長瀬 健一 (ナガセ ケンイチ)

Nagase, Kenichi

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬科学科 創薬分析化学講座 (芝共立)

職名

准教授

総合紹介 【 表示 / 非表示

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    東京女子医科大学, 先端生命医科学研究所, 博士研究員

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    東京女子医科大学, 先端生命医科学研究所, 助教

  • 2011年04月
    -
    2017年03月

    東京女子医科大学, 先端生命医科学研究所, 講師

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    早稲田大学, 理工学部, 応用化学科

    大学, 卒業

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    早稲田大学, 理工学研究科, 応用化学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    早稲田大学, 理工学研究科, 応用化学専攻

    大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学), 早稲田大学, 課程, 2005年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会 液体クロマトグラフィー分析士 初段, 2017年09月

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 温度応答性クロマトグラフィー

    長瀬健一, 技術情報協会, 2022年11月,  ページ数: 443-452

    担当ページ: 443-452 , 査読有り

  • 生体内移動論

    長瀬 健一, 朝倉書店, 2021年08月

    担当範囲: 第8章 薬物移動論,  担当ページ: 362-408

  • 刺激応答性高分子ハンドブック

    長瀬 健一、金澤秀子, 株式会社エヌ・ティー・エス, 2018年12月

    担当範囲: 温度応答性クロマトグラフィー

  • Temperature‐responsive Polymers for Tissue Engineering

    Kenichi Nagase, Masayuki Yamato, Teruo Okano, John Wiley & Sons, 2018年06月

    担当範囲: Temperature‐Responsive Polymers: Chemistry, Properties and Applications

  • Polymer and Biopolymer Brushes: For Materials Science and Biotechnology

    Kenichi Nagase, Teruo Okano, John Wiley & Sons, 2018年01月

    担当範囲: Thermoresponsive Polymer Brushes for Thermally Modulated Cell Adhesion and Detachment

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Engineered human muscle tissue from multilayered aligned myofiber sheets for studies of muscle physiology and predicting drug response

    Hironobu Takahashi, Haruno Wakayama, Kenichi Nagase, Tatsuya Shimizu

    Small Methods (John Wiley & Sons, Ltd)  2022年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Thermoresponsive bio-affinity interfaces for temperature-modulated selective capture and release of targeted exosomes

    Kenichi Nagase, Kaichi Yamazaki, Yutaro Maekawa, Hideko Kanazawa

    Materials Today Bio (Elsevier)  18   100521 2022年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 筆頭著者, 責任著者, 査読有り

  • A thermoresponsive cationic block copolymer brush-grafted silica bead interface for temperature-modulated separation of adipose-derived stem cells

    Kenichi Nagase, Akari Okada, Junnosuke Matsuda, Daiju Ichikawa, Yutaka Hattori, Hideko Kanazawa

    Colloids and Surfaces B: Biointerfaces (Elsevier)  220   112928 2022年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 筆頭著者, 責任著者, 査読有り

     概要を見る

    Adipose-derived mesenchymal stem cells (ADSCs) have beneficial effects in cell transplantation therapy; these cells are collected from adipose tissue using low-invasive methods. However, to prepare ADSCs for cell therapy, a cell separation method that neither involves modification of the cell surface nor causes loss of cell activity is needed. Here, we aimed to develop ADSC separation columns using thermoresponsive cationic block copolymer brush-grafted beads as packing materials. The block copolymer brush was formed by a bottom cationic segment, poly(N,N-dimethylaminopropylacrylamide) (PDMAPAAm), and an upper thermoresponsive segment, poly(N-isopropylacrylamide) (PNIPAAm), and was grafted in two atom transfer radical polymerization reactions. The copolymer brush-grafted silica beads were packed into a column. An ADSC suspension was introduced into the columns at 37 °C and adsorbed on the copolymer brush-modified beads through electrostatic and hydrophobic interactions with the PDMAPAAm and PNIPAAm segments, respectively. The adsorbed ADSCs eluted from the column by lowering the temperature to 4 °C. In contrast, most Jurkat and vascular endothelial cells eluted at 37 °C, because of the relatively weaker electrostatic interactions with the block copolymer brush compared to ADSCs. Using the prepared column, a mixture of ADSCs and Jurkat cells was separated by changing the column temperature. The recovered ADSCs exhibited cell activity. The developed cell separation column may be useful for isolating ADSCs without cell surface modification, while maintaining cell activity.

