白坂 成功 (シラサカ セイコウ)

Shirasaka, Seiko

写真a

所属(所属キャンパス)

システムデザイン・マネジメント研究科 (日吉)

職名

教授

HP

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 東京大学大学院修士課程修了(航空宇宇宙工学)、慶應義塾大学後期博士課程修了(システムエンジニアリング学)。大学院修士課程修了後、三菱電機にて15年間、宇宙開発に従事。「こうのとり」などの開発に参画。初期設計から初号期の運用終了、2号機を開発。途中、2年間交換エンジニアとしてAirbus社に勤務し、モデルベースシステムズエンジニアリング (MBSE)の立ち上げに参画。 慶應大学では、システムズエンジニアリングとシステムxデザイン思考に関するクラスを担当。 システムズエンジニアリング を適用した研究プロジェクトとしては、50kg級の超小型衛星開発の方法論を構築を実施。内閣府FIRSTとして、2機の超小型衛星、文部科学省UNIFORMプロジェクトにて1機の超小型衛星を開発に参画。その後、内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)プログラムマネージャとして小型の合成開口レーダ衛星システムの開発を先導。 デザイン思考を適用した研究プロジェクトとしては、文部科学省委託事業「イノベーション対話ツールの開発」にて、イノベーション創出に向けたワークショップをデザインするための方法論を構築。これにより“思考の流れ”をデザインすることで狙ってイノベーティブに考える方法論を構築。さらに、Keio EDGEでは、アントレプレナー育成教育、プロトタイピングのためのEDGEルーム構築、エコシステム構築を実施。 方法論の構築を専門とし、大規模複雑・高信頼性システム構築から、技術・社会融合システムのイノベーション創出方法論にいたるまで、幅広い方法論の構築の研究に取組む。また、それらを企業との共同研究を通じて社会実装をおこなっている。特にシステムアーキテクチャでは、ISO JTC1/SC7 WG42「システムアーキテクチャ」の国内主査も務める。 2010年より慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 准教授.2017年同教授.2015年9月から2019年3月まで内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)プログラムマネージャ。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1992年03月

    東京大学, 工学部, 航空宇宙工学科

    日本, 大学, 卒業, その他

  • 1992年04月
    -
    1994年03月

    東京大学, 工学系研究科, 航空宇宙工学専攻

    日本, 大学院, 修了, 修士

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

    慶應義塾, システムデザイン・マネジメント研究科

    日本, 大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • システムエンジニアリング学, 慶應義塾大学大学院, 課程, 2012年03月

    メタ思考と実現子を活用したアーキテクチャフレームワーク構築プロセス -水平・垂直関係を活用した階層型システム開発方法論の提案とその宇宙機コンピュータシステム安全性設計への適用-

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • デザイン学

  • 社会システム工学・安全システム

  • 制御・システム工学

  • 航空宇宙工学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • システム工学

  • デザイン思考

  • 宇宙工学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ワイガヤの本質-"ひらめき"は必然的に起こせる

    白坂 成功, 日刊工業新聞社, 2018年03月

  • システムデザイン・マネジメントとは何か

    白坂 成功, 慶應義塾大学出版会, 2016年11月

  • 【横幹〈知の統合〉シリーズ】 価値創出をになう人材の育成 コトつくりとヒトつくり

    白坂 成功, 東京電機大学出版, 2016年11月

  • Global Perspective on Service Science

    白坂 成功, Springer, 2016年04月

    担当範囲: Chapter 6, Chapter 7

  • システム×デザイン思考で世界を変える 慶應SDM「イノベーションのつくり方」

    白坂 成功, 日経BP社, 2014年03月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Proposal of an Assurance Case Description Method Considering External Environment of Systems: Application to Operation of an Ice-Skating Rink

    Nobuyuki Kobayashi, Aki Nakamoto, Seiko Shirasaka

    Review of Integrative Business and Economics Research 8 ( 3 ) 87 - 95 2019年

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • A vision for open healthcare platform 2030

    Masuda Y., Yamamoto S., Shirasaka S.

