長谷 耕二 (ハセ コウジ)

Hase, Koji

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬科学科 生化学講座 (芝共立)

職名

教授

HP

外部リンク

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 消化器内科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 粘膜免疫学

  • 腸内細菌学

  • M細胞

  • 炎症性腸疾患

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 腸内細菌−宿主のクロストークと食事因子(日本栄養・食糧学会監修)

    山田恭央, 長谷耕二., 建帛社, 2019年05月

    担当範囲: 炎症性腸疾患における腸内代謝物の異常とそのメカニズム. 腸内細菌−宿主のクロストークとこれを修飾する食事要因,  担当ページ: 120-144

  • 腸内細菌−宿主のクロストークと食事因子(日本栄養・食糧学会監修)

    長谷耕二, 高橋大輔, 建帛社, 2019年05月

    担当範囲: 自己免疫疾患の発症を制御する短鎖脂肪酸,  担当ページ: 191-201

  • The Frontier in Life Science: 免疫・炎症病態×治療 Update

    松本龍太郎, 高橋大輔, 長谷耕二, 2019年04月

    担当範囲: 腸管免疫学研究のフロントライン

  • ヒトマイクロバイオーム研究最前線

    長谷 耕二, (株)エヌ・ティー・エス , 2016年03月

    担当範囲: 腸内細菌定着と宿主エピゲノム変化

  • エピジェネティクスキーワード事典

    長谷 耕二, 古澤之裕, 尾畑佑樹, 羊土社, 2013年12月

    担当範囲: 自己免疫・アレルギー疾患とエピジェネティクス

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Maternal gut microbiota in pregnancy influences offspring metabolic phenotype in mice

    Kimura I., Miyamoto J., Ohue-Kitano R., Watanabe K., Yamada T., Onuki M., Aoki R., Isobe Y., Kashihara D., Inoue D., Inaba A., Takamura Y., Taira S., Kumaki S., Watanabe M., Ito M., Nakagawa F., Irie J., Kakuta H., Shinohara M., Iwatsuki K., Tsujimoto G., Ohno H., Arita M., Itoh H., Hase K.

    Science (Science)  367 ( 6481 ) eaaw8429 2020年02月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  00368075

     概要を見る

    Copyright © 2020 The Authors, some rights reserved; exclusive licensee American Association for the Advancement of Science. No claim to original U.S. Government Works Antibiotics and dietary habits can affect the gut microbial community, thus influencing disease susceptibility. Although the effect of microbiota on the postnatal environment has been well documented, much less is known regarding the impact of gut microbiota at the embryonic stage. Here we show that maternal microbiota shapes the metabolic system of offspring in mice. During pregnancy, short-chain fatty acids produced by the maternal microbiota dictate the differentiation of neural, intestinal, and pancreatic cells through embryonic GPR41 and GPR43. This developmental process helps maintain postnatal energy homeostasis, as evidenced by the fact that offspring from germ-free mothers are highly susceptible to metabolic syndrome, even when reared under conventional conditions. Thus, our findings elaborate on a link between the maternal gut environment and the developmental origin of metabolic syndrome.

  • Osteoprotegerin-dependent M cell self-regulation balances gut infection and immunity

    Kimura S., Nakamura Y., Kobayashi N., Shiroguchi K., Kawakami E., Mutoh M., Takahashi-Iwanaga H., Yamada T., Hisamoto M., Nakamura M., Udagawa N., Sato S., Kaisho T., Iwanaga T., Hase K.

    Nature Communications (Nature Communications)  in press ( 1 )  2020年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    © 2020, The Author(s). Microfold cells (M cells) are responsible for antigen uptake to initiate immune responses in the gut-associated lymphoid tissue (GALT). Receptor activator of nuclear factor-κB ligand (RANKL) is essential for M cell differentiation. Follicle-associated epithelium (FAE) covers the GALT and is continuously exposed to RANKL from stromal cells underneath the FAE, yet only a subset of FAE cells undergoes differentiation into M cells. Here, we show that M cells express osteoprotegerin (OPG), a soluble inhibitor of RANKL, which suppresses the differentiation of adjacent FAE cells into M cells. Notably, OPG deficiency increases M cell number in the GALT and enhances commensal bacterium-specific immunoglobulin production, resulting in the amelioration of disease symptoms in mice with experimental colitis. By contrast, OPG-deficient mice are highly susceptible to Salmonella infection. Thus, OPG-dependent self-regulation of M cell differentiation is essential for the balance between the infectious risk and the ability to perform immunosurveillance at the mucosal surface.

  • Microfold cell-dependent antigen transport alleviates infectious colitis by inducing antigen-specific cellular immunity

    Nakamura Y., Mimuro H., Kunisawa J., Furusawa Y., Takahashi D., Fujimura Y., Kaisho T., Kiyono H., Hase K.

