋学期, 教養科目, 講義, 専任

  • メガスポーツ・イベント論

    慶應義塾大学, 2020年度, 春学期, 教養科目, 講義, 専任

  • スポーツ科学の基礎と応用

    慶應義塾大学体育研究所, 2019年度, 通年, 教養科目, 講義, 専任

  • フィットネストレーニング

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 教養科目, 演習, 専任, 3時間, 60人

  • オリンピック・パラリンピック論

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 教養科目, 講義, 専任, 1時間, 50人

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • The Journal of Sports Medicine and Physical Fitness査読者(定期)

    2015年01月
    -
    継続中
  • 公益財団法人愛知県健康づくり振興事業団 腰痛・骨粗鬆症教室 講師

    2008年04月
    -
    2013年08月
  • 中部電力株式会社防災警備部 健康・体力づくりアドバイザー

    2006年01月
    -
    2013年07月
  • 公益財団法人 愛知県理学療法士協会 健康福祉部スポーツ障害講座 講師

    2005年01月
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本バイオメカニクス学会, 

    2015年09月
    -
    継続中
  • 日本体育学会, 

    2015年09月
    -
    継続中
  • European College of Sport Science, 

    2014年01月
    -
    継続中
  • 日本整形外科超音波学会, 

    2012年07月
    -
    継続中
  • 日本トレーニング科学会, 

    2011年10月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    継続中

    評議員, 日本体力医学会

  • 2017年10月
    -
    2018年10月

    実行委員, 日本バイオメカニクス学会

  • 2016年02月
    -
    2018年02月

    飛込競技ナショナルジュニア 科学サポート, 日本水泳連盟

  • 2006年01月
    -
    2013年06月

    健康・体力づくりアドバイザー, 中部電力株式会社防災警備部