  • Temperature-modulated antibody drug separation using thermoresponsive mixed polymer brush-modified stationary phase

    Kenichi Nagase, Saki Ishii, Ayako Takeuchi, Hideko Kanazawa

    Separation and Purification Technology (Elsevier)  299   121750 2022年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 筆頭著者, 責任著者, 査読有り,  ISSN  1383-5866

     概要を見る

    Recently, antibody drugs have been investigated for medical treatments of intractable diseases. An effective antibody drug separation method is in demand for production of such drugs. We developed an antibody drug separation material using a mixed polymer brush composed of poly(N-isopropylacrylamide) (PNIPAAm), which is a thermoresponsive polymer, and poly(4-vinylpyridine) (P4VP), which is an antibody-affinity polymer, for temperature modulation and adsorption of the antibody drug rituximab that results in its separation. A mixed polymer brush was prepared on silica bead surfaces by radical polymerization to modify P4VP, followed by atom transfer radical polymerization to modify PNIPAAm. The prepared mixed polymer brush was characterized by CHN elemental analysis, chloride analysis, nitrogen adsorption, thermogravimetric analysis, differential thermal analysis, differential scanning calorimetry, Fourier-transform infrared spectroscopy, X-ray photoelectron spectroscopy, scanning electron microscopy, transmission electron microscopy, and zeta potential measurement. Temperature-modulated adsorption of rituximab on the mixed polymer brush was achieved by concealing and exposing P4VP through the extension and shrinkage of PNIPAAm in the brush, and was investigated using mixed polymer brush-modified silica beads as chromatographic packing materials. By utilizing the specific properties of mixed polymer brushes, rituximab and bovine serum albumin could be separated by simply changing the column temperature. Thus, the mixed polymer brush-modified beads prepared in this study may be useful for purifying rituximab by changing the temperature.

  • Thermoresponsive block copolymer brush for temperature-modulated hepatocyte separation

    Kenichi Nagase, Naoto Kojima, Mitsuaki Goto, Toshihiro Akaike, Hideko Kanazawa

    Journal of Materials Chemistry B (The Royal Society of Chemistry)  10 ( 42 ) 8629 - 8641 2022年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 筆頭著者, 責任著者, 査読有り,  ISSN  2050-750X

     概要を見る

    Hepatic tissue engineering may be an effective approach for the treatment of liver disease; however, its
    practical application requires hepatic cell separation technologies that do not involve cell
    surface modification and maintain cell activity. In this study, we developed hepatocyte cell separation
    materials using a thermoresponsive polymer and a polymer with high affinity to hepatocytes. A block
    copolymer of poly(N-p-vinylbenzyl-O-b-D-galactopyranosyl-(1-4)-D-gluconamide) (PVLA) and poly(Nisopropylacrylamide)
    (PNIPAAm) [PVLA-b-PNIPAAm] was prepared through two steps of atom transfer
    radical polymerization. On the prepared PVLA-b-PNIPAAm brush, HepG2 cells (model hepatocytes)
    adhered at 37 1C and detached at 20 1C, attributed to the temperature-modulated affinity between
    PVLA and HepG2. Cells from the immortalized human hepatic stellate cell line (TWNT-1) did not adhere
    to the copolymer brush, and RAW264.7 cells (mouse macrophage; model Kupffer cells) adhered to the
    copolymer brush, regardless of temperature. Using the difference in cell adhesion properties on the
    copolymer brush, temperature-modulated cell separation was successfully demonstrated. A mixture of
    HepG2, RAW264.7, and TWNT-1 cells was seeded on the copolymer brush at 37 1C for adherence. By
    reducing the temperature to 20 1C, adhered HepG2 cells were selectively recovered with a purity of
    approximately 85% and normal activity. In addition, induced pluripotent stem (iPS) cell-derived
    hepatocytes adhered on the PVLA-b-PNIPAAm brush at 37 1C and detached from the copolymer brush
    at 20 1C, whereas the undifferentiated iPS cells did not adhere, indicating that the prepared PVLA-b-
    PNIPAAm brush could be utilized to separate hepatocyte differentiated and undifferentiated cells. These
    results indicated that the newly developed PVLA-b-PNIPAAm brush can separate hepatic cells from
    contaminant cells by temperature modulation, without affecting cell activity or modifying the cell
    surface. Thus, the copolymer brush is expected to be a useful separation tool for cell therapy and tissue
    engineering using hepatocytes.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 温度応答性高分子を用いたバイオ医薬品・治療用細胞の分離精製法の開発

