横山 雄太 (ヨコヤマ ユウタ)

Yokoyama, Yuta

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門 (芝共立)

職名

助教

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月
    -
    2014年12月

    広島大学, 大学院臨床薬物治療学, 特任助教

  • 2015年01月
    -
    2015年09月

    広島大学, 大学院臨床薬物治療学, 助教

  • 2015年10月
    -
    2015年12月

    広島大学, 大学院臨床薬物治療学, 研究員

  • 2016年01月
    -
    2017年01月

    慶應義塾大学, 薬学部 実務薬学講座, 助教

  • 2017年02月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 薬学部 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門, 助教

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    徳島文理大学, 薬学部, 医療薬学科

    大学, 卒業

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    徳島文理大学, 薬学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 2010年04月
    -
    2014年07月

    鹿児島大学, 医歯学総合研究科

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 鹿児島大学, 課程, 2014年07月

    In vitroおよびマウス大腿部感染・肺炎モデルにおけるsulbactamのAcinetobacter baumanniiに対するPK/PDの評価

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許, 2008年06月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 個別化薬物療法

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 薬物動態学/薬力学/薬理遺伝学に基づく抗がん薬の至適投与法の確立, 

    2016年01月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • マイスターから学ぶ皮膚科治療薬の服薬指導術

    横山雄太、木津純子, メディカルレビュー社, 2016年11月

    担当範囲: 薬剤性光線過敏症に注意すべき薬について教えてください

論文 【 表示 / 非表示

  • Concurrent administration with multivalent metal cation preparations or polycationic polymer preparations inhibits the absorption of raltegravir via its chelation

    Enoki Y., Suzuki N., Ito M., Uchiyama E., Kishi N., Ito C., Kitahiro Y., Sakamoto K., Taguchi K., Yokoyama Y., Kizu J., Matsumoto K.

    Journal of Pharmacy and Pharmacology (Journal of Pharmacy and Pharmacology)  72 ( 10 ) 1361 - 1369 2020年10月

    ISSN  00223573

     概要を見る

    © 2020 Royal Pharmaceutical Society Objectives: Raltegravir (RAL) that can form chelates with multivalent metal cations shows lateral interactions with multivalent metal cation and polycationic polymer. We investigated the interactions of RAL with multivalent metal cation preparations, Al(OH)3 and LaCO3, and polycationic polymer preparations, bixalomer (Bxl) and sevelamer (Svl). Methods: Immediately before the oral administration of 40 mg/kg RAL, the rats were administered orally with the vehicle, Al(OH)3, LaCO3, Bxl, or Svl, and the time course of RAL serum concentration was followed. The in vitro binding affinity of RAL with multivalent metal cation and polycationic polymer was also evaluated using isothermal titration calorimetry (ITC). Results: When Al(OH)3, LaCO3, Bxl, or Svl was concomitantly administered with RAL, the maximum concentration and area under the curve were significantly lower than those when RAL was administered alone. ITC showed the interaction of RAL with Al(OH)3 as an enthalpy-driven reaction and its interactions with LaCO3 and Bxl as entropy–enthalpy mixed reactions. Conclusions: The interaction of RAL with Al(OH)3, LaCO3, Bxl, or Svl can inhibit RAL absorption into the gastrointestinal tract, and thus, the multivalent metal cation and polycationic polymer are the modifying factors that can affect RAL pharmacokinetics.

  • 代表的8疾患と薬局実習が病院実習の到達度に与える影響

    1. 清宮啓介、津田壮一郎、池淵由香、鈴木小夜、地引綾、岩田紘樹、横山雄太、河添仁、小林典子、藤本和子、山浦克典、中村智徳、村松博、青森達、望月眞弓

    医療薬学 2020年

  • 実務実習生の薬学専門科目に対する自己効力感は実務実習での成功体験に影響を与える

    菊山史博、鈴木小夜、地引綾、横山雄太、河添仁、中村智徳

    薬学雑誌 140   799 - 808 2020年

    査読有り

  • デキサメタゾン配合後における先発及び後発医薬品のゲムシタビン注射剤の製剤学的安定性の評価

    吉浦誠海、河添仁、鈴木小夜、横山雄太、地引綾、中村智徳

    日本臨床腫瘍薬学会雑誌 14   1 - 7 2020年

    査読有り

  • Renal dysfunction and anemia associated with long-term imatinib treatment in patients with chronic myelogenous leukemia