    Smart Innovation, Systems and Technologies (Smart Innovation, Systems and Technologies)  98   175 - 185 2019年

    ISSN  9783319922300

     概要を見る

    © Springer International Publishing AG, part of Springer Nature 2019. Internets of Things (IoT) applications and services have spread and are rapidly being deployed in the information services of the healthcare and financial industries, etc. However, the previous paper suggested that the current IoT services were individually developed, therefore, the open platform and architecture for the above IoT services of the healthcare industries should be deemed necessary. An open healthcare platform is expected to promote and implement the digital IT applications for healthcare communities efficiently. In this paper, we suggest that the open platform for healthcare related IoT services will be proposed and verified by the research initiative named “Open Healthcare Platform 2030 – OHP2030”. In addition, the vision for the OHP2030 research initiative is expressed.

  • Development of small satellite for X-Band compact synthetic aperture radar

    Hirako K., Shirasaka S., Obata T., Nakasuka S., Saito H., Nakamura S., Tohara T.

    Journal of Physics: Conference Series (Journal of Physics: Conference Series)  1130 ( 1 )  2018年11月

    ISSN  17426588

     概要を見る

    © Published under licence by IOP Publishing Ltd. JAXA/ISAS, University of Tokyo, and Keio University have been developing an X-band compact synthetic aperture radar (SAR) system and carrying out satellite system design. Many SAR satellites are operating on orbit. Generally, weight of SAR satellites vary from three hundred to a few thousand kilograms. Compact SAR satellite has several issues. For example, high power management during mission operation, thermal management of high power amplifier, EMC related with high power consumption and target pointing with high accuracy. Considering above issues, we carried out system design of the X band compact SAR satellite and have obtained feasibility of the system. Engineering model or flight equivalent model of x band compact SAR equipment such as an antenna, a high power amplifier, a mission data recorder and a x band data transmitter have been developing and there characteristics are measured. Integration and testing of a demonstration satellite will start from the beginning of 2019 and first demonstration satellite will be launched within 2019.

  • 安全解析手法STAMP/STPA の要件定義工程への適用評価

    山口 晋一, 小林 延至, 白坂 成功

    安全工学 57 ( 5 ) 370 - 379 2018年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Managing a Monolithic System or a System-of-Systems? An Assurance Case Approach to Reach Intra-organizational Consensus

    Kobayashi N., Nakamoto A., Kawase M., Sussan F., Ioki M., Shirasaka S.

    Proceedings - 2018 7th International Congress on Advanced Applied Informatics, IIAI-AAI 2018 (Proceedings - 2018 7th International Congress on Advanced Applied Informatics, IIAI-AAI 2018)     688 - 693 2018年07月

    ISSN  9781538674475

     概要を見る

    © 2018 IEEE. This study proposes an assurance case description method to reduce misunderstanding caused by the difference of grasping the objects managed in various departments as a monolithic system or a System-of-Systems (SoS). The assurance case method describes various misunderstandings and the classification of patterns of how misunderstanding occurs. We derived steps from the classification of patterns to eliminate the differences in grasping the managed objects. Six researchers in systems engineering confirmed the validity and necessity of the proposed approach for grasping the objects managed in various departments as a monolithic system or a SoS, and the five steps needed to reduce the four patterns of misunderstanding. In addition, this study verified through interviewing experts Understanding, Utility, and Effectiveness of the proposed assurance case description method. This study concludes with future research topics.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 『共同行為における自己実現の段階モデル』を用いた協創型地域づくり拠点の参加者の意識と行動変化の分析

    坂倉杏介, 保井俊之, 白坂成功, 前野隆司

    地域活性研究 6 2015年03月

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • An Analysis of Human Resource Management for Knowledge Workers -Using Three Axes of Target Employee, Lifecycle Stage, and Human Resource Flow

    Yusuke Sato, Nobuyuki Kobayashi, Seiko Shirasaka

    SIBR 2019 TOKYO CONFERENCE ON INTERDISCIPLINARY BUSINESS & ECONOMICS RESEARCH, 2019年01月, 口頭(一般)

  • Proposal of Entrepreneur’s Behavior Process for Overcoming Japanese Type Valley of Death in Startup Companies

    Yasuo Kogure, Nobuyuki Kobayashi, Maki Kawase, Seiko Shirasaka, Makoto Ioki

    SIBR 2019 TOKYO CONFERENCE ON INTERDISCIPLINARY BUSINESS & ECONOMICS RESEARCH (Tokyo, Japan) , 2019年01月, 口頭(一般)

  • Proposal of an Approach to Improve Organizational Activation Level Using Value Graph

