山本 なつ紀 (ヤマモト ナツキ)

Yamamoto, Natsuki

写真a

所属(所属キャンパス)

看護医療学部 (湘南藤沢)

職名

助教(有期)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    東京大学, 医学系研究科, 健康科学・看護学専攻

    大学院, 修了, 博士後期

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    東京大学, 医学系研究科, 健康科学・看護学専攻

    大学院, 修了, 博士前期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(保健学), 東京大学, 課程, 2018年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 生涯発達看護学 (母子保健)

  • ライフサイエンス / 高齢者看護学、地域看護学 (在宅看護)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 在宅看護

  • 患者安全

  • 母子保健

  • 看護管理

  • 組織学習

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Characteristics of Patient Safety Incident Occurrences Reported by Japanese Homecare Nurses: A Prospective Observational Study

    Natsuki Yamamoto-Takiguchi, Takashi Naruse, Mahiro Fujisaki-Sueda-Sakai, Noriko Yamamoto-Mitani

    Nursing Reports (MDPI AG)  11 ( 4 ) 997 - 1005 2021年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著

     概要を見る

    Patient safety incidents (PSIs) prevention is important in healthcare because PSIs affect patients negatively and increase medical costs and resource use. However, PSI knowledge in homecare is limited. To analyze patient safety issues and strategies, we aimed to identify the characteristics and contexts of PSI occurrences in homecare settings. A prospective observational study was conducted between July and November 2017 at 27 Japanese homecare nurse (HCN) agencies. HCNs at each agency voluntarily completed PSI reports indicating whether they contributed to PSIs or were informed of a PSI by the client/informal caregiver/other care provider during a period of three months. A total of 139 PSIs were analyzed, with the most common being falls (43.9%), followed by medication errors (25.2%). Among the PSIs reported to the HCN agencies, 44 were recorded on formal incident report forms, whereas 95 were reported as PSIs that required a response (e.g., injury care) but were not recorded on formal incident report forms. Most PSIs that occurred when no HCN was visiting were not recorded as incident reports (82.1%). Developing a framework/system that can accumulate, analyze, and share information on PSIs that occur in the absence of HCNs may provide insights into PSIs experienced by HCN clients.

  • 訪問看護師によるPatient Safety Incidentsの認識と報告:質的記述的研究

    山本なつ紀, 成瀬昂, 松本博成, 藤﨑 万裕, 永田智子

    日本在宅ケア学会誌 (医学書院エムワイダブリュー)  23 ( 2 ) 63 - 72 2020年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1346-9649

  • Home safety practices to prevent child injury and its association with family and children's daily routines in Japan: A cross-sectional study

    Honda C., Naruse T., Tsuchiya-Ito R., Yamamoto N., Nagata S.

    Japan Journal of Nursing Science (Japan Journal of Nursing Science)  17 ( 1 ) e12274 2019年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  17427932

     概要を見る

    © 2019 Japan Academy of Nursing Science Aim: To investigate the association between children and their families' daily life routines and the implementation of safety practices in their homes. Methods: A cross-sectional study was conducted using a self-administered questionnaire among parents of 3-year-old children, who visited a public health center in Tokyo for their health checkups. Associations between the implementation of safety practices and family and children's basic daily routines were assessed using a multivariate logistic regression. Results: Data from 336 parents were analyzed. Three items were found to be significantly related to the non-implementation of safety practices, such as “television-watching behavior: after 8:00 p.m.” (adjusted odds ratio = 1.88, p =.02), “washing hands: not every time after getting home” (adjusted odds ratio = 2.24, p =.02), and “Family Routines Inventory: lower score” (a measurement of the routinization of a family's daily life; adjusted odds ratio =.83, p =.01). Conclusion: The cumulative results suggest that the lack of safety practices implementation signify nonadherence to daily routine practices by parents.

