菅谷 実 (スガヤ ミノル)

Sugaya, Minoru

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 メディア・コミュニケーション研究所 (三田)

職名

名誉教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1972年04月
    -
    1977年08月

    日本ユニバック(株)

  • 1982年09月
    -
    1983年03月

    財団法人電気通信総合研究所 研究員

  • 1983年04月
    -
    1983年03月

    財団法人電気通信総合研究所 プロジェクト・リ−ダ−

  • 1983年04月
    -
    1985年03月

    国際基督教大学教養学部兼任助手

  • 1984年04月
    -
    1986年03月

    白鴎女子短期大学非常勤講師(企業形態論)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1972年03月

    慶應義塾, 商学部

    大学, 卒業

  • 1972年08月

    ミシガン州立大学

    -, 大学院, 修了, 修士

  • 1979年03月

    国際基督教大学, 行政学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 1988年06月

    国際基督教大学, 行政学研究科, 学術

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 学術 , 国際基督教大学, 1988年06月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経済政策 (メディア産業論、メディア政策論、公益事業論)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 地域メディア力

    菅谷 実, 中央経済社, 2014年03月

  • 太平洋島嶼地域における情報通信政策と国際協力

    菅谷 実, 慶應義塾大学出版会, 2013年03月

  • 『映像コンテンツ産業とフィルム政策』

    菅谷 実 菅谷実・中村清・内山隆, 丸善, 2009年01月

  • ネット時代の社会関係資本形成と市民意識

    菅谷 実 金山 智子編, 慶應義塾大学出版会, 2007年03月

    担当範囲: 186

  • トランスナショナル時代のデジタル・コンテンツ

    菅谷 実 宿南達志郎, 慶應義塾大学出版会, 2007年03月

    担当範囲: 262

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 『ネット空間のメディア・リテラシーと情報モラルのあり方に関する国際比較研究』

    菅谷 実 金美林 渡辺真由子

    吉田秀雄財団報告書 2010年05月

    研究論文(その他), 共著, 査読無し

  • The Transformation of Telecommunication Regulatory Structure in Japan: Vertical and Horizontal Perspectives

    菅谷 実

    Keio Communications Review 31   23-36 2009年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読無し

  • The Development of Film Policy in Canada and Japan- From Culture to Economic

    菅谷 実

    Keio Communications Review 28 2006年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読無し

  • ‘Universal Service to Universal Access and Web Accessibility’

    菅谷 実

    Keio Communications Review, No. 27, March 2005. (‘Universal Service to Universal Access and Web Accessibility’ (with Ema Tanaka), Keio Communications Review, No. 27, March 2005.)  2005年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し

  • 「映像コンテンツ産業の行方」

    菅谷 実

    経済セミナー 2004年08月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 地上波・BS・CS・ケーブルー21世紀デジタルビジネス(パネルディスカッション)

    菅谷 実

    放送批評懇談会シンポジウム2000、 (日本) , 2000年11月, 口頭(一般)

  • 『放送メディア秩序の変容』

    菅谷 実

    平成11年度RITEシンポジウム「デジタル時代における放送メディアの展望ー日・米・英比較」 (日本) , 1999年04月, 口頭(一般)

  • 『21世紀の放送メディア』[口頭発表]

    菅谷 実

    平成10年度港区区民大学講座(前期) (日本) , 1998年05月, 口頭(一般)

  • 『メディアの融合』[口頭発表]

    菅谷 実

    知的探求セミナー (慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス) , 1997年11月, 口頭(一般)

  • 通信と放送の融合に向けた制度的枠組みのあり方について〔口頭発表〕

    経済団体連合会 情報通信委員会、通信・放送政策部会, 1997年11月

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 東アジアのメディアコンテンツ流通

    菅谷 実

    2005年04月
    -
    2006年11月

    その他

  • Smile Sports & Media in Lovely Engagement

    菅谷 実

    2004年04月
    -
    2004年11月

    その他, 共同

     発表内容を見る

    2004年度のスポーツとメディアに関するメディアコム菅谷実研究会の共同研究の成果をまとめた報告書である。

  • LOVE Music? 変わり行く音楽産業

    菅谷 実

    2003年04月
    -
    2003年11月

    その他, 共同

     発表内容を見る

    2003年度の音楽産業に関するメディアコム菅谷実研究会の共同研究の成果をまとめた報告書である。

  • デジタル化で変わる地上波テレビ産業

    菅谷 実

    2002年04月
    -
    2002年11月

    その他, 共同

     発表内容を見る

    2002年度のデジタル化されるテレビ産業に関するメディアコム菅谷実研究会の共同研究の成果をまとめた報告書である。

  • New Cinema Life 変わりゆく映画産業

    菅谷 実

    2001年04月
    -
    2001年11月

    その他, 共同

     発表内容を見る

    2001年度の映画産業に関するメディアコム菅谷実研究会の共同研究の成果をまとめた報告書である。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第2回公益事業学会賞受賞

    1990年05月

  • 第5回電気通信普及財団賞(テレコム社会科学賞受賞)

    1990年03月

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  •  キッズ・ステーション放送番組審議会委員

    2012年04月
    -
    継続中
  •  財務省「独立行政法人評価委員会」委員

    2012年01月
    -
    継続中
  •  総務省日ASEAN官民協議会委員、防災システム分科会

    2010年12月
    -
    継続中
  •  財団法人KDDI財団

    2009年10月
    -
    継続中
  • 財団法人国際コミュニケーション基金(ICF)

    2008年06月
    -
    2009年10月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人放送番組センター評議員, 

    2012年04月
    -
    継続中
  • 公益財団法人KDDI財団評議員, 

    2012年04月
    -
    継続中
  • 財団法人情報通信学会, 

    2008年06月
    -
    2011年03月
  • 公益事業学会, 

    2000年06月
    -
    継続中
  • 公益事業学会 , 

    1999年06月
    -
    2000年05月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    評議員, 公益財団法人放送番組センター評議員

  • 2012年04月
    -
    継続中

    委員,  キッズ・ステーション放送番組審議会委員

  • 2012年04月
    -
    継続中

    評議員, 公益財団法人KDDI財団評議員

  • 2012年01月
    -
    継続中

    委員,  財務省「独立行政法人評価委員会」委員

  • 2010年12月
    -
    継続中

    座長,  総務省日ASEAN官民協議会委員、防災システム分科会

全件表示 >>