金 倫基 (キム ユンギ)

Kim, Yungi

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 創薬研究センター (芝共立)

職名

教授(有期)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年01月
    -
    2011年07月

    University of Michigan, Department of Pathology, Post-doctral fellow

  • 2011年07月
    -
    2013年06月

    筑波大学, 医学医療系, 助教

  • 2013年06月
    -
    2015年06月

    University of Michigan, Department of Pathology, Research Investigator

  • 2015年06月
    -
    2016年07月

    Vedanta Biosciences, Inc., Senior Scientist

  • 2016年08月
    -
    2018年09月

    慶應義塾大学, 薬学部生化学講座, 准教授

全件表示 >>

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 北里大学, 2005年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師, 2000年

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • アレルギー

  • 感染免疫

  • 腸内細菌

  • 自然免疫

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 腸内環境調節と炎症性疾患の制御に関する研究, 

    2016年
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 腸内細菌叢を標的とした医薬品と保健機能食品の開発

    金 倫基, 技術情報協会, 2018年09月

    担当範囲: 腸内細菌叢の創薬応用の研究開発の現状と可能性について

  • ヒトマイクロバイオーム研究最前線

    金 倫基渋谷 彰, (株)エヌ・ティー・エス, 2016年03月

    担当範囲: 腸内細菌叢と喘息

論文 【 表示 / 非表示

  • Neonatal acquisition of Clostridia species protects against colonization by bacterial pathogens

    KIM YUN-GI, Sakamoto K, Seo SU, Pickard JM, Gillilland MG III, Pudlo NA, Hoostal M, Li X, Wang TD, Feehley T, Stefka AT, Schmidt TM, Martens EC, Fukuda S, Inohara N, Nagler CR, Núñez G

    Science 356 ( 6335 ) 315 - 319 2017年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Microbiota influences vaccine and mucosal adjuvant efficacy

    KIM YUN-GI

    Immune Network 2017年02月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • IL-22 Controls Iron-Dependent Nutritional Immunity Against Systemic Bacterial Infections

    Sakamoto K, Kim YG, Hara H, Kamada N, Caballero-Flores G, Tolosano E, Soares MP, Puente JL, Inohara N, and Núñez G

    Science Immunology 2 ( 8 )  2017年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Nod2-mediated recognition of the microbiota is critical for mucosal adjuvant activity of cholera toxin.

    Kim D, Kim YG, Seo SU, Kim DJ, Kamada N, Prescott D, Philpott DJ, Rosenstiel P, Inohara N, Núñez G

    Nat Med. 22 ( 5 ) 524 - 530 2016年05月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Intestinal macrophages arising from CCR2(+) monocytes control pathogen infection by activating innate lymphoid cells

    Seo SU,Kuffa P, Kitamoto S, Nagao-Kitamoto H, Rousseau J, Kim YG, Núñez G,#HKamada N

    Nat Commun. 6   8010 2015年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 腸内細菌叢をターゲットにした創薬開発と課題

    金 倫基

    CARDIAC PRACTICE (メディカルレビュー社)  29 ( 4 ) 299 - 302 2019年02月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 腸内細菌による病原微生物に対する感染抵抗性

    金 倫基

    最新医学 73 ( 4 ) 538 - 544 2018年04月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 食事による腸内細菌叢および宿主生理機能の変化

    冨岡 佐和子関 夏実金 倫基

    化学工業 (化学工業社)  69 ( 3 ) 48 - 54 2018年03月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • 腸内細菌叢の機能と創薬応用の可能性について

    金 倫基

    ファルマシア (日本薬学会)  53 ( 11 ) 1091 - 1094 2017年11月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 乳幼児期におけるクロストリジウム目菌群の獲得は腸管病原菌の感染を防ぐ

    金 倫基, 福田 真嗣

    ASCA Bulletin (アスカコーポレーション)  17   10 2017年08月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Role of gut microbiota in health and disease

    KIM YUN-GI

    7th Tokyo Tech International Symposium on Life Science and Technology, 2019年01月, 口頭(招待・特別), TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGY

  • Role of gut microbiota in intestinal pathogen colonization

    KIM YUN-GI

    2018 International Meeting of the Federation of Korean Microbiological Societies (The-K Hotel Seoul,South Korea) , 2018年10月, 口頭(招待・特別)

  • 腸内細菌叢をターゲットにした創薬の現状と可能性について

    金 倫基

    CBI2018年大会 (タワーホール船堀) , 2018年10月, 口頭(招待・特別)

  • 腸内細菌による腸管病原細菌の定着阻害作用

    金 倫基

    第161回日本獣医学会学術集会 (つくば国際会議場) , 2018年09月, 口頭(招待・特別)

  • 食餌因子と腸内細菌間相互作用によるClostridium difficile 感染制御機構の解析

    矢加部恭輔金 倫基長谷耕二

    第22回腸内細菌学会, 2018年05月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 腸内細菌叢の成熟に伴う腸管病原菌に対する感染抵抗性獲得機構

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 金 倫基, 若手研究(A), 補助金,  代表

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 病態生化学

    2019年度

  • 薬科学概論

    2019年度

  • 生物系薬学特論Ⅰ

    2019年度