清田 耕造 (キヨタ コウゾウ)

Kiyota, Kozo

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 産業研究所 (三田)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年10月
    -
    2013年09月

    横浜国立大学

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年03月

    慶應義塾大学, 経済学部

    大学, 卒業

  • 2001年09月

    慶應義塾大学, 経済学研究科

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士, 慶應義塾大学, 課程, 2002年10月

 

著書 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • The Effect of Moving to a Territorial Tax System on Profit Repatriation: Evidence from Japan

    Hasegawa, Makoto and Kozo Kiyota

    Journal of Public Economics 153   92 - 110 2017年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • International Productivity Gaps and the Export Status of Firms: Evidence from France and Japan

    Bellone, Flora, Kozo Kiyota, Toshiyuki Matsuura, Patrick Musso, and Lionel Nesta

    European Economic Review 70 ( 2 ) 56-74 2014年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • A Many-cone World?

    Kiyota, Kozo

    Journal of International Economics 86 ( 2 ) 345-354 2012年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • Factor Intensity Reversals Redux: Feenstra Is Right!

    Kiyota, Kozo and Yoshinori Kurokawa

    Review of International Economics  30 ( 4 ) 885 - 914 2022年09月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

     概要を見る

    Two‐ or more‐factor general equilibrium models commonly assume no factor intensity reversals (FIRs): a good that is relatively capital intensive compared with other goods within a country/region is also relatively capital intensive within another country/region. This assumption is so important that its breakdown results in the collapse of several well‐known theorems, such as the Heckscher–Ohlin theorem and the Stolper–Samuelson theorem. Seeing a recent observation, however, Feenstra (2015, Advanced international trade: Theory and evidence (2nd ed.), Princeton University Press) argues that FIRs are quite realistic. Our nonparametric test finds that recent regional‐level data support his view. At the two‐digit industry level, the degree of FIRs among regions is higher than those found in previous studies, which is accompanied by wide differences in relative factor prices among regions. The degree has also increased over the last two decades. FIRs are even stronger at the disaggregated four‐digit industry level and, though not many, exist at the two‐aggregated‐industry level as well. At all the three levels, FIRs do not disappear even when we take into account other factors such as human capital and land. Thus, considering a model without restrictions on FIRs might be a possible direction of research.

  • Political Conflict and Angry Consumers: Evaluating the Regional Impacts of a Consumer Boycott on Travel Services Trade

    Ahn, JaeBin, Theresa M. Greaey, and Kozo Kiyota

    Journal of the Japanese and International Economies  65   10216 - 10216 2022年09月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

     概要を見る

    Political conflict between nations sometimes leads to consumer boycotts. We examine the regional impacts of bilateral boycott activity by investigating the 2019 Korean consumer boycott of travel to Japan. Employing triple- and double-differences designs, we find that the impact of the boycott is large and regionally heterogeneous. Japanese prefectures with high (i.e., 75th percentile) pre-boycott dependency on visitors from Korea suffer bilateral export losses of 56.9 to 60.9 percent and aggregate export losses of 10.5 to 13.3 percent. Prefectures with low (i.e., 25th percentile) Korea dependency experience bilateral losses of 47.8 to 49.7 percent and aggregate losses of 3.3 to 4.2 percent.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 対日直接投資はなぜ世界で最も低水準なのか:機械学習によるアプローチ

    2022年06月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 清田 耕造, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  研究代表者

  • グローバル化に伴う経済活動の産業内・産業間・空間的調整

    2019年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 清田 耕造, 基盤研究(A), 補助金,  研究代表者

  • 国際貿易と産業集積:最終財貿易と中間財貿易の要因と影響

    2019年
    -
    2021年

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 清田 耕造, 国際共同研究加速基金(国際共同強化(A)), 補助金,  研究代表者

  • 国際貿易・産業集積と企業の競争力

    2016年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 清田 耕造, 基盤研究(A), 補助金,  研究代表者

受賞 【 表示 / 非表示

  • 「令和2年度(第15回)小島清賞研究奨励賞」

    清田 耕造, 2020年10月, 日本国際経済学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

     説明を見る

    受賞理由:日本国際経済学会会員のうち国際経済に関する学術研究において,特に優れた業績を上げた者であって,さらなる研究の奨励に値する

  • 「平成29(2017)年,第12回石川賞」

    清田 耕造, 2017年06月, 日本経済学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 「義塾賞」

    清田 耕造, 2016年11月, 慶應義塾大学

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 「平成27年度(第58回),日経・経済図書文化賞」

    清田 耕造, 2015年11月, 日本国際経済学会

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

     説明を見る

    『拡大する直接投資と日本企業』(NTT出版)に対して

  • 「平成25年度(第3回)特定領域研究奨励賞(小田賞)」

    清田 耕造, 2013年10月, 日本国際経済学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

     説明を見る

    受賞理由:国際貿易・貿易政策に関する優れた研究を行い、外国の査読付き雑誌に論文を掲載したことによる

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 国際経済論演習

    2023年度

  • 制度・政策論演習

    2023年度

  • 応用経済学演習

    2023年度

  • 研究会d

    2023年度

  • 研究会c

    2023年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本国際経済学会, 

    2012年10月
    -
    継続中
  • 日本経済学会, 

    1999年10月
    -
    継続中