  • Relationship between maternal mindfulness and anxiety 1 month after childbirth

    Natsuki Yamamoto, Takashi Naruse, Mahiro Sakai, Satoko Nagata

    APAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE 14 ( 4 ) 267 - 276 2017年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1742-7932

     概要を見る

    AIM: To investigate the relationship between maternal mindfulness and maternal anxiety 1 month after childbirth. METHODS: A cross-sectional design was used, featuring anonymous questionnaires that were completed between July and December 2014 at two Japanese hospitals. The participants (n = 151) completed the Mindful Attention Awareness Scale (Japanese version) and the State-Trait Anxiety Inventory Form X (Japanese version). The data analysis was carried out by using a hierarchical multiple regression. RESULTS: The state and trait anxiety scores showed significant relationships with mindfulness, the mother's age, and the perceived difference between the expectations of motherhood before childbirth and the reality of post-partum daily life. Furthermore, the amount of average sleep time in the past week (including naps) showed a negative association with the state anxiety score, whereas the marital relationship showed a positive association with trait anxiety. Finally, at 1 month post-partum, the mothers with greater mindfulness scores showed lower anxiety. CONCLUSIONS: Improvements in mindfulness could help mothers to reduce their post-partum anxiety.

  • Current trends and age-based differences of unintentional injury in Japanese children

    Yamamoto, Natsuki, Honda, Chikako, Nagata, Satoko

    BIOSCIENCE TRENDS (IRCA-BSSA)  10 ( 2 ) 152 - 157 2016年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1881-7815

     概要を見る

    Unintentional injury in children is a worldwide public health problem, as it increases the health burden and is a leading cause of death among children. It is important to understand the differences between different age groups of children in regard to unintentional injury, in order to effectively implement child safety education. The present study aimed to determine the current trends of unintentional injury in children, and to identify the differences between different age groups of children with regard to unintentional injury. We identified 1,521 children who attended an 18-month health checkup (18-month group), and 1,368 children who attended a 36-month health checkup (36-month group), between January 1, 2014 and December 31, 2014. The rate of hospital visits associated with unintentional injury was 10.6% (161/1,521) in the 18-month group, and 13.1% (180/1,368) in the 36-month group. In both groups, present/past illness was associated with hospital visits, and in the 36-month group, hospital visits were more common in boys than in girls. The number of unintentional injuries that occurred outdoors was higher in the 36-month group than in the 18-month group. Unintentional injuries resulting from accidental ingestion and falls were more common in the 18-month group, while unintentional injuries resulting from turning over were more common in the 36-month group. In conclusion, the number of hospital visits for unintentional injury might be higher, and the number of preventive actions taken by mothers might be lower, among children attending the 36-month health checkup than among those attending the 18-month health checkup.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 訪問看護師の「利用者の安全に関わる出来事」への認識と判断

    山本なつ紀, 成瀬昂, 松本博成, 藤﨑万裕, 永田智子

    日本地域看護学会第20回学術集会  2017年08月

    筆頭著者

  • 1歳6ヵ月児及び3歳児の親の事故予防行動と子供の性別の関連

    本田 千可子, 成瀬 昂, 山本 なつ紀, 永田 智子

    日本公衆衛生学会総会抄録集 (日本公衆衛生学会)  75回   453 - 453 2016年10月

    ISSN  1347-8060

  • Current trends and age-based differences of child unintentional injury in Japan

    Yamamoto, N, Honda, C, Nagata, S

    International Collaboration fo Community Health Nursing Research SYMPSIUM 2016  2016年09月

    筆頭著者

  • 「平成27年度久留米市在宅医療介護連携推進事業社会資源情報把握および課題抽出事業調査」報告書

    成瀬昂, 山本なつ紀

     2016年03月

  • Differences in factors associated with unintentional injury in a child and the mother’s preventive behavior according to the child’s age

    Yamamoto, N, Honda, C, Nagata, S

    The 19th East Asian Forum of Nursing Scholars  2016年03月

    筆頭著者

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • COVID-19感染拡大下の地域住民の生活 調査(第二報):変化・困り事とストレスの関連

    山本なつ紀, 内山映子, 秋山美紀, 石川志麻, 小熊祐子, 田口敦子, 永田智子

    第80回日本公衆衛生学会総会, 

    2021年12月

    ポスター発表

  • COVID-19感染拡大下の地域住民の生活 調査(第一報):変化・困り事の現状把握

    内山映子, 山本なつ紀, 秋山美紀, 石川志麻, 小熊祐子, 田口敦子, 永田智子

    第80回日本公衆衛生学会総会, 

    2021年12月

    ポスター発表

  • 居住地区を踏まえた地域高齢者の要介護・要支援化のリスク要因の検討: 自治体の調査データを用いた二次分析

    山本なつ紀, 成瀬 昂, 永田智子

    日本地域看護学会第 23 回学術集会, 

    2020年08月

    ポスター発表

  • Relational coordination, speaking up for patient safety, and its related factors among home visit nurses: Toward ensuring patient safety

    Natsuki Yamamoto-Takiguchi, Takashi Naruse, Mahiro Fujisaki-Sueda-Sakai, Noriko Yamamoto-Mitani

    the 22nd East Asian Forum of Nursing Scholars 2019 (Singapore) , 

    2019年01月

    ポスター発表

  • 訪問看護事業所における「利用者の安全に関わる出来事」の発生実態

    山本 なつ紀, 成瀬 昂, 山本 則子.

