横山 雄太 (ヨコヤマ ユウタ)

Yokoyama, Yuta

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門 (芝共立)

職名

助教

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月
    -
    2014年12月

    広島大学, 大学院臨床薬物治療学, 特任助教

  • 2015年01月
    -
    2015年09月

    広島大学, 大学院臨床薬物治療学, 助教

  • 2015年10月
    -
    2015年12月

    広島大学, 大学院臨床薬物治療学, 研究員

  • 2016年01月
    -
    2017年01月

    慶應義塾大学, 薬学部 実務薬学講座, 助教

  • 2017年02月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 薬学部 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門, 助教

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    徳島文理大学, 薬学部, 医療薬学科

    大学, 卒業

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    徳島文理大学, 薬学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 2010年04月
    -
    2014年07月

    鹿児島大学, 医歯学総合研究科

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 鹿児島大学, 課程, 2014年07月

    In vitroおよびマウス大腿部感染・肺炎モデルにおけるsulbactamのAcinetobacter baumanniiに対するPK/PDの評価

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許, 2008年06月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 個別化薬物療法

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 薬物動態学/薬力学評価に基づく抗がん薬の至適投与法の確立, 

    2016年01月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • マイスターから学ぶ皮膚科治療薬の服薬指導術

    横山雄太、木津純子, メディカルレビュー社, 2016年11月

    担当範囲: 薬剤性光線過敏症に注意すべき薬について教えてください

論文 【 表示 / 非表示

  • Renal dysfunction and anemia associated with long-term imatinib treatment in patients with chronic myelogenous leukemia

    Sakurai M., Kikuchi T., Karigane D., Kasahara H., Matsuki E., Hashida R., Yamane Y., Abe R., Koda Y., Toyama T., Kato J., Shimizu T., Yokoyama Y., Suzuki S., Nakamura T., Okamoto S., Mori T.

    International Journal of Hematology (International Journal of Hematology)  109 ( 3 ) 292 - 298 2019年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  09255710

     概要を見る

    © 2019, Japanese Society of Hematology. Knowledge of the toxicity profile of long-term treatment with imatinib is limited. In the present study, we sought to evaluate renal function and hemoglobin levels during long-term imatinib treatment. Eighty-two patients with chronic myelogenous leukemia in chronic phase who had been on imatinib for over 5 years were retrospectively analyzed. The mean estimated glomerular filtration rate (eGFR) was significantly decreased over 5 years (77 ± 17 to 62 ± 14 ml/min/1.73m², P < 0.001). Higher age and lower eGFR value at initiation of imatinib were significantly associated with development of renal dysfunction by multivariate analyses. Mean hemoglobin levels also significantly decreased over the 5-year period (12.9 ± 1.7 to 12.4 ± 1.3 g/dl, P < 0.01). The rate of decrease in eGFR correlated significantly with hemoglobin levels (correlation coefficient = − 0.249, P < 0.05). Serum erythropoietin (EPO) levels did not increase in 16 patients with both renal dysfunction and anemia (median, 31.9 mIU/ml). In patients who participated in a clinical trial of imatinib discontinuation, mean eGFR (50.0 ± 6.5 to 56.0 ± 10.2 ml/min/1.73m², P < 0.05) and hemoglobin levels (12.0 ± 1.7 to 14.0 ± 1.6 g/dl, P < 0.01) improved significantly at 1 year after discontinuation. These findings suggest that long-term imatinib results in a partially reversible continuous decline in renal function and decreased hemoglobin levels.

  • Experimental verification of factors influencing calcium salt formation based on a survey of the development of ceftriaxone-induced gallstone-related disorder

    Ito R., Yoshida A., Taguchi K., Enoki Y., Yokoyama Y., Matsumoto K.

