花屋 賢悟 (ハナヤ ケンゴ)

Hanaya, Kengo

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬科学科 有機薬化学講座 (芝共立)

職名

専任講師

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 東京理科大学, 課程, 2012年03月

    Design and Synthesis of Biomedical Tools and Metalloprotease Inhibitors Based on Chemical Properties of 8-Quinolinol and Their Sulfonates

 
 

論文 【 表示 / 非表示

  • A vinylogous photocleavage strategy allows direct photocaging of backbone amide structure.

    MAGUBAT-MEDINA Alicia E,MARTIN Samuel C,HANAYA Kengo, BALL Zachary T

    Journal of the American Chemical Society (American Chemical Society)  140   8401 - 8404 2018年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Formal total synthesis of (−)-hamigeran B from a chemo-enzymatically prepared building block with quaternary chiral center

    KUWATA Kazuaki, FUJITA Rie, HANAYA Kengo, HIGASHIBAYASHI Shuhei, SUGAI Takeshi

    Tetrahedron 74 ( 7 ) 740 - 745 2018年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Chemoenzymatic approaches to the synthesis of the (1S,2R)-isomer of benzyl2-hydroxycyclohexanecarboxylate

    花屋 賢悟

    Mol. Catal. 444   84 - 89 2018年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Synthesis of trilobatin from naringin via prunin as the key intermediate: acidic hydrolysis of the α-rhamnosidic linkage in naringin under improved conditions

    KURAHAYASHI Kazuki, HANAYA Kengo, HIGASHIBAYASHI Shuhei, SUGAI Takshi

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 82   1463 - 1467 2018年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Synthesis of fisetin and 2',4',6'-trihydroxydihyrochalcone 4'-O-β-neohesperidoside based on site-selective deacetylation and deoxygenation

    TSUNEKAWA Ryuji, HANAYA Kengo, HIGASHIBAYASHI Shuhei, SUGAI Takeshi

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 82   1316 - 1322 2018年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Development of enzyme-activatable sulfonate-based prodrugs for active targeting therapy

    SASAKI Akio, SHOJI Mitsuru, SUGAI Takeshi, HANAYA Kengo

    ICC05-AEM2016, 2016年09月, ポスター(一般)

  • Development of artificial molecular catalyst for hybrid enzymes

    YAMAZAWA Shiina, SHOJI Mitsuru, SUGAI Takeshi, HANAYA Kengo

    ICC05-AEM2016, 2016年09月, ポスター(一般)

  • Development of Aminosulfonate Ester-based Self-immolative linker for Application in Prodrug

    花屋 賢悟

    International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC) 2016 (Kuching, Sarawak, Malaysia) , 2016年08月, 口頭(招待・特別)

  • Development of self-immolative aminosulfonate linker for prodrug

    HANAYA Kengo, SASAKI Akio, SHOJI Mitsuru, SUGAI Takeshi

    17th Tetrahedron Symposium, 2016年06月, ポスター(一般)

  • 5-8-5員環骨格を有するテルペノイドの合成研究

    桑田 和明, 花屋 賢悟, 須貝 威, 庄司 満

    日本薬学会第136年会 (横浜) , 2016年03月, ポスター(一般), 日本薬学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ボロン酸を用いるクロスカップリング反応を基盤としたタンパク質化学修飾法の開発

    2019年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 花屋 賢悟, 若手研究, 補助金,  代表

  • スルホン酸エステルを母核とした刺激応答性リンカーの開発とプロドラッグへの応用

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 花屋 賢悟, 補助金, 

  • 刺激応答性リンカーの創製に向けたアミノスルホン酸エステルの分子内環化反応の開発

    2016年04月
    -
    2017年03月

    公益財団法人 日本科学協会, 笹川科学研究助成, 花屋 賢悟, 補助金,  代表

  • 酵素触媒を活用した不斉誘導体化試薬の創製 (超高感度化と効率的供給法の開発)

    2015年04月
    -
    2016年03月

    日本私立学校振興・共済事業団, 学術研究振興資金(若手研究者奨励金), 花屋 賢悟, 補助金,  代表

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(有機薬化学)

    2019年度

  • 演習(有機薬化学)

    2019年度

  • 卒業研究C

    2019年度

  • 卒業研究A

    2019年度

  • 高度研究機器特別演習

    2019年度

全件表示 >>