    Sakurai M., Kikuchi T., Karigane D., Kasahara H., Matsuki E., Hashida R., Yamane Y., Abe R., Koda Y., Toyama T., Kato J., Shimizu T., Yokoyama Y., Suzuki S., Nakamura T., Okamoto S., Mori T.

    International Journal of Hematology (International Journal of Hematology)  109 ( 3 ) 292 - 298 2019年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  09255710

     概要を見る

    © 2019, Japanese Society of Hematology. Knowledge of the toxicity profile of long-term treatment with imatinib is limited. In the present study, we sought to evaluate renal function and hemoglobin levels during long-term imatinib treatment. Eighty-two patients with chronic myelogenous leukemia in chronic phase who had been on imatinib for over 5 years were retrospectively analyzed. The mean estimated glomerular filtration rate (eGFR) was significantly decreased over 5 years (77 ± 17 to 62 ± 14 ml/min/1.73m², P < 0.001). Higher age and lower eGFR value at initiation of imatinib were significantly associated with development of renal dysfunction by multivariate analyses. Mean hemoglobin levels also significantly decreased over the 5-year period (12.9 ± 1.7 to 12.4 ± 1.3 g/dl, P < 0.01). The rate of decrease in eGFR correlated significantly with hemoglobin levels (correlation coefficient = − 0.249, P < 0.05). Serum erythropoietin (EPO) levels did not increase in 16 patients with both renal dysfunction and anemia (median, 31.9 mIU/ml). In patients who participated in a clinical trial of imatinib discontinuation, mean eGFR (50.0 ± 6.5 to 56.0 ± 10.2 ml/min/1.73m², P < 0.05) and hemoglobin levels (12.0 ± 1.7 to 14.0 ± 1.6 g/dl, P < 0.01) improved significantly at 1 year after discontinuation. These findings suggest that long-term imatinib results in a partially reversible continuous decline in renal function and decreased hemoglobin levels.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 研究方法のレクチャー:(1)研究方法~臨床薬学的研究の紹介~

    河添仁, 鈴木小夜, 横山雄太, 地引綾, 中村智徳

    日本臨床腫瘍薬学会雑誌 9   20 - 25 2019年

  • がん薬物療法における職業性曝露対策の新たな動きと未来展望

    河添仁、鈴木小夜、横山雄太、地引綾、中村智徳

    日本医薬品安全性学会 5 ( 2 ) 67 - 75 2019年

  • がん薬物治療におけるステロイド

    地引 綾, 横山 雄太, 河添 仁, 鈴木 小夜, 中村 智徳

    日本医薬品安全性学会 5 ( 1 ) 1 - 14 2019年

  • 上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬おける治療薬物モニタリングのルーチン化に向けて

    横山雄太, 鈴木小夜, 地引綾, 河添仁, 中村智徳

    日本医薬品安全性学会 4 ( 1 ) 1 - 11 2018年

  • がん薬物治療と臨床試験におけるスぺシャル・ポピュレーション

    鈴木小夜, 地引綾, 横山雄太, 河添仁, 中村智徳

    日本医薬品安全性学会 4 ( 2 ) 83 - 97 2018年

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 小児におけるボリコナゾールの薬物動態に及ぼす炎症の影響