    Mucosal Immunology 2020年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  19330219

     概要を見る

    Infectious colitis is one of the most common health issues worldwide. Microfold (M) cells actively transport luminal antigens to gut-associated lymphoid tissue to induce IgA responses; however, it remains unknown whether M cells contribute to the induction of cellular immune responses. Here we report that M cell-dependent antigen transport plays a critical role in the induction of Th1, Th17, and Th22 responses against gut commensals in the steady state. The establishment of commensal-specific cellular immunity was a prerequisite for preventing bacterial dissemination during enteropathogenic Citrobacter rodentium infection. Therefore, M cell-null mice developed severe colitis with increased bacterial dissemination. This abnormality was associated with mucosal barrier dysfunction. These observations suggest that antigen transport by M cells may help maintain gut immune homeostasis by eliciting antigen-specific cellular immune responses.

  • Commensal-bacteria-derived butyrate promotes the T cell-independent IgA response in the colon.

    4 Isobe J, Maeda S, Obata Y, Iizuka K, Nakamura Y, Fujimura Y, Kimizuka T, Hattori K, Kim YG, Morita T, Kimura I, Offermanns S, Adachi T, Nakao A, Kiyono H, *Takahashi D, *Hase K.

    Int. Immunol 2019年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Immunological Consequences of Antigen Sampling at Mucosal Surfaces

    Mabbott NA and Hase K

    Front. Immuol. 10   2773 2019年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 絶食―再摂食は免疫系細胞の動態と粘膜免疫応答に影響を及ぼす.

    永井基慈, 土肥多惠子, 長谷耕二.

    消化器病サイエンス 4 ( 1 ) 50 - 54 2020年03月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • 絶食-再摂食によるパイエル板リンパ球動態と粘膜免疫応答の制御.

    永井基慈, 長谷耕二.

    実験医学 38   457 - 460 2020年01月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • Sox8はM細胞取り込み能獲得を促進し,離乳期の抗原特異的IgA産生に必須である.

    木村俊介, 長谷耕二.

    臨床免疫・アレルギー科  73 ( 1 ) 89 - 95 2020年01月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • 炎症性腸疾患とエピゲノム

    大貫公義、長谷耕二

    遺伝子医学 10 ( 1 ) 37 - 41 2020年01月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • Editorial: Immunological Consequences of Antigen Sampling at Mucosal Surfaces

    Mabbott N., Hase K.

    Frontiers in Immunology (Frontiers in Immunology)  10 2019年11月

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 飢餓ストレスによるリンパ球の動態制御

    長谷 耕二

    2017年度生命科学系学会合同年次大会 (ConBio2017), 2017年12月, 口頭(招待・特別)

  • 腸内細菌由来の酪酸による全身性自己免応答の制御

    長谷 耕二

    第22回日本食物繊維学会, 2017年11月, 口頭(招待・特別)

  • マイクロバイオータとアレルギー

    長谷 耕二

    第54回小児アレルギー学会, 2017年11月, 口頭(招待・特別)

  • Intestinal microbiota-derived metabolites regulate autoimmunity through epigenetic modifications

    長谷 耕二

    Fujihara Seminar (Tomakomai, Japan) , 2017年09月, 口頭(招待・特別)

  • Microbiota-derived metabolites shape host immunity

    長谷 耕二

    第59回歯科基礎医学会学術大会, 2017年09月, 口頭(招待・特別)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 多変量解析による慢性炎症スパイラル形成機構の解明

    2017年07月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 長谷 耕二, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 腸内代謝産物によるT細胞非依存的IgA産生誘導機構の解明

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 長谷 耕二, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 生物間代謝経路によって制御される脂質クオリティの解析

    2016年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 長谷 耕二, 新学術領域研究(研究領域提案型), 補助金,  代表

  • 腸管免疫系を構成するTリンパ球のシングルセル解析への挑戦

    2016年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 長谷 耕二, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第36回 井上学術賞

    2020年02月, 公益財団法人井上科学振興財団, 腸管免疫系の制御機構の解明

    受賞区分: その他の賞

  • 2019年度日本食品免疫学会賞

    2019年10月, 日本食品免疫学会, 食品が最初に接する上皮バリアと粘膜免疫系の連携に着目した粘膜バリアシステムの研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第53回ベルツ賞(2等賞)

    2016年11月, べーリンガーインゲルハイム, 宿主-腸内細菌叢相互作用

    受賞区分: その他の賞

  • 第12回日本学術振興会賞

    2016年02月, 粘膜面における免疫制御機構の解明

    受賞区分: その他の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(生化学)

    2020年度

  • 演習(生化学)

    2020年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2020年度

  • 英語演習(薬学科)

    2020年度

  • 病態生化学

    2020年度

全件表示 >>