    Journal of Infection and Chemotherapy (Journal of Infection and Chemotherapy)  25 ( 12 ) 972 - 978 2019年

    ISSN  1341321X

     概要を見る

    © 2019 Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases Ceftriaxone (CTRX) forms salts with calcium (Ca) in the gall bladder and bile duct, and induces the formation of gallstones. In this study, factors of CTRX-induced gallstone formation were extracted from the results of a retrospective survey using the Japanese Adverse Drug Event Report (JADER), and the causal relationship between the factors and gallstone formation was investigated. From JADER, 136 patients who developed ‘gallstone-related disorder’ with CTRX as a suspected drug were extracted. The incidence of gallstone-induced adverse effects was high in patients treated with CTRX at a dose exceeding the normal daily dose and in children younger than 10 years old, suggesting that CTRX at a high level is a factor for gallstone formation. Thus, after mixing CTRX and Ca2+ at different concentrations under different pH condition, the number of particles in the solutions was measured using a Coulter counter. As a result, the number of minute particles significantly increased at all pH values when Ca2+ and CTRX were mixed at a concentration of 10 mEq/L or higher and 1.5 g/L or higher, respectively. At pH 6.5 or 7.0, visible crystals were detected when 25 mEq/L of Ca2+ and 2.0 g/L of CTRX were mixed. Based on these findings, attention should be sufficiently paid to the development of ‘gallstone-related disorder’ in pediatric patients and in patients treated with CTRX at a dose exceeding the normal dose. Furthermore, gallstone formation and growth may be promoted when CTRX and Ca2+ coexist at high concentrations under low pH conditions.

  • ヘパリン類似物質含有製剤の選択に有用な情報構築に関する検討

    石渡涼子、榎木裕紀、横山雄太、田口和明、木津純子、松元一明

    日本老年薬学会雑誌 2   19 - 26 2019年

    査読有り

  • 改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習に向けたルーブリック形式の概略評価を用いたパフォーマンス評価の先行導入:学生視点に基づくアウトカム評価と教育効果向上のための提案

    鈴木小夜、河添仁、地引綾、横山雄太、中村智徳

    医療薬学 45   228 - 239 2019年

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • Evaluation of the expression time of ganciclovir-induced adverse events using JADER and FAERS

    Ando G., Taguchi K., Enoki Y., Yokoyama Y., Kizu J., Matsumoto K.

    Biological and Pharmaceutical Bulletin (Biological and Pharmaceutical Bulletin)  42 ( 11 ) 1799 - 1804 2019年

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  09186158

     概要を見る

    © 2019 The Pharmaceutical Society of Japan. Investigation of the occurrence time of adverse drug reactions helps to prevent the development and aggravation of adverse reactions, but the expression time of ganciclovir-induced adverse events has not been elucidated. In this study, using databases of spontaneous adverse event reports, the Japanese Adverse Drug Event Report database (JADER) and the U.S. Food and Drug Administration (FDA)'s Adverse Event Reporting System (FAERS), the incidence of adverse reactions due to ganciclovir and their expression time were analyzed. As a result of calculation of the reporting odds ratio (ROR) and 95% confidence interval for individual main adverse reactions of ganciclovir (cytopenia, leukopenia, thrombocytopenia, liver damage, and acute renal failure), a signal was detected for all adverse reactions in both databases, except for liver damage in JADER. Furthermore, the Weibull distribution was performed for the analysis of onset time of each ganciclovir-induced adverse event. The results of Weibull parameter α and β values of each adverse event in both JADER and FAERS suggested that most adverse events occurred within 30 d and classified into the early failure type, except that thrombocytopenia and acute renal failure in JADER classified into the random failure type. Based on these findings, it concluded that the paying attention to signs of each ganciclovirinduced adverse event is required from the early phase after ganciclovir administration. However, in FAERS, development after a long-term course also accounted for 11%, suggesting that long-term periodic monitoring of adverse reactions would be also required.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 研究方法のレクチャー:(1)研究方法~臨床薬学的研究の紹介~

    河添仁, 鈴木小夜, 横山雄太, 地引綾, 中村智徳

    日本臨床腫瘍薬学会雑誌 9   20 - 25 2019年

  • がん薬物療法における職業性曝露対策の新たな動きと未来展望

    河添仁、鈴木小夜、横山雄太、地引綾、中村智徳

    日本医薬品安全性学会 5 ( 2 ) 67 - 75 2019年

  • がん薬物治療におけるステロイド

    地引 綾, 横山 雄太, 河添 仁, 鈴木 小夜, 中村 智徳

    日本医薬品安全性学会 5 ( 1 ) 1 - 14 2019年

  • 上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬おける治療薬物モニタリングのルーチン化に向けて

    横山雄太, 鈴木小夜, 地引綾, 河添仁, 中村智徳

    日本医薬品安全性学会 4 ( 1 ) 1 - 11 2018年

  • がん薬物治療と臨床試験におけるスぺシャル・ポピュレーション

    鈴木小夜, 地引綾, 横山雄太, 河添仁, 中村智徳

    日本医薬品安全性学会 4 ( 2 ) 83 - 97 2018年

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 薬学実務実習における代表的8疾患の経験数が概略評価に与える影響