    横山雄太、齊藤順平、中村智徳

    第68回日本化学療法学会総会, 2020年09月

  • 実習生の一般性自己効力は薬局実習後に醸成される「E3 薬物治療に役立つ情報」及び「F 薬学臨床」に対する自己効力感を介して実務実習での成功体験に寄与する

    菊山史博、鈴木小夜、横山雄太、河添仁、平賀ゆい、地引 綾、中村智徳

    第5回日本薬学教育学会大会, 2020年09月

  • P-MEXを用いた実務実習生のプロフェッショナリズム評価の妥当性の検討―薬局実務実習での検討―

    川元駿、鈴木小夜、前田智昭、真鍋司、地引綾、横山雄太、河添仁、中村智徳

    第5回日本薬学教育学会大会, 2020年09月

  • マウスにおけるCefametazoleの薬物動態解析

    竹村渉、林茉里奈、田代渉、五十嵐裕貴、劉小茜、榎木裕紀、田口和明、横山雄太、中村智徳、松元一明

    第68回日本化学療法学会総会, 2020年09月

  • マウスにおけるテジゾリドの薬物動態解析

    劉小茜、田代渉、五十嵐裕貴、榎木裕紀、田口和明、横山雄太、中村智徳、松元一明

    第68回日本化学療法学会総会, 2020年09月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 小児におけるボリコナゾールの PK/PD に基づいた至適投与方法の構築

    2020年04月
    -
    2021年03月

    2020年度 福澤基金研究補助, 横山 雄太, 補助金,  代表

  • 非小細胞肺がん患者におけるオシメルチニブのPK/PD/PGxの解明に基づいた個別的至適治療法の構築

    2019年04月
    -
    2021年03月

    薬学研究奨励財団, 薬学研究奨励財団 研究助成金, 横山 雄太, 補助金,  代表

  • 非小細胞肺がん患者におけるオシメルチニブのPK/PD/PGx に基づく治療最適化

    2018年12月
    -
    2020年10月

    臨床薬理研究振興財団, 臨床薬理研究振興財団研究奨励金, 横山 雄太, 補助金,  代表

  • 薬局・居宅におけるDBS法を用いたPK/PD/PGxに基づく至適個別化療法の確立

    2018年04月
    -
    2021年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 横山 雄太, 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 一般演題 学生発表 優秀発表賞

    川元駿,鈴木小夜,前田智昭,真鍋司,地引綾,横山雄太,河添仁,中村智徳, 2020年09月, P-MEXを用いた実務実習生のプロフェッショナリズム評価の妥当性の検討―薬局実務実習での検討―

  • 2020年度日本医療薬学会奨励賞

    横山 雄太, 2020年08月, Pharmacokinetics/pharmacodynamicsに基づいた抗菌薬の感染症予防および治療における個別最適化に関する研究

  • 一般演題 学生発表 優秀発表賞

    2019年08月, 実習生の一般性自己効力(Gneralized self-efficacy)は薬局実務実習における課題達成行動(成功体験)に寄与する

  • 第12回炭山賞(日本外科感染症学会雑誌最優秀論文賞)

    2017年11月, CYP2C19遺伝子多型と代謝物濃度をふまえたTDMによるボリコナゾール投与量適正化が有用であった2例

  • 一般演題 学生発表 優秀発表賞

    2017年09月, 薬学実務実習が実習生の専門知識(Cl~C18)の定着及び新規構築に与える影響

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(医療薬学)

    2020年度

  • 演習(医療薬学)

    2020年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2020年度

  • 実務実習事前学習3

    2020年度

  • 実務実習事前学習(実習)

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • D1病院・薬局に行く前にA

    慶應義塾, 2017年度, 春学期, 講義

  • 薬学生のための体験学習プログラムF

    慶應義塾, 2017年度, 通年

  • 薬学英語演習S

    慶應義塾, 2017年度, 通年

  • 卒業研究C

    慶應義塾, 2017年度, 通年

  • 卒業研究B

    慶應義塾, 2017年度, 通年

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床薬理学会, 

    2013年10月
    -
    継続中
  • 日本化学療法学会, 

    2011年03月
    -
    継続中
  • 日本TDM学会, 

    2010年04月
    -
    継続中
  • 日本薬学会, 

    2008年07月
    -
    継続中
  • 日本医療薬学会, 

    2008年06月
    -
    継続中