    長瀬 健一

    B&I バイオサイエンスとインダストリー 80 ( 3 ) 268 - 269 2022年05月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著,  ISSN  09148981

  • 温度応答性高分子を利用した抗体医薬品分離技術の開発

    長瀬 健一,金澤 秀子

    B&I バイオサイエンスとインダストリー 79 ( 1 ) 38 - 39 2021年01月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著,  ISSN  09148981

  • 刺激応答性高分子を用いたバイオセパレーション

    長瀬 健一,金澤 秀子

    高分子 69 ( 9 ) 472 - 473 2020年09月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

  • 効果的な心筋細胞シート移植のためのVEGF徐放ファイバーマットの開発

    長瀬健一, 金澤秀子

    Drug Delivery System (じほう)  34 ( 3 ) 173 - 178 2019年07月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著,  ISSN  0913-5006

  • 微細構造表面と温度応答性高分子を用いた細胞分離技術の開発

    長瀬, 健一, 宿輪, 理紗, 小沼, 隆大, 大和, 雅之, 武田, 直哉 and 岡野, 光夫

    バイオマテリアル -生体材料- 36 ( 2 ) 158 - 159 2018年04月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 温度応答性材料を⽤いたバイオセパレーション

    長瀬健一

    第3回産学連携フォーラム (⼤阪⼤学 豊中キャンパス ⼤阪⼤学会館) , 

    2023年01月

    ポスター発表

  • 細胞膜タンパク質とペプチドの相互作用を利用した細胞分離法の開発

    島根瑠霞、志村昌紀、金澤秀子、花岡健二郎、長瀬健一

    第4回 生体膜デザインコンファレンス (東京たま未来メッセ) , 

    2022年12月

    ポスター発表, 日本分析化学会 関東支部

  • ウイルスベクターの細胞膜認識機構を利用したウイルスベクター精製法の開発

    小暮利彦, 北澤早紀子, 金澤秀子, 花岡健 二郎, 長瀬健一

    第4回 生体膜デザインコンファレンス (東京たま未来メッセ) , 

    2022年12月

    ポスター発表, 日本分析化学会 関東支部

  • 肝細胞膜との相互作用を利用した細胞分離法の開発

    松田潤之介, 稲永大夢, 後藤光昭, 赤池敏宏, 金澤秀子, 花岡健二郎, 長瀬健一

    第4回 生体膜デザインコンファレンス (東京たま未来メッセ) , 

    2022年12月

    ポスター発表, 日本分析化学会 関東支部

  • パターニング培養皿を用いた配向性間葉系幹細胞シートの作製

    倉持羽純,高橋宏信,David Grainger,花岡健二郎,長瀬健一

    第4回 生体膜デザインコンファレンス (船堀) , 

    2022年12月

    ポスター発表, 日本分析化学会 関東支部

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 治療用細胞を作製する革新的バイオ界面の開発

    2022年07月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 長瀬 健一, 挑戦的研究(萌芽), 研究代表者

  • 生体分子との相互作用制御を実現する革新的な温度応答型水圏機能材料の創製

    2022年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 新学術領域研究(研究領域提案型), 長瀬健一, 補助金,  研究代表者

  • 細胞機能を最大限に引き出す革新的機能性界面の開発

    2021年10月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)), 補助金,  研究代表者

  • 生体分子・細胞との相互作用を制御する革新的水圏機能材料の創製

    2020年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 長瀬 健一, 新学術領域研究(研究領域提案型), 補助金,  研究代表者

  • 再生医療を革新的に効率化する機能性バイオ界面の創製

    2019年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 長瀬健一, 基盤研究(B) , 補助金,  研究代表者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 学部長賞 研究部門

    2022年03月

    受賞区分: 塾内表彰等

  • SCS32 Best Presentation Award

    2021年11月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 高分子学会 広報委員会パブリシティ賞

    長瀬健一, 2021年08月, 公益社団法人 高分子学会, 温度応答性-カチオン性ブロック共重合体による幹細胞分離法の開発

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第5回バイオインダストリー奨励賞

    長瀬健一, 2021年07月, 一般財団法人バイオインダストリー協会, 機能性界面を用いたバイオ医薬品・治療用細胞の革新的分離精製法の開発

    受賞区分: その他

  • 学部長賞 研究部門

    2020年

    受賞区分: 塾内表彰等

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(創薬分析化学)

    2022年度

  • 演習(創薬分析化学)

    2022年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2022年度

  • 物理化学3

    2022年度

  • 物理化学1

    2022年度

全件表示 >>