    日本地域看護学会第21回学術集会 (日本(岐阜県)) , 

    2018年08月

    ポスター発表, 日本地域看護学会

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 訪問看護ステーション内外での事故・インシデント報告・共有システムの開発と効果検証

    2019年04月
    -
    2021年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山本なつ紀, 若手研究, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    医療の場が、病院等の医療機関から在宅へと拡大していくのに伴い、医療の安全も、在宅へ対象を拡大する必要がある。組織が安全を実現するためには、事故・インシデントなどの失敗から学ぶための、組織学習を行うことが重要である。特に、医療や看護など、業務上の失敗が致命的な結果となり得る組織では、他組織の失敗から間接的に学ぶ代理学習が不可欠である。しかし、訪問看護領域には、代理学習の機会を得るための社会システムが存在しない。本研究では、訪問看護師を対象に、オンラインで事故等を報告・共有できるシステムを開発する。これにより、安全に関する代理学習の機会の付与が、訪問看護の安全管理方略へ与える効果を比較検証する。

  • 訪問看護師の事故・インシデント報告行動に関連する訪問看護事業所特性の明確化

    2016年12月
    -
    2018年06月

    公益財団法人 ファイザーヘルスリサーチ振興財団, 山本 なつ紀, 補助金,  研究代表者

  • 訪問看護師が認識する事故・インシデント報告範囲/基準の構成要素と事故・インシデント報告行動の阻害要因について

    2016年07月
    -
    2017年08月

    公益財団法人 在宅医療助成勇美記念財団, 山本 なつ紀, 補助金,  研究代表者

  • 地理情報システムとPhotovoiceを用いた新たな住民参加型地域診断手法の開発

    2016年04月
    -
    2019年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 永田 智子, 成瀬 昂, 成瀬 昂, 蔭山 正子, 藤崎 万裕, 寺本 千恵, 山本 なつ紀, 挑戦的萌芽研究, 未設定

     研究概要を見る

    2016年度には、2基礎自治体を対象地区としてGISとPhotovoiceを用いた地域診断を行った。ArcGISを用いて地域内の人口集団の分布を俯瞰するとともに、GISを用いて地域のサブシステムに該当するデータを地図情報化してから、各小地区の評価を行った。その結果を受け、複数の小地区において地区踏査・フォトボイスによる情報収集を行った。
    2017年度には地域診断とプログラム評価のためのロジックモデル開発を行った。
    2018年度には1自治体を対象とし、行政担当者とのヒアリングを通して、地域特性を踏まえた課題設定を行い、高齢者の各種データと地理情報に基づく分析を行って行政へのフィードバックを行った。

  • 母親のマインドフルネスと産後うつ症状の関連について

    2014年04月
    -
    2015年03月

    公益財団法人政策医療振興財団研究助成金, 山本 なつ紀, 補助金,  研究代表者

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本地域看護学会第21回学術集会優秀ポスター賞

    山本 なつ紀, 成瀬 昂,山本 則子, 2018年08月, 日本地域看護学会, 訪問看護事業所における「利用者の安全に関わる出来事」の発生実態

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 在宅看護技術演習

    2022年度

  • 在宅看護実践

    2022年度

  • 地域包括ケア入門

    2022年度

  • 在宅看護技術演習

    2021年度

  • 在宅看護実践

    2021年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 両親学級 講師

    東京都荒川区健康推進課

    2016年04月
    -
    継続中
  • 乳幼児突然死症候群 相談員

    東京都福祉保健局

    2016年03月
    -
    2019年06月

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年10月
    -
    継続中

    国際交流委員, 一般社団法人日本地域看護学会

  • 2019年10月
    -
    継続中

    和文誌専任査読委員, 日本看護科学学会誌