    Yuichi Mori, Nobuyuki Kobayashi, Eriko Hikishima, Seiko Shirasaka, Makoto Ioki

    SIBR 2019 TOKYO CONFERENCE ON INTERDISCIPLINARY BUSINESS & ECONOMICS RESEARCH, 2019年01月, 口頭(一般)

  • Proposal of a Method to Evaluate and Promote a Degree of Community Activation

    Kaoruko Manabe, Nobuyuki Kobayashi, Seiko Shirasaka, Makoto Ioki

    SIBR 2019 TOKYO CONFERENCE ON INTERDISCIPLINARY BUSINESS & ECONOMICS RESEARCH, 2019年01月, 口頭(一般)

  • Proposal of Method and Tool to Promote Knowledge Brokering in Cross-boundary Learning for Organization's Knowledge Acquisition and Personal Career Development

    Kota Isomura, Nobuyuki Kobayashi, Seiko Shirasaka, Makoto Ioki

    SIBR 2019 TOKYO CONFERENCE ON INTERDISCIPLINARY BUSINESS & ECONOMICS RESEARCH, 2019年01月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • オンデマンド即時観測が可能な小型合成開口レーダ衛星システム

    2015年09月
    -
    2019年03月

    内閣府, 革新的研究開発推進プログラム, 代表

  • 因果関係確率数理分析を用いた公共価値指向地域活性化団体の定量的政策評価法の開発

    2015年
    -
    2017年

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 分担

  • アーキテクチャ統合分析法によるワークショップの定量評価と成熟度モデル構築

    2015年

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 代表

  • 社会システムと技術システムとの統合設計へのシステムデザイン方法論の適用研究

    2011年
    -
    2013年

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 分担

受賞 【 表示 / 非表示

  • SIBR Best Paper Award

    Kota Isomura, Nobuyuki Kobayashi, Seiko Shirasaka, Makoto Ioki, 2019年06月, Society of Interdisciplinary Business Research, Proposal of Method and Tool to Promote Knowledge Brokering in Cross-boundary Learning for Organization's Knowledge Acquisition and Personal Career Development

    受賞区分: その他の賞

  • SIBR Best Paper Award

    Keisuke Seya, Nobuyuki Kobayashi, Seiko Shirasaka, 2019年01月, Society of Interdisciplinary Business Research, Identifying Issues for Technology Learners to Complete Online Courses on Machine Learning and Deep Learning on Their Own Under a Fully Automated Learning Environment

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: Thailand

  • SIBR Best Paper Award

    2018年06月, Society of Interdisciplinary Business Research, A Proposal of Architectural Framework for Self-organizing Management Utilizing Multi-Layer Customer Value Chain Analysis

  • RIBER Best Paper Prize

    2018年03月, Society of Interdisciplinary Business Research, Educational Programs and Practical Examples that Contribute to Work Engagement

  • SIBR Best Paper Award

    2018年02月, Society of Interdisciplinary Business Research, Educational Programs and Practical Examples that Contribute to Work Engagement

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • イノベーションのためのワークショップデザイン論2

    2020年度

  • イノベーションのためのワークショップデザイン論1

    2020年度

  • 幸福経営とイノベーション(EMBA)

    2020年度

  • システムアシュアランス

    2020年度

  • サービス工学

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • システムデザイン・マネジメント序論

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 66人

  • システムデザイン・マネジメント特別講義2

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専門科目, 講義, 兼任

  • デザインプロジェクト

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 専門科目, 演習, 兼担, 74人

  • SDM RESEARCH METHODOLOGY

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 兼任

  • システムアシュアランス

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本創造学会, 

    2012年04月
    -
    継続中
  • 関東都市学会, 

    2011年03月
    -
    継続中
  • 社会経済システム学会, 

    2010年05月
    -
    継続中
  • 安全工学会, 

    2010年04月
    -
    継続中
  • 日本機械学会, 

    2010年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年06月
    -
    継続中

    理事, サービス学会

  • 2018年04月
    -
    継続中

    副理事長, ディペンダビリティ技術推進協会

  • 2016年08月
    -
    2018年03月

    システムズエンジニアリング推進ワーキンググループ座長, 独立行政法人情報処理振興機構

  • 2016年06月
    -
    2017年02月

    宇宙産業小委員会議長代理, 内閣府宇宙政策委員会

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    科学技術・学術審議会専門委員会委員(X線天文衛星「ひとみ」の異常事象に関する小委員会委員), 文部科学省

全件表示 >>