    清宮啓介、池淵由香、津田壮一郎、別府紀子、青森達、鈴木小夜、地引綾、横山雄太、河添仁、岩田紘樹、小林典子、藤本和子、早川智久、山浦克典、中村智徳、村松博、望月眞弓

    第29回日本医療薬学会年会, 2019年11月, ポスター(一般)

  • A. baumannii感染症に対するsulbactam最適投与法の構築~time-kill特性のsemi-mechanistic PK/PD解析~

    横山雄太、猪川和朗、松元一明、中村智徳、森川則文

    第29回日本医療薬学会年会, 2019年11月, ポスター(一般)

  • 実務実習生の成長実感度は指導者の「目標の明示」と「フィードバック」により向上する ―学生視点に基づくアウトカム評価とルーブリックによる教育効果向上のための提案―

    鈴木小夜、地引綾、横山雄太、河添仁、中村智徳

    第4回薬学教育学会, 2019年08月

  • 実習生の一般性自己効力(Gneralized self-efficacy)は薬局実務実習における課題達成行動(成功体験)に寄与する

    菊山史博、鈴木小夜、横山雄太、地引 綾、河添 仁、中村智徳

    第4回日本薬学教育学会大会, 2019年08月, ポスター(一般)

  • 実務実習生に対するプロフェッショナリズム評価ツールP-MEXの適用とプロフェッショナル意識向上にむけた改善点の抽出

    廣川達也、鈴木小夜、川合由希、地引綾、横山雄太、河添仁、中村智徳

    日本薬学会第139年会, 2019年03月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 非小細胞肺がん患者におけるオシメルチニブのPK/PD/PGxの解明に基づいた個別的至適治療法の構築

    2019年04月
    -
    2021年03月

    薬学研究奨励財団, 薬学研究奨励財団 研究助成金, 横山 雄太, 補助金,  代表

  • 非小細胞肺がん患者におけるオシメルチニブのPK/PD/PGx に基づく治療最適化

    2018年12月
    -
    2020年10月

    臨床薬理研究振興財団, 臨床薬理研究振興財団研究奨励金, 横山 雄太, 補助金,  代表

  • 薬局・居宅におけるDBS法を用いたPK/PD/PGxに基づく至適個別化療法の確立

    2018年04月
    -
    2021年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 横山 雄太, 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 一般演題 学生発表 優秀発表賞

    2019年08月, 実習生の一般性自己効力(Gneralized self-efficacy)は薬局実務実習における課題達成行動(成功体験)に寄与する

  • 第12回炭山賞(日本外科感染症学会雑誌最優秀論文賞)

    2017年11月, CYP2C19遺伝子多型と代謝物濃度をふまえたTDMによるボリコナゾール投与量適正化が有用であった2例

  • 一般演題 学生発表 優秀発表賞

    2017年09月, 薬学実務実習が実習生の専門知識(Cl~C18)の定着及び新規構築に与える影響

  • 日本化学療法学会西日本支部奨励賞ー臨床部門ー

    横山雄太, 2014年12月, 第62回日本化学療法学会西日本支部総会, 薬剤耐性緑膿菌に対するコリスチン単剤・併用投与法のPK-PD検討

  • 優秀ポスター賞

    2014年05月, セフォゾプランの脳脊髄液への移行性と標的部位におけるPK-PDの評価

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(医療薬学)

    2020年度

  • 演習(医療薬学)

    2020年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2020年度

  • 実務実習事前学習3

    2020年度

  • 実務実習事前学習(実習)

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • D1病院・薬局に行く前にA

    慶應義塾, 2017年度, 春学期, 講義

  • 薬局実務実習

    慶應義塾, 2017年度, 通年

  • 病院実務実習

    慶應義塾, 2017年度, 通年

  • 実務実習事前学習

    慶應義塾, 2017年度, 秋学期

  • D1病院・薬局に行く前にB

    慶應義塾, 2017年度, 秋学期, 講義